「ent」はホリエアツシのソロプロジェクト。ホリエアツシは1978年長崎生まれ、18歳で上京。1998年にオリジナルバンドSTRAIGHTENERを始動。90年代UKロック、2000年代USインディーの影響を受けつつも独自の音を鳴らし、日本のインディーパンク・シーン、ギターポップ・シーンを背景にどちらの型にもはまらない佇まいで支持を集め、楽曲性とライブパフォーマンスが高い評価を得る。ボーカル、ギター、キーボード、殆どの曲のソングライティングを担当。
バンド活動の傍ら、エレクトロニカやポストロック、アンダーグラウンド・ヒップホップ、ローファイポップなどの幅広いサウンドに感化され、海外のインディーアーティスト達の音楽に向かう自由な姿勢、スタイルに共感する。
2006年頃から一人でベッドルームでの作曲を開始。
ソロ名義「ent」を名乗り、2009年2月に日本のインディーレーベルPrecoから、1stアルバム"Welcome Stranger"をリリース。シンセと打ち込みによるエレクトロの精巧さとアコースティックと生音の人間性を兼ね備えたアプローチで、バンドとはまた違った、パーソナルでセンチメンタルなオルタナティブサウンドを鳴らす。