花魁譚【完全生産限定盤】
2019.10.30
アルバム
¥2,100+税
SICJ-30011
秋吉=タバキンがRCAに残した数々の名盤の中から8タイトルを厳選!
購入・ダウンロード

>

DISC 1

  • ロード・タイム・シャッフル
  • 花魁譚
  • ストライヴ・フォー・ジャイヴ
  • アイ・エイント・ゴナ・アスク・ノー・モア
  • インタールード
  • ヴィレッジ
1953年に初リーダー作『トシコズ・ピアノ』をリリース。1956年に単身渡米、バークリー音楽院で学んだ後、チャールズ・ミンガスのバンドに参加。1967年に現在の夫でありテナーサックス奏者のルー・タバキンと出会い、1969年結婚。二人での活動を開始。1973年にロサンゼルスで秋吉敏子=ルー・タバキン・ビッグ・バンドを結成。以来 リリースする作品の多くが モダン・ジャズの金字塔として世界中で高く評価されている。今年90歳を迎える現在に至るまで第一線で活躍を続けている。1999年にはジャズの殿堂入りを果たしている。今回、秋吉敏子90歳&秋吉=タバキン活動50周念を記念して、RCAに残した数々の名盤の中から8タイトルを厳選し、アナログ・マスターからの最新リマスタリング、高品質Blu-spec CD2採用、紙ジャケット仕様で発売。本作は昔の吉原の遊女の明暗をサウンド化したタイトル曲はルー・タバキンの絶妙なフルート・ソロと秋吉の色彩感溢れるアレンジで大きな話題となった。彼女が目指した和製ジャズを象徴するナンバーといえる力作。1976年作品。初紙ジャケ化。

【完全生産限定盤】
■紙ジャケ
■Blu-spec CD2
■最新リマスタリング音源




購入・ダウンロード

×

CDを購入