2006年4月
KELUNの前身バンドであるUTARIを結成。

2006年11月
結成から約半年の短い期間で所属プロダクションが運営するインディーレーベルsweet honey recordより1st Mini Album「UTARI」(現在は廃盤)をリリース。都内を中心に全国のCD SHOPのインディーチャートを席巻する。
このリリースに伴い活動の範囲を全国各地に広げる。

2007年2月
KELUNの1st Tourとなる「February Tour」を敢行。

2007年9月
さらなる飛躍、進化を求めバンド名を「UTARI」から「KELUN」に改名する。

2007年11月21日
SMEレコーズよりメジャーデビュー。
メジャーデビューミニアルバム「Astral Lamp」をリリース。
M-1「SIGNAL」がテレビ東京系アニメ「銀魂」のエンディングテーマ曲に選ばれる。

2008年1月12日
KELUN 1stワンマンライブ「Astral Meeting」を、渋谷クラブクアトロにて開催。成功を収める。

2008年2月
メジャーデビュー後、初の全国Tour「Astral Circuit」を敢行。
全国各地で成功を収める。

2008年2月20日
メジャー1stシングル「SIXTEEN GIRL」をリリース。
表題曲「SIXTEEN GIRL」がTX系音楽番組「JAPANCOUNTDOWN」のオープニングテーマ曲に選ばれる。

2008年4月
関東近郊Tour「April Tour」を敢行。成功を収める。

2008年5月
KELUN 佐藤周作がバンドを離れ、新たに如人(ゆきと)を正式メンバーに迎える。現在の編成になる。

2008年7月2日
メジャー2nd シングル「CHU-BURA」をリリース。
表題曲「CHU-BURA」がテレビ東京系アニメ「BLEACH」のオープニングテーマ曲に選ばれ、現在絶賛ON
AIR中。

2008年9月3日 
1st full ALBUM[「KELUN」をのリリースが決定。
タイアップ楽曲を多数含むボリュームある、バラエティ豊かな17曲を収録。