浅井健一

[愛知県名古屋市出身]



1990年より孤高のバンド“BLANKEY JET CITY”として活動。

2000年7月9日横浜アリーナにて“BLANKEY JET CITY”解散。

その後、以前ソロワークで結成していた“SHERBETS”として活動を始め、同時期に独自のレーベル“SEXY STONES RECORDS”を設立、活動の拠点とし、よりアーティスティックに世界を広げる。



2001年SHERBETS活動中にUAとバンド“AJICO”を結成し、短期間ではあるが、また違った壮大な局面を魅せる。

そして2002年2月、スリーピースバンド“JUDE”を結成。

2枚同時アルバムリリースなど、より勢力的にライヴを中心に活動。



2006年7月に1st SINGLE「危険すぎる」のリリースより浅井健一ソロ名義での活動をスタートさせ、9月には1st ALBUM「Johnny Hell」を発表。

そして2007年6月にはアルバム「Rod Snake Shock Service」と「CHELSEA」を同時に2枚リリースし全国26本のツアーを行った。



また音楽以外でも、絵の才能も注目を浴び、【浅井健一作品集/「SHERBET Street」(画集、小説、BOOK MUSIC)】や、絵本「TED TEX」、詩集3冊、画集「Jet Milk Hill」を発表し各地で個展も開催。

時代や国境を越え描きだされる芸術作品を創り続けている。



2008年、SHERBETS結成10周年を迎え、SHERBETSの活動が本格化。

SHERBETSとしてミニアルバム「GOD」、LIVEアルバム「GREATEST LIVE in TOKYO」、

そして10月にはLIVE DVD「ghost flowers –GREATEST LIVE at JCB HALL-」と

オリジナルアルバム「MAD DISCO」をリリース。



2009年、浅井健一の新曲「SPRING SNOW」が4月11日より公開の映画

“クローズZEROⅡ”(全国東宝系)の劇中歌に決定!