フィルモアの奇蹟【紙ジャケット仕様/Blu-spec CD2】
2014.01.29
アルバム
¥2,900+税
SICP-30454 ~ SICP-30455
60sロックの聖地"フィルモア"で繰り広げた至高のライヴ名盤。
購入・ダウンロード

>

DISC 1

  • 1. マイク・ブルームフィールドのオープニング・スピーチ
  • 2. 59番街橋の歌 (フィーリン・グルーヴィー)
  • 3. アイ・ワンダー・フー
  • 4. 神聖にして犯すべからず
  • 5. ウエイト
  • 6. メリー・アン
  • 7. 愛の終る日まで
  • 8. ザッツ・オール・ライト
  • 9. グリーン・オニオン

DISC 2

  • 1. アル・クーパーのオープニング・スピーチ
  • 2. ソニー・ボーイ・ウィリアムスン
  • 3. ノー・モア・ロンリー・ナイツ (寂しい夜はいらない)
  • 4. ディア・ミスター・ファンタジー
  • 5. 激しい恋はもうたくさん
  • 6. 終曲 (フィナーレ)/逃亡者
68年作品。アル・クーパーの残した数々のセッション・アルバムの中でも最高傑作と称される2枚に及ぶ大作。サンフランシスコにあったフィルモア・オーディトリアム(=フィルモア・ウェスト)で3日間にわたって行われたライヴを収録。この一大イベントは、アル・クーパーとマイク・ブルームフィールドのコンビでセッションが始まるが、マイクが体調不良で倒れてしまうというアクシデントに見舞われる。そこで急遽エルヴィン・ビショップやデビュー直前のカルロス・サンタナが召集され、抜けた穴を見事にフォローするというドラマが作品の裏に隠されている。当時「59番街橋の歌」はこちらがオリジナルと思っていたロック・ファンもいたほどで、ライヴとしての完成度が非常に高く、数多くのアーティストの名演が繰り広げられたフィルモアの歴史の中でも特に有名な名演として知られている。さらに巨匠ノーマン・ロックウェルによるイラスト・ジャケットは60年代ロックの名ジャケットの1つである。05年デジタルリマスター盤。

紙ジャケット仕様/Blu-spec CD2 2枚組/解説・歌詞対訳付き


購入・ダウンロード

×

CDを購入

モバイルダウンロード