中国/上海生まれ。5歳のときからヴァイオリンをはじめる。上海音楽学院付属小学校を経て、上海戯曲学校にて二胡に出会い、ヴァイオリンと併行して専攻。双方の学科を首席で卒業。

その後、上海でのプロ奏者としての保障を放棄し、1991年に来日。桐朋学園にてヴァイオリンを専修するかたわら、二胡を通じてさまざまなジャンルのミュージシャンとコラボレーションを精力的に行っていた。その過程で自らエレクトリック二胡を開発し、ロック、ジャズ、フュージョンとの共演を可能にし、独自の演奏スタイルを確立。



2002年5月、ワーナー・ミュージック・ジャパンより『メモリーズ・オブ・ザ・フューチャ−』にて、メジャー・デビュー。



2003年7月にはセカンド・アルバムとして、故郷へのオマージュをアルバムにした『シャンハイ・レッド』を発表し、各方面より高い評価を受けた。そのほか、西武球場におけるプロ野球開幕戦での日本国歌演奏、NHKでの数々のテーマ曲演奏など、注目を集める存在となった。



2004年には、坂本龍一氏のプロジェクトで二胡を担当。6-7月には、NHK「みんなのうた」で「この愛を~お姉さんへ」が採用されるなど、一層広く注目を集めるにいたった。同年10月にはバート・バカラックのカヴァー・アルバム『プレイズ・バカラック』を発表。このアルバムは“二胡で聴くカフェ・ミュージック(飲茶音楽)”として話題となり、スマッシュ・ヒットを記録。



2005年の春~夏には、サントリー・ウーロン茶のTVCFソングに抜擢され、二胡と歌で「チェンジング・パートナーズ」(パティ・ペイジのカヴァー)を演奏している。



2006年1月、二胡による世界一周をコンセプトにしたアルバム『Nomad』をリリース。



2007年年頭より開始したNHK「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」の新エンディング・テーマのプロダクションにて、ケニー・Gとの初共演を果たす。3月下旬のケニー・G来日公演時に、ゲストとして出演(東京地区のみ)。

二胡をかかえて日本に渡り、約15年。二胡教室を自ら主宰するほか、国内外のアーティストとのコラボレーション、NHK交響楽団をはじめとするオーケストラとの共演など、二胡という楽器の範疇を越えた活動を行っている。