1976年、伝説の六本木Jazzライブハウス「ミスティー」に出演、反響を呼び1977年、アルバム「SHUN」(トリオ・レコード)で、女性JAZZヴォーカリストの先駆けとしてセンセーショナルなデビュー。翌年には2枚目「LOVE SONG」(トリオ)リリース。またセッション・アルバム「カレイドスコープ」(デンオン)に渡辺香津美、村上“ポンタ”秀一カルメン・マキらとともに参加。この年にはスイング・ジャーナル誌の人気投票女性ヴォーカル部門で4位にランクされた。1979年、ミュージカル・ディレクターとして坂本龍一氏を迎え自身3枚目となる「MY IMAGINATION」(トリオ)をリリース後、約3年弱の日本での活動を経て渡米。そのままニューヨーク・マンハッタンに移り住む。



帰国後、約8年間の活動休止期間を経て音楽活動を再開する。この間結婚、出産、離婚を経験。その後、“日本の歌”に強く心打たれ、ここ数年は特にジャンルにとらわれず“魂に響く歌”を探し求めて歌っている。そして現在は、都内のJazzライブハウスや日本各地にいるサポーターたちに請われて生の歌を届けることを活動の中心としている。

また、最近の彼女のレパートリーにはJAZZのスタンダード・ナンバー以外に、「黄金(こがね)の花」「四丁目の犬」「しかられて」「ゴンドラの唄」「ヨイトマケの唄」など日本の歌や、海外の様々なロック・アーティストのカバー曲に本人自ら訳詞をした作品などがある。

過去にインディーズ含めて9枚のアルバムと1枚のシングルをリリース。



<Discography>

■1977年

 ●1stアルバム「SHUN」発売。(トリオレコード)

Musician: 酒井俊(Vo)/ 渋谷毅(Pf)/ 川端民生(Bass)/ 宮沢昭一(Dr)/ 宮沢昭(T.sax&Fl)/ 中牟礼貞則(Gt)/ 向井滋春(Trombone)/ 吉田憲司(Tp)/ 大口純一郎(Pf)/ 石川実(conga)

※All songs arranged by shibuya Takeshi



■1978年

 ●LAレコーディング2ndアルバム「LOVE SONG」発売。(トリオレコード) Musician : 酒井俊(Vo) & H. P. Riot/ Bruce Stephens(Ds)/ Leslie Shelton(Bass&Cho) Roland Terry(Gt)/ Roosevelt Prout(Per&Cho)/ Gregory Prout(A.Sax&Cho) Elias Aczon(Tp&Cho)/ Dewayne Sweet(Keyboard,Synth&Cho)/ Tosca Shelton(Cho) Renee Kramer& Sam Russell(Perc) ※ All songs arranged by Dewayne sweet Executive Producer:Inaoka Ken / Producer:Samuel R.McWhorter

●「カレイドスコープ」のライブ・レコーディング・アルバムに参加。(デンオン) Musician:渡辺香津美(Gt)/ 向井滋春(Tb)/ 土岐英史(A.Sax)/ 植松孝夫(Ts) 岡沢茂(Bass)/ 村上“ポンタ”秀一(Ds)/ 松本博(Pf)/ 横山達治(Perc) ミッキー吉野(Synth)/ 竹田和夫(Gt)/ 土屋昌己(Gt)/ 井上憲一(Gt) ジョージ紫(Hammond)/ ジョン山崎(Clavinet)/ スティーヴ・フォックス(Bass) トミー・スナイダー(Ds)/ カルメン・マキ(Vo)/ 酒井俊(Vo)



■1979年

 ●3rdアルバム「MY IMAGINATION」発売。(トリオレコード)

Musician: 酒井俊(Vo)/ 坂本龍一(E.Pf&Pf&Synth&H.Org)/ 松原正樹(E.Gt)/ 小原礼(E.Bass)/ 鈴木茂(E.Gt)/ 高橋ユキヒロ(Dr)/ 浜口茂外也(Perc)/ 大徳俊幸(Pf&E.Pf)/ 本多俊之(A.Sax&S.Sax)/ 鮎川誠(E.Gt)/ Producer:桂宏平/ Dir&Arranged: 坂本龍一

 ●スペシャル・ジャム・カンパニー「CITY VIBRATION」のレコーディング・アルバムに山岸潤史とスペシャル・ゲストで参加。(コンチネンタル・レコード)

Musician: 沢井原児(A.Sax)/ 緒方泰男(Pf,Hammond,Synth)/ 田中章弘(E.Bass)/ 上原裕(Dr)/ ペッカー(Perc)/ サンディー(Cho)/ 数原晋(Tp)/ 岸義和(Tp)/ 塩村修(Tb)/ 山岸潤史(E.Gt)/ 酒井俊(Vo)/ Producer:沢井原児

※約3年弱の日本での活動を経て、全米ツアーのため渡米。そのまま約2年間Manhattanに住む。



■1987年 8年間の音楽活動を休止後、再び活動開始。



■1991年

 ●4thアルバム「香港ブルース」発売。(東芝EMI) Musician:酒井俊(Vo)/ 片山広明/(T.Sax&B.Sax)/ 津村和彦(Gt)/ 渋谷毅(Pf&Org.) 川端民生(E.Bass)/ 古澤良治郎(Dr)/ 原朋直(Tp)/ 松風鉱一(As,Bs&Fl)/ 峰厚介(Ts) 松本治(Tb),石渡明廣(Gt) Arranged&Producer:渋谷毅



■1996年

 ●5thアルバム「Kaimono Boogie」発売。(SSレーベル)

Musician:酒井俊(Vo)/ 片山広明(T.Sax)/ 吉沢朔(Pf)/米木康志(Bass)/ つの犬(Dr&Pec)/ 津村和彦(Gt)/ 勝井佑ニ(Vl)/ Producer:酒井俊/ Dir:片山広明



■1997年

 ●6thアルバム「Fly Me To The Moon」発売。(SSレーベル) Musician:酒井俊(Vo)/ 片山広明/(T.Sax&B.Sax)/ 吉沢朔(Pf,Tp&Moog) 米木康志(Bass&E.Bass)/ つの犬(Dr&Pec)/ 吾妻光良(Gt)/ 春日博文(Gt)/ 林栄一(A.Sax) Producer:酒井俊, 片山広明



■1998年

 ●シングル「満月の夕べ」発売。(SSレーベル)

Musician:酒井俊(Vo)/ 鬼怒無月(Gt)/ 桜井芳樹(Gt&Mandolin)/ Producer:酒井俊



■1999年

 ●7thアルバム「Beyond Time」発売。(地底レコード)

Musician:酒井俊(Vo)/ 渋谷毅(Pf)/ 川端民生(Bass)/ 芳垣安洋(Dr.&Perc)/ E・Producer:吉田光利/ Producer:酒井俊



■2001年

 ●8thアルバム「あいあむゆう」 5月20日発売。(SSレーベル)

Musician:酒井俊(Vo)/ 鬼怒無月(Gt)/ 桜井芳樹(Gt)/ 太田恵資(Vl&Ch)/ 林栄一(A.Sax)/ 芳垣安洋(Ds)/ 黒田京子((Pf)/ 関島岳郎(Tuba)/ Producer:酒井俊

 ●9thアルバム「四丁目の犬」 6月25日発売。(SSレーベル)

Musician:酒井俊(Vo)/ 太田恵資(Vl&E.Vl&C.Vl&Megaphon&Ch)/ 黒田京子(Pf&Acc)/ 関島岳郎(Tuba&T.Rec)/ 竹内直(T.Sax&Fl)/ Producer:酒井俊



■2003年

 ●BMGファンハウス第1弾シングル「満月の夕(ゆうべ)」1月22日発売。

Musician:酒井俊(Vo)/ 丸尾稔(Synth)/ 島村英二(Dr)/ 長岡道夫(Bass)/ 倉田信雄(Pf)/ 笛吹利明(F.Gt)/ 梶原順(E.Gt)/ 篠崎正嗣ストリングス/ 若草恵(Arr.)