レックス・オレンジ・カウンティ

 

●1998年生まれの21歳、ロンドン郊外に位置するサリー州ハスルミア出身。

本名:Alexander O’Connor/アレクサンダー・オコナ―

●アバやクイーン等ドラマティックでメロディックなグループに影響を受ける一方、グリーン・デイやウィーザー等のアメリカン・ポップ・パンクにも魅かれる。

●独学でドラム、ピアノを演奏していたが16歳の時、アデルやエイミー・ワインハウスもかつて通ったという名門音楽学校、“BRIT School for Performing Arts and Technology in Croydon”に入学。

●この頃よりスティーヴィー・ワンダー等往年のソウル系ソングライターに傾倒。ギターの演奏を始めLogic softwareでソロ・ミュージックのプロデュースを始める。

●2015年、「怒りと、悲しみと、自分を憐れみ、情けない思いに駆られて作った」という初の自主制作アルバム

『ビコーズ・ユー・ウィル・ネバー・ビー・フリー』をリリース。

●同作品がタイラー・ザ・クリエイターの耳をとらえ、当時17歳であったREXをLAに招いてのレコーディングを決行。彼が参加した「ボアダム」と「フォーワード」は2017年にリリースされ全米初登場2位を記録したタイラー・ザ・クリエイターの4作目のアルバム『フラワー・ボーイ』に収録される

●2017年、タイラー・ザ・クリエイターとのコラボ経験をさらに昇華させ、本人曰く「デビューアルバムとは真逆」と称する2ndアルバム『アプリコット・プリンセス』をリリース。

●2017年の終わりに“Edition”と”Loving is Easy”をリリース。

●2018年、“BBC Sound of 201”で栄えある2位に選出される。

●サマーソニック2018で来日を果たし、その素晴らしいライヴ・パフォーマンスで大きな話題を呼ぶ。

●2019年9月13日、ソニー・ミュージック移籍第一弾シングル「10/10」をリリース。

●2019年10月25日、3rdアルバム『ポニー』をリリース予定。