カミラ・カベロ

■1997年3月3日生まれ、キューバのハバナ出身のアメリカ人シンガー/ソングライター。 

■2012年に出演したオーディション番組『Xファクター』(アメリカ版)で<フィフス・ハーモニー>を結成し、2013年にデビュー。2作に参加し、世界的ブレイクを果たす。グループ在籍時から、ショーン・メンデスやマシン・ガン・ケリーとの共作・デュエット・シングルがヒットを記録。 

■2016年12月に<フィフス・ハーモニー>を脱退後、米Epic Recordsとソロ契約。翌年5月に本格ソロ・デビューし、同年8月に発表したソロ4曲目のシングル「ハバナ feat. ヤング・サグ」が、全米チャート<ビルボード・ホット100>において計7週2位を経て1位、全英5週連続1位を獲得するなど世界各国で大ヒット。6分を超える尺のドラマ風MVの再生回数は約10億回に迫る人気だ。 

■2018年1月にソロとして初のフル・アルバム『カミラ』をリリース。ソロ・デビュー作としては史上最多となる109カ国のiTunesで1位を獲得。さらには全米週間総合アルバム・チャート<ビルボード200>(1/27付)で初登場1位、「ハバナ feat. ヤング・サグ」で同週のシングル・チャートで1位を獲得し、アルバムとシングル・チャートを同時制覇する快挙を成し遂げた。 

■2018年1月31日(水)、ソロとしては初のプロモーション来日を果たした。イベントでファンとの交流やオフの時間に観光を楽しんでいった4月~6月には、計25公演/約10万枚のチケットが即ソールド・アウト、北米~ヨーロッパを廻るカミラ・カベロ初の単独ツアー<ネヴァー・ビー・ザ・セイム・ツアー 2018>を開催、追加となった9月~10月にかけてラテン・アメリカでの公演により全45公演を敢行。 

■2019年2月に行われた第61回グラミー賞にて「ハバナ(ライヴ)」が最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞、と『カミラ』が最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞の二部門にノミネート。 

■これまでに、ファレル・ウィリアムス、マーク・ロンソン、Jバルヴィン、メジャー・レイザー、エド・シーラン、マルーン5など多くのアーティストと楽曲やミュージック・ビデオでコラボをするなど、幅広く活躍。2019年6月にリリースされたショーン・メンデスとのコラボ曲「セニョリータ」は、8/31付の全米シングル・チャートではカミラ自身2度目となる1位を獲得。Spotify にて「男性&女性デュエット曲として史上最大の初日再生回数」も記録した。 

■2019年9月、新曲「シェイムレス」「ライラ―」を同時公開。待望のセカンド・アルバム『ロマンス』に収録されることを発表。同年12月、セカンド・アルバム『ロマンス』を発売し、全米アルバム・チャートで初登場3位を記録 

■2020年3月に開催されたiHeart Mediaによる新型コロナウイルスへの意識啓発及び募金活動のための「Living Room Concert for America」や、翌月には同じ目的としたグローバル・シティズン・フェスティバルの「Together at Home」バーチャル・コンサートに参加した。 

■2021年9月、映画デビュー作にして初主演となる実写版『シンデレラ』がAmazon Prime Videoにて配信予定。