高知県生まれ。国立音楽大学在学中から原信夫とシャープス&フラッツリード・アルト奏者を務める。卒業後、本格的にプロ活動を開始、数多くのアーティストのレコーディングやツアーをサポートする。1991年、T-SQUAREに加入。同バンドのフロントを飾ると共に、作曲やアレンジの面でも新風を巻き起こす。1998年、T-SQUAREを退団、ソロ・アーティストとして活動開始。その後、名実共に日本を代表するサックス・プレイヤーとして人気、実力ともに現在に至るまでフュージョン界の頂点に君臨し続ける。自己名義のバンド以外にも、「Witness」「B.B.Station」「Four of a Kind」「Voice Of Elements」等のプロジェクトでも中心的役割を果たすなど、その活動形態は多岐に渡っている。