最後の幇間 悠玄亭玉介の世界
2013.09.25
アルバム
¥3,000+税
MHCL-2326
“ニッポンの響き”シリーズ第一弾 たいこもち玉介お座敷LIVE
購入・ダウンロード

>

DISC 1

  • 1. 芸者衆入り~お座敷付け(長唄・吉原雀より)~騒ぎ (郭俚謡)
  • 2. 踊り (風流深川)~玉介回想 "座敷踊りの話"~都々逸 (清元、新内入り)~玉介回想
  • 3. 歌舞伎声色 (十五世 市村羽左衛門~初代 中村吉右衛門~十七世 中村勘三郎~七世 尾上梅幸)
  • 4. 小噺 (「ラジオ屋」、「横丁の学生」)~玉介独り芝居 (「新婚家庭」)
  • 5. 玉介回想 "旧い遊びの話"~座敷遊び (藤八拳、トラトラ、浅い川)
日本の民俗芸能・文化を伝える“ニッポンの響き”シリーズ第一弾3タイトル発売。落語でもおなじみ(鰻の幇間、富久、愛宕山など)の幇間(たいこもち)。お座敷遊びの案内役でもあり、酒席の座をわきたたせる演出家でもあり、もちろん実演家でもあります。このアルバムは“最後のたいこもち”とも言われる悠玄亭玉介(1907-1994)の幇間芸を、実際のお座敷にてLIVE録音したものです。声色、都々逸、小噺、お得意の屏風を使った独り芝居、芸者さんとのやりとりや自身の回想まで、たいへんに貴重なドキュメントです。1979年作品。初CD化。


購入・ダウンロード

×

CDを購入