バッハ・ベートーヴェン・メトネル
2016.09.21
アルバム
¥2,600+税
SICC-30282
来日時演奏したメトネルも収録した 初のスタジオ・アルバム登場
購入・ダウンロード

>

DISC 1

  • 1. トッカータ ハ長調BWV911より トッカータ
  • 2. トッカータ ハ長調BWV911より フーガ
  • 3. ソナタ第7番ニ長調 作品10-3 第1楽章 プレスト
  • 4. ソナタ第7番ニ長調 作品10-3 第2楽章 ラルゴ・エ・メスト
  • 5. ソナタ第7番ニ長調 作品10-3 第3楽章 メヌエット-アレグロ
  • 6. ソナタ第7番ニ長調 作品10-3 第4楽章 ロンド-アレグロ
  • 7. ピアノ・ソナタ ヘ短調 作品5 第1楽章 アレグロ
  • 8. ピアノ・ソナタ ヘ短調 作品5 第2楽章 インテルメッツォ-アレグロ
  • 9. ピアノ・ソナタ ヘ短調 作品5 第3楽章 ラルゴ
  • 10. ピアノ・ソナタ ヘ短調 作品5 第4楽章 フィナーレ-アレグロ・リゾルート
2015年6月に開催された第15回チャイコフスキー国際コンクール<ピアノ部門>で第4位入賞の新鋭ピアニスト、リュカ・ドゥバルグ。世界が注目する権威あるコンクール入賞を夢見て、幼少時から完璧な英才教育を受けた名門校出身の応募者がほとんどの中、リュカの経歴は異色をはなつ。11歳からピアノを習い、3年間ピアノをやめベースに転向していた時期もあったがパリ大学に進み、20歳でピアノの勉強を再開。コンクールでは豊かな感性と強烈な個性に彩られた演奏を披露し聴衆から熱狂的な支持を得る。コンクールでは第4位入賞以外に特別に「モスクワ音楽批評家協会賞」をただ1人受賞した。6月にはその才能にいち早く注目したクレーメルと一緒に初来日を果たした。デビュー盤は2015年11月パリでのライヴ録音だったが本CDはピアニスト=リュカ・ドゥバルグ初のスタジオ・アルバムとなる。6月来日時に圧倒的な演奏を披露したメトネルを収録している。


購入・ダウンロード

×

CDを購入