“声”だけで人々を魅了し続ける奇跡のアカペラ5人組。アメリカ出⾝、2011 年結成&デビュー。リード・ヴォーカリスト:スコット・ホーイング/カースティン・マルドナード/ミッチ・グラッシ、ヴォーカル・ベース:アヴィ・カプラン、ビートボクサー:ケヴィン・オルソラの 5 人からなる超絶技巧派アカペラ・グループ。グループ名の由来は、1 オクターブごとに5つの⾳が含まれる五⾳⾳階=ペンタトニック・スケールをメンバー5 人になぞらえたもの。ポップ、ジャズ、R&B、ダブステップ、エレクトロニカやヒップホップなどのサウンドを、他に類を⾒ないアカペラとヒューマン・ビートボックスで表現する。特にデジタル・エフェクト系 のサウンドを⼤胆に盛り込んだアレンジの着眼点とその再現性の⾼さは他のいかなる アカペラ・グループとも⼀線を画す、未知の⾳楽体験と⾔っても過⾔ではない。

 

彼らの代表作「ダフト・パンク・メドレー」が2億回、公式YouTubeチャンネルの動画総再生回数が驚異の23億回を突破。2015年10月発売の初オリジナル・アルバム『ペンタトニックス』が、“アカペラ・グループ"として史上初の全米初登場1位を記録。アメリカン・ミュージック・アワード2015で、映画「スター・ウォーズ フォースの覚醒」公開を記念し、フルオーケストラをバックにスター・ウォーズの楽曲を披露。昨年7月発売の日本独自企画盤『ペンタトニックス(最強盤)』に収録されている「Perfumeメドレー」では初の日本語歌唱に挑戦。昨年発売した2枚目のクリスマス・アルバム『ペンタトニックス・クリスマス』 は、全米2週連続1位を獲得。2015年の「ダフト・パンク・メドレー」、2016年の「くるみ割り人形」で、2年連続同部門のグラミー賞“最優秀インストゥルメンタル/アカペラ・アレンジメント部門”獲得に続き、今年の第59回グラミー賞では、ドリー・パートンとの楽曲「ジョリーン」で、“最優秀カントリー・デュオ/グループ・パフォーマンス部門”を受賞し、3年連続となるグラミー受賞を果たした。これまで、日本には6回の来日を果たしている。