SOUL'd OUT


SOUL'd OUT are
  Diggy-MO' (Main MC)
  Bro.Hi (Human Beat Box / MC)
  Shinnosuke (Trackmaster)


1999年結成。楽曲制作からキャリアをスタートさせ、2001年頃から東京を中心としてCLUBでのライブ活動を本格的に開始。2MC+Trackmasterの三人が、Hip Hop・ソウルクラシックス・R&Bなどのブラックミュージックをルーツに繰り出す、オリジナルのサウンドスタイルとパフォーマンスは圧巻。
2003年1月1stシングル「ウェカピポ」は、オリコンウィークリーチャート16位に突如チャートイン。その後2nd シングル「Flyte Tyme」、3rdシングル「Dream Drive/Shut Out」ともにオリコンベストテン入りしチャートを賑わした。2003年8月に1st アルバム『SOUL'd OUT』をリリース。同アルバムは、オリコンアルバムチャート3位に初登場し、新人としては異例の50万枚を突破。2007年には日本武道館公演を行い、大盛況の中幕を閉じた。
2010年、約2年半の各ソロプロジェクトを終え、11月に出演したライブイベントからSOUL'd OUTとしての活動を再開。2011年4月に復活のライブツアー「SOUL'd OUT LIVE TOUR 2011 "neck n' neck SO long"」を開催し、各地即チケット完売。そしてオリジナル作品として約3年振りとなる待望のニューシングル「and 7」を4月27日にリリース。
2013年1月23日記念すべきデビュー10周年を迎え、1月17日(大阪),22日(東京)と超プレミアムなライブ"Anniv122"を開催。また10周年同日には、10年間の軌跡をまとめ、また通算100曲目の新曲「TooTsie pOp」を含む集大成アルバム『Decade』をリリース。そして5月より全国5カ所のツアーをスタート、大成功をおさめ新しい歴史の幕を開けた。
2014年1月解散発表と4月9日発売「To From」を同時に発表。そのアルバムを掲げ6月から全国ツアー8本。ラストライブ1本にてモンスター・グループ「SOUL’d OUT」は11年の活動に幕を閉じる。






Diggy-MO’ (Main MC)

10年以上に渡るクラシックピアノ歴を持ち、クラシックを通じ音楽の基礎を習得。中学、高校とラップ・ブルース等のブラックミュージックに関心を持ち、バンドを結成。同時期にTHE ROOTSというHIP-HOPグループに大きな衝撃を受け、自ら英語を用いた作詞・作曲を試みる。大学では美術大学にてグラフィックを専攻しながらも音楽活動を続ける。SOUL’d OUTでの作詞活動においてはメッセージ性の強いリリカルなものからイマジネーションの世界へ導くものなど世代に訴える幅広いバリエーションをみせている。又、ラップだけにとどまらず、メロディーフロウを武器とし、歌心のあるラッパー、そしてメロディーメイカーとして楽曲制作に大きく携わる。その他、AI、a.mia、SAL 、BENNIE Kとのコラボレーション等フィーチャリングラッパーとしても様々なアーティスト達と活動している。

影響を受けたアーティスト
[洋楽]THE ROOTS, FUGEES, OUTKAST, SLICK RICK, JAY-Z, NAS, LOSTBOYZ, SNOOP DOGGY DOGG, Missy ELLIOT, Dungion Family , LAURYN HILL, Mary J.BLIGE, SWV, BLACK STREET, MICHAEL JACKSON, TLC,N.E.R.D,Destiny Child,KELIS ,etc.
[邦楽] サザンオールスターズ, 岡村 靖幸,m-flo, DOUBLE, MONDAY満ちる, 宇多田ヒカル, BENNIE K, etc.
[クラシック] モーツァルト,リスト, ショパン, バッハ, ラベル, チャイコフスキー, etc.







Bro.Hi (Human Beat Box/MC)

ブラックミュージック好きの親の影響で、幼少の頃ブラックミュージックに触れてブルースにも興味を持つ。また、小学校高学年の時期をオーストラリアで過ごしていたという帰国子女でもある。中学時代には自らバンドを結成し、ドラムを担当。THE WHOのドラマー、キース・ムーンに大きな影響を受け、当時のアーティストにも広く興味を持つ。後にTHE DOORSのジム・モリソンに魅力を感じ、ヴォーカリストを目指すようになると同時に作詞にも取り組みはじめ、オリジナルを制作していく。その後にTHE ROOTSに出会い、HIP-HOPの世界に目覚める。そしてTHE ROOTSのLIVEで目にしたHuman Beat Boxというパフォーマンスに衝撃を受けて以来、自らもその技を磨くと共に、常にその斬新な見せ方を研究している。SOUL’d OUTではDiggy-MO’と共に作詞を担当。

影響を受けたアーティスト
[HIP-HOP] THE ROOTS, RZA, BUSTA RHYMES, SNOOP DOGGY DOGG, Nas, NAUGHTY BY NATURE, etc.
[R&B] LAURYN HILL, TLC, Aaliyah, ZHANE, etc.
[その他] THE WHO, THE DOORS, JANIS JOPLIN, THE JAM, etc.
[邦楽] 井上陽水, DJ KRUSH, 宇多田ヒカル, etc.







Shinnosuke(Trackmaster)

幼少の頃より絵画に興味を持ち、中学・高校とデザイン、油絵等の勉強を学ぶ一方でエンタテインメントの世界にも芸術的な面で魅力を感じ、小学校ではブラスバンド部に入りトロンボーンを、その後バンドを仲間と組みキーボードを担当する。高校卒業時、オリジナル曲を作り始めた頃からJam&Lewisのサウンドにのめり込み、ブラックミュージックを基本としたプロデューサーを目指すようになる。感性の中にある絵心等、イマジネーションをフルに生かした独創性やインパクトを基調に幅の広いサウンドプロデュースを心がける。Diggy-MO’とのメロディー制作はもちろん、その後のアレンジ、プログラミングを手掛けるSOUL’d OUTサウンドの要。

影響を受けたプロデューサー:
[HIP-HOP]P-Diddy, TRACKMASTERS, TIMBALAND,Neptunes etc.
[R&B] JIMMY JAM&TERRY LEWIS, TEDDY RILEY, BERNARD EDWARDS&NILE ROGERS, BABYFACE, T.KURA, RODNEY JERKINS, Tim&Bob,PRINCE etc.