「ハプスブルク展」WEB限定CM(ロングバージョン)公開!

2019.10.03

2019年10月19日(土)から2020年1月26日(日)まで、国立西洋美術館にて開催される「日本・オーストリア友好150周年 ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」のイメージソング「marie(読み:マリー)」をAimerが書きおろし!

本日よりTBS公式YouTubeチャンネルにて「ハプスブルク展」WEB限定CMが公開されましたので、是非ご覧ください!



[Aimerコメント]

輝きと悲しみ、栄光と没落、相反するそのどちらをも孕んだ物語を生きたハプスブルク家の人々。彼らのうち誰か一人を題材にした曲を、とリクエストいただき、真っ先にマリー・アントワネットを思い浮かべました。14歳で大国フランスへと嫁ぎ壮絶な最期に至った彼女の生涯について、わたしなりにイメージを膨らませつくった曲が「marie」です。声と荘厳なストリングスの融和をぜひ楽しんでいただけたら、そしてこの曲が、ハプスブルク展に足を運ぶみなさんに寄り添えたら嬉しいです。  

※新曲「marie」のリリース日などは現在のところ未定となっています。

 

展覧会名

日本・オーストリア友好150周年記念 

ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史

 

会期 2019年10月19日(土) - 2020年1月26日(日)

 

会場 国立西洋美術館(東京・上野公園)

展覧会概要

中世以来広大な領地を支配下に収め、神聖ローマ帝国を代々世襲するなど、ヨーロッパの歴史の表舞台で常に脚光を浴びてきたハプスブルク家。マリー・アントワネット、エリザベト、マリア・テレジア、ルドルフ2世など歴史上の有名人を多く輩出した名門一族です。

同家の人々はまた、絵画や工芸品、武具などからなる豊かなコレクションを築いたことでも知られています。ウィーン美術史美術館はハプスブルク家のコレクションを受け継いだ美術館のひとつとして知られますが、オーストリアと日本の国交樹立150周年を記念する本展では、同館の協力のもと、世界屈指と言われるハプスブルク家のコレクションをご紹介します。同家の個性豊かな人物たちを紹介しつつ、蒐集の歴史をたどり、コレクターごと、時代ごとにその個性や傾向を浮き彫りにしていきます。

音声ガイドナレーター 花總まり(女優)、梅原裕一郎(声優)



ハプスブルク展公式サイト
rss