menu1menu3


Artist
Underworld

Title
Dubnobasswithmyheadman

Label
Junior Boy's Own Records

No.
SRCS8075



Dubnob



  1. Dark & Long
  2. Mmm Skycraper I Love You
  3. Surfboy
  4. Spoonman
  5. Tongue
  6. Dirty Epic
  7. Cowgirl
  8. River On Bass
  9. M.E.
AIFF 172.2k 16.0sec.
AIFF 341.2k 31.7sec.
AIFF 233.0k 21.6sec.
AIFF 310.2k 28.8sec.
AIFF 245.8k 22.8sec.
AIFF 347.8k 32.3sec.
AIFF 244.0k 22.7sec.
AIFF 230.1k 21.4sec.
AIFF 326.0k 30.3sec.
UKのJunior Boy's Ownレコード(朋友ケミカル・ブラザーズもここのアーチスト)の看板グループがこのアンダーワールドである。メンバーはカール・ハイド(Vo/G)、リック・スミス(Key)、そしてUKトップDJのダレン・エマーソンである。94年にヨーロッパでリリースされた本ファースト・アルバムをヨーロッパのメディアは「ストーン・ローゼズ以降、最も重要なアルバムであり、"スクリーマデリカ"(プライマル・スクリーム)以降のベスト・アルバムである。」と表紙までにして大絶賛した。 シーンはダンス・フレンドリーであり、なおかつアーチスト性のある(ライブがきちんとできる)ロック・オリエンテッドなバンドを待ち望んでいたのである。 このアルバムはUKナショナル・チャート初登場14位にINし、メロディー・メーカー誌のインディー年間チャート1位(94年)に選ばれる。 その後も、ビヨークからシンプリー・レッドまで、幅広いアーチストからRemixを依頼され、一気にメジャー・フィールドまで名前を拡げる。 日本でも当時オールナイト日本でDJを担当していた電気グルーブがいち早く紹介し、Underworldのテーマ曲ともいえる"Rez"のシングルを求める人達の行列が、クラブ系のショップで出来た程である。また、Wave等の輸入盤店でも売り上げBest5を記録!! その後日本盤もリリースされることのないまま、リキッド・ルームのオープニング・イベントのスペシャル・アクトとして来日、二日間満員のオーディエンスを熱狂させたのである。



1996 (C) SONY RECORDS, a group of Sony Music Entertainment (Japan) Inc.