マネスキン

※写真左から

トーマス・ラッジ(g)/ ダミアーノ・デイヴィッド(vo)/ ヴィクトリア・デ・アンジェリス(b)/ イーサン・トルキオ(ds)

●20~22歳のダミアーノ (vo)、ヴィクトリア(b)、トーマス(g)、イーサン(ds) から成るイタリアはローマ出身の4人組バンド。

●メンバーは小学校低学年からの知り合いで、一緒に音楽をやるようになったのは彼らが高校時代の2015年から。

●バンド名はデンマーク語で「月光」を意味する。彼らは新進気鋭のバンドが集まる地元の音楽コンテストにエントリーするための名前を探していたという。デンマーク人とのハーフでもあるヴィクトリアが提案した「マネスキン」という言葉の響きや象徴性にメンバー全員が惚れ込みバンド名が決定。この名前は幸運をもたらし、彼らはコンテストで優勝。輝かしいキャリアの始まりとなる。

●結成当時はストリートライブを行っていた。有名なコルソ通りやコリ・ポルトゥエンシ地区といったローマの歴史的中心地の路上で通りすがる人達に向けてストリートライブを行い、ライヴパフォーマンスを磨いてきた。

●影響を受けたアーティストはブルーノ・マーズからアークティック・モンキーズを経てレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ハリー・スタイルズまで。彼らのサウンドはロック、ラップ、ヒップホップ、レゲエ、ファンクの要素を多彩に織り交ぜ、フロントマン・ダミアーノのソウルフルな声によりまとめられていることが特徴だ。また、華やかなロック・スター然としたステージ衣装も目を引く。

●2017年に発表の7曲入りデビューEP『Chosen』は、オリジナル曲以外に、フォー・シーズンズ「Beggin‘」、キラーズ「SomeBody Told Me」、ブラック・アイド・ピーズ「Let’s Get It Started」、エド・シーラン「You Need Me, I Don’t Need You」などが収録されている。魅惑的なアレンジが施されたカヴァーにも定評がある。

●母国イタリアでは2018年にリリースの初のスタジオ・アルバム『イル・バッロ・デッラ・ヴィータ』がイタリアのアルバム・チャートで初登場1位、トータル再生数は1億7000万回以上を数え、アルバムはダブル・プラチナを獲得。さらに、ヨーロッパ・ツアー全80公演中66公演が完売し、計14万人以上を動員した。2ndアルバム『テアトロ・ディーラ Vol.I』は1億1,300万回以上再生され、2作連続となるイタリアのアルバム・チャートで初登場1位、アナログ盤ベストセラー・チャートでも1位を獲得している。

●2021年3月に2ndアルバム『テアトロ・ディーラ Vol.I』発表。バンドとしての一体感が増し、圧倒的な熱量を包括した作品となっている。(「Zitti E Buoni」「I Wanna Be Your Slave」収録)

●2021年3月にイタリアで最も権威ある音楽祭“サンレモ音楽祭”に参戦し、「Zitti E Buoni」で優勝を果たす。また5月には、アバ、セリーヌ・ディオンを生んだヨーロッパ最大の音楽の祭典“ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2021” (5月22日決勝大会)でも、見事優勝。毎年約2億人が試聴すると言われるユーロヴィジョン・ソング・コンテストでイタリアのアーティストが優勝するのは31年ぶりの快挙となった。

●ユーロヴィジョン優勝時に披露し、メンバーが作詞・作曲を手掛けた「Zitti E Buoni」(ジッティ・エ・ブオーニ/訳:黙ってイイ子にしてな)は優勝後わずか1日で、Spotifyで400万回近くストリーミングされるなど、イタリアの楽曲として史上最多の再生回数を記録。その勢いはイタリアだけにとどまらず、ヨーロッパ各国、アメリカ、そして日本にも広がり、世界中の音楽シーンでブレイク。

●英語詞で独特のリズムがクセになる「I Wanna Be Your Slave」、デビューEP『Chosen』に収録のフォー・シーズンズのカヴァー曲「Beggin‘」も世界的ヒット曲となっている。特にTikTok上の動画投稿がひとつのきっかけとなりヒットしている「Beggin’」は、ストリーミングサイトSpotifyグローバルTOP50チャート(7月6日付)でオリヴィア・ロドリゴ、エド・シーラン、リズ・ナズ・X、ドージャ・キャット、デュア・リパetc..錚々たるアーティストがTOP10に名を連ねる中、堂々の1位獲得。そして、UKオフィシャル・シングル・チャート(6月25日付)では、「I Wanna Be Your Slave」「Beggin’」2曲同時にTOP10にランクイン。これはイタリアのアーティストとしては初となり、ユーロヴィジョン・ソング・コンテストの優勝者でもあるアバやセリーヌ・ディオンでも成し遂げられなかった快挙を果たす。

●さらに「I Wanna Be Your Slave」をロック界のレジェンド“イギー・ポップ”と共演するなど、新たな話題を提供。また10月8日にはグローバルブレイク後初となるシングル「MAMMAMIA」をリリース。バンドを取り巻く環境が大きく変更する最中で制作された同曲は、彼ららしいストレートなロックナンバーに仕上がり、どこか皮肉めいた歌詞が現在の彼らを承知している。衝撃的な内容のMVにも注目。

●11月6日に行われるローリング・ストーンズのラスベガス公演のオープニング・アクトにも抜擢、さらに来年2月からスタートするヨーロッパLIVEツアー(15か国、全17公演)の全会場のチケットがわずか2時間でソールドアウトするなど、新たなロック・スターが不在の昨今、ロック復活の狼煙を上げてますます全世界的に勢力を増していく彼らに今後も注目だ。

※本文中の数字、チャートは2021年10月27日現在

*[バイラルチャート]

Spotify上から様々なSNSでシェア・再生された回数などのデータを元に、『いまSNSで最も話題になっている曲』をSpotifyが独自に指標化したチャート