menu1menu3


Artist
Kenny Larkin

Title
Metaphor

Label
R&S Records

No.
SRCS7637



Metaphor



  1. Intro
  2. Metaphor
  3. Nocturnal
  4. Loop 1
  5. Java
  6. Groove
  7. Catatonic (First State)
  8. Loop 2
  9. Soul Man
  10. Sympathy
  11. Butterflies
  12. Amethyst
AIFF 202.7k 18.8sec.
AIFF 219.0k 20.3sec.
AIFF 191.0k 17.7sec.
AIFF 150.9k 14.0sec.
これはデトロイト・テクノの新世代を代表するケニー・ラーキンのセカンド・アルバムだ。ケニー・ラーキンは、ホアン・アトキンス、デリック・メイらがつくりあげたオリジナル・デトロイトをカール・クレイグとともに継承する存在であり、その音楽性はエレクトロニック・ジャズと形容される。ケニー・ラーキンはもともとリッチー・ホウティンの主催するプラス8からデビューしているが、昨年は高まるデトロイト・リヴァイバルのなか、ワープ・レコードからファースト・アルバム「AZIMUTH」をリリース。ジャズのエッセンスを盛り込んだこのアルバムは高い評価を得るとともにクラブでもDJたちの評判となり、結果、デトロイト・マニアで名高いR&Sのレナート社長とすぐさま契約を交すことになる。そして94年末にリリースされたシングル「カタトニック」は、今までにないダイナミックな跳躍感を表現、しかもカール・グレイク、ステイシー・プレンといったデトロイトの若手アーティストのリミックスを収録することで、まさしくデトロイト新世代の出現を告げる記念碑的な作品となった。本作「メタファー」は名作「カタトニック」、「ソウル・マン」を収録した、まさに待望のセカンド・アルバムなのである。



1996 (C) SONY RECORDS, a group of Sony Music Entertainment (Japan) Inc.