2004年 箭内道彦が当時やっていたラジオ番組にスネオヘアーがゲストで出演。体育の日が近いという事で、2人で運動音痴の歌を即興で作る。今思えばこれがTSDの始まり。

2005年 箭内が手掛けるTVCMの音楽を共同で製作。その曲をお笑い5人で結成されたバンド、 U.N.O.BAND (カンニング竹山・アンガールズ・いつもここから)が唄いスネオヘアーがプロデュース。

2007年 リリー・フランキー氏が主催するイベントに、箭内は1回目はバンドで、2回目は弾き語りで出演。3回目にどういう編成で出演するか考えていた箭内はスネオヘアーとともに急遽ユニットを結成。
ここに、箭内道彦(右ハンドル)と渡辺健二(左ハンドル)によるドライブソング限定ユニット「THE SUNDAY DRIVERS」が誕生した。