MAX

 

アメリカ・NY州出身、本名はMax Schneider(マックス・シュナイダー)

 

現在27歳、持ち前の明るさとナイスガイなキャラクターが人気の実力派シンガーソングライター。

 

幼いころから歌うことや踊ることが大好きで、16歳でブロードウェイのミュージカル「13」アリアナ・グランデと共演し、その後アメリカの人気テレビドラマ「Law & Order:性犯罪特捜班」への出演を皮切りに俳優業もはじめ、数々の作品に出演。さらには、イタリアを代表する高級ファッションブランドDolce & Gabbanaの2010年の秋冬キャンペーンでモデルとしてマドンナと共演を果たした。

 

当時からYouTubeにオリジナル曲やカバー動画の投稿もしており、ポップス、R&B/ソウル、ダンス、ロック、ヒップホップといった幅広いジャンルの曲をカバー。チャンネル登録者数は150万人を超え、人気のカバー動画は550万回再生を誇るほど、絶大なフォロワー層を獲得している。また、他アーティストとのコラボで、MAXと女優ヴィクトリア・ジャスティスをフィーチャーした動画「マルーン5メドレー」は、4,000万回の再生回数を誇る人気に。

 

2015年2月、彼に注目したフォール・アウト・ボーイのベーシスト=ピート・ウェンツのレーベルDCD2 Recordと契約を結び、オリジナル曲「ジバリッシュ feat. フーディ・アレン」をリリースした。MAXはこの楽曲で2015 YouTube Music Awardsを受賞し、受賞タイミングで公開した同楽曲のビデオは初週で450万回再生を記録。翌年4月には、待望のデビュー・アルバム「ヘルズ・キッチン・エンジェル」を配信限定リリース。アルバムタイトルにある”ヘルズ・キッチン”は、自身の出身地であるニューヨーク市のマンハッタン内の地域の名称が由来となっている。

 

デビュー・アルバムに収録されている楽曲「ライツ・ダウン・ロウ」は、当時付き合ったばかりのガールフレンドのために書き下ろした曲で、自身が彼女にプロポーズする際に曲を使ったことで、プロポーズやウェディング・ソングとして話題に。その後シンガー兼ラッパーのナッシュを迎えたバージョンをミュージック・ビデオと共にリリースし、原曲のリリースから約2年後、2018年3月31日付けのボード・アダルト・ポップチャートでエド・シーラン、チャーリー・プースをおさえて堂々3週連続1位を獲得!全米シングルチャートでも20位にまで上り詰めた。

 

その勢いのまま、2018年7月に『ヘルズ・キッチン・エンジェル(ジャパン・バージョン)』で日本デビューを果たし、SUMMER SONICと東阪で行われたSUMMER SONIC EXTRAの単独公演で初来日。弾けるようなエネルギッシュなライブパフォーマンスと、持ち前の歌唱力で日本のファンを魅了した。

 

現在はセカンド・アルバムを制作中の傍らアメリカやヨーロッパをツアーで飛び回っている。2019年、シンセサウンドにMAXのソウルフルな歌声が絶妙にマッチした「ラヴ・ミー・レス feat. クインXCII」や「アシッド・ドリームス feat. フェリー」をリリース。これらのアルバムはセカンド・アルバムに収録予定である。