バイカルチュラル(日本とアメリカ)の個性派シンガー・ソングライター。

日本人の父親とイタリア系アメリカ人の母親との間に生まれる。

 

3歳からピアノを始める。

 

中学校まで徳島県と岡山県で過ごし、15歳のときにハワイへ。

米国ワシントンD.C.のジョージ・ワシントン大学で政治学を専攻。

大学時代から音楽活動を本格化。2003年に帰国。

 

2005年にシングル「HOME」でメジャー・デビュー。

 

2006年にデビュー・アルバム『Home』をリリース、

60万枚を超えるロングセラーを記録。人気ゲームシリーズ「ファイナルファンタジー」を手掛けてきた作曲家・植松伸夫氏との共作曲「Kiss Me Good-Bye」が挿入歌となった、ゲームソフト『ファイナルファンタジーXII』は世界的なヒットを記録した。同年12月にはビートルズの初来日公演以降、コンサートホールとしても半世紀に及ぶ歴史を持つ伝統の日本武道館にて、史上初となるピアノ弾き語り単独ライブを大成功させた。

完成度が高い、個性的なライブ・アーチストとしての地位を確立。

 

2007年に発表したセカンド・アルバム『TODAY』は初のオリコンチャート1位を獲得。

2008年には、「NHK全国学校音楽コンクール中学生の部」の課題曲に書き下ろされたシングル「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」がプラチナディスクを獲得。世代を超えた大ヒットロングセラーとなる。

翌年2009年に発表したサード・アルバム『ANSWER』では、前作に引き続き2作連続オリコンチャート1位を獲得。そのリアルな歌詞の世界観から、同世代の女性からの圧倒的な支持を得ることとなる。

また長年の憧れだったベン・フォールズとの共作、共演曲「Black Glasses」も収録。2010年に発表した4thアルバム『LIFE』は、グラミー賞アーティスであるジャニス・イアンとともに、米国ナッシュビルでレコーディングされた。ひとつのアルバム内に、英語詞と日本語詞楽曲が半分ずつ収録された本作は、’’日本とアメリカ’’の二つの文化的背景を持った彼女独自のアイデンティティが発揮された意欲作である。その後も、精力的に5thアルバム『WHITE』、6thアルバム『SONGBOOK』、7thアルバム『BLUE』とリリースを続ける。

 

2013年、翌年秋から日本での活動を無期限に停止することをファンに報告。

2014年、10年間に渡る日本での活動の集大成となる、初のベストアルバム『TAPESTRY OF SONGS-THE BEST OF ANGELA AKI』を発表。8月4日に行われた日本武道館での公演をもって、日本での無期限活動停止に入った。

 

現在、新たな夢の第一歩を踏み出すべく、家族と供に渡米し現地の音楽大学に留学中。

すでに取り掛かっている、ブロードウェイミュージカルのプロジェクトに挑戦している。

 

 

A singer-songwriter who was born to a Japanese father and Italian-American mother, Angela Aki took up the piano at the age of 3.  After spending her childhood in Tokushima and Okayama, Angela moved from Japan to Hawaii at age 15, continuing on to study Political Science at George Washington University in Washington D.C.

 

Angela's music started to materialize as a career while she was still in university.  In 2003, Angela Aki returned to Japan, and the 2005 release of her single "HOME" marked her major label debut.  Her first album "HOME" has become a classic since its release in 2006, with cumulative sales counting over 600,000 units.  Angela and Nobuo Uematsu, the composer renowned for the music in the Final Fantasy game series, co-wrote the single "Kiss Me Good-Bye" for the international megahit game Final Fantasy XII on PlayStation 2.  

 

Within the year of her debut album, Angela successfully made her dream of playing at The Budokan a reality in December 2006.  Not only that, she became the very first singer at the grand Budokan, celebrating a half-century as a concert venue starting with its performance of The Beatles, to play a full solo concert with just a piano.  Angela was fast growing into a talented entertainer able to create a special experience with her skilled live performances. 

 

Angela's 2007 sophomore album "TODAY" marked her first #1 on Oricon album charts.  She composed "Tegami: Haikei 15 no Kimi e (A letter: Dear the 15-year-old You)" as the compulsory piece for the junior high category of NHK's country-wide music competition.  The track acquired Platinum Disc status in 2008 and has since become a favorite for audiences of all ages. 

 

Her third album "ANSWER" released in 2009 also topped Oricon album charts.  She had earned the following of her female contemporaries, who strongly identified with her honest, true-to-life lyrics.  This album also includes "Black Glasses," a track co-written and performed with singer-songwriter/producer Ben Folds for whom she always had much respect.  

 

For her following and fourth album "LIFE," she ventured to Nashville to record with Grammy artist Janis Ian.  This album features an equal number of English tracks and Japanese tracks, which in a sense embodies her bicultural identity drawing from both Japan and the United States.  

 

She has since continued to evolve and recorded "WHITE" (5th album), "SONGBOOK" (6th album), and "BLUE" (7th album). 

 

In 2013, Angela announced to her fans that she will be indefinitely taking time off from the music business in Japan starting in Fall 2014.  

The following year, 2014, her very first greatest hits album "TAPESTRY OF SONGS--THE BEST OF ANGELA AKI" was released, featuring hits from her 10 year career to present.  Her concert at The Budokan on August 4, 2014 marked the last of her public appearances in Japan. 

 

Angela currently resides in the United States with her family and is studying for a university degree in music, in her efforts to continuously evolve and strive towards new dreams.  She has also started working on a Broadway musical project.  

 

 

擁有雙重文化背景(日本與美國)的個性派創作女歌手。

父親是日本人,母親是義裔美國人。

 

3歳起開始學習鋼琴。

 

直到中學為止一直住在日本德島縣與岡山縣,15歳時移居夏威夷。

日後在美國華盛頓D.C.的喬治華盛頓大學主攻政治學。

大學時代起開始進行音樂活動。於2003年回到日本。

 

2005年推出首張單曲「HOME」正式出道。

 

2006年推出首張專輯『HOME』,該專輯寫下銷售超過60萬張,並成為長賣專輯的紀録。與人氣電玩遊戲系列「FINAL FANTASY」作曲家植松伸夫共同作曲的「Kiss Me Good-Bye」,成為遊戲軟體『FINAL FANTASY XII』的插曲並紅遍世界各地。同年12月,在披頭四首場日本公演以來,長達半世紀歴史一直是演唱會聖地的日本武道館,成功完成史上首度以鋼琴自彈自唱的個人演唱會。

自此奠定了高水準,並獨具個性的現場演唱歌手的地位。

 

2007年推出第二張專輯『TODAY』,首度拿下公信榜專輯榜冠軍。

2008年,為「NHK全國學校音樂合唱大賽中學組」填寫大會指定曲「手紙 ~拜啓 給十五歳的自己~」,該曲獲得白金唱片銷售認證,成為跨越世代的暢銷長青單曲。

隔年2009年推出第三張專輯『ANSWER』,連續兩張專輯都拿下公信榜冠軍。充満真實的歌詞世界,獲得了同世代女性歌迷的壓倒性支持。

此外,收録Angela與多年來一直崇拜的Ben Folds攜手創作並合唱的「Black Glasses」,於2010年發行的第四張專輯『LIFE』,是Angela與葛莱美獎得主Janis Ian一同在美國納許維爾完成録音的佳作。在這張專輯裡,英文與日文歌曲收録各半,可説是擁有“日本與美國”雙重文化背景的Angela完全發揮個人獨特身分的渾身力作。爾後陸續推出第五張專輯『WHITE』,第六張專輯『SONGBOOK』,以及第七張專輯『BLUE』。

 

2013年,向所有樂迷宣布自隔年秋天起將無限期停止在日本所有活動的消息。

2014年,推出集結10年來在日本活動之大成的個人首張精選輯『TAPESTRY OF SONGS-THE BEST OF ANGELA AKI』。8月4日在日本武道館完成公演後,正式進入日本無限期活動休止。

 

現在,為了踏出追求全新夢想的第一歩,Angela與家人前往美國,並進入當地音樂大學留學。

目前正開始著手準備挑戰百老匯音樂劇的計畫。