‘77年、コネチカット州生まれand 育ち。
スティーヴィー・レイ・ヴォーンに感銘を受け、ブルーズを志す。19歳で名門バークレー音楽院に入学するも、数ヶ月でドロップ・アウト。99年アトランタで自主制作盤『インサイド・ウォンツ・アウト』を発表。2000年にはライヴの評判が高まりAWARE/COLUMBIAと契約、01年6月にインディーズ盤『ルーム・フォー・スクエア』をリリース。このデビュー作品は全世界で400万枚を超えるセールスを記録。そのヒットを受け、COLUMBIAが収録楽曲をリミックスしなおし、新曲も追加する形でメジャー・デビュー作『インサイド・ウォンツ・アウト』というタイトルでリリース。シングル「ノー・サッチ・シング」が全米TOP20に入るヒットとなり、アルバムは全米最高位7位にランクされ、03年2月の第45回グラミー賞で”最優秀男性ポップ・ヴォーカル”を受賞する。


03年9月、アルバム『ヘヴィアー・シングス』リリース。発売週で30万枚以上を売り上げ、全米ではNo.1に。05年第47回グラミー賞ではシングル「ドーターズ」で”最優秀楽曲”と”最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス”を受賞。天才ソングライターという評判と同時に若きブルーズ・ギタリストとしての活躍も多いに期待される中、そのルックスからティーン誌の「今最もホットなスター25人」に選ばれる。03年12月には初来日公演も敢行。


06年、”タイムレス”なアルバム『コンティニュアム』をリリース。第49回グラミー賞”最優秀男性ポップ・ヴォーカル・アルバム”と「ウェイティング・オン・ザ・ワールド・トゥ・チェンジ」で”最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス”の2部門受賞。この年、1日限りの来日公演が行われたが即完でプレミアムLiveに!
08年8月、ライヴ・アルバム『ホウェア・ザ・ライト・イズ・ライヴ・イン・ロスアンゼルス』をリリース。これはソロだけでなく、ジョン・メイヤー・トリオのパフォーマンスも収録、各方面で絶賛された。


09年、第51回グラミー賞ではこのアルバムと映画「The Bucket List/最高の人生の見つけ方」のサントラに提供したシングル「セイ」で5部門ノミネートされ、「グラヴィティ from ウェア・ザ・ライト・イズ・ライヴ・イン・ロスアンゼルス」で最優秀ソロ・ロック・パフォーマンス賞と「セイ」で”最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス” を受賞し、名実ともにグラミー賞の常連に。そして9月、4thアルバム『バトル・スタディーズ』を発表、全米チャート堂々初登場1位に輝く。翌10年には、4年ぶり3度目の来日が実現、大成功を収めた。


2012年6月、通算5作目のスタジオ・アルバム『ボーン・アンド・レイズド』をリリース。 全米アルバム・チャートで堂々2週連続1位を記録。しかしアルバム発売後まもなく、再び喉の手術を受けることとなり、予定されていたツアーは余儀なくキャンセルとなった。

 

しかし翌2013年には奇跡の復活を遂げ、通算6作目のスタジオ・アルバム『パラダイス・バレー』を完成させた(全米2位を記録)。先行シングル「ペーパー・ドール」は、心地よいミッド・テンポ・トラックに、ソウルフルなジョン・メイヤーの声が優しく響くポップ・ソング。前作同様ジョン・メイヤーとドン・ウォズ(ローリング・ストーンズ、ボブ・ディラン他)が共同プロデュース。同年7月からは実に3年ぶりのツアーを開始し、翌2014年春には来日公演を実現させ、武道館と大阪城ホールを大いに沸かせた。

 

2017年4月、約3年半ぶりの最新アルバム『ザ・サーチ・フォー・エヴリシング』をリリース(全米2位)。近年グレイトフル・デッドのスピンオフ・プロジェクト=デッド・アンド・カンパニーに参加するなど、新たな音楽を追求し続けてきたジョン。「タイトルの<尽きることのない探究>は僕のキャリアや人生そのものを物語っている/新作は僕がインスピレーションを受けた音楽やこれまでやってきたいろいろなスタイルの音楽を集めたミックステープのようなものになる」と本人が語るように、この作品はロック、R&B、ソウル、ポップス、カントリー等ジョンがこれまで出会ってきたすべての音楽のエッセンスを昇華させた<ジョン・メイヤー・ミュージックの結晶>となる濃密な作品に仕上がっている。ジョン・メイヤー・トリオのスティーヴ・ジョーダン(ドラムス)とピノ・パラディーノ(ベース)が全面参加したことでも話題を呼んだ。2018年には至高のポップ・ソング「ニュー・ライト」を公開し注目を集めた。

 

そして2019年4月、最新アルバム『ザ・サーチ・フォー・エヴリシング』を携え待望の来日公演が実現、日本武道館2daysが決定している。