2006年デビュー。フィンランドHR/HMシーンのホープとして今最も注目を集める女性HRシンガー、AGNES(アグネス)。1stシングル「I Thought We Were Lovers」はナショナル・チャートで2位を獲得。またアルバムも8位に輝き、祖国でのその人気たるやゴールデン・タイムのテレビの歌番組に引っ張りだこになるほどだ。

アルバムには、アグネスの才能に惹かれた大物アーティストが多数参加。北欧様式美の象徴EUROPEのJOEY TEMPEST、ブリティッシュ・ハードロックの気鋭THUNDERのLUKE MORLEYの共作で話題の「Change」収録。祖国フィンランドからはLORDIのMr.Lordi、SONATA ARCTICAのTONY KAKKO,APOCALYPTICAのMIKKO SIREN、STRATOVARIUSのLAURI PORRAなど、超豪華なラインナップになっている。

日本では2006年に輸入盤としてこのアルバムが発売。クチコミのみで着実にセールスを伸ばしており、早耳のファンの間では既に話題に。シンセが随所に効いたヘヴィー・メタル黄金期80年代のサウンド、無駄にシャウトしない落ち着いたヴォーカル・スタイルなど、ノスタルジックでありながらフレッシュな彼女の世界観は、日本のHR/HMファンにも広く受け入れられるに違いない。