●鈴木秀美プロフィール

1957年神戸生まれ。チェロを井上頼豊、安田謙一郎ほか諸氏に、指揮を尾高忠明、秋山和慶に師事。第48回音楽コンクール第1位、第27回海外派遣コンクール特別表彰。桐朋学園大学卒業と同時に同大学の講師となり、オーケストラ、室内楽を指導する。在学中よりバロック・チェロ奏者として演奏を始める他、オーケストラとの共演やリサイタル、現代曲の初演、室内楽、また指揮活動など幅広い活動を行う。84年文化庁在外研修員としてデン・ハーグ王立音楽院に留学、アンナー・ビルスマに師事する。86年にパリで行われた第1回バロック・チェロ・コンクールでは2、3位なしの第1位。

85年から93年までの間、フランス・ブリュッヘン率いる「18世紀オーケストラ」に在籍。86年から2001年2月まで シギスヴァルト・クイケン率いる「ラ・プティット・バンド」のメンバー、92年からは首席奏者として活躍した。鈴木雅明の主宰する「バッハ・コレギウム・ジャパン」では創立以来首席チェロ奏者を務めている。

ソリストとしてヨーロッパ各地、オーストラリア、中国、イスラエル等で活躍する他、各地の講習会の講師を勤めた。94年に新設されたブリュッセル王立音楽院バロック・チェロ科に教授として招聘され、2000年に日本へ帰国するまで務めた。91年9月の《バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲》日本全国ツアーは各地で大好評を博し、同年度の村松賞大賞を受賞。

99年より、ヴァイオリンの寺神戸亮、ドミトリー・バディアロフ(現在ソフィー・ジェント)、ヴィオラの森田芳子と共に弦楽四重奏団「ミト・デラルコ」を結成、水戸芸術館の専属クァルテットとして活動している。指揮活動としては、ポーランドのポズナニに拠点を置くオリジナル楽器オーケストラ「アルテ・ディ・スォナトーリ」に首席客演指揮者として毎年招かれている。

録音では、ジェミニアーニ、ボッケリーニのソナタ、フランス・バロック・ソナタ集、ガブリエリやヴィヴァルディのソナタ集、C.P.E.バッハの協奏曲集、L.レオの協奏曲集の他、アンナー・ビルスマ、有田正広、寺神戸亮他、数多くの録音に通奏低音として共演。95年には日本人としては初めての、オリジナル楽器による《バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)》を録音(ドイツ・ハルモニア・ムンディ)、このCDは平成7年度文化庁芸術作品賞を受賞した。以降同レーベルで日本人初の専属アーティストとして《シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ》《ベートーヴェン:チェロ作品全集》《ロマンス》(ピアノ小島芳子)ほか続々とCDを発表し、《ハイドン:チェロ協奏曲集》では1998年、第36回レコード・アカデミー賞(協奏曲部門)を、また2000年にはベートーヴェンの初期作品のCDでフランスのディアパゾン金賞を受賞した。

2001年より古典派を専門とするピリオド楽器のオーケストラ・リベラ・クラシカを主宰、ハイドンやモーツァルトの交響曲などを定期公演で指揮し、同時録音されたCDのリリース共々高い評価を得ている。

2005年にはバッハのチェロ組曲(全曲)の再録音を2冊目のエッセー「ガット・カフェ」と同時に10年ぶりに発表。チェリスト、指揮者など多角的な活動により2006年度サントリー音楽賞を受賞。現在、東京芸術大学古楽科非常勤講師。





●平井千絵プロフィール

桐朋学園女子高等学校音楽科、桐朋学園大学ピアノ科を卒業。第5回かながわ学生音楽コンクール ピアノ部門総合第1位受賞。第7回園田高弘賞ピアノコンクール準園田高弘賞・奨励賞受賞。神奈川フィルハーモニー管弦楽団、九州交響楽団 と共演。

1998~1999年、オランダ政府給費生。2000~2002年、文化庁在外派遣研修員。2003年、日本でのデビューコンサートを開催。これまでにフォルテピアノを小島芳子氏、ピアノを加納優子、松岡貞子、小川京子、林秀光、の各氏に師事。1998年よりハーグ王立音楽院古楽器科にてスタンリー・ホッホランド氏のもとフォルテピアノを専攻し、2002年に修士課程を室内楽・ソロとも栄誉付き首席で卒業、最も優秀な学生に与えられるニコライ賞を授与される。2002~4年アムステルダム音楽院古楽科にて、メノ・ファン・デルフト氏にチェンバロを師事し、幅広く鍵盤楽器の知識を習得。

2000年、ブリュッセル王立音楽院&ハーグ王立音楽院オーケストラ・プロジェクトのソリストに選ばれ、ヤープ・テア・リンデン指揮でモーツァルトピアノ協奏曲KV488を演奏。2001年、第38回ブルージュ国際古楽コンクールフォルテピアノ部門第3位入賞。2002年、フォルテピアノと管楽器による五重奏団 Halcyon Ensemble を結成。2003年、IYAP国際コンクール(ベルギー)で優勝。2004年、Van Wassenaer Concours(オランダで開催された、古楽アンサンブルのための国際コンクール)で第3位入賞。2005年、ブルージュ国際古楽コンクール 公式伴奏者。

 サント国際音楽祭(フランス)、バルセロナ国際古楽祭(スペイン)、ユトレヒト古楽祭(オランダ)の出演など、ヨーロッパ各地で活発なソロ・アンサンブル活動を行っている。神奈川県出身。オランダ ハーグ在住。