秋元 康氏が総合プロデューサーを務めるAKB48の姉妹グループとして、2015年に新潟県に誕生した国内5つめの48グループ。

「NiiGaTa」の頭文字をとってNGT48と命名される。劇場支配人にはSKE48から今村悦朗劇場支配人が異動。

AKB48から北原里英がキャプテンとして移籍し、柏木由紀が兼任メンバーを務める。

第2回AKB48グループドラフト会議(2015年5月実施)で2名を指名・獲得し、第1期生オーディションでは22名が合格。

2名の卒業を経て、2018年3月現在、24名のメンバーが所属している(うち新潟県内出身は10名)。

2016年1月10日には、万代地区の商業ビル「LoveLa2」に専用劇場がオープン。

同時に、チームNIIIが結成される。現在(2018年3月)、チームNIII、研究生ともに公演を行っている。

また、2016年6月に地元新潟で開催されたAKB48選抜総選挙で、メジャーデビューが決定したことが発表され、

1stシングル「青春時計」を2017年4月12日にリリース。オリコンウィークリーランキング初登場1位を獲得した。

「地域密着・地元貢献」を活動テーマのひとつに掲げ、新潟県内で行われるイベントに積極的に参加。

 新潟米のPRなど県や市との取り組みや、地元企業とのタイアップなども展開。

地元のテレビやラジオで冠番組放送するなど、地元メディアでの露出も活発に行っている。

AKB48 49thシングル選抜総選挙~まずは戦おう!話はそれからだ~では、NGT48より10名のメンバーが80位以内へランクインの大躍進を遂げる。

2017年12月6日セカンドシングル「世界はどこまで青空なのか?」をリリース。オリコンウィークリーランキング初登場2位を獲得する。

第32回 日本ゴールドディスク大賞「NEW ARTIST OF THE YEAR」「BEST 5 NEW ARTIST」受賞。
2018年4月11日サードシングル「春はどこから来るのか?」をリリース。