北米唯一のフランス文化圏、カナダのケベック州出身。母国語はフランス語。
ヨーロッパと北米の文化に育まれ、幼少期より音楽・絵・演劇などに深い興味を抱き多感な少女時代を過ごす。

12歳の頃、ディズニー・アニメに衝撃を受けて、その内容が知りたいと独自に英語を学び始める。
13歳の頃、独自の世界観を持ったオリジナル・ストーリーを書き始める。その中で、「HIMEKA」へとつながるキャラクターが誕生。

15歳の頃、運命的な出会いと言うべき、アニメが放映される。『美少女戦士セーラームーン』である。ディズニー・アニメで好きになったプリンセスと、従来より好きだった"月"というキーワードが重なるアニメに深い感銘を受け、日本に興味を持ち始める。

16歳の頃、友人たちと日本語の辞書を手に、セーラームーンのカードの日本語を調べているうちに、ひらがな、カタカナを覚えていく。時を同じくして『赤鼻のトナカイ』の日本語歌詞を知り、さらに興味を深めていく。
『ふしぎ遊戯』のキャラクター・ソングのCDを購入。その後、CDやアニメの吹き替え版から日本語の発音、読み方を学ぶ。

遠く離れたケベックに住みながら、日本のアニメーションに興味を抱き続け、独学で日本語を学び、アニメ主題歌やキャラクター・ソングなどを歌うことで、日本という国に想いを馳せるようになる。
やがて必然のように「日本でアニメソングの歌手になりたい!」という夢を持つようになる。

2008年3月、ワーキング・ホリデーのビザを取得し来日を果たした彼女は、インターネットで偶然見つけた「第2回全日本アニソングランプリ」(主催:(株)アニマックスブロードキャスト・ジャパン)に応募する。
応募総数3186人の中、全国5大都市の地方大会を勝ち抜き、9月のJCBホールで開催された決勝大会では、審査員の度肝を抜くその圧倒的な歌唱力と日本語詞の表現力で見事優勝を飾る。
  
2009年5月27日、プロデューサーにスキマスイッチの常田真太郎を迎え、2009年4月より放映の『戦場のヴァルキュリア』のオープニング主題歌「明日へのキズナ」で、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルより念願の日本デビューを飾る。


【PROFILE】

The Quebec, Canada native anime singer HIMEKA, became familiar with Japanese animation as a small child by watching the French version of programs on TV.

When she was 11 years old, she began to learn English properly as she wanted to understand Disney cartoons broadcast in English, but at the age of 15, she was deeply impressed by the Japanese animation series “Sailor Moon”.

Taking an interest in Japan, she began to watch other anime videos in its original Japanese language and also started learning and reading the characters, their pronounciation and their meaning by looking up the lyrics of various anime songs from the dictionary.

It was natural then for HIMEKA to have dreamed to be an “anison” (animation song) singer in Japan, and in March 2008, she came to Japan on a working-holiday visa.

HIMEKA then entered “The Second All Japan Anison Gran Prix”, an annual competition that gathers aspiring singers from all over Japan, after stumbling upon it on the internet, and ended up first out of 3,186 competitors. It was said that the judges were overwhelmed by her singing and way of expressing the Japanese lyrics.

On May 27, 2009, HIMEKA made her debut from Sony Music Japan International with her single “Asueno no Kizuna”, opening theme for TV anime series “Valkyria Chronicles”.

This sensational debut was widely covered not just in the anime world, but in various major Medias including national newspapers, as well as key commercial TV stations across Japan.
HIMEKA’s “Japanese Dream” story also spread out to her home country in Canada (National Post, Montreal Gazette).