Alan Walker

●ノルウェー出身、23歳のプロデューサー

●楽曲&MV累計再生回数500億、YouTube総再生回数100億、SNS累計フォロワー数1億2千万人、YouTubeで最もフォローされているアーティスト9位という記録を誇る(2021年5月時点)

●元々はプログラミングやグラフィック・デザインに興味を持っていたところ、15歳の頃に独学で音楽プロデュースを覚え、オンライン上での楽曲リリースをスタート

●2015年にリリースした楽曲「フェイデッド」は、ドイツやスウェーデン、スイス、オーストリアの年間チャート1位を記録したほか、全英週間シングル・チャートと全米ホット・ダンス/エレクトロニック・チャートでもトップ10入りを記録

●これまで<ULTRA MUSIC FESTIVAL><コーチェラ><トゥモローランド><ロラパルーザ>などの600本以上の大型フェスに出演

●コールドプレイ、ブルーノ・マーズ、シーアなどのトップ・アーティストのリミックスも手掛ける

●2017年12月11日にはノーベル平和賞コンサートに出演

●2017年12月8日(金)には日本限定デジタルEP『アラン・ウォーカー・ヒッツEP』をリリースし、iTunesダンス・アルバム・チャート1位を記録

●2017年12月14日(木)には初来日公演を開催し、ソールドアウト

●2018年4月、日本限定デジタルEP『フェイデッド・ジャパン EP』がiTunesダンス・アルバム・チャート1位を記録

●「フェイデッド」が2018年5月4日(金・祝)公開の映画『ラプラスの魔女』の主題歌に決定

●2018年5月、<EDC Japan 2018>に出演

●2018年12月、初の東京・大阪でのジャパン・ツアーを開催し、東京・大阪公演共に完売。追加公演も決行

●2018年12月14日にデビュー・アルバム『ディファレント・ワールド』を配信先行リリースしiTunesダンス・アルバム・チャート1位を記録。12月26日には豪華日本盤を発売

●2019年8月、<SUMMER SONIC 2018>に出演