三月のパンタシア
GARNiDELiA提供曲「キミといた夏」MV公開

2016.05.20

多くのアニメファンから絶大な支持を誇るアニメ制作会社 TRIGGERの最新作『キズナイーバー』のエンディングテーマに、新人にも関わらず抜擢を遂げたクリエータープロジェクト『三月のパンタシア』。

 

彼女たちのメジャーデビューシングル「はじまりの速度」に収録されている楽曲「キミといた夏」のミュージックビデオショートバージョンが公開された。



この楽曲は、TRIGGERの前作『キルラキル』のオープニングテーマをはじめ数々の人気アニメ主題歌を担当してきたアーティスト GARNiDELiAが作詞・作曲・編曲を担当。恋人と過ごした夏の記憶をたどる甘酸っぱい楽曲となっている。MV内のイラストは、イラスト投稿サイトでも絶大な人気を誇るイラストレーターbobが担当している。

 

■「キミといた夏」みあコメント
とても儚くて美しいバラード曲です。GARNiDERiAのメイリアさんに作詞を、tokuさんに作曲、編曲をして頂きました。tokuさんが紡ぐいろんな音のコラージュがすごくかっこよくて、叙情的で、脳と身体と感性にたくさん刺激をもらった感じがします。そこにメイリアさんのどうしようもなく切ない歌詞があって、音と言葉から受け取ったものを素直に歌った曲です。

息苦しくなるほど切なくて、かけがえのないものを大切に守るような想いを込めました。「会いたいよ」「消えないで」という、一途でまっすぐな叫びの行方を見届けてほしいです。

 

<関連リンク>

■三月のパンタシア公式HP
http://www.phantasia.jp



< 前の記事

次の記事 >

最新トピックス