山田耕平(やまだ こうへい)
1979年9月5日、名古屋市生まれ。
03年に愛知大学を卒業後、同年12月~06年3月まで青年海外協力隊の村落開発普及員としてマラウイで任務にあたった。

現地の若者達とエイズに語り合う機会を持つうち、感染率が高くカップルの間での感染が高いのにも関わらず、「まだ結婚しないから、検査は行かない」などと若者達が話すのを聞いて、エイズは今の自分たちの問題であるという認識をもってもらおうと歌を制作。

VCTの重要性を若者たちに訴えるには、難しい話をするのではなく、若者たちに最も受け入れられやすい形の一つである歌が一番だと思いつき、昨年1月、自分でつけた歌詞を、友人でありマラウイのトップミュージシャンでもあるムラカ・マリロが現地語のチェワ語に訳し、ノリのよい曲調に作曲。

若いカップルがエイズ検査を受けるラブストーリーをミュージックビデオにし、昨年8月に完成させた。ラジオ局や唯一のテレビ局に持ち込み、同9月ごろから放送されるとたちまち人気を博し、この歌はマラウイのヒットチャート1位に輝き「レコード大賞」にもノミネートされた。