2004年女優デビュー。
その後、数々のドラマ・映画で主演を務める。
2010年NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」ではヒロインを演じ、同年NHK「紅白歌合戦」では紅組司会を務め、ドラマの主題歌でもあった「ありがとう」を演奏した。

 ピアニストとしては2006年2月に発売された「イマージュ 5cinq」に自身がヒロイン役を演じた「恋におちたら~僕の成功の秘密」主題歌カバーを収録。同年12月には国際フォーラムホールCのステージを行い松下自身は初LIVEを行った。映画「アジアンタム ブルー」では劇中曲を3曲、ピアノ演奏しており出演シーンを自らの演奏で飾った。

ファーストアルバム「dolce」はインストゥルメンタルでは異例のチャートアクションを見せ、アジア5カ国で発売。2007年に日本フィルハーモニー交響楽団と共演し、東京芸術劇場で「モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番」を演奏し絶賛された。
2007年7月公開の映画「ピアノの森」で主題歌「Moonshine~月あかり~」でウ゛ォーカル・デビューを果たした。
2007年10月にはセカンドアルバム「poco A poco」をリリース。

 2008年公開の映画「チェスト!」では、初の主演・劇中曲作曲演奏・主題歌を担当し大いに映画を盛り上げた。主題歌「流れる雲よりもはやく」には映画で実際に演じた生徒役の子供たちのコーラスも収録している。

 2009年に発売したアルバム「pf」では、Sony VAIOのタイアップ曲「f」を含むオリジナルピアノ曲集を発表。

 2010年9月に発売したアルバム「Scene#25 Best of Nao Matsushita」では、自身が演じた「ゲゲゲの女房」からインスピレーションを受けた「ゲゲゲの女房」組曲を作曲。また、「ありがとう」やNTV「京都~心の都~」で制作した楽曲を収録。
また、2011年4月~6月にかけて自身初の全国10ヵ所のコンサートツアーを行い、「ゲゲゲの女房」ゆかりの地、東京・調布、鳥取・米子をまわり、沢山のファンから「おかえり!」と暖かい声援をうけた。
このコンサートの模様を収録したコンサートDVD・ブルーレイ「Concert Tour Scene#25」が2010年10月19日に発売された。

 

 2012年4枚目となるオリジナルアルバム「for me」をリリース。ピアニストとしてとらわれない音楽活動を凝縮した渾身の作品。同年アルバムを携えて10か所の全国コンサートツアーを行う。


 2013年自身が主演“鴨”役を務めたフジテレビ系ドラマ「鴨、京都へ行く。―老舗旅館の女将日記―」の劇判をJazztronikの野崎良太と連盟でリリース。ドラマ演出による音楽のこだわりに応えて、劇中を彩る作品。

 

 2013年初のボーカル曲を中心に収録した5枚目のオリジナルアルバム「WOMAN」をリリース。聴くひとの背中をそっと押してくれる、 優しさと温かさが心を包む作品。同年アルバムを携えて10か所の全国コンサートツアーを行う。

 

 2015年ボーカル曲を中心に、オーケストラ、Rock、Popsなど、色彩豊かな“Music”たちが織り成すカラフルな作品群を収録した6枚目のオリジナルアルバム「Music Box」をリリース。同年アルバムを携えて10か所の全国コンサートツアーを行う。

 2016年アーティストとしてデビューして10周年を迎えた。CDデビュー10周年記念ベストアルバム「THE BEST ~10 years story~」発売を発表。