Aimer(エメ)・・・シンガーソングライター。15歳の頃、歌唱による喉の酷使が原因で、突如声が出なくなるアクシデントに見舞われる。止む無く音楽活動を休止するも、数年後には独特のハスキーで甘い歌声を得ることとなる。

 

2011年:
シングル「六等星の夜」でメジャーデビュー。12月14日には2nd single「Re:pray」をリリースし、そのアートワークがヨーロッパ最大ともいわれる写真コンペ「PX3」の音楽部門にて銀賞を受賞。

 

2012年:
4th single「あなたに出会わなければ~夏雪冬花~」がスマッシュヒットを記録。同曲は同年12月15日放送のTOKYO FM「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(毎週土曜23:00~23:55 JFN 38net)にて、桑田佳祐が2012年にリリースされた邦楽の中から選んだ名曲20選の中の第5位に選ばれるなどした。続く1st album「Sleepless Nights」はオリコン初登場5位を記録し、2012年CDショップ大賞にノミネートもされる。

 

2013年:
5th single「RE:I AM EP」がオリコン初登場6位を記録。同年11月20日には阿部真央による初の書き下ろし楽曲「words」を収録したmini album「After Dark」をリリース。

 

2014年:
6th single「StarRingChild」がオリコン初登場3位を記録。6月25日には2nd album「Midnight Sun」と、澤野弘之とコラボレーションアルバムSawanoHiroyuki[nZk]:Aimer「Unchild」を同時発売し、オリコン同時TOP10入りを果たす。9月3日には菅野よう子らとコラボレーションしたmini album「誰か、海を。」をリリースし、そのアートワークはミュージック・ジャケット大賞 2015にて準大賞を受賞。

 

2015年:
ONE OK ROCK 2015 “35xxxv” JAPAN TOURのサポートアクトとして横浜アリーナにて2日間にわたってパフォーマンスを披露。6月3日には8th single「Brave Shine」をリリースし、iTunesでは総合シングルチャート1位を記録したほか、香港、シンガポール、インドネシア、タイなどのアジア各国でも1位を獲得。続く7月29日には3rd album「DAWN」をリリース。

 

2016年:
Taka(ONE OK ROCK)、TK(凛として時雨)がそれぞれ楽曲提供・プロデュースした両A面シングル「insane dream / us」を7月にリリース。続く8月には野田洋次郎(RADWIMPS)が楽曲提供&プロデュースした11th single「蝶々結び」をリリース。そして9月21日には豪華アーティスト陣参加のnew album「daydream」をリリースし、自身最高となるオリコン2位を記録。同時に東京国際フォーラムホールAを含む全国10か所でのホールツアーを実施。

2017年:
5月3日に初のベストアルバム「blanc」「noir」を2枚同時リリース。8月29日には初の日本武道館でのワンマンライブを開催し、13,000人を動員。全国26か所の映画館及び香港、台湾、韓国でライブビューイングも実施された。10月11日には13th single「ONE / 花の唄 / 六等星の夜 Magic Blue ver.」をリリースし、自身最高となるオリコン週間2位を記録。