92年ロサンゼルス結成の4人組。中心人物リヴァース・クオモ(vo,g)のロック・スターからはほど遠いルックスと内省的ともいえる赤裸々な歌詞、ポップ・メロディー+骨太のギター・サウンドで、当時のグランジ・ブームの中、デビュー作(94年)がアメリカだけで300万枚を超える大ヒットとなり、「パワーポップ」というジャンルを再熱させる。その後リヴァースのハーバード大進学、メンバー脱退などで、バンドは一時休止状態となるが、00年に見事復活、01年に発表された3rdは全米4位に輝いた。その後4th(全米3位)、5th(全米2位)、6th(全米4位)と確実にキャリアを重ね、09年にはフジロックFESのヘッドライナーにも大抜擢、同秋には7thアルバムもリリースされるが、ツアー中の交通事故で満足いくツアーを行うことはできず、メンバーにとっては不十分な結果に。
その後デビューから長年在籍したレーベル「ゲフィン」を離脱、今後の彼らの動向に全世界が注目していたが、なんとエピタフと契約を発表、9月には通算8thとなるニュー・アルバム『ハーリー』を発売する。