“魂のヴァイオリニスト”甦る若林暢
2018.12.19
アルバム
¥2,500+税
MHCC-30006
音楽への情熱で心を共鳴させる奇蹟の名演
購入・ダウンロード

>

DISC 1

  • 1. タイスの瞑想曲
  • 2. 詩曲 作品25
  • 3. モスクワの思い出 作品6
  • 4. 夜想曲 第20番 嬰ハ短調「遺作」(ミルシテイン編曲)
  • 5. グノーの「ファウスト」の主題による華麗なる幻想曲 作品20
  • 6. ヴァイオリン・ソナタ 第1番 イ長調 作品13 第1楽章
  • 7. ヴァイオリン・ソナタ 第1番 イ長調 作品13 第2楽章
  • 8. ヴァイオリン・ソナタ 第1番 イ長調 作品13 第3楽章
  • 9. ヴァイオリン・ソナタ 第1番 イ長調 作品13 第4楽章
2016年、癌のため58才で、この世を去った“魂のヴァイオリニスト”若林暢の演奏による至高の名演集第3弾。1986年にポーランド国営放送で録音し、奇跡的に遺された音源の中から、「マスネ:タイスの瞑想曲」、「ヴィエニャフスキ:ファウスト・ファンタジー」、「シマノフスキ:『神話』より〈アレテゥーサの泉〉」、そして「ショーソン:詩曲」などの渾身のデュオ作品が、ポーランドの名手タデウシュ・フミェレフスキの見事なピアノと共に甦ります。また盟友アルバート・ロトとの2011年のコンサートライヴ録音による「フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1番」の優れた名演も収録。完璧な技巧と奥深い表現力による若林暢の「魂の芸術」が、切ないほどにヴァイオリン音楽の素晴らしさを語りかけてくる決定盤です。


購入・ダウンロード

×

CDを購入