ビヨンセとジェイ・Z夫婦コラボ・アルバム突然のリリースに世界騒然!本日より日本でも配信開始!

2018.06.18

2度目の夫婦ジョイント・ツアー『ORT Ⅱ』(On The Run Tour Ⅱ)を6月からスタートさせたばかりのビヨンセとジェイ・Zが、コラボ・アルバム『Everything Is Love|エヴリシング・イズ・ラヴ』をサプライズ・リリースし、再び世界を騒然とさせています。リリース直後はジェイ・Zらが運営する定額ストリーミング・サービスのみでのリリースとされ、日本では入手不可能となっていましたが、本日より日本でも配信がスタートし入手可能となりました。2人のファミリー・ネームである<ザ・カーターズ>名義でリリースされた、世紀のカップルによる夢の初共同アルバムからは、ファースト・シングル「APESHIT|エイプシット」のミュージック・ビデオも同時に公開されています。このMVは、フランス/ルーヴル美術館で撮影されたもので、名画『モナリザ』を始めとする世界有数の美術品コレクションに、ビヨンセとジェイ・Zの世界観を融合させたスタイリッシュながらも崇高な映像に仕上がっています。

 

「エイプシット」ミュージック・ビデオ

 

【リリース情報】
The Carters |ザ・カーターズ
『Everything Is Love|エヴリシング・イズ・ラヴ』

 

配信中
購入/試聴リンク: https://lnk.to/EverythingIsLove


●収録曲
1. SUMMER / サマー
2. APESHIT / エイプシット
3. BOSS / ボス
4. NICE / ナイス
5. 713 / 713
6. FRIENDS / フレンズ
7. HEARD ABOUT US / ハード・アバウト・アス
8. BLACK EFFECT / ブラック・エフェクト
9. LOVEHAPPY / ラヴハッピー

【プロフィール / 関連サイト】
<ビヨンセ>
●97年にデスティニーズ・チャイルドとしてデビュー。ソングライター、パフォーマー、プロデューサー、ダンサー、女優として活躍しながら、3児の母としての顔をも持つ。トータル・セールス1億枚以上。
●ビヨンセ名義の直近アルバム『レモネード』(国内盤は2016年7月6日発売)に至るすべてのアルバムが全米1位を獲得し、ソロ・デビューから6作品連続1位を獲得した唯一の女性アーティストとなる。
●『レモネード』はUS/UK/日本含め102カ国のiTunesチャート1位を獲得。2017年の第59回グラミー賞では主要3部門を含む最多9部門にノミネートされる。
●今年4月にはアメリカの音楽フェス【コーチェラ】にヘッドライナーとして出演。NYタイムズが「ビヨンセは、コーチェラそのものより偉大だった」と称賛するなど世界中のメディアが絶賛する歴史的なパフォーマンスを披露した。


本国オフィシャルサイト: https://www.beyonce.com/

 


<ジェイ・Z>
●本名ショーン・カーター、NYブルックリン出身。26才のときに当時はまだ無名に近かったクラーク・ケントの紹介でデイモン・ダッシュと出会い、共同でRock-A-Fellaレコードを設立。
●98年の3rd『イン・マイ・ライフタイム Vol.2(Vol.2 Hard Knock Life)』で初の全米1位を獲得すると、99年4th『Vol.3ライフ&タイムス・オブ・ショーン・カーター』(全米1位)、2000年5th『ザ・ダイナスティ・ロッカラ・ファミリア』(全米1位)と着実にリリースを重ね、2001年9月11日(奇しくもNY同時多発テロ事件当日)に6thアルバム『ザ・ブループリント』(全米1位)を発表する。2002年には初のアンプラグド盤=『ジェイ・Z・アンプラグド』をリリース。同年11月、直前に2枚組となった7th『ザ・ブループリント2-ザ・ギフト&ザ・カース』(全米1位)を発表し、名実共にラップ界の頂点に立つが、2003年突如ラッパーとしての引退を表明。“最後のアルバム”として発表した8th『ザ・ブラック・アルバム』は当然の如く全米1位となった。
●その後デフ・ジャム・レーベルのCEOの座に就いたジェイ・Zは、音楽界のエグゼクティブとして活躍する傍ら、2006年にはアーティスト活動を再開することを発表し、11月に復帰作の9th『キングダム・カム』(全米1位)で華々しく復活を遂げる。
●2008年にはデフ・ジャムを離脱することを発表し、ライヴ・ネイションとのジョイント・ベンチャーとして自身の新会社=ロック・ネイションを設立し音楽界に衝撃を与えた。2009年には10th『ザ・ブループリント3』(全米1位)を心機一転Atlantic/Warner Music配給で9/11にリリース。実業家としてもナイトクラブ40/40の経営の他、ニュージャージー・ネッツの共同オーナーを努めたり、ハイレゾ音楽配信サービス=Tidalを買収するなど多忙を極める傍ら、2013年、12th『マグナ・カルタ・ホーリー・グレイル』、2017年には『4:44』をリリースするなどアーティスト活動も積極的に推進。
●私生活では2008年にかねてから交際していたビヨンセと結婚、世紀のビッグカップルとして話題に。アーティスト、実業家、そして世界で最も影響力のあるカップルの1人、など多くの顔を持つジェイ・Zは、ヒップホップ文化が生んだ最も大きな存在として絶大な影響力を誇っている。


日本オフィシャルサイト:
https://www.universal-music.co.jp/jay-z/


rss