模様替え

2005.03.18[11:19]  

家の回りを歩いていると、一気に花たちが咲き始めました。まだ長袖は欠かせないけど、春が間近である事だけは分かります。んで、春ついでにやってしまった、大々的な模様替え。あ、そういえば先日のキーボード・マガジン、皆さん見て貰ったでしょうか。僕の家は1LDKなんだけど、今まではLDの方をテレビとかベッドの居住スペース、そして1つある寝室の方を音楽部屋にしてました(雑誌に出ていた部屋)。ただ、そういう風にしちゃうと、意外と一度も音楽部屋に足を踏み入れない日も多く…。なんで、玄関に入ったらすぐに音楽が出来るように、LDの方を音楽部屋にしてしまいました。いやー、最高。音楽を作るテンションが俄然上がった。ただLDの方は隣の部屋と隣接しているので、どうにか防音しなきゃ。防音方法をただ今検討中。



Wedding!

2005.03.14[09:32]  

やはりこの歳になると、回りはどんどん結婚する。この2年くらいで5〜6回出席した気がする。更に2組が近日中に結婚する予定。

という訳で、先週の土曜日に行ってきました。作曲家の松本良喜君の結婚パーティー。去年初めて会ったんだけど、何げにバカな空気&お互いが目標としている音楽像が似ている、ということで以後メル友に。この業界にそんなに知人がいる訳でもないので貴重な人脈です。結婚自体は二人がするもので、結局は二人が切り開いて行くものだけど、披露宴みたいなものに参加させてもらうと、本当にたくさんの人がその人の人生に関わっていることが分かる。僕は一番の親友の方や、ご両親の挨拶に弱いです。大抵ホロっと来ます。もちろん今回も。「君をさがしてた」という曲は結婚する新郎側の視点で作った曲だけど、いずれそうじゃないのも作ってみたいな。本当に結婚にはさまざまなドラマがあります。

とは言え、自分はと思うと、まだまだピンと来ないのが現状。余りにまだ子供みたいな気持ちでフワフワ音楽を楽しんでいるからなー。

ちなみに、キューバ・ポスター、ご要望により近々また旅行サイトの方に写真をアップします。マジでいけてます。


三十路

2005.03.11[01:18]  

旅行記が終わっちゃったので日記を更新します。

普段は自分の年令など全く意識してないけど、先日風邪を引いた時の治りの遅さとか、長い散歩をした翌朝の疲れとか、珍しくランニングしたら翌々日の筋肉痛になったりとか(筋肉痛にも時差が生まれる)、確実に歳を取ってきてる気がする。

この世界は体力勝負なんで、一応そんな三十路を前に今週からはじめた事がある。

■ストレッチ
■青汁

筋トレとかジョギングこそしなきゃマズいんだけど、きっとずっとは続かないからこの際除外。効果の程はいずれ報告します。青汁はウサギ小屋の匂いがします。


NaKeD&旅行記

2005.03.10[01:29]  

ご無沙汰してます。皆さん、元気っすか。僕はちょっと風邪っぽかったりしましたが、今は完全復活。一瞬花粉症になったかとも思ったけど違ったみたい。今年は例年の10倍以上の花粉という話を聞きますが、実際のところどうなんでしょう。

ついにライブ!「NaKeD vol.3」の詳細はINFOにアップされてまっす。今回は前回とはまた違う形でやろうと思っているので、お楽しみに!今回は新曲やります。そして、前回のNaKeDの時に作って誰からも反応が無くちょっと落ちた「川口オリジナル・ステッカー」、今回も懲りずに作りまっせ。とにかく楽しい形でやろうと思っているので、是非お誘い合わせの上、遊びに来て下さい。この間会場も見に行ってきたけど、良い感じになりそうです。

明日で、長かった旅行記、ついに最終章。17日間の旅行だったのに、全28話になっちゃった。長すぎ?いや、余りに強烈な体験だったもので、僕なりに感じた事を最短でまとめてこんな感じなんす。いや、本当に。それだけ一生懸命書いてみたんで、一通り読んでみて、BBSに感想なんて書いて貰えたら凄く嬉しいっす。この旅行記に関しては意外と皆が個人的に感想メールを送ってくれるのが面白いっていうか、不思議っちゅうか。

ちなみに今自分的に一番来ている音楽はTahiti 80。新曲の「Changes」は名曲。


ライブ!

2005.03.01[00:07]  

…という訳で、お待たせしました!!ライブやります!!NaKeD、やります!!長らくお待たせして済まない!!決して旅行記を毎日書いてた訳じゃなくて、本当に色々あったんです(ちなみに書きためて更新してる旅行記は、今日最終章を書き上げた。何げに思った以上の長編に……随時アップしますんでチェックの程を)!!詳しくはinfoの方に近々アップするのでお待ちを!!

さー、今日も実家の近くのジョナサンで作詞だ(汗)。


ロマンティック!

2005.02.22[23:57]  

バレンタインのその後の報告センキューっす。阿蘇山で唇奪われちゃったドキドキ★マニアさんや、片思いのトキメキ★シスターさんや、彼に好きな人がいたホロニガ☆レイディーさんなどなどが居たのですね。ちなみに僕は必ずしも「同じ速度の恋愛」にはこだわらないな。というのも時には相手の想いに気付かされて動きだすこと、男女ともにあるような気がするから。結果同じスピードまで持っていけたらいいような気がするっす。始まりはあくまでもきっかけだから。

しかし、物事に慎重かつ堅実な女性の側から何かを告げられるのは意外と無いものかも。ってかよほどの事だもんな。そんな「健気な思い」で埋め尽くされるバレンタインはやはりロマンチック。

僕はマネージャー・ウッキーとライブ計画の最終詰めの最中です。


St.Valentine's Day

2005.02.16[05:53]  

バレンタイン、ああ、バレンタイン。運動の出来る奴が無条件でモテる小学校時代、その分野では逆立ちしても勝てる自信の無かった僕は、2月に入ると女子の前で「僕はいつもホワイトデーのお返しが凄いんだよな〜」と最低な情報を自らうそぶき、2ケタに近いチョコをゲットした記憶があります。そんなに欲しかったか、チョコレート(自分)。そして、そんなに欲しかったか、僕からのお返し(女子)。ああ、バレンタイン。

今はサンキューでもラブでも素直にその気持ちが嬉しい。皆さん、ありがとうございます。

女性の方、結果報告を待ってます。


電子レンジ

2005.02.08[20:05]  

僕はパソコンを使って曲のアレンジを作るのですが、作業中に一息つこうと電子レンジで牛乳を温めていたらブレーカーが飛んだ。やばい、と思って、急いでパソコンの元へと走ったのですが、もちろん電源が落ちてて…アレンジも全部………消えた………。……良いんです(泣)。「保存」のボタンを押す癖がない僕がいけないんです…(泣)。それにしても電子レンジと僕の相性、悪すぎ。目下の宿敵です。

土曜日。久々に旧友・saigenjiのライブに行ってきました。いやー、やっぱりこういう音楽は血が騒ぐね。そして次の自分のライブではこんな事やろう、とか、あんな事やろう、とか刺激&インスピレーションを受けました。いやー、そういうライブは最高だね。さらにsaigenjiバンドのメンバーには僕もお願いしているパーカッションの福和さんや、インディーズ時代に何度か対バンしたキーボーディストの丈青君(現Soil & Pimp Sessions)、サックスのヒットミー(カセット・コンロス)などが居て、さながら同窓会。打ち上げにまで参加させて貰って、一緒に打ち上がってしもうた。恐縮です。

そんな訳で、という訳ではないけど、ライブ、そろそろやります。ちなみに旅行記、キューバに突入。なぜか写真の方はジャマイカの終盤に突入。文章の更新と写真の更新のタイミングが合ってません、悪しからず。


もろもろ

2005.02.04[16:46]  

寒いっすねー。
■今年のマイブームは「スパッツ」です。平たく言うと「ももひき」、プロデューサーのM尾さんに言わせるところの「ズボン下」です。冬の散歩には最適です。
■今年の冬の僕のお友達は専ら「ハロゲンヒーター」です。電源を入れた途端に暖かくなるハロゲン君(命名)の前で気付くと30分くらいボーッとしています。
■先日、「Sun Shower」の時にお世話になったオーストラリア政府観光局のパーティーにてミニライブ。「Let's Get Together Now」「星の呼吸」「Sun Shower」の3曲披露。先日の高崎ライブに引き続き、スーツ姿で演奏。ロンドンで買ったスリップオンの靴(かかとをつぶして履く奴)を意気込んで履いたは良いが、季節を間違えて足下が冷えました。
■「肉は焼きすぎない方が良い」そう断言するベースの大神田君の元、ライブ後にバンドメンバーと新年会を兼ねた焼肉パーティー。ロースは焼きすぎない方が絶対に美味しい事が判明。同時に余りに焼かないと、ユッケ(生肉)と余り変わらなくて、すなわち焼肉じゃない事も判明。
■豆腐の作り方、皆さんありがとうございました。僕の頭の中には飛び散った湯葉の残像が残った状態で、まだあのショックから立ち直れていませんが、今日こそはコンビニで豆乳(成分無調整)に向き合います。
■曲、作ってます。っていうか、豆腐の他には曲しか作ってません。
■「Rewind」を歌ってくれた藤岡正明君が「レ・ミゼラブル」にて舞台初挑戦。それもマリウスという大役。先日、掛かり付けの耳鼻科に行く際に帝国劇場の前でチラシをゲット。舞台ではまずあの声のデカさで圧倒的な存在感を見せてくれる筈。頑張れ。
■「東北新幹線、乗り間違えた受験生の申し出により、特例処置で宇都宮駅で停車」…今一番心温まるニュースです。
■多分最新旅行記がアップされてます。チェックの程を。


手作り豆腐

2005.01.30[19:47]  

知人に教えられる。「豆乳とにがりがあれば、豆腐になるよ。俺、毎日食ってるし」。試してみた。電子レンジでマグカップに入れた豆乳を温め、最後ににがりを入れてみる。

固まらない。

にがりの量を増やしてみる。

まだ固まらない。

電子レンジで更に温めてみる。

爆発した。電子レンジの中で、湯葉みたいな物をまき散らして、爆発した。

残った豆乳を口に含む。しょっぱかった。
用意した醤油が要らないくらい、しょっぱかった。
今の気持ちを反映してるが如く、しょっぱかった。

そう、いつだって手に入れたい物こそ、簡単には手に入らないものかも知れない。(え?大げさ?)

……誰か作り方教えて下さい。
明日くらいに次の旅日記更新します。


旅行記アップ!

2005.01.28[00:04]  

大変お待たせしました。年末のアメリカ〜メキシコ〜カリブ海紀行、ちゃんと皆にも見て貰えるような形にしようと思ったら、思ってたよりも時間がかかっちゃっいました。中にはカメラを奪われそうで写真を撮っている場合じゃなかった場所もあるのですが(特にジャマイカ)、そういう場所に関しては随時文章の方を更新して行くので楽しみにしてて下さい。…ってか、何げに長期連載予定。残念ながら携帯からは見られないのですが、PCで見てくれている方は以下のURLにジャンプ!いや〜、それにしても思い出に残る濃い〜旅行だった。そこらへんの詳細は旅行記の方で。感想等も聞かせてね。

http://www.denner.co.jp/dk-gallery/


Spider-Man 2

2005.01.19[16:23]  

基本的にハリウッド大作は見ない姿勢でいる訳ではないが、特別見ようとしている訳でもない。つまるところ普段は見ない。特に「Spider-Man」みたいな系統の物は名前を聞いた時点でよほどの理由が無ければ友達にDVDを借りても見るのは後回しにする類だ。だが、今回のイギリス旅行の最中にMプロデューサーから「大変な事になっている」という話を聞きつけ、帰りの飛行機の中で偶然やっていたので見てみた。…結論からいうと大号泣。これは不意打ち。内容は異なるが、僕が思い起こしたのは手塚治虫の「火の鳥(未来編)」のトーン。脳天気なシーンは0。明るい登場人物も0。全部がダーク。アメリカン・ヒーローをこんな形で描くのか、今のハリウッド映画は。ある意味、夢がない。騙されたと思って見て下さい。必見です。僕はこの後「Spider-Man 1」の方を見ます。


東京は雨

2005.01.16[18:47]  

止みそうで止まない雨。ぬくぬくと部屋から眺めてるのは悪くない。寒いけど、凍るほどじゃないこの空気は、この歳になって徐々に嫌いじゃなくなってきました。

受験シーズン。僕は実家では古〜いオイルヒーターを部屋に置いて勉強してました。火傷しないくらいの温度に設定して両足で又がったり(温度設定さえ間違えなければ気持ち良いです)、時には居眠りしてみたり。最後の一押し。受験生の人、頑張ってください。

しばらく海外づいていたので、やっと部屋を整理して、久々に本格制作モード。全てが新鮮だ。家で鍵盤弾くのも新鮮。気持ちが開放的になって、また家に帰りたくない季節がくる前に、内に秘めてた曲作っちゃおう。


帰国しました

2005.01.14[11:48]  

今、余りの暖かさに成田からのバスの中で大爆睡してました。ガラス越しに太陽を浴びるとなんでこんなに暖かいんだろう。あと少しで家に着きます。


帰ります

2005.01.13[15:01]  

あっという間の滞在。今日はロンドンに住むジャマイカ人の街、ブリクストンに行き、何故か中華を食べました。今回の旅で最も不味い食事だった。その後は公園を歩いたりして、夜は松尾さんのお友達で、僕も以前一度だけ会ったことのある、ウエストインディー(ジャマイカ近辺)出身のギタリストのアンドリューとその奥さんのロレーンと一緒に食事を。ジャマイカ料理最高。更に夜中には昔の友達がたまたまロンドンに住んでいて、彼の家に遊びに行ったりもしました。いやー、濃かった。ただ今夜中の4時半過ぎ。そろそろ荷物の準備をして、ちょっと仮眠してから帰ります。では!!!


ロンドン到着

2005.01.12[10:53]  

無事にロンドンに到着。現在こちら時間で11日の夜中の11時です。東京ではおそらく12日の朝8時くらい。昨日は中華、今日はインド料理。ロンドンはイギリス料理以外がすべて美味しいです。昨日は中華食った後で、Ronny Scott'sというライブハウスでロイエアーズという人のライブを。いやー、ずっと見たかったので、感激。明日はブリクストンとかいうジャマイカ人の街を見に行ってきます。先日のジャマイカ旅行でちょっとジャマイカにシンパシーを抱きつつある今日このごろ。そして明後日の朝にはもう帰国します。ではまた!!!


Blackpool

2005.01.10[06:15]  

という街に来ています。マンチェスターから更に電車で2時間。
…といっても途中で電車を間違えて、タクシーを使いました。海風がすごいです。街で唯一の名所であるブラックプールタワーも
強風の為登ることが出来ませんでした。でもこの街は「Shall We Dance?」の舞台になった所で、今日はそのダンスホールを見に行きました。
おじいちゃん、おばあちゃんの社交ダンスは格好良い。
初めてそう思いました。

それよりメインの目的は昨日。昨日は渋〜いソウル・ミュージックのライブを堪能しました。チケットが無かったのに、「日本から来た」「22時間かけてこの街まで来た」を繰り返し、強行突破。Phil Perryという人が圧倒的にすごかった。

明日の朝の便で、今度はロンドンに向かいます。


Blackpool

2005.01.10[06:15]  

という街に来ています。マンチェスターから更に電車で2時間。
…といっても途中で電車を間違えて、タクシーを使いました。海風がすごいです。街で唯一の名所であるブラックプールタワーも
強風の為登ることが出来ませんでした。でもこの街は「Shall We Dance?」の舞台になった所で、今日はそのダンスホールを見に行きました。
おじいちゃん、おばあちゃんの社交ダンスは格好良い。
初めてそう思いました。

それよりメインの目的は昨日。昨日は渋〜いソウル・ミュージックのライブを堪能しました。チケットが無かったのに、「日本から来た」「22時間かけてこの街まで来た」を繰り返し、強行突破。Phil Perryという人が圧倒的にすごかった。

明日の朝の便で、今度はロンドンに向かいます。


え?また?

2005.01.08[12:38]  

旅に行きます。こないだみたいな旅じゃないけど。某Mプロデューサーとイギリスのマンチェスターの奥地(!)でやるブラック・ミュージックのイベントを見てきます。寒そう。14日に戻ります。今度こそ日本語で日記を(笑)。


…という訳で

2005.01.06[18:30]  

楽曲提供したSoweluちゃんの曲。考えてみたらSoweluちゃんには、一昨年のワールドカップの時にChemistryと一緒に"Let's Get Together Now"を歌って貰っているんで、初めてじゃないんだな。夏の八戸のイベントでも一緒にライブやったりして、何かと縁のある僕たち。ちなみに僕はピアノを弾いたっきりで、まだ歌の入った完成形はちゃんと聞いてないんだけど。その歌詞を手がけるのはNaKeD vol.2で参加してくれたNatural Highのユウこと白木(僕はこう呼ぶ)。おいおい、白木、あの一緒にやっていた貧乏バイト時代では一緒に他の人に曲提供なんて想像出来ない感じじゃね?すごいな、うちら。こういうfriendshipはぶっちゃけかっこいい。そしてアレンジは俺が心から敬愛するYanagiman。この人と一緒にやって外したことはない。大好き。Soweluちゃんのスタッフさんが考えていた方向性が、ある意味僕がやりたかった形そのまま、っていう感じの楽曲です。いや〜、聞くのが楽しみ。Soweluちゃんは間違いなく格好良く歌ってるはず。


明けてしまった!

2005.01.04[13:36]  

激しく明けてしまった後で恐縮ですが、遅れ馳せながらあけましておめでとうございます。

大晦日にラテンサークルの先輩と二人きりのサシ飲みしてから完璧な昼夜逆転と相成り、参賀日はうすらぼんやりと過ごしました。今日の夜からは書類の分類と音楽制作モード。

あ、先程祖母ちゃんの誕生日用(昨年9月…悪しからず)に薄紫(祖母ちゃんのイメージカラー)のマフラーをゲットしてやっと届けました。晴れて2005年が始まった感じ。

…今年もよろしく!!


大晦日

2004.12.31[19:12]  

笑っちゃうくらいに、窓の外は銀世界。皆さん、今年はどんな一年でしたか。
今年出会えた人、ありがとう。去年出会えた人、センキュー。その前に出会えた人、ラブユー。
来年はやりたい事だらけ。自分的にはもう取りかかっているけど。
大晦日はワクワクしますね。これからも引き続きよろしく。

12月31日  川口大輔


年の瀬

2004.12.30[23:26]  

大掃除。この単語の響きが憂鬱だ。差し当たって自分は新年を迎えられる体制なのか。2004年に置き去りにされた迷子の子犬(…え?)になりかねない。

早速、現実逃避。僕の愛する四字熟語だ。年の瀬だからちょっと壮大な話をしていいっすか?先日知人のHPの中で、今回の津波被害に際して「地球規模で考えると、地表はミルクティーに張った膜みたいなモノで、ちょっと揺らすだけで大変な事になる」っていう文章があった。それは津波に限らず、地震もそうだし、天変地異は全部そうかも。言い得て妙。そうなんだよな。薄くて、ちょっと触れただけで簡単に破れてしまう。だからこそ、この間書いた内容とだぶっちゃうけど、潔く精一杯生きるべきだ、って思う。それにしても、そんな場所で生きている人間はすごいな。捨てたモンじゃない。話が逸れるけど、あの牛乳の膜って体にいいんだよね、確か。

ちなみに、先日の日記の補足。「誰かを愛し、大切に出来れば後悔しないかも」と書きましたが、考えてみたらそれだけやってれば後悔しない程自分は"出来た"人間じゃなくて、結局「誰かを愛するのと同じくらい、誰かにも愛して貰いたい」っていうのが本音かも。鶏と卵みたいな話になるけど、人から愛して貰えば人を愛する事が出来るし、人を愛せば人から愛して貰える……うーん、どっちが先かは分からないけど、分からないからこそまずは攻めの姿勢でいられたらな、なんて思ってみてるのは事実。

そう、まずは身近な事から。大掃除、しなきゃな。しようかな。するのかな。しないかも。しねーな。


津波被害

2004.12.28[13:36]  

年の瀬にこのニュースが飛び込んできた。でも自然災害に年の瀬もくそもない。「年の瀬」の概念を作ったのも人間だし。自然は自然の流れに沿って動いているだけ。そして、たった一回の地震で、これだけの数の人間が亡くなってしまう。自分一人の人生を考えても気が遠くなりそうなのに、そんな一杯の思いや夢が詰まった人間の命の何万人分とあっという間に奪ってしまう。悪意も、善意も、そんなものは何もなく、ただ自然の流れのままに奪ってしまう。地球は果てしなくデカくて、強い。人間なんかじゃとても適わない。そんな時にむしろ人間なら出来る事ってなに?って思う。きっと人間は憎しみ合ったりしている場合じゃないんだろうな。いつ、何かのタイミングで突然命が奪われるとしても、何かを心の底から愛して、大事に思えていれば、きっと後悔はしないと思う。皆はどう思う?


アフター・クリスマス

2004.12.27[16:34]  

結局クリスマスは祖母ちゃん家に行き、ウナギをご馳走になった(好物)。そして実家にちゃんちゃんこ(長年愛用)を取りに行った。そこでお祖母ちゃんの誕生日(先日80歳)に何もあげていなかった事に気付く。しまった。何がいいんだろ。思い悩むアフター・クリスマス。


Have Yourself A Merry Little Xmas

2004.12.25[16:22]  

わーい。群馬の人からたくさんカキコが。ライブ観てくれた人からカキコが。よっしゃ。うれすぃーです。

昨日は皆さんどんな風に過ごしたのかな?ラブラブ派?家族派?一人派?数年前からはそんなにウカレポンチじゃないクリスマスが主流だけど、僕が高校の時は夜中になると普段ガラガラの表通りがカップルの路駐だらけになり、16〜17歳の川口少年は中でどんな事になってるのかドキドキしながら歩いていた事を思い出します。淡い思い出です。

ライブでも言ったのですが、今日はキリスト教うんぬんじゃなくて、何か一つ大切なモノを心に抱いて、相手に伝えられるような、そんな日にしたいっすね。まさに日記のタイトル通り(ライブで歌った曲のタイトルでもある)……

「小さなクリスマスをあなた自身の胸の中に」


クリスマス・ライブ

2004.12.24[15:16]  

行ってきました、高崎。
朝早く「もう東京駅に着いちゃった…バカなのかな、俺」とベースの大神田君からメールが来た。待ち合わせ時間の一時間前だ。「多分…(泣)」と返事をしておいた。以前はこの男、新幹線に乗り遅れた事も。甘やかす一方ではなく厳しく接したほうがよいかも知れない。新幹線に乗って一時間弱。あっという間に高崎。現地で待ち合わせたのはパーカッションの福和さん。「朝の10時半に着いちゃった」と仰る。待ち合わせの3時間以上前に…。メンバーよ、一体…。
シャンデリアで飾られたホールは収容人数400人以上。大舞台。久々のライブでしたが、自分的には届けたい気持ちがすごく明快でした。「皆も自分もハッピーでいられるように」って思った。そして単純に音楽って楽しいな、おい、みたいな。

昨日わざわざ見にきてくれた皆さんに、会えなかった皆さんに、みんなにメリー・クリスマス!


リハーサル

2004.12.20[11:04]  

最初に。今回の旅行はたった17日間だったのに、余りに得た物が多すぎて、文章にするのが大変。旅行の最中にも夜中はカチカチとホテルでパソコンに向かって打ち込んでいたのですが、それでも未だ終わらず。それに相変わらず僕の文章は長いし。…という訳で、ただいま執筆中。どこかのタイミングでここに乗せます。

今日は23日のライブのリハーサル。凄く久しぶりにバンド仲間とも会う気分。本当はそうでもないんだけど、なんか2〜3ヶ月旅行してきたくらいのインパクトがあったんで。エンジョイしてきます。


食ってる

2004.12.16[13:52]  

日本食。まじで美味い。今回はタコスとか(メキシコ)海老とか(キューバ)チキンとか(ジャマイカ)基本的には好きなものが多かったですが、今食べてる鯖のあぶりと納豆には適わん。日本食、No.1!!


ただ今っす

2004.12.15[16:55]  

今成田→東京のリムジン・バス。あー、生きて帰国出来てよかった。取り急ぎ帰国報告でした!


CUBA yori(キューバより)

2004.12.11[18:45]  

nannka yoku sagashitara sasugani 2004 nen no CUBA niwa INTERNET rashiki mono ga sonzai shimashita. demo supi-do wa nihon no 20 nen mae kurai no osokute omokute shinisouna kanji desu.
ato CUBA jin wa kaigai niwa akusesu dekinai mitaidesu. JAMAICA kara kaettekuruto CUBA no chianno yosawa tengoku mitai desu. Soshite JAMAICA de hiyake shitaseika konkai wa machijuu no hito kara MEXICO? (mekishikojin?) tte iwaremasu. Sekkaku seikan ni hiyake shita tumori dattanoni zannenn desu.Mata me-ru shimasu.(tte kokonikite iyani fudemamena Kawaguchi yori) (なんかよく探したら、さすがに2004年のキューバにはインターネットらしきものが存在しました。でもスピードは日本の20年前くらいの遅くて重くて死にそうな感じです。あとキューバ人は海外にはアクセスできないみたいです。ジャマイカから帰ってくるとキューバの治安のよさは天国みたいです。そしてジャマイカで日焼けしたせいか、今回は町中のひとからMEXICO?(メキシコ人?)って言われます。せっかく精悍に日焼けしたつもりだったのに残念です。またメールします。(ってここにきて、いやに筆まめなKawaguchiより)


orikaeshi(折り返し)

2004.12.10[11:54]  

Hikituduki yominikui ro-maji no nikki wo tudukemasu. Kitto minna mo naretekiteiru koto deshou (sonna kotowa nai???).

Kyouga JAMAICA saigo no yoru ni narimasu. Ima kochirawa yoru no 9 ji kurai desu. Ashita no asa no bin de kondowa CUBA ni mukaimasu. Iya-------.....kono JAMAICA no kyakuhiki no shitukosa to ittara mou hontou ni sekaiichi darouna...... Honki de tukareta node chotto anshin shiteimasu. Tada hontou ni subetega namanamashikute rasuta kara- sanagara no gennshoku no sekai niwa mairimashita. Sorosoro nihon shoku ga koishiidesu. Soba toka Gyouza tokatabetaissu.

Daisuke Kawaguchi from Negril (引き続き読みにくいローマ字の日記を続けます。きっとみんなも慣れてきていることでしょう
{そんなことない???}
今日ジャマイカ最後の夜になります。今こちらは夜の9時くらいです。明日の朝の便で今度はキューバに向かいます。いや〜〜〜このジャマイカの客引きのしつこさといったらもう本当に世界一だろうな...本気で疲れたのでちょっと安心しています。ただ本当に全てが生々しくてラスタカラーさながらの原色の世界には参りました。そろそろ日本食が恋しいです。蕎麦とか餃子とか食べたいっす。
Daisuke Kawaguchi from Negril)


Thank you !!!

2004.12.09[02:24]  

Minna tanjoubi no komento arigatou. .....toittemo mojibake shiteshimatteite chantowa yomenai kedo. Modotara yomimasu.

Ima wa JAMAICA no NEGRIL toiu machi ni kiteimasu. Tanjoubi wa genchi de shiriatta TAXI no untenshu no ojisan ni iroiro tureteitte moratte okagede kodoku na tanjoubi ni narazu ni sumimashita.Konohito tono koubousen ga nakanaka tanoshikatta node sorewa mata nihon ni modottekara yukkuri nikki wo kakimasu.

CUBA mo saikou deshita. Chiketto no kankeijou mattaku kitamichi to onaji michiwo kondo wa modotte iku kotoni nariasoudesu. JAMAICA-CUBA-MEXICO-L.A. soshite nihon desu.

Dewa mata!!!!!

Chikyuu no uragawa kara aiwo komete
Daisuke Kawaguchi
(みんな誕生日のコメントありがとう。といっても文字化けしてしまっていてちゃんとは読めないけど、戻ったら読みます。今は、JAMAICAのNEGRILという街に来ています。誕生日は現地で知り合ったタクシーの運転手のおじさんに色々連れていってもらったおかげで孤独な誕生日にならずに済みました。この人との攻防戦がなかなか楽しかったので、それはまた日本に戻ってからゆっくり日記を書きます。CUBAも最高でした。チケットの関係上まったく来た道と同じ道を今度は戻っていくことになりそうです。JAMAICA-CUBA-MEXICO-L.A.そして日本です。ではまた。地球の裏側から愛を込めて
Daisuke Kawaguchi)


aaaaaaaa(アアアアアアアア)

2004.12.01[12:47]  

yappari me-ru tunagaranakatta kara hoteru no computer kara okurimasu.
toiu wake de ro-maji ni narimashita.mexico city wa gochagocha shiteite saikou desu.
Ima wa yoru no 9 ji kurai desu. ashita konomama CUBA ni ikimasu.
(やっぱりメールつながらなかったから、ホテルのコンピューターから送ります。というわけで、ローマ字になりました。メキシコの町は、ゴチャゴチャしていて最高です。今は夜の9時くらいです。明日このままキューバに行きます)


旅行

2004.11.28[22:58]  

突然思い立って2週間くらい旅行に行ってきます。ずっと行ってみたかった中米。そういえば、以前寂しくて半泣きしたイギリス旅行以来の一人旅かも。チケットだけ取って他は何も決めていないんで、いつどこにいるのかが分からない。ベリー適当な一人旅。12月中旬に戻ってきます。ネットが繋がれば、現地から日記を書きます。ローマ字で送ったら、ウッキー、翻訳を頼む。…という事は当然だが誕生日は日本にいないな。去年の誕生日はレコーディング、その前は撮影。毎年何かありますね。格好良い曲作ってこよーっと。狙うは誕生日にジャマイカかキューバだな。ぐふ。


課外授業

2004.11.25[12:00]  

書くタイミングを逸していたのですが、先日レコーディングしてきた作品A(歌詞もかいた曲)とも作品B(ピアノを弾いて緊張した曲)ともまた別に、提供しているのがもう一曲ありました。自分でも気づかぬ間に課外授業頑張ってました。僕の「I've been searchin'〜君をさがしてた〜」でワンダホーなコーラスで参加してくれた鈴木桃子さんのアルバムの一曲目に収録されます。僕は割とバラードの提供が多いのですが、珍しくアップ・テンポ。歌詞は桃子さん本人が書いてくれたのですが、これは女の人しか歌えない究極のキラキラ・ガールズ・ポップス。めちゃ可愛いです。そして僕が鍵盤で華麗な(笑)ソロをとってみたり、一応アレンジにも片足突っ込んでます。現時点では僕もNaKeDで中途半端にカバー出来ないほどかわゆいgirlyな曲なので、是非CDで聞いてみて下さい。詳細は後日マネージャー日記で。

昨日はjazztronikの野崎君のCDリリース記念ライブを観に代官山へ。いやー、格好良かった。野崎君の音楽はブラジル好きの僕からすると本当にたまらん。


学園祭

2004.11.21[16:10]  

京都に行ってきました。ラジオ番組出演と同志社女子の学園祭。京都では以前ほとんど自分の音楽の趣味だけで構成する番組を3ヶ月ほどやらせて貰っていて、それ以来ずっとライブで行きたいと思っていたところ、ついに念願叶いました。それにしても本当に至れり尽くせりの京都体験。本当に呼んで頂きありがとうございます。多少うかれぽんちだったかも知れません。恐縮です。学生の頃の思い出が蘇りました。そうそう、最初の頃は祭りというだけで盛り上がれるんだけど、年数を重ねていくと、祭りが始まる前から、祭りが終わる事を想像して、ちょっとブルーになったりしてましたね。祭りってそもそもそういう切ない物なのかも知れない。今回は鍵盤一人だったので比較的バラード中心の選曲でしたが、今度はフル編成でもやりたいっすね。

終了後は、近くでやっていたbirdのミニライブをちょっくら拝見して、その後、湯葉の店に。普段そんなに食べるもんじゃないけど、たまらんです。食べに行った皆ではしゃぎまくり。栗焼酎初体験。今回は不参加だった脂好きのディレクター・I女史ではとても物足りない京料理満載の素敵な旅でした。必ずまた行きます。


『地獄リユニオン』

2004.11.19[16:44]  

何の事かと思われるかも知れませんが、これは昨日某ラジオ番組内で旧友・saigenjiと一日だけ再結成したユニット名。そもそも学生時代にこの2人にパーカッションを加えて3人でやっていたユニットがあり、「選曲のセンスがマニアックで不安」「演奏している姿が恐い」などというさんざんな理由で先輩に『地獄の3人』と命名され、その後一人抜け、残さなくていい『地獄』という部分が残った次第。

2人の選ぶ曲はいつも難しいんだけど、いつも燃える。やっぱイケてる、saigenji。また何かの機会にやりたいです。

ただ今東京→京都の新幹線の中。今日は生でラジオ出て、明日は同志社女子大学でトーク&弾き語りライブっす。楽しみにしてて下さい。


大阪ライブ終了

2004.11.14[00:54]  

大阪から家に戻ってきました。金曜日は僕の愛用しているMOTIFという鍵盤を作っているYAMAHAのイベントだったのですが、音楽のプロを目指す人も多数来場していて、割と音楽のマニアックな部分にフォーカスした内容だったので、普段とは異なる緊張感。音楽のプロを目指す皆さんにコメントとか、ソロの手元がカメラでアップで撮られたとか。自分がプロを目指していた頃、プロのライブをどんな気持ちでみていただろう、と考えながら、出来うる限り正直に話そうと思ってみたものの、いやー、やっぱりまだまだコメントするのは本当に恥ずかしい(汗)。自分の横に大きなモニターがあってそこに自分の手が映っているのがどうしても気になって、出来るだけ自分に入り込んで演奏をしてました。初めて観てくれた人や、音楽の世界を目指している人も、是非是非感想を聞かせて下さい。

ところでそんなYAMAHAのスタッフの中に、かつて僕の所属していて途中でやめてしまったブラック・ミュージックのサークルの先輩が。今となっては笑い話なのですが、当時その先輩と音楽の方針を巡って若〜い青〜い感じのケンカをしたままだったので、10年ぶりに和解を果たす事もできて(笑)、何とも思い出深いライブになりました。お互い大人になったね、なんて話も。

翌日は昼まで寝て、その後ベースの大神田君と、パーカスの福和さんと、マネージャーと大阪探索の旅へ。まずは冨紗家という店でお好み焼きを堪能。さらに通天閣に上って「通天閣キーホルダー」を衝動買いをしましたが、使うかどうかは未定。とにかく心ゆくまでお上りさん状態で大阪を味わいました。楽しかった〜。


大阪ライブ

2004.11.12[07:33]  

あふうううう。

眠い。「あふうううう」が眠さを表すのに適してるのか分からないけど、とにかく眠い。今から大阪に向かいます。MOTHER HALLで18:00〜がライブです。チケットは不要です。では会場で会いましょう。


落語会

2004.11.10[16:57]  

僕の所属する事務所は色々な人がいます。お笑いの鶴瓶さん。以前ラジオに出させて貰った放送作家のおちまさとさん。僕を「クルスケさん」と命名したRYTHEM。他にも色んな人がいます。一通り面子を見回して分かった事は、共通点が良く分からない、という事です。あと僕はもはや髪型がクルスケじゃない、という事でしょうか。しかし、その分色んな体験ができます。

先日は鶴瓶さんの落語会に行かせて貰いました。そしてまた出会ってしまった。僕の胸を熱くする話。落語に胸キュン。人生初体験。鶴瓶さんが作った現代落語と、古典の落語の両方があったのですが、鶴瓶さんの作った方の落語がまさにそれでした。鶴瓶さんが学生時代の時の、先生との攻防戦を落語にした物なんだけど、最後のオチがちょっと泣きそうになるんです。そう思うと、学生の時っていろんなヤツがクラスにいるけど、授業中とか学園祭とか、今となってはどう考えても無茶だったり無駄だったりする事を一丸となってやったりした思い出ってありませんか?あの日のクラスメイトはいない今、実はバンドメンバーと、そして見に来てくれるファンの人と、川口大輔が目指しているライブはそんな物なのかも知れない。まだまだ僕のライブは成長過程にありますが、鶴瓶さんの落語をみてそんな甘酸っぱい気持ちに浸った一日でした。


青春のにおい

2004.11.08[11:55]  

こないだは映画の話をしましたが、今日はその前に言おうとしてたスポーツの話です。普段スポーツ観戦は皆無に近い僕ですが、国民的イベントはチェックする時もあります。

先日のNBA。フェニックスサンズの田臥勇太。「小さな侍」は、身長173cmで僕よりもデカい。でも2m弱が平均身長のNBAプレーヤーの中ではやはり相当ミニだ。それにしてもなんと痛快。次々決めていったな。最終的に7点くらい決めていたけど、どんな気持ちであのフィールドに立っているのかを考えたら本当に感動してしまった。点入れやがったよ!すげーーーーーー!って。普段スポーツに接していない人間を感動させる事ってすごい事だと思いました。
最近だと久保田利伸さんがソウルトレインに出演、のニュースも本気で感動した(もちろん今回の久保田さんのアメリカ盤は本当に格好良いです)。「ウォーター・ボーイズ」(映画版)を見た時も似たような感覚に襲われた。シチュエーションはすべて違えど、きっと共通するのはいつでも何かに挑んでいる「青春」のにおいなんだと思う。胸の奥で何かがブルっと震える感じ。自分は今のままでいいのか、と揺り動かされる感じ。結局自分は青春が好きなんだと思う。
僕も常に青春を目指していきやす。押忍。


モーターサイクル・ダイアリーズ

2004.11.06[11:54]  

久々に映画を観てきました。「モーターサイクル・ダイアリーズ」。以前「セントラル・ステーション」というブラジル映画を観て、これが本当に泣ける話で、今回は同じ監督さん(ウォルター・サレス)という事で、一緒にこういうのに感動しそうなヤツ…という事でギタリスト・ゴーキを呼び出しました。テーマは「チェ・ゲバラ」。きっと皆さんも一度はチェ・ゲバラ柄のグッズはきっとみた事あると思います。中南米音楽大好きな僕は彼がキューバ革命に関係している、という事だけは知っているのですが、実際に何をどうした人なのかは詳しくは知りません。ただ、この映画は政治とか偉業とかは一切関係ない、でも本当に素晴らしい映画でした。泣ける、というより、映画が終わってもその場を離れたくない感じ、っていうのかな。隣をみたらゴーキも同様だったみたいでその場を固まってました。作戦成功です。青春、されど、とことん深い。

おすぎ風にいうなら、「感動しました!観なさい!」★★★★★(星五つ)


続・B型

2004.11.04[22:14]  

B型には波があるので、昨日に続き日記書きます。BBSを読んでいると、最近CDを買ってくれた人とか、初めましての人が遊びに来てくれていたりしてますね。こちらこそ初めまして。何げにライブだなんだやっていたらデビューアルバムを出してから数ヶ月経過してしまった今も、こうやって新しい出会いがある。やっぱり音楽って凄い。歌詞の内容は女性に向けた物が多いんで女性のカキコはもちろんの事、「〜昼寝艦隊司令官…」という長〜いペンネームの割に、「CD買っちゃるよ!」みたいな非常に簡潔なメッセージを送ってくれる男性からのカキコも歓迎です。大至急買っちゃってくれ。

あ〜、関係ないけど、早く新紙幣でおつりが来ないかな〜。俄然気になります。


B型

2004.11.03[18:41]  

大阪と京都のライブも近づいてきました。うひょー。たのしみ。これからまたスタジオで一人ライブ練。その前にドトールにて。

本来のB型の血が騒ぎだして日記の更新がルーズになってます。ご無沙汰してます。最近は久々に曲提供などなど「課外授業」に精を出している日々っす。昨日は先日とはまた別のアーティストに提供した曲のレコーディングでピアノを弾いてきました。いやー、緊張した。時々キーボーディストとして呼んで貰うことがあるのですが、基本が我流のインチキ・キーボーディストなんで他の人のレコーディングにちゃんと対応できてるのかがいつもドキドキです。でも時間が経過してCDになって聴いてみると「お、意外に自分、いけてるかも」みたいな甘いジャッジになります。自分のレコーディングだとほとんど練習せずに望んでしまうのですが、今回は数日前から早起きしてレコーディングに向けて体調まで整えてみました。作詞は“あの”人、アレンジは敬愛する“あの”人との共同制作。どんな曲になるかは出来てからのお楽しみに。

P.S.前回の日記に反応してくれた人、ありがとうっす。新潟の人、頑張れ。


今、考えてる事

2004.10.28[13:10]  

僕にとって寒さは大敵だ。今も完全防備で朝の街を散歩中しながらでも、むき出しの頬に痛みを感じる。テレビの中の新潟は寒波の本格到来らしい。僕にとってトイレは一日の中で一番無防備でいられる時間であり場所だ。便座が暖かったりしたら最高だ。だけど新潟の被災地では仮設トイレが絶対的に足りないらしい。

自分じゃない誰かの痛みを僕はまだこんな風にしか想像できない。でも、これだけでも充分に大変だと思う。

昨日もまた東京でも感じるほどの余震がありました。コンビニのレジの横にも募金箱があります。普段はなかなか目に留まらない。でもせめて何か感じた今日から買い物の際に募金をしてみようと思います。

一日でも早く皆さんが暖かい家の布団で眠れますように。


台風+地震

2004.10.24[03:53]  

一難去ってまた一難。皆さんの所は大丈夫ですか?特に新潟の方。
めっきり寒くなりましたね。昨日は某シンガーに提供する楽曲の楽器のレコーディングに遊びに行ってきました。今週はこの曲の作詞に掛かり切り。台風23号の日もマイカーでファミレスに出向いて、自ら数時間カンヅメになる状況に無理矢理追い込みました。おかげで天候に影響され切ない歌詞に。いつも気持ちは天候に物凄く左右されてます。雨は嫌いだけど、好きです。今回は作詞・作曲以外は編曲もすべてお任せコースだったのですが、尊敬するミュージシャンの手によって自分の子供が格好良くなっていく過程を端からみるのは凄くエキサイティング。厳しく甘やかして、って感じか?詳細は後日報告。

夜はJAZZTRONIKの野崎君がDJをするイベントに。金曜の夜の狭く往来の激しい道で慣れない駐車に立往生。軽く渋滞を引き起こして見ました。何げに最近マイカー、大活躍。


NaKeD vol.2

2004.10.17[12:24]  

無事終了。沢山来てくれてありがとう。自分の元から既に巣立っていった楽曲達も、ずっと心の中に留めておいた楽曲達も、そして今一番近くにいる楽曲達も、一堂に会した同窓会のようなライブが出来たのは嬉しかった。さらにナチュラルハイと一緒に出来たのも嬉しかった。僕にとっては一番時間を共有している音楽の仲間なので。カバーのリクエストの中から選んだチャゲ&飛鳥の『WALK』は、まさに僕にとっての「今週の心の1曲」。そして『NaKeDのテーマ』(新曲インスト)が「今週作った1曲」。今後もリアルタイムな自分を届ける機会を設け続けるぞ、と強く思った次第。次回以降も乞期待!!!


早起き

2004.10.11[12:29]  

昨日夜8時に起きましたが、ライブも近いのでそのまま12時に寝て早起きにしてみました。まだ体が慣れてないので眠いです。この後5時間くらい昼寝しないように気をつけます。

また駅前のマックです。前回と同じくソーセージ・エッグ・マフィン・セットです。至福。

NaKeDですが、赤、オレンジ、黄色の衣裳を考えると今からブルーです、という趣のメールを頂戴しました。スミマセン。ただそんな難しく考えないで下さい。男ならキャップとか。女性ならマニキュアとか。服じゃなくても何でもいいです。今回も入口でマネージャー・ウッキーが『あなたは赤・オレンジ・黄色ファッションだ!!』と認めた方にはもれなく特製シールを差し上げます。要らなくても頑張って書いたので差し上げます。ナチュと共同制作です。

会場も下見に行きました。座席が真っ赤でまさにハロウィーン仕様だったっす。


ジョアン・ジルベルト

2004.10.08[01:52]  

初日に行ってきました。僕は開演時間ギリギリに到着。入口には「ジョアン・ジルベルト本人の希望により、館内の空調は止めさせて頂いております」との立て札が。ひー。国際フォーラムの空調を止めるって……何千人もいるのに…。ジョアンったら。定時を過ぎても一向に始まる様子がない。するとアナウンスが。「ジョアン・ジルベルト本人がまだ会場に到着しておりません」。会場大爆笑。観る側もジョアン伝説を楽しんでいるとしか思えない。またしばらくするとアナウンスが。「ただいま入った報告によると…」ざわめく場内。緊張が走る。本番直前にまた帰ってしまったか?「ジョアン・ジルベルトはホテルを出て会場に向かっているそうです」。もうここまで来るとコントである。しかし前回の来日時は2時間遅れで始まったという話だった。遅刻魔、ナオミ・キャンベルも真っ青である。いよいよ開演。ブザーが鳴る。ただそのブザーが異常に長い。「いいか、このブザーが鳴っている間に、とにかく静かにしろよ」という主催者側のメッセージを汲み取る。
ジョアン・ジルベルト登場。ああああ、ジョアン様。これから観る人もいると思うので内容は書かないっす。とにかく観れてよかった。ずっと観たかった人がそこにいた。本当に観れてよかった。今回がまた最後のフリして、必ず来てほしい。アントニオ・カルロス・ジョビンは観る前に死んじゃったから、ジョアンは長生きしてほしい。ただ…とにかく会場が蒸し暑かった。次回は若干涼しいところで観たいな、ジョアン様。

皆リクエストを沢山ありがとう。あー、なるほど、こういう曲かー、っていうのは凄く読んでいて楽しい。歌ってみて発見、とかもありそうだしね。自分の中で候補を絞って、当日に向けてがんばりやす!さー、散歩に行ってくるっす。


雨パン

2004.10.06[11:38]  

長雨が止んだ!やっと夜の散歩が帰ってきた。曲を作る為に雨でも散歩するか、風邪をひかない様に散歩は諦めるか…とりあえず後者を選んで、この何日かは歯医者通いとネットサーフィンに勤しんでましたが、もう限界だ…と思ったら雨が止んだ。うひょ。只今散歩しながら携帯で日記をしたため中。寒いからもうマフラーしてます。

どうでもよいですが、いつも決まってあるジーンズを履いて外に出ると、すごい高確率で雨が降ります。皆さんはそういうの無いですか?僕は「雨パン」と呼んでます。

NaKeD、まだまだカバー曲のリクエスト聞かせて下さい。なぜか個人的に知人からもマニアックなリクエストがたくさん来てます。

うう…さぶい。曲が早く下りてこないかな。


NaKeD vol.2

2004.10.02[12:35]  

もう10月。昨日はナチュラル ハイと一緒に今度のNaKeDの打ち合わせをして来ました。いやー、マジで嬉しいな。感慨深い。ナチュ(そう呼んでいる)とライブをやるのは2年ぶりくらい?いや、もっとか?とにかくお互いインディーズの暗黒期(笑)を共有しているので、いつかメジャーになったら絶対一緒にやろう、と常々言ってました。今回は僕の企画のライブですが、ついに満を持して第1弾!あんな事やろう、こんな事やろう、と色々話し合って来たのですが、取りあえず決まった事を1つだけ。前回は夏だったから、夏グッズ。今回は10月なので、ハローウィーン(…え?短絡的?)…とにかく、今回は黄色、オレンジ、赤など暖色のモノを一点だけ身につけてオシャレして来てほしいっす。カバンでもアクセサリーでも良いっす。ちなみにカバーのリクエストとかありますか?何かあったら聞かせて下さい。

その後には椎名純平君のライブに行ってきました。彼もそれこそインディーズ時代の朋友。久々に見れて嬉しかったな〜。

さ、たくさん曲書いて、ライブやって、最終的には絶対NaKeD全国版実現させるぞー。



2004.09.28[13:44]  

東京は昨日から笑えるくらいに突然秋になった気が。僕も窓開けて寝て、目覚めてビックリした。寒い。寝てる間に季節が変わってた訳だ。寝る前は窓開ける必要が有った訳で。季節で区切るっていう発想自体は人間が考えた物なんだろうけど、ある瞬間を境にパッと明らかに何かが変わる。切ないが、考えてみたらもう10月も目前。さすがにもう秋でオッケーです。
ところでNaKeDについて意見をありがとー。生ピアノか…。家がシンセ(ライブと同じ奴)なんでシンセの方が実はnaked〜素〜なんだけど、とは言え、言っている意味も分かるので頑張ります。そしてもちろん大阪に限らず全国行きたいです。行くっす。行きましょう、ニックさん。行こうぜ、ウッキー。

部屋はすごいです。ぶっちゃけ綺麗な部類です。歯切れが悪いのは基準が自分だからです。人生の中で一番色々捨てました。アメリカの田邉からは「REITOUKO NI SHOUWA NO MONO WA ATTA?(冷凍庫に昭和の物はあった?)」という心温まるローマ字メールがきました。ないです。引っ越したのは平成14年なので心配は無用です。あとは本棚を組み立てるだけ。一気に本を収納して、夏とともに汚い部屋ともお別れっす。YES!!


掃除

2004.09.23[18:37]  

このネタを引っ張りすぎな気もするが、僕の喉をいたわって下さる皆さんに少しでも現状をお伝え出来たらと思う。ゆっくりではあるが着実に進んでいる。お祖母ちゃんっ子の僕は、物を大事にする事と緑茶の美味しさを教わった。しかしこの際、心を鬼にして色々捨てようと思う。お祖母ちゃんはよく掃除をしろ、とも言っていた。ここに来て問題は雑誌である。漫画も雑誌もとにかく沢山買ってしまう。明らかにもう読まない週刊誌は先週沢山捨てた。次は本棚に飾っておくとちょっとだけオシャレっぽいけど果たして本当に読むのか?系の月刊もしくは季刊の雑誌である。どうやら自分はこの手の雑誌に滅法弱いらしく、あれこれ手を伸ばしてみるものの、一度たりとも完全に読破した記憶がない。そしてそれらの部屋における占有率は高い。誰も呼べやしないような部屋で、読みもしないオシャレ雑誌は一体誰に向けられているというのか。どうせならこれを機に一斉に捨ててみるのも手である。
ちなみに小林建樹さんの「祈り」つながりで思い出した。HITOE 57 MOVE(元SPEEDの新垣仁絵ちゃんのソロ・プロジェクト…ヒトエ・ゴナ・ムーブと読むそうだ)の「INORI」も名曲。


大阪ライブ

2004.09.22[03:31]  

海外旅行に行く前の夜はいつも眠れなかった。飛行機に乗る事が嬉しすぎて眠れないのだ(飛行機好き)。大阪行きはそのくらい興奮してしまった。あー、前の夜は眠れなかった。

バナナ・ホールは入った瞬間「あ、アポロシアターっぽい」と思った。行ったことないけど。とにかく、音楽のリアルな歴史が刻まれているっぽい、っていう感覚なのかも知れない。いくら説明しても周りは「え?また不思議な事を言って…」と取り合ってくれない。最近は立場が非常に低い。小林建樹さんの[rare]というアルバムのポスターが貼ってあった。丁度先週アルバムを懐かしくて買った所。こういう偶然は音楽をやっている上で何だかすごく嬉しい。「祈り」は名曲です。

格好良く登場する筈だったのだが、呼び込まれた所でコケた。バナナ・ホールのステージは総板張りで、僕は履き慣れない革靴の靴底とは相性があまりよろしくなかったようで(笑)。別に大阪だからウケ狙いでコケた訳ではありません。ライブ開始。やっぱりアポロシアターだ。行ったことないけど。来てくれたお客さん全員の顔がはっきり見えて、凄く凄く全てを近くに感じたライブでした。あっと言う間だったな。Thank you 大阪。あー、まだまだやりたかった。また皆来てね。必ず行きます。
NaKeD大阪編とか是非やりたいです。やらせて。呼んで。最終の新幹線で戻って来ちゃったからすんごく物足りないのです。

さ、早速部屋の掃除でも…。


クアトロ&山梨

2004.09.19[00:19]  

考えてみたら、東京でぴあとかを通してチケット買って貰うライブってこれが初めてだったんだね。それも、夢だったクアトロで。うひょ〜。あ、このライブ見たい、と思うとクアトロ率高いんですよね。そんなこんなも含めて、本気で最高でした。8月にやった「NaKeD」は皆との距離感を近づける為に、実際に恐ろしく距離も近くでやってみた、というライブだったんだけど(笑)、今回ちょっと大きな所でやってみて実際の距離と距離感は関係ないかも、という気もしてきたな。近いメリットももちろんあるんだけど、気持ち次第では遠くても近い気持ちでいられる事ってあるしね。恋愛っぽい事を言ってみました。つまりは沢山の人に見て貰える喜びを改めて感じたのでした。ちなみに今回一緒にやってくれたパーカッションのフクワさん。実は漢字でどう書くか知らないけど、どうか「福和」であってほしい。それくらい「福和」な感じの人です。

そして山梨。めちゃめちゃ格好良い会場だったっす。サントリーのウイスキーの元蒸留所のあった場所を改装してホールにしたそうなのですが、若干「ラピュタ」っぽい。ファンタジックな空間です。天然リバーブがかかり、ちょっと神聖な気持ちになった。風呂場効果みたいな感じで歌ってて気持ちいいっす。最後に星村麻衣ちゃんとのジョイント企画で愛するスティービーの「AS」もやった。この曲、スティービーの中でも1、2争うくらい好きな曲なんです。我々、実にイケてました。

とにかく、クアトロ&山梨、沢山見に来てくれてマジでセンキューです。ライブの感想など短くて良いんでBBSで聴かせて貰えると嬉しいっす。…とウイスキーの余韻にひたりながら思うのでした。ま、折角だから2、3杯ね。

さー、残る大阪も爆発すんぞー。


今日ライブ!

2004.09.15[11:37]  

な訳で、昨日は「明日ライブ!」だった訳で、一昨日は「明後日ライブ!」だった訳である。

決して部屋が片付かない言い訳をしているのではない。何も踏まずに歩ける。そこにまず辿り着いた。小さな一歩ではあるが、大きな進歩でもある。

ベースの大神田君は言った。「キレイな場所じゃ曲を作れないんだろうから、汚い街に住めばせめて部屋はキレイにするんじゃ…?」どこまでも残酷な事をいう男である。住民票ごと変えろと言うのか。ただし部屋を見られた手前、逆らえないでいる。いつかリベンジしたる。

そんな川口の織り成す雑多なフレーバーの音楽。ライブはもうすぐ!取り替えたてのシーツで早く寝よ。


いつもの日記

2004.09.12[15:34]  

先日僕は知人と熱く音楽論を語り合っていた。ある用事の帰りに、知人に家まで送って貰っていた車中の事である。不意に事件はやってきた。「うっ……腹痛ぇ〜。グッチー、トイレ借して!」絶対無理。大変な誤算である。この一ヵ月ほど常に「作曲期間で部屋片付けてないから」という万能の言い訳で誰も家に招き入れていなかった。相手が誰であれ、どう考えても許容値を遥かに上回る汚れっぷりだったのである。

家から30歩ほど歩いた所に公園がある。(あのさぁ…部屋汚れてるから、公衆便所に…)喉もとまで出掛かったが止めた。それではただの人でなしである。「あのさぁ…部屋汚れているから、ちょっとだけ待ってて」僕は猛ダッシュで部屋に走った。玄関からトイレへの道を確保するためである。現在その導線上には読み終えた漫画のタワーが2本ほど出来ており、僕自身自宅内での移動は困難を極めていた。ひとまずベッドの上に移動させる。

覚悟を決めて知人を招き入れる。「うわ、この部屋…」彼はそうつぶやきトイレに走っていった。彼が用を足している数分間は地獄であった。今更部屋を片づけた所で一体何になるというのか。僕は呆然とベッドの上に腰掛けていた。
トイレに入る前より曇った表情で彼は戻ってきた。「あのさぁ、グッチー、この部屋って汚いっていうより…なんとか症候群…」彼はそこで言葉を止めたが、僕は彼が何を言いたかったのかはすぐ分かった。確かに数日前に夕方6時台のニュースで『急増!部屋を片づけられない症候群』というような特集を組まれていたのを僕はまさにこの部屋で他人事の様に見ていた記憶がある。本当に作曲期間で部屋を片づけるどころで無かったのだが、その特集で映し出された風景と似ていなくはないかもしれなくもないかも…。違う。基本はCDと本なんです。職業上仕方ないんです…です…です…(こだま)。

昨日と今日はそんな知人、大神田君と新たなパーカショニストとライブのリハーサル。新境地!絶対格好良い!そして今日これからやる事、部屋の掃除。今日買った物、掃除の為のマスク(抗菌)。

いつもの日記でスミマセン。次回は掃除完了報告(予定)!


9月

2004.09.02[10:34]  

あー、新学期始まっちゃいましたね。運転は上手くなったのに、プライベートでは海は行けなかったな…。いざという時は故郷(フィリピン)に逃亡してやる。こっから年末まで、早いぞ〜。気を引き締めて行かなきゃ。

さて、今までここに登場した音楽の知り合いと言えば、様々な不思議な言動で僕を惑わすベーシストとか、不本意にもそんなベーシストに間違えられた名前がそのままあだ名になったギタリストとか、足を折った慢性激ヤセのトランペッター兼パーカッショニストとか、僕が2時間待たせた大物ギタリストとか、いわゆるミュージシャンが多かったですが、先日珍しく作曲家の人達と食事をしました。CDの盤面上で共演する以外接点はないので、なかなか機会がないんですよ。

一人はChemistryの「PIECES OF A DREAM」などの曲を書いている藤本和則さん。もう一人は中島美嘉ちゃんの「雪の華」などの曲を書いている松本良喜さん。皆年令が近かったから音楽的環境も似てて、目指すものも共通点とかも多かったな。何やかんや話しましたが、結論としては良い曲をもっと増やそう、エイエイオー、的な感じだったので……昨日締切の曲、仕上げなきゃ(汗)。ひいいい〜。


最近

2004.08.31[11:20]  

何げに早起きです。寝ないで頑張った方が曲作れる時と、寝てすっきりした状態の方が良い時とあるようで、今は後者気味。昨晩は散歩しようにも台風に吹き飛ばされそうだったからサクサク寝た、というのもあるけど。朝早く起きた日のメリットは朝食です。起きた瞬間から何を食べようか胸を高鳴らせてるドキドキ★マニアです。最寄りの駅前にドトールとマックがあって、いつも迷うのですが今朝のように極度に空腹の際はマックでソーセージ・エッグ・マフィン。これとハッシュ・ポテト考えた人、天才。一応健康も気遣って気休めにサラダとか付けてみた。お、台風過ぎし後、すっかり良い天気。何かちょっと得した気分なり。

あ、先日リズムの番組に出てきました。年下の女の子を目の前に白熱して恋愛を語ってしまった。冷静には聞き返せないっす(汗)。後日O.A.予定。


夏の終わり

2004.08.26[11:33]  

だぁ〜。青森から戻ってきたら、夜散歩していても泣いてる虫の声がすっかり夏じゃないっす。儚いよなー。このまま秋に突入しちゃうのかな。いつまでも暑くて眠れねーよ、と文句を言ってたい。夏って、ワガママなんだけど凛としてて憎めない女性みたい。ダラダラのろけ半分に愚痴りながら幸せを噛みしめていたい。終わっちゃったら愚痴る事さえ出来ない。あー、切ない。

おっと、こんなプライベートな趣味趣向を露呈している場合じゃない。八戸、改めて見に来てくれた方ありがとうございます。そして沢山の方々が遠征して貰っていたんですね。凄く嬉しいです。現地では名物「いちご煮」「せんべい汁」などをトライしたのですが、逆にこれは寒い季節ならばもっと美味しく頂けそうな感じでした。食ある場所ならば寒くても頑張れそうな自分がいます。

今この日記を書いているのが朝の7時。生活は昼夜大逆転。ある意味、いつも通り。あ、外でミンミン蝉が鳴き出した。まだもうちょっとだけ夏は近くにいるかも。


八戸

2004.08.23[14:30]  

凄く楽しかったっす。八戸のライブ会場の周りはアメリカ映画に出てきそうな壮大な風景に、海。面子もANRIさんにJAY WALKさん、相川七瀬さんに始まり、SOUL HEADやSOWELUと知り合いも居たりして。八戸は夏の終わりというよりかは凄く涼しくて秋っぽくもありましたが、それがちょうど気持ち良かったっす。そして夏の記憶と共に、僕の記憶から歌詞もとーくに飛んでいったり…(汗)。ま、まぁ、そんなのも含め、非常に記憶に残るライブでした。この後は秋のライブが始まります!!


壮行会

2004.08.16[16:59]  

今日はすんごい個人的な事を書かせて。いや、いつもそうだけど。

以前日記にも登場した田邉香菜子っていう元ラジオDJ、もっと元々はシンガーの女性がいるんだけど、そもそもこいつとの出会いが僕が音楽を真剣に取り組むきっかけだったりして。すげー音楽の耳が肥えてるし、口の悪い奴でムカつくんだけど、最終的には、異性では初めて血の繋がっていないのに姉弟みたいな関係になれた人でね。

そんな彼女がしばらく留学しちゃうとの事で、今日は壮行会をしてきました。ついでに6年ぶりくらいに僕が伴奏して彼女のライブをしてきた(…とさりげなくマネージャーには事後報告)。最後何だか実感が余りに沸かなくて、普段通り「じゃーね」って言ってきたんだけど、それらしい事を何も言えなかったので、万が一ここを読むかも知れないから一応今日の気持ちを記しちゃうおう。

久々に一緒に音楽をやって思った。田邉に出会えて本当に良かった。これからもその気持ちは同じだ。ぎゃんばってこい。

弟分より


久々に

2004.08.15[02:48]  

腑抜けになってます。いやぁ、湘南まで来てくれた人、本当にありがとう。オープン・スイミング(遠泳)のイベントの前夜祭で歌わせて貰ったのですが、湘南で、夕陽の沈むタイミングで、どうしても気持ち良くゆる〜いライブだったすね。そして海風で何げに体力を消耗する事を知った。それにしても参加者は長い人は10kmくらい泳ぐらしいぞ。横ではライフセイバーが付き添いで泳ぐんだって。ひー、元・溺れ上手からすると信じられん。皆さん、頑張れ!!


ボサノバの神様

2004.08.11[11:42]  

ボサノバの神様、ジョアン・ジルベルト。1960年代に「イパネマの娘」を歌って世界中に名を轟かせたジョアン・ジルベルト。御歳60ん歳(たぶん)のジョアン・ジルベルト。以前フランス公演で、たまたま会場の外を通り過ぎるデモ行進が騒がしいのが気にくわなくてライブやらずに帰っちゃった事がある、ブラジル人のくせにちょっぴり繊細なジョアン・ジルベルト。その伝説が広まって、昨年の初来日公演は会場は水を打った様に静かだったらしいのだが、それがよほど心地よかったのか最後のアンコールのステージ上で15分くらい居眠りして更なる伝説を残したジョアン・ジルベルト(本人は余りに日本の聴衆の素晴らしさに感動して気絶していたと弁明したとか)。そしてあれだけ「これが最初で最後」「奇跡の来日」と騒がれていながら一年強であっけなく再来日が決まり、露骨な日本びいきも辞さない構えのジョアン・ジルベルト。ただ本当に今回が最後の恐れを孕んでいるので、見られる時に見ておいた方が良い地球の至宝、ジョアン・ジルベルト。ああ、ジョアン・ジ
ルベルト。

僕もすっかり自分のライブに興奮したままチケットをゲットするのを忘れていて、急いでゲット。まだチケット有ったから興味ある奴は急げ!!


NaKeD

2004.08.07[19:57]  

いや〜、楽しかった、昨日のライブ。余りの普段着でスマンです。ただ知人から便所サンダルみたいと指摘されたのは…あの〜、一応お気に入りの革のサンダルでして…。久々に13曲も歌ったんだけど、歌ってる最中にも既に次はもっとこんなのやろー、とか構想は広がる一方。今回はありえないくらいの小規模だったけど、次回NaKeDは必ずもっとデカいところでやるんで(っていうのも昨日やってて今更ながらに痛感した事)期待しててね。次回は10月くらいかな?ちなみに…また飲みすぎた。最近拍車が掛かっているかも。危険。


8月

2004.08.03[16:38]  

昼過ぎに知人のギタリストに楽譜を渡す約束してたのに寝坊して2時間くらい待たせてた。ひー、すみません。最悪。朝も弱ければ、昼もそこそこ弱いです。ところでいつの間にもう8月。何か、この時期って季節が凪みたいにピタっと止まってて、後はもう夏の終わりに向けてゆっくりと下っていくのを待っているような気がしないすか?あまりに完璧な夏日和の昼下がりにはいつもそんな事を考えてしまいます。今飲んでるアイスコーヒーはいつまで美味しく感じられるんだろう、とか。夏が大好き過ぎて、もうすでにちょっとブルー。夏休みの残り日数を数えて焦る小学生みたいなものかも。


韓国!

2004.07.31[20:36]  

実質48時間も居なかったけど、計3日の韓国行って来ました。今回は出会いの旅でした。まずコーディネーターのファンさんというお母さんがとにかくファンキーな人で、徹底的に韓国語でのMC指導。更にコリアンギャグまで伝授され、披露したライブ会場ではソウルキッズ達から絶賛(されてたと思う、多分)。韓国って昔から「アジアのラテン」とか呼ばれているらしく皆情熱的で、優しくて、ちょっとゆるい。実に魅力的です。打ち上げではご一緒したソニンさん、10,000 Promises、そしてZZの皆さんと心行くまで肉を焼いてきました。10,000 Promisesのヨウヘイ君、折角なんだからそんなマロニーちゃんみたいな物をかっ込むより肉を食えばいいのに。僕は相変わらず肉9.5、野菜0.5のバランスを死守。最終日はファンさんが空港でずっと手を振ってくれててちょっと泣きそうになっちゃった(うそ。泣いた)。オンマ(母ちゃん)また来るよ〜。それにしても韓国は本当に音楽のクオリティーが高くて圧倒される。凄いよ。明日CD屋で色々物色してみよーと。


福岡行ってきた

2004.07.27[10:45]  

自分の中で夏始まったよ。最高でした、昨日の福岡でのイベント。ライブもビーチ・クリーン・キャンペーンの一環との事でライブ始まる前にお客さんが砂浜のゴミ清掃に協力してくれた。参加してくれた皆ありがとう。面子もS.O.S.の兄貴達&初顔合わせの平川地一丁目の二人。トップバッターとして勢いで短く突っ走って来た。夕日の沈むロマンティックなタイミングでしてやったり。DJ EIJIさんをはじめイベントを主催して下さった皆さん、参加させて頂きありがとうございます。打ち上げ。兄弟揃ってカルピスウォーターをちゅーちゅー飲んでる平川地の二人の横でいも焼酎の海を泳ぐ僕。その後ニック氏、ウッキー及びS.O.S.のKO-HEYさんと元祖長浜ラーメンを。う、明け方4時に替え玉が効いた。未だに胃もたれが…。


明日

2004.07.24[22:51]  

久々に人前ライブ。自分的には頻繁にスタジオで一人で鏡前ライブを展開してるんだけど。シンガー兼ギタリストの知人達の間ではカラオケボックスで練習するのが流行ってるらしい。飲み物までついて昼間は格安との事。別にそれが理由じゃないけど、ギター持ち運べるし楽しそう。ピアニカは持ち運べるけど歌えないからな。ちょっと初期レニークラビッツに憧れる今日この頃。


練習スタジオにて

2004.07.20[20:36]  

突然歌いたくなって「LET'S GET TOGETHER NOW」を
練習中。もともと6人で歌う用の歌だったから、
サビの部分では息継ぎ出来ずに呼吸困難。ひたすら
効率の良い息継ぎの練習中。


チケット&結婚式

2004.07.18[02:52]  

まず。昨日のチケット取れた人、多くは言わない。当日めっちゃ楽しみにしてて。逆に取れなかった人、沢山言うことある。ゴメンな。何せ初めての企画なんで、自分の知っている場所で、自分の地声が届きそうな大きさで、とにかく皆に近い場所でやりたかった、という理由で、50人という2桁の数字で締め切らせて貰いました。この後すぐにもっと多くの人に聞いて貰える場所で出来るように頑張るんで、しばしお待ち下さい。とにかく沢山の人がチケットをゲットする為に電話をしてくれた事が嬉しかったよ。ありがとう。

もう1つ昨日は作曲家兼アレンジャーのMaestro-Tさんの結婚式に行って来ました。
Maestro-Tさんは僕の「Sun Shower」や「Into The Storm」を一緒にアレンジをしてくれた人で、Chemistryの「You Go Your Way(♪想いは〜想いのままで〜)」の作曲者でもあります。天才。そんな人の前で一曲歌って来ちゃった。ただ他に歌ったのが平井堅さん、S.O.Sの兄貴達、Zoocoさん、以前僕のラジオに出てくれたPHONESの皆さん、というとにかく恐ろしく緊張する面子の中でのパフォーマンスだったっす。でも本当に音楽っていい。音楽という伝達手段が自分にあって良かったと思った。3次会まで行って、めっちゃ酔っぱらった。さー、明日からまた制作に勤しもう。


夜中のファミレスより

2004.07.13[12:21]  

買い替えたばかりの新携帯で日記を書きます。行きつけのファミレスは客の回転を考えてか、これでもかというくらい冷房が効いてるんだけど、ファミレス上級者の僕は常にウィンドブレーカー持参で最低3時間は居座ります。周りも見たことある面子ばかり。きっと効果ないぞ、この冷房。だから温度少し上げて。更に僕に関して言えばドリンクバー、もと取りすぎ。自分で歌うのか、曲提供しちゃうのか分かんないけど、とにかく過去の曲の直しも含め作詞作曲しまくリングな昨今。最近はとにかく色んな出来事があって、ハッピーな時も、ぶっちゃけブルーな事もあって、気持ちはアップダウンしまくりだけど夏のライブでは聴かせたい曲を仕上げようと思うと一気に前向きな気持ちになるのですよ。絶対完成させよっと。期待しててね。


あづい!!

2004.07.11[00:08]  

めざましTV、投票してくれて皆ありがとう!夏男・2004の称号を欲しいがままにしていながらも、さすがに暑い!!眠れない!!この間「夕食後一時間半以内に風呂に入ると、夜寝付きがよくなる」ってニュースで言ってた。眠れない理由の本質を無視した話だ。…暑すぎて湯ぶねなんかにつかれねーから!さらに作曲期間中なんで散歩で体は疲れてるのに脳みそだけハイテンション。クーラーは寒いから嫌い。ドライも結局寒いし喉が乾くから嫌い。タイマーセットの方法が分からない。
以前ベースの大神田君にそんな悩みを相談したところ「いい方法を知ってる」と。お、ワラをもすがる思いの僕に爽やかに彼は言い放った。「冷たい水で顔を洗っちゃうと目が覚めちゃうんで、顔を洗わなければ寝れるよ!」

……期待してたのはそんな珍回答じゃない気がするよ、大神田君。最近もはやヤケクソ気味に美輪明宏が以前TVで言ってた呼吸法を実践したら何げにいいのよ、これが。ああ、今夜は眠れるかな…。


七夕

2004.07.07[23:16]  

小さい時に長野の菅平に行った事があって、その時に初めて天の川を見たんだったと思う。周りの人間が「あ、あれが織姫!」とか言っていたけど、いくら説明して貰っても余りの星の数に見つけられずに、結局「ああ、あれか〜!」なんて言って誤魔化した気がする。その後、東京の空で七夕の日に天の川自体をみた事があるのかな?僕の記憶の中ではない気がするんだよね。何かいつも曇っている印象。クリスマスイブに雪が降った記憶がないのと似ているかもな。

今朝は何故か5時くらいに目が覚めてしまって、行きつけのファミレスでモーニング歌詞書きをして、その後10時くらいからカンカン照りの中で公園で日やけに勤しんでいた。余りの猛暑ぶりに「これは今晩は晴れる!」なんて思っていたんだけど、今さっき空を見上げてみたらやっぱりボンヤリとしたいつもの東京の空でした。

…という事はまだ七夕の日に「おー、すげー、あれが織姫と彦星」と思った事が無い!まだ人生で触れていない感動が待っているという事だ!何気に来年が楽しみになってきた。皆はどう?見えた?


一人ライブ詳細

2004.07.04[22:42]  

マネージャー・ニック氏よりメルマガにて近日中にプチ報告予定。メルマガ未登録の人は今すぐ登録を!!今大神田君(ベース)とヒデローさん(トランペット)と食事中。


2004年後半スタート

2004.07.02[23:38]  

もう2004年も後半っすね。テレビ見てたら、朝から聴いた事ない名前のドラマの話題で盛り上がってて「あ、また3ヵ月経っちゃった」みたいな感じ。ドラマの予告とか見てると楽しそうだけど、放浪癖があり毎週同じ時間にテレビの前にいる事がないんで、ドラマ自体は殆ど見ないんだけど。この間懐かしくて「チョロ」は借りてきて泣いた(「愛という名のもとに」だっけ?)。ところで先日のプロモで福岡に行った際にピアノ一本でライブやったんだけど、完成はしてないなりに「アップテンポもピアノ一本で出来る!」と思い、先日昔インディーズ時代に出させてもらってたライブハウス兼レストランに出演交渉に行ってきました。どちらにしろフルバンドは無理くらいの小さな店だな。いい具合で、某8月の、某金曜日の、某8時過ぎくらいが空いてたね。という訳で、告知済のフルバンドの八戸に対して一人ライブもやるぞ。あ、席数に限りはあるけど抽選とかじゃないっす。念願のチケット購入してもらうライブです。え、マネージャー、これ以上の詳細はまだ言っちゃダメ?


台湾の取材

2004.06.28[14:01]  

またもや台湾の番組の取材を受けて来ました。台湾のトップモデルのチーリンちゃんと日本人のトモさんと、吉祥寺の街を闊歩する、というさながら「ウチくる?」(出演:中山秀征・飯島愛)状態。10頭身くらいのチーリンの横を歩くと、同じ人間として遠近感や平衡感覚を狂わされる。ロケバスではまたもや台湾語講座。徹夜で臨んだ為ハイテンションで「美味しい」「もしもし」「こんにちは」「どういたしまして」などの初級中国語を無秩序に連呼する強引な国際交流。すげー力わざ。ロケではカエルグッズの店や和菓子屋を巡りながら自分の抱負を語って来ました。台湾でも自分の音楽が流れると思うと感慨深いな。国境とか言葉とか、いとも簡単に越えやがれ。頼むぞ、「Sunshine After Monsoon」。
抱負といえば最近マネージャーと夏のライブ打ち合せを。近々日記でも詳細発表します。しばしお待ちあれ。写真は風でぶっ壊れた「ビンテージ傘」です。


ビンテージ傘

2004.06.26[17:08]  

昨日くらいから東京は一気に梅雨に戻りました。僕の昨日さしていた古いビニール傘は奇跡的になくす事なく本日に至っているビンテージ1年物。最寄駅の駅前広場で大風が吹いて、一瞬でおちょこになり、更にバキバキと骨まで折れて目の前で木っ端微塵にぶっ壊れました。自然の驚異。駅前の人混みにおけるあまりの漫画的な展開に、記念にと写真とか撮ってみました。ああ…(泣)。どこかのタイミングで載せますね。ちなみに豪雨じゃない限り梅雨でも散歩します。紫陽花の咲いている庭先を発見したり、カタツムリの目を突いたり、雨の作る波紋を観てたり。思い切り童心に帰る瞬間。変わらぬ風景。あ、去年は人んちの庭先で四ッ葉のクローバー見つけたので頂戴した。皆も濡れない丈のボトムスでお試しあれ。


「最初から今まで」

2004.06.23[18:43]  

暑いっす。整体、予約したのに寝過ごしてキャンセル料を請求された。このままばっくれるか否か思案中。またもや音楽制作の超単調な生活。そんな中、今自分の中で流行ってるのは冬ソナの曲「最初から今まで」(唄:RYU)です。まずこのぎこちない邦題がたまらん。きっと悲哀に満ちたドラマを表現するに当たって、普通の日本語の感覚で「はじめから」とかいうタイトルじゃダメだったんだろう。ちなみに好きなのは韓国語バージョンの方です。「♪ネゲオルスオルコラゴ〜」やばい、名曲だ。堀内孝雄あたりにディナーショーで唄って貰いたい。紫のスーツ着用で。かつてピアノで坂本龍一の「ENERGY FLOW」(リゲインの曲)の頭を4小節くらい弾いたらモテモテだったように、今はこの曲のイントロをピアノで弾けたらホットだ。このドラマ自体は見た事もないし、今後もたぶん見ないけど。


「心の一曲」続編

2004.06.20[11:11]  

結局作曲や作詞には運転は向いていないようで、運転の練習は続けている物の、やっぱり毎日の散歩も欠かせないです。一歩一歩足を進めながら、その日起こった事を思い返してみる。毎日は動いていくから、毎日違うBGMが必要。そしてその日ピッタリの「心の一曲」を求めている。時に他人の曲。時に自分の作った曲。時に新しく作る曲。そんな一曲が見つけられたら僕の一日はハッピーに終わるんだよね。

今世の中には自分が小さい頃には聞いたことの無かったような類の事件が沢山起こっていて、そんな恐ろしい出来事で毎日がアップデートされていくような感覚すら覚えてる時がある。でもさ、こんな感覚に決して慣れちゃ駄目だよ。この世に色は足りてるのかな?音楽は溢れているのかな?「心の一曲」についてカキコしてくれた人もそうじゃない人も、皆何でもいいから常に「心の一曲」を持って、胸の中に流しまくれ!
大音量で!ハッピーでいられるように。


ダイジェスト日記

2004.06.17[14:29]  

おかえりなさい。ただいま。こんな長いメンテナンス、やめてほしいよね。でもこのブランクを埋めるべくダイジェスト日記書いてみた。こんな毎日でした。

14日 ラジオで知り合って以来親切にして貰っているパーソナリティーの方の家にご招待頂く。バルコニーにて番組4周年記念および誕生バーベキューパーティー。野菜0.5、肉9.5の割合でひたすら食う。高台から眺める夕景は最高の贅沢。調子にのって12時間飲む。最後はなぜか脱がされる。

15日 ラジオ収録。アルバムを本当に深く聞いて貰っている事に感激。そのままディレクター・I女史とマネージャー見習い・ウッキー(超細身)と渋谷に「DAY AFTER TOMORROW」を観に行く。同じエレベータにてプロデューサーの今井大介氏と、某レーベルの川口氏と乗り合わせる。ダイスケ氏とカワグチ氏と川口大輔が期せずして一同に介す。ハリウッド映画はメッセージが明確かつストレート。

16日 家の近くの練習スタジオにて作曲かつ歌練。最近は散歩とスタジオの合わせ技を身につけ足繁く通っている。一日に2曲出来たりする日も。好調。ジムで水泳。昼のプールはご高齢者の社交場だ。芸能ニュースと最新健康情報を一気に仕入れる。夜、音楽の姉貴分・田邉香菜子(MOTHER MUSICやってた人)とファミレスで密会。2ヵ月に一度ほど開催される定例行事。同時に運転教習を受ける。「運転も音楽と一緒よ!!」――分かるような分からないようなアドバイスに軽く戸惑う。間もなく海外に留学してしまうので、ここぞとばかりに喋り倒す。最後は、連日報道されている「生ゴミ餃子」っていう単語、怖いけど何げにキャッチーじゃね?という議題で盛り上がる。朝6時に帰宅。

…っという感じ。ある意味忙しかったかも(笑)。


「至極の一曲」

2004.06.13[21:32]  

この間おちさんの番組に出てから心はミスチル・モード。んな訳でミスチル・ライブ、初めて行ってきました。ツアー2日目。といってもチケットがプラチナ過ぎて手に入らず、昨日(ツアー初日)友人に付き合って貰って横浜アリーナ前まで行って手当たり次第見知らぬ人に話し掛け、今日の分の余りチケットを定価で譲ってもらいました。ぐふ。2日がかりのプロジェクト。ダフ屋はダメよん。ネタバレはまずいので詳しくは話さないけど、自分に取っての至極の一曲を持っているアーティストのライブは最高だよね。本当に感激した。泣きそうだったもん。皆にとっての「至極の一曲」はなんですか?さー、皆にとっての「至極の一曲」になる曲を今日も生み出すべく散歩すんぞ〜!


池袋にて

2004.06.12[00:02]  

最近知り合った台湾人の知人に会いました。先日「ニイハオ」と「僕の中国語、完璧っしょ?」という言葉だけを覚えて台湾のテレビの取材の時に臨んだのですが、前日に電話越しに発音の猛特訓をしてくれた人であります。結局覚えられなかったけど。今は日本語学校に通いながら日本語を勉強中との事で「どんな事してるの?」と聞いてみた所「顔、線ガ3本ノ大キナ汗。女ノ子。名前、3文字。アニメ」……んん?何の事だ?言葉通じないし、もはやナゾナゾだし。「ダカラ、線3本ダヨ!ワカラナイノ?」うるせーよ!そこを強調されても、何の事がサッパリ分かんねーっつーの!さんざん話を聞いた末にやっと判明。ちびまる子ちゃんを見て日本語を勉強中!なるほど!「ガラス、カー、カー」あ、ガラスじゃないよ、まる子ちゃんの後ろに飛んでるのはカラスだよ。些細な事でも通じ合える喜びを噛み締めたのでした。ちなみに「日本ノ帽子、ハマラナイ」。うんうん、いい奴だな。その気持ち、すごくよく分かるよ。最近みんな頭ちっちゃいよな。君も頭でかそうだよな。「よし、じゃあ、一緒にデカい帽子を探しに行こう!俺も買う!」…デカい帽子連盟を結成して、池袋の街に出陣したのでした。


大掃除

2004.06.10[13:16]  

只今夜中の4時。部屋の掃除、大決行中。コンビニ袋が捨てられない病です。何かの役に立つのでは、と思ったまま捨てずにいるここ2〜3ヶ月分のコンビニ袋が今まさに部屋を占拠しています。本来ゴミ袋として使う物がゴミとして君臨しているとは。コンニャク。何のために買ったのかが覚えてない。なぜ?そして、一体いつから?捨てる物にまでストーリーがあって考え出すとキリが無い。さらに掃除の為にスーツケースがベッドの上に立ててある(じゃないと掃除をするのに本当に歩く場所が無い)ので、今晩中に片づけないと眠れないっす。ああ、でも眠い。枕の横に強引にスペースを作って立てるか…。でも顔の上に倒れてきたらどうしよ…。あ、寝るなら歩く場所は必要ないのか…。限界…。お休みなさい…。ZZZ…。


街で…

2004.06.08[13:08]  

渋谷にCDを買いに行った時に、店員さんの名前が本当に珍しかったので、思わず興味本位で「名前は何て読むんですか?」なんて話しかけてみたら、逆に「『Before The Dawn』から聞いてますよ。HPの日記も読んでます」ですと!という事はきっとこの文章も!なんと立派な!あなたに幸あれ!以前プールのシャワー室で全裸の状態で体を拭いている最も無防備なタイミングで、後ろから優しく「応援してます」って声を掛けられた時くらいビックリしました。色んな所で自分の音楽を聞いて貰えているんすね。デビューアルバムを出した幸せをちょいと噛みしめてます。ちなみに本当に適当な格好で街を歩いているので、余りに酷い格好だったら優しく無視してね。果たして今日は…?うっとり鼻歌とか歌ってたらますます無視してね。


A.A.A.

2004.06.07[11:29]  

以前やっていた自分のラジオ番組は「A.A.A.」=Alpha Amor Ardente。昨日出てきたラジオは「A.A.A.」=Access All Area。同じ事務所のおちまさとさんの番組です。
といっても今まで毎年事務所の新年会(何故か毎年中華)でエビチリとか餃子がグルグル回っているテーブル越しにこっそり顔を見ながら凄い人だから怖そうと勝手に思っていたので、ちゃんと話すのは今回が初めて。ところが実際話してみたら全然「兄ちゃん!」っていう感じで気さくだし、「学校に行こう!」とかバラエティー番組とか沢山作っている人なんですんげー面白いし、視点が鋭い!余りにリラックスして余計なことを沢山喋っちゃっいました。ああああ(恥)。来年の新年会(きっと中華)の楽しみが増えました。今度何かおごって、おちさん!


今日の出来事

2004.06.05[16:15]  

部屋の中に積み上げてたCDの山に足をぶつけて、見事タワー倒壊。部屋は銀色の円盤に埋め尽くされもはや足の踏み場も有りません。片づけるのにも足の踏み場が必要だという事に気付きました。だから日記を書きます。ボブ・マーリーにクレイジーケンバンド、アッシャーにNatural High。新旧名盤のカオス。やさぐれたミュージシャンの部屋っていう感じ。悪くない。話変わって、ついに来ました、マイカー。実はまだ来てなかったんだよね。マネージャーのニック教官について貰って今さっきまで練習してきました。小さいから小回り効く也。目指せ、車庫入れと太陽の似合う男。

BBSについて。ここは僕、川口大輔について色んな感想や意見を自由に書き込んで貰う場所っす。ただBBSは掲示板だから、書き込んだ後には、その文章を皆が読んでいるという事を念頭において貰えればいいんじゃないかな。っていうか、ここに遊びに来てくれている全ての人がもっともっと気楽に参加してくれれば凄く嬉しいっす。


あいうえお

2004.06.02[02:40]  

まず。風邪ほぼ完治です。昨日は東京でラジオの生歌の後、昼寝ならぬ夕寝をして起きたら一気に改善。お騒がせしました。

札幌キャンペーン、日帰りで行ってきました。雨雲もあって涼しかったけど快適でした。まさに「Sunshine After Monsoon」な雰囲気。札幌駅でやった番組では、ガラス越しにひたすらジャンケンやろうぜ合図を出してくる男子校生がいて、うっかりその挑発に乗ったら、どうやらガラス越しでもやはり「最初はグー」らしく、僕が勝ったら露骨にガラス越しに舌打ちして視線を逸らされました。キー!このクソガキー(笑)。ま、それはおいといて、昔よさこいソーラン祭りにサンバ隊の一員として何度か札幌に来ているのもあるのかな、本当に今回も居心地が良かったっす。

今回全国キャンペーンで思った。便利なのは東京かも知れないけど、面白いのは俄然地方だな。

ちなみにこの前のインストアに来てくれた方にはMCで話したのですが、先日台湾のラジオ及びTVの取材がありました。台湾人、めちゃめちゃ南国フレーバーでファンキーです。最高。一番のファンキーはDJ KENさんのJ-POP番組の名前。

番組名「あいうえお」

…ま、負けた!あいうえお作文やらされた!すげー!それを繋ぎ合わせて歌まで作らされた!「え」なんて「エビチリ」なのに!…とにかくファンキー!

Hope I can see you soon, TAIWAN!


インストア・ライブ

2004.05.31[00:53]  

晴れた!雨だって聞いていたから心配してたのだが。川口大輔、晴れ男ナリ!故に夜になってもすげー熱いっすね。ちょっと風邪っぽいのでクーラーは厳禁。寝れないから日記書く。インストア、沢山来てくれてありがとう!女の人は普段から積極的に来てくれる人が多いのですが、昨日はいつもより男の人も多かった。何か、同性の人に聞いて貰えるのってっまた女性とは別の意味で嬉しいすね。その気持ち、プライスレス。今後も是非。そして確信した。やっぱり早くライブをやりてー!その為にはこのアルバムをもっともっともっと沢山の人に聞いて貰わねば!今日は北海道っす。「Sunshine After Monsoon」広めてきます。さー、寝るぞ。


キャンペーン5日目

2004.05.28[16:39]  

今名古屋→東京の新幹線の中です。博多では無謀にもピアノ一本でライブやったっす。思いのほか好評だったので今後も機会を見計らってやります。その後京都では祇園のレストランに行った。すんげー雅どすえ〜。翌日は滋賀と大阪。…にしても関西はいつ行ってもやっぱパワフル。パーソナリティに圧倒されまくり。また負けた。夜はスタッフと「大貧民大富豪」で盛り上がりまくった。トランプなんていつぶりだ?数年前、椎名純平君とベースの大神田君とトランペートのタブ君(SOIL HEMP)と日帰りで箱根に行って、温泉の休憩室でブラックジャックやって僕一人ボロ負けして不機嫌になって以来かも。今回は最終的に勝ったぞ。そして名古屋。ラジオ、生で歌ったよ。珍しく緊張しなかった。食事は「ひつまぶし」でした。あ〜、割と避けてたけど徐々に食べたくなってきた、あんかけスパ。

週末は東京でインストアだ。初めての編成+タダで見られるので、是非来てくれ〜。旅の疲れも取って万全の体調で望みます!


キャンペーン初日

2004.05.24[23:42]  

一年ぶりの熊本から始まったキャンペーン初日。いやぁ、何だか肌寒い東京から来たから、一気に南国。気候同様、すごく暖かく迎えて貰えて嬉しかったっす。熊本のビーチでやるというめちゃめちゃ参加してみたいライブの情報をゲットしたり、あるラジオのパーソナリティの方は僕の部屋が汚い事まで良くご存じでした。やべ。情報源はどこだ?ここか!出てくる前もおもちゃ箱を引っ繰り返したような、足の踏み場もない汚さだった。帰ったら片付けなきゃ。晩飯に一年ぶりに食べた馬刺し、最高。「たてがみ」(馬のたてがみ部分のアブラ)とろけた。明日合流するディレクター・I女史(脂身大好き)にも出べさせたかったっす。今熊本→福岡に移動中。


全国行くよ!

2004.05.24[00:23]  

今日から一週間全国回ります。デビュー時に回った時にはまだまだ言葉足らずで言えなかった事とか沢山あったんで、今回は楽しみっす。皆公開録音とかあったら遊びに来てね。ガラス越しにあやしいサインを送ります。今日はまず熊本からスタート。普段寝る時間に起きなきゃ飛行機間に合わない…(汗)。大丈夫かな、俺。


デビューアルバム発売日

2004.05.19[08:53]  

…にも関わらず生活は昼夜逆転したままっす。現在朝の6時半。今さっきファミレスで一人で祝杯ならぬ祝モーニング・コーヒー飲んで来ちゃいました。いかん!今日を機に生活を元に戻すぞ。今日は生出演のラジオに出ちゃいます。という訳で寝ます!押忍!あ、コーヒー飲んだから眠れなかったりして。


「Sunshine After Monsoon」遂に発売!

2004.05.18[06:01]  

遂に明日デビューアルバム、発売です。やっとデビュー盤だよ。28歳でデビューアルバムを出すとは思ってなかっただろうな、幼き日の川口大輔少年は。音楽は好きだった。でもそれ以上に音楽を作って人に聞かせるなんて想像もしてなかった。そして月日は流れ、本格的に音楽をやり始めたんだけど、3年くらい前でもこの日を明確には想像出来てなかったと思う。まだその時点でも自分の胸に描いた「夢」のままだったな。でも!やっと皆に聴いて貰えるよ。本当に待たせたよ。チクショー。わっしょーい。うう。感慨深いぜ。とかいいつつ、今は何気にもう次作る曲の構想を練っているんだけどね。

とにかく、みんな、応援してくれて、本当にありがとう。

初めてここに来てくれた人、きっと沢山いるよね。どうも初めまして。そして末永くよろしく。僕の目下の目標は、短くてもいいから日記をちゃんと更新して僕の日常をお伝えする、なので、皆さんも一言二言とか短くてもいいから何か感想を聞かせて貰えると嬉しいな。

あ、早速書きたいネタがあるんだけど、それは次回の日記にするよ。あ、言いたい。
でも次にとっとくっす。


ソニー・フェス!

2004.05.10[23:07]  

わっしょーい。出てきました、ソニー・フェス。3曲だけだったので、折角だからと「Into the storm」で鍵盤ガンガン弾きすぎました。リハで指にマメが出来て(!)、本番で綺麗につぶれたよ(!!)。大した事にはなってないけど(笑)。とにかく祭、祭、祭!!最高に楽しかったっす。初めて見てくれた人とかもいたのかな。よろしく。
川口です。

打ち上げの飲みの席で同じレーベルのアーティストと話しました。以前僕のラジオにも出てくれたNobody Knowsも一緒だったのですが、メンバーの皆の名前が長いので、何て呼んで良いのかが…。「ノリ・ダ・ファンキーシビレサス」は「ノリ」?「Crystal Boy」は「クリ」?「HIDDEN FISH」は?……あ゛〜(泣)。酔ってるのにかこつけて全部「おいっす!」でごまかして来た!本当は名前でちゃんとお呼びしたかったのですよ!わっしょーい。


ゴールデン・ウィーク

2004.05.07[02:01]  

あっという間に終わっちゃったね。皆、元気?ただ今夜中の1時20分、家のそばのレストランで晩飯中。携帯からっす。この後ライブもあるし、キャンペーンが始まるし、連休中に曲作ろー、と思ってみたものの全くはかどらなかったな。…なんか寒いし、雨降ってたし、けだるい感じじゃなかった?…と曲が出来なかった自分に言い訳ばかり言ってる川口です。

そんなGWの最中にしたのは、髪を短くしたのと、レンタカーで運転の練習。超運転上手な知り合いのヘアメイクさんについて貰って都内の狭い範囲をグルグル練。右折練。左折練。運転そのものは自信がついた!任せてくれ!後は…駐車だけだ!すんごい下手!駐車の仕方をマスターして今年の夏は自力で御宿(千葉の海)に行ったる!今度はベーシストの大神田君にも教えて貰おう。ああ、過去に散々彼の運転をバカにしてきたから悔しいけど。あ、SONYフェスの練習始まってるよ。ぷぷ。当日お楽しみに。


デビュー1周年!!

2004.04.24[23:56]  

昨日はホンジャマカ・恵さんとラジオ番組でご一緒しました。そして歯医者さんで一応顎を見て貰って、どうせなら、とそのままいつも行っている整体の先生の所で顎のマッサージしてもらって、その後ラジオの生放送に出て、そして、夜はオーストラリアのPV撮影でお世話になった方々と一緒にディレクターのI女史、及びスタイリストの方の誕生日会。酒に飲まれてベロンベロンに。そんな一日でした。どうも。二日酔いにならずにラッキー、川口です。

それにしてもホンジャマカ・恵さんは親切で、面白いし、つっこみが鋭くて、マジで凄いね。初めてラジオであそこまでタジタジになった(笑)。ああ、何を言ったか覚えてない。何かヤバイ事は言ってないだろうか…(汗)。放送はアルバム発売前になると思う。乞うご期待!顎はどうやら順調に回復しているらしいです。良かった。お騒がせしました。どうでも良いけど、顎にも筋肉痛があるらしいよ。そして昨日の生放送は、九州のラジオ局の番組でした。東京のスタジオから放送してるんだけど、今はそんな事がリアルタイムで出来るんだね。何か、実はすんごいアナログな人間なので、そういうシステムの仕組みとかが全く分からない。衛星?インターネット?これを突き詰めると、僕も仮に南の方に住みながら、東京のスタジオとやりとりしてレコーディングとか出来そうだな(笑)。最後に誕生日会。今日は人前に出る仕事が無いのと、気心知れている面子だというのと、それまでずっと控えていた、というダブルの理由で調子にのって飲み過ぎました。

…今までで一番日記っぽい日記になっちゃったけど、何が言いたかったかと言うと、やっぱりこの一年はすごーく意味のあるモノだったんだな、って。自分の作った音楽で、ラジオ番組に呼んで貰ったり、そこから色々な人と知り合いになったり、仲良くなって一緒にパーティーを開いたり、1周年というこの日が、「1周年の記念日」というトピックだけに留まらず、すごく充実した一日だった事が嬉しかった。

でも一番は、僕の音楽を聞いてくれる皆にこれだけ知り合えた事だな。CDを作るのも、ラジオに出るのも、PVを作るのも、全部皆が僕の音楽に触れてくれるから、だからね。メッセージ、本当にありがとう。嬉しかった。皆にとってはどんな一年だったのかな?僕も今日からはもう2年目選手かぁ。あんまり実感がわかないので、まだまだ新人ぶっ
てよーっと(笑)。


『Sun Shower』

2004.04.18[21:35]  

最近の抜歯(ばっし)は、縫わないから抜糸(ばっし)は無いんだね。

しーん

…駄洒落です。つまらん。こんな事の為に日記を書く訳じゃないのに、気付いたからには書かずにはいられない。済まん。その後、抜歯した所は非常に順調に回復してます。っていうか全く腫れなかったし、その後も特に問題無し。口も普通に開くようになった。抜いて良かった。心配お掛けしました。どうも、川口です。

皆さん、スカパー情報ありがとう。沢山の人にお勧めしてもらった「Discovery Channel」、マジで良いね。寝るくらいの時間に犯罪追跡モノ、朝起きる時にアフリカの動物モノ、観てます。あと音楽系のチャンネルも充実していて良いね。僕が今一押しのVan Huntっていう人の「Dust」っていう曲のPVも観られて最高。

そして、遂に今週、っていうか、明々後日、実質明後日発売の『Sun Shower』が発売だ!明日から本格的にラジオとかインタビューが始まってしまうので、今日の内に日記書かせて。それにしても「HIGH CRIME」以来、約半年?長らくお待たせしました。今回の作品は、カップリングも含めて一番ストレートな作品かも。そして、今までの中で、一番タイトル曲とカップリングの雰囲気が極端に違う曲かも。そして、両方とも、もの凄い春の曲かも。そりゃ一番最近の作品だから一番の自信作。この曲で、今年の春〜初夏は頂いた!ガシガシ感想を聞かせてね(ワクワクっす)。

日本人の人質の皆さん、解放されたね。一安心。僕が良く見ている「海外安全ホームページ」ではイラクの地図は真っ赤になってる。「退避勧告」。僕がこのシングルで空の向こうにある夢やドキドキを歌っているこの瞬間にも、地球上にはそれだけ危険な場所がある、っていうのは恐ろしいし、悲しいよね。でも前も書いたけど、まずは今我々が自分の出来る範囲でハッピーな気持ちでいる事と、自分と自分の周りの価値観の違いをちゃんと理解出来る度量の深さを持っておく事から始められれば良いと思う。マジで。僕は音楽でそれをやって行くよ。


OSZ 続編

2004.04.13[21:33]  

今抜いてきたぜ、憎きOSZ(オヤシラズ)。っていうか、歯科の技術は日々進歩しているんだね。すごい。余りに束の間で拍子抜けです。半ベソをかく暇も無かったよ。遥か昔に別のOSZを抜いた時の「メキ、メキメキメキ…(歯を根っこから引き抜く音)」が強烈すぎてすっかり歯医者さんから遠退いてました。歯科医の友人に感謝。あとは麻酔が切れてからがどうなるかだね…。怖っ!

そうそう、先日N.Y.に行った際に夜はホテルでずっとMTVを観てたんだけど、やっぱり家でも音楽のビデオクリップが観られるのは良い!と思い、帰国後早速スカパーを申し込みました。んで今朝やっと工事も終わり、お試し期間で色々観られるので「ブラジルチャンネル」に回してみたら、自分みたいな顔の人が沢山いて、言葉は分からないものの、なんか勝手に懐かしい気持ちになり、そのままうっかり居眠りして、爽やかに歯医者に遅刻した。………やっぱり良い国だ、ブラジル。他にもスカパーでお薦め番組があったら是非教えてね。さ、今日は家で安静に、という事なので、戻ってテレビ観よっと。


OSZ

2004.04.12[22:15]  

レコーディングもライブも終わって、しかしシングル発売まではもう若干時間が。今日はいわゆるオフです。ただ、旅に出るほどはまとまった時間のあるオフでも無い。ああ、ベリー中途半端!時間の過ごし方が分からないので、とりあえずドトールでベーグルサンドBを食べた後、昼の散歩中。普段は夜しか散歩しない僕からすると、春の散歩は気味悪いほど「気持ち良い」条件が揃ってるな。逆に居心地悪いです。どうも。隠居したおじいちゃんみたいな心境の川口です。

タイトルのOSZ、OYASHIRAZU=オヤシラズの略です。漢字で書くと「親不知」で、なんか格好悪いので、ローマ字にしてみました。そう、右上のOSZが痛いです。すごく。さらにそのOSZが成長して顎を圧迫しているらしく、口を上手に開けにくい状態に。そんなタイミングで、先日日記にも書いたプチ同窓会で小学校の友達が歯医者さんになった事を知り、勇気を出して明日彼に抜歯を頼んでみた!ああ、世界で一番くらいに苦手な歯の治療。奴の前で半ベソかかないように、どうか祈ってて下さい!恐怖!


New York & LIVE

2004.04.08[11:17]  

まず海外報告。その前に帰国報告が遅れた。ごめん。ただいま。

N.Y.に行って来ました。片道12時間以上飛行機に乗るわりには3泊だけだったけど最高でした。まず、今回の渡米の目的はアルバムのマスタリング(先日の日記参照)だったんだけど、すごく滑らかな音に仕上がったんだよね。既にシングルを持っている人も、アルバムに入っているシングル曲達の新しい表情を楽しんで貰えると思うよ。
ああ、遂にアルバム完成!そんな素敵なマスタリングをしてくれたのは、ノラ・ジョーンズ(!)や宇多田ヒカルのベスト盤(!)も手がけるTed Jensen(テッド・ジャンセン)という人。今度彼と一緒に撮った写真をPHOTOコーナーにのせるね。

初めてSOHOという街にも行ってみた。なんかセサミーストリートとかに出てきそうなレンガ建ての4〜5階くらいの古い建物の一階部分がスンゲー都会的に改装されてて、そこに世界中からの店が並んでいてオシャレな街並だったよ。世界中の一流を目指している人達が一堂に介するN.Y.ってやっぱり凄いよな。今、「アメリカ」にまつわるネガティブな側面も取り立たされているけど、「夢がある」とか「夢を実現出来る」っていう部分ではやっぱりアメリカはキラキラしていて、僕は好きだな。

そしてそんなN.Y.からトンボ帰りするJALの機内の、それも大きな前方スクリーンでJALのオーストラリア・キャンペーンのPV(もちろん「SUN SHOWER」と一緒に僕も出てる)が流れた!マジで国際線の中で流れてるぞ!ひゃっほう!余りに嬉しくて携帯のデジカメでその勇姿(?)を撮影しようとしたら、大至急フライト・アテンダントのお姉さんに「機内での携帯電話はご遠慮下さい」と止められた。当然です。済みません。ついつい映っている自分にハシャギ過ぎました(泣)。

そして、そんな完成したてのアルバムのお披露目ライブ。招待のライブだったので、残念ながら来たい人に来てもらう訳には行かなかったんだけど、ま、相変わらず緊張しながらも、自分的には大好きな感じのライブでした。来てくれた方、ありがとう。
本番ではピアノを叩きすぎて、軽く打撲もしつつ(今朝起きたら、指に擦り傷が凄かった)、まずは「歌った!」っていう感じ。今後、この曲達も、どんどん演奏回数を重ねて、もっともっと成長して、皆の街に行くからね。


どうやら

2004.03.30[13:52]  

メルマガにてスタッフ・ニック氏がお届けするオーストラリア・ネタ満載の不定期 but 集中連載が始まっている模様。まだメルマガ未登録の方は至急登録を!僕は今日からマスタリングでまた海外逃亡です。


あー、春やねぇ

2004.03.26[15:29]  

あー、春やねぇ。って、東京はめっちゃ寒いです。まだ暖房付けて、加湿器つけて、毛布に掛け布団。コートに長袖、長ズボン。ホット・コーヒーにホット・ティー。ホット・ウーロンにホット・緑茶。ホット・ホット・ホット。そして、何故か、桜。嗚呼、なんて違和感。どうも、南国育ちの川口です。

あー、春やねぇ。まず、別れ。ラジオ。昨日が「Alpha Amor Ardente(略してA.A.A.)」最終回でした。いやー、あっと言う間の3ヶ月だったけど、もの凄い濃い内容だったな。自分の大好きな曲で彩る一時間なんて夢のような体験も出来たし、更にはこの番組を通して友達になれたミュージシャンの人も沢山いた。そして、初めてこれだけ色んな事を皆と直に共有出来た。聞いてくれた人、メッセージをくれた人、影ながら応援してくれた人、皆センキュー。番組が始まる時に話した事だけど、マジで最終的に目指すは全国区の番組!遠くない未来に実現しますように。

あー、春やねぇ。そんなしばしの別れがあれば、新たな出会いもあるよね。うぷぷぷ。遂に発表、「Sun Shower」の全貌。そして行って来ちゃった、JALの記者会見。誰かがBBSに書いてたけど、別に鼻の下をのばしていた訳じゃないよ(笑)。ただカメラマンの人に「は〜い、じゃあ川口さん、今度は(イメージキャラクターの)松見さんの後ろに手を回して下さい」と言われて、照れない人は居ないっしょ(笑)。実際は触れる事もなく、松見さんの後ろで宙に手が浮いた状態なんだけど。そう、この曲はJAL Slow Stay オーストラリア キャンペーンのイメージソングに選んでもらいました。YES!!!という訳で行って来たのはオーストラリアです。まじで驚いた。ぶっちゃけ何だかオーストラリアに対するイメージって、子供をお腹に入れてピョンピョン跳ぶ動物と、見た目と裏腹に割と獰猛な動物のいる国、だったんだけど(済みません、カンガルーとコアラの事です)、当然もっともっと凄かった。う、沢山書きたい。でもいつもの如く長文になりそうなので、オーストラリア話は数回に分けて書くよ。

さー、これから4/6のライブのアレンジをしなきゃ。レコーディングが終わって束の間のオフは思った以上に短かったな(笑)。かと言ってそんなにやる事もないんだけど。そんなオフは学生時代ずっと一緒に音楽をやっていた友人(saigenjiじゃないです)と久々にあったよ。僕がポップスをやるきっかけになった人なんだけど、ウチに来て貰って、出来たてホヤホヤの僕のアルバムを聴いて貰って、その友達と一緒に作っていた曲のMDを全部聞き直して、僕のプロモーションビデオを全部見て貰ったりして、語り合いながら過去と未来を行ったり来たりした。いやー、また一歩春が近づいてきた感じ。この後も全力で頑張りやす!


レコーディング終了

2004.03.17[16:39]  

うわ、外はもの凄い突風。家がミシミシ揺れる。もう窓の外はうっすら春色だ。朝飯食いに行こうかな(只今15:20…寝過ぎた)。い〜や、先に日記だ。どうも、川口です。

レコーディング、遂に終了!!長かった年末からの数ヶ月。でも全ての作品にトコトン関わったから、レコーディングから解放されるのは嬉しいんだけど、曲達が旅立っていってしまうのはちょとと寂しかったりするかも。前にも書いたかも知れないけど、レコーディングには、「ミックス(もしくはTD)」という歌や楽器を一番聞きやすい形で編集する作業と、更に最後にアルバムなりシングルなりにする時にその用途に合わせて全体の音色を調節して、色んな時期に作った作品を一つの"作品"として聞きやすくする「マスタリング」という行程があるんだけど、現時点では仮マスタリングまで終了。

それを一枚のCDに焼いて貰って、確認の為に昨日から何度も聞いているんだけど、まずデビューシングルと、最新シングルで歌声が違う(笑)。既にこの一年間の年輪を感じる。そして、この一年間の集大成が、たった何センチかの銀色のディスクに収まっている事自体が不思議っちゃあ不思議。365日あれば、365日なりの毎日があった訳なんだけど、そんな中で生まれた物が一時間ちょっとの作品に凝縮されている訳で、それはまるで猛烈に濃いアルコールとかコーヒーみたいな感じなのかな。

シングルのリリースは4/21、そしてアルバムは5月予定。シングルにはアルバムには入らない、これまた3月に入ってから書き下ろした(っていうか、この間の日記の時に歌詞を書いていて、結局気分転換が功を奏してあの晩に完成して、翌日にはもうレコーディングしたという恐ろしい強行軍だったにも関わらず、大自信作と言える)カップリング曲が入っているので、両方お楽しみに!

さー、飯を食いに行こう(只今15:40)!


レコーディング最終段階

2004.03.07[20:31]  

レコーディング、残すところあと2曲!今日→明日で作りかけの曲をもう仕上げなくては。1〜2年前だと、こういう時間的なプレッシャーに弱くて期限なんて決められちゃったら曲なんて作れたモンじゃなかったけど、こういう状況も慣れてくる物らしい。焦ると出来ないなら、焦らなければ良い。なんちて。いや、この日記を書いている時点できっと現実逃避。内心スンゲー焦ってます。ども。やっとアルバムの完成が見えてきた川口です。

音楽の話もしたいが、やっぱり現実逃避モードなので、音楽じゃない話を。この前、αステーションの僕のラジオ番組でも話したかも知れないんだけど、最近「世界遺産」のDVDを買ってね、かつて僕が住んでいたフィリピンの南の方にトゥバタハ岩礁(早口言葉みたいな名前だね)っていう所があるんだって。空港のある島から船で12時間くらいかかるらしいんだけど、宿泊施設もなくて(何処で寝るんだ?)、更にモンスーンが余りに凄くて人間を全く寄せ付けてこなかった、とかいう世界最大級の珊瑚礁群があるんだって。まだ人間がそこまで立ち入っていない場所が地球上にあるんだね。それが本当にキレイなんだよね。こればかりは見た人しか分からないと思うので、財布にちょっと余裕のある方は買ってみてね。ちなみに僕が良く好きで見ている、外務省の「海外安全ホームページ」というマニアックなサイトによると、そこらへんの地域は「イスラム過激派と共産ゲリラのテロの危険があるので渡航の延期をおすすめします」と書いてあるけど。ひー。そして他国では見られない、海の上までもが危険地域に指定してあるんだけど。ひー。行けねーじゃんよ。やっぱDVDで見るしかないっす。ちなみに別ルートの情報によるとフィリピンの南の方って未だに海賊がいたりするらしいんだよね。ある意味見てみたいけど。スンゲー。そりゃ人を寄せ付けないよな。海賊って何世紀だよ。とにかく恐るべし、我が故郷・フィリピン。

話を東京に戻すとレコーディングは順調です。すごく長い時間を皆と共有する(してもらっている)ので、家族的な絆も生まれて来てます。歌を1フレーズ入れるのでも、「こう歌った方が良い」みたいな意見をぶっちゃけて話し合えるようになってきたとか、もしくはここがお互いの音楽のツボみたいな部分が言葉にしなくてもお互い分かってきて、楽しいよ。そんな中、我々の中では他の人が作業している間にインターネットのゲームで「Zoo Keeper」というのが流行っています。Yahooとかで検索すればすぐ分かると思います。単純なパズルゲームなんだけど、割と難しい。20000点代とれたら割と凄いかも。あと、時間潰しに本を読むんだけど、難しいのは寝ちゃうから、文体が新しい本しか読まないんだけど、最近読んだ中では、女性お笑いコンビの青春物、山本幸久「笑う招き猫」がオススメ。元気になるし、ジンと来た。何気に泣ける。CDは松尾さんに勧めて貰ったJamie Cullumという人の「Twentysomething」をここ2〜3日ヘビーローテーション。ポップスとジャズの中間みたいなアルバムなんだけど、"But for now"という曲がこれ実に最高。あと小学校の時のクラスメイトで、元シンバルズの土岐麻子ちゃんがソロでスタンダードのカバーのCDを出したんだけど、その名もずばり「Standards」。これも良かったなー。解釈も選曲も好き。いけてるよー、土岐〜。好きなので友達贔屓込みで宣伝。

ちなみにマネージャーのニック氏のメルマガ(皆さんの元には届いてる?どうやら一度登録し直さなきゃいけないみたいで、僕の所には届いていなかったので、大至急自分で登録し直したよ…汗)にも書いてあった通り、PVの撮影に行っていたのは東南アジアではありません。僕が日焼けをして、東南アジア"風"なだけっす。紛らわしくてゴメンね。でも場所はまだ内緒っす。もうちょっとしたらPV日記書くね。

あー、現実逃避しすぎた。さー、作詞タイムだ!


ただいま

2004.02.22[18:36]  

成田に到着っす。今回は久々に長期間ロケだったけど、すんげー楽しかったし、すんげー灼けた。東南アジア系まっしぐらです。取り急ぎ帰国の報告でした。


センキュー

2004.02.15[00:50]  

この間の日記、皆も似た様な思い出があったみたいで、書き込みなり直メールなり色々貰えて、皆の思いも聴けて嬉しかったっす。ちなみにデビューから一年は経っていないけど、"プレ"デビューの「Before The Dawn」からは一年経ったね。っていうか、まだ一年?というのが実感なんだけど、余りに凝縮されていたから、一年っていう感じがしないや。更にバレンタインに合わせて色々書き込みとかプレゼントとか、マジでセンキュー!さすがに今年は人生史上最モテモテです。ウッウッウッ(嬉し泣き)。
ちなみに明日からシングルのPVを撮りにまた海の向こうに行って来るよ。場所はまだ内緒っす。詳細は帰国後に!


同窓会行って来た!

2004.02.08[01:26]  

あー、なんで部屋って汚れるんだろう。また部屋がゴミ置きの様になっており、余りの事態に大掃除しました。以前余りに掃除をしなかったら部屋にハエが大量発生したんだけど、今回は新しい生命体が生まれていなくてホッとしました。飲み残したお茶の空き缶にだって命は宿るぞ。僕と同じく部屋の汚い奴、気を付けろ。どうも、川口です。

先日の栃木ライブの興奮冷めやらぬ中、今度は4月のシングルの制作中。昨晩はプロデューサーの松尾さんと歌詞の最終確認を無事に終え、その後夜遅くに都内某所にて開かれた小学校時代のミニミニ同窓会に行って来たよ。その内の一人は昔から凄く仲良かった奴で、その後も何度か会っているんだけど、残りの2人は小学校以来。いやー、それにしても感動した。なんか、僕は小学校の6年生の時にアメリカに転校しちゃったから、心の中には小学校の時から数えて16年分の空白と、太平洋一往復分以上の隔たりを感じていたんだけど、「ういっす」って挨拶した途端に全てが一瞬で埋まったんだよね。皆、それぞれの人生をめちゃめちゃ頑張ってて、それが格好良かった。夜も遅かったから皆でタクシーで帰ったんだけど、皆どんなに遅く歩いても2時間くらい、タクシーなら2〜30分くらいの範疇に住んでてさ。こんな近くにいたのに、勝手に自分で設けてた「隔たり」って何だったんだろう、って思っちゃった。心の距離は人間が勝手に作り出しちゃう物で、きっとそんな物はどこにも無いんだって改めて思った。

さて、いつの間に質問コーナーと化しているBBS、ざっくりお答えします。

■『10/4のテーマ』について
何年か前にやった10月4日のライブ用に作ったインスト曲です。その日1回用だったのですが、作った僕自身が気に入ってしまって今日までやっています。こういうピアノの曲が好きならTania Mariaというブラジル人の「Wild!」というライブ・アルバムを聴いてみてね。She is my idol.確か再発盤が出たはず。

■血液型
部屋を一向に片づけない僕はB型です。ちゅうか家族全員B型です。でもここ数年、なんだか自分でも部分的にA型っぽいような気も。

■身長/体重
こんなアイドルにするような質問はどうなんだ。本当に知りたいっすか(笑)?でも教えちゃう。171cmで58kgです。

■タバコ
作曲する時にはたまに気分転換で吸うけど、歌う時は吸いません。銘柄もバラバラです。

■『I've Been Searchin' 〜君をさがしてた〜』について
この曲自体は一度セルフカバーして「Before the Dawn」に入っているし、CDにするのってなんだかんだで2〜4ヶ月くらい掛かっちゃうから、バレンタインとかがある今この時期にすぐ聴いてほしくてラジオにした。だから皆さん、リクエスト、がんがんよろしくね!!!!!!


スタッフよりお知らせ

2004.02.05[12:00]  

infomationにアップされたスペシャルソング「I've been searchin'〜君をさがしてた」ですが、ドリーミーなコーラス(川口大輔10人くらい、鈴木桃子さん10人くらい)満載のメロウな仕上がりになっています。
さっそく本日5日(木)24:00〜の京都Alpha-Station 『MAGICAL STREAM 川口大輔 ALPHA AMOR ALDENTE』番組内にてO.Aされますので、聞ける方は要チェック!
また、お聴きになったご感想等どしどしお待ちしています!

/スタッフ


スタッフです

2004.01.28[23:09]  

スタッフです。
『餃子像』について補足します。
最近いよいよレコーディングも追い込みに入ってきた感のある川口ですが、そんな中、イベントライブで宇都宮に行って来ました。
今回は川口とサポートギタリストのみのフルアコースティックな編成ながら、かなり熱い内容のライブになりました。
そんな中、ライブ後のインタビューで「宇都宮駅前に『餃子像』というものがある!」と聞いた川口、その場で「今日写真撮ってホームページにアップします!」と会場の皆さんの前で約束したのが、下の写真です。

が、実は…

ライブ会場を出たのが帰りの新幹線に間に合うかどうかというギリギリの時間で、「餃子像!餃子像!」と叫びながらタクシーに飛び乗り、ドライバーさんの素晴らしい運転のおかげでどうにか撮ることの出来た一枚でした。

/スタッフ


『餃子像』

2004.01.27[22:49]  

昨日の栃木のライブ、本当に沢山来てくれてありがとう。遠くからもありがとう。取り急ぎ会場の皆さんと約束した『餃子像』アップするね。


栃木ライブ!

2004.01.23[14:54]  

日記、更新しなくてごめんね。ぶっちゃけ今年に入ってから、ずっと家→スタジオ→飯→散歩→家→パソコン作業→寝る、みたいな地味〜に作曲とスタジオ作業の繰り返しで取り立ててお伝え出来るようなエピソードが無いから、じゃあイベントがある時に…、と思っていたのですが、いやいや、別に特別なイベントの時にだけ書くモンじゃない、という気がしてきた。どうも。髪を切ったらよほどパーマの印象で見られていたのか、それまで時々街で声を掛けて頂いていたのが全く声を掛けられなくなってちょっと寂しい川口です。

といいつつ、思いっきりイベントが。栃木ライブ!来たよ、今年初めてのライブ。やっとこもりっきりの作業から解放される!今回はインストアじゃないので、つまりは自由に、という事で、昨日は過去の音源をひっぱり出してきて、どの曲をやろうかを考えてた所っす。今日この後リハーサルなんだけどどう仕上がるかな。ライブに来れる方、楽しみにしててね。

あ、ギタリストのゴーキがPCを買ったらしい。以前まではPCを持っていないと思って、好き勝手ここにゴーキの事を書いていたが、そろそろこのDiaryの存在を気付かれる恐れ有り。先日のインストアの時点ではまだ彼は何も気付いておらず、「なんか黄色い声援が凄かったじゃん」とそれとなく突っ込んでみた所、明らかにそれまでの彼とはキャラの違う浮ついた笑顔。ああ、喜んでる、喜んでる。間違いない。効果絶大。今回は「直樹サ〜ン♪(ゴーキの本名?で如何でしょう。そろそろ手を振ったりしそう。ププ(←鬼?)。引き続き黄色い声援よろしくお願い致します。

そして今年は春先にはアルバムも出すし、ちゃんとチケットを買って見て貰うライブもやるよ。何度も言っちゃってるけど、マジでもうちょっとだけ待って下さい。そしてその時は絶対皆来てくれ!

こんな時なので、以前どなたかに質問されてた事、お答えします。どんな香水を使っているか、っていう内容だったと思うのですが、今は3種類をグルグル使っています。まずはディオールの「Higher」。去年ハワイに行った時に買ったのだが、これは今の所最も愛用中。今まで存在しなかった香りだな〜。入れ物もサイバーで格好良い。ランコムの「Miracle」。ファンの方に頂きました。すんげー大人な香りなので、フォーマルの席には決まってこれ。そしてブルガリの「Bvlgari pour Homme」。これは「Higher」を買う前までずっと2年くらい使ってました。時々思い出した様に使います。気分によって使い回す派です。

昨日の夜、マネージャーと一緒に夜中もやっているCD屋に行って、突然聞きたくなって安全地帯のベストを買いました。やばい、今日はひたすらヘビーローテーション。玉置浩二さんの歌い方ってもの凄いR&Bだよね。「月に濡れたふたり」は超名曲です。機会があったら是非聞いてみてね。

っていうか、割と書くことあったね。次こそはさっさか更新します!


A.H.N.Y!!!!!!

2004.01.10[15:30]  

明けたよね。随分前に明けたよね。沢山皆に書き込みも頂いたよね。メールも貰ったよね。年賀状も貰ったよね。なのに、今頃だよね。今更「明けましておめでとう!」と言いにくいので、ちょっと逃げ腰に英語で、A HAPPY NEW YEAR!今年もよろしくお願いします!川口です。

始まったよ、ラジオ。BBSもさることながら、早速知り合いからも「トークが堅い!」とかいうメールが…。だってさ〜、まだイマイチ距離感が掴めてないし、でも言いたい事は沢山あるから、まずは「ちゃんと」やってしまったよ。ま、徐々にほぐれてくる予定なので…。ちなみに質問でもこんな企画がでもなんでもいいので[email protected]まで送ってね。ただ、毎回必ず生という訳ではないので、すぐに反映出ないかも知れないけど。ちなみにトークとは関係無い番組自体の基本姿勢は「普段余り皆の耳に届く機会はないけど、素敵な音楽達を届ける」なんで、掛けてる曲に関してはスンゲー絶品だよ。知っといて損は無いから是非チェックしてみて。嫌いな曲は絶対掛けないから。

行って来たよ、温泉。インディーズの頃からずっとやって貰ってたバンド仲間(2人・♂)と。2003年という年は、お互いが自分達のフィールドを築いた年で、だから久しぶりに下らない事も含めて色々話したけど、スゲー皆が成長してて刺激的だったな。人間って常に120%のエネルギーに満ちあふれている訳じゃなくて、どうしても波があると思うんだよね。でも、本当に仲の良い友達同士って、もしかしたら相手の足りない波を無意識で察知して、相手が気付く前に自然に埋め合っている間柄なのかも、とも思った。僕とかは比較的作業の関係上、一人になりがちな職業だし、時にふさぎ込んで人に会いたくねー、って思ってしまう事もあるんだけど、改めて人と人との繋がり、ってのを痛感しちゃった。

あと、そこで車の運転の練習もした。山道バッチリ。あとは信号無視をする癖と、車線変更の際にウィンカーを出さない癖を直せば完璧!危険!

という訳で、今年はより皆の近くに行けるように頑張ります。2004年も皆にとって良い年になりますように。よろしくね。

元旦×→1月10日 川口大輔


何気に大晦日

2003.12.31[17:08]  

げ、年が終わる。まだ部屋の掃除が終わらないのに。レコーディングで使った楽譜(のコピー)。捨てるには名残惜しいけど、ファイルするのは面倒だし。CDが包装されているビニール。あれは可燃?不燃?送られてくるダイレクト・メール。物騒な昨今、個人情報の流出を避ける為に住所部分はちゃんとハサミを入れた方がいいのか?
友達はそうしてるって言ってた。ああああああ、片づかない。面倒だから全部まとめて捨ててぇ〜!どうも、川口です。

今年は…なんっちゅうか、皆に出会えてスンゲー良かった。そして川口大輔を"知ってくれて"どうもありがとう。引き続き来年もよろしくね。来年はファースト・アルバムとライブだね。今年はいわゆるチケットを売り出して見に来て貰うライブが殆ど出来なかったから。その為にも僕は年末〜年始も度返しで制作している感じだけど、多分この後曙VSボブ・サップは見る。あと明日は欽ちゃんの仮装大賞も多分見ちゃう。
昔からどうしても見ちゃうんだよね。あ、あと新年に友人と一泊温泉に行くくらいかな。さ、さぁ、あとは新年の東京は静かで、さ、作曲向きだぞー、ぞー、ぞー…(こだま)。ウウゥ(泣)。

そして明日はいよいよラジオ開始!京都のαステーション、聴ける方は聴いてね。では良いお年を!ちなみにお節ではカズノコが嫌いです。


Merry Xmas!

2003.12.24[12:51]  

知ってた?XmasのXの後に[']を入れるのは邪道らしいよ。ご無沙汰して申し訳ないっす。ども、川口です。

なんかいつも真夜中に日記を書いている気がする。そんな今は朝の5時です。

最近はまっている物。「はねるのトびら」。お笑いのDVDです。Vol.1と2がありますが、1がより面白い。ロバートの秋山のやっているマルチ商法のコントが最高です。

最近やった事。髪を切りました。脱アフロです。ブラジルを意識して、茶髪でクルクルにしていたのですが(天パじゃないよ)、髪が伸びるとベートーベンみたいになる事が多く、ならばとやや黒髪に戻し、クルクルの相当部分を切り落としました。イタリア人に変身するつもりが、チョットダケ、イヤ、マスマス東南アジア風ニナッタヨ。

そして最近のビッグニュース。

ラジオ始めます!と言っても、残念ながら皆さんに聴いて貰える訳ではないのですが…。京都にα(アルファ)ステーションというラジオ局があり、そこで何と!新年一月一日から!番組をやります。川口、喋りまくります。まずは僕の愛する音楽の紹介から。そして、徐々に企画満載にしていけたらと思っているので、関西地区の方、電波受信出来る方、どうか聴いて、そしてガシガシ参加してください!新曲も出来次第OAするし。ジングルとかも多分作っちゃうし。そして、すんげー番組にして、最終的に狙うは全国区!

詳しくはメルマガやInfoでお伝え出来ると思うので、もう少々お待ちを!


皆さんへ

2003.12.05[02:16]  

先程スタジオで28歳になる瞬間を迎え、ただ今作曲中で渋谷近辺を鼻歌歌いながらフラフラしてるっす。寒いっす。ども。音楽に囲まれ幸せな誕生日の川口です。

早速メッセージを、その気持ちをありがとう!

これからの一年で「川口大輔のファンで良かった」から「川口大輔のファンで本当に良かった」、「ファンで本当に良かった」の人は「死ぬほど良かった」って言わせるぜ!

生まれて初めてこんなに多くの人の気持ちに触れた一年でした。この感謝の気持ちを、いつも「ありがとう」という言葉でしか表現出来ないとは、言葉は不便だね。でももう一度改めて言わせて。

ありがとう!

今晩は名曲が生まれる予感が!


西日本行脚

2003.11.18[00:42]  

東京→滋賀→大阪→浜松→名古屋→大阪→北九州→福岡→北九州→東京、という非常に不思議な順番で「HIGH CRIME」のキャンペーン第一弾を回ってきました。まだ続くけど、取りあえず家に一度戻ってきました。どうも、川口大輔です。

大阪と北九州、福岡では念願のインストア・ライブをやっちゃいました。インストア・ライブってちょっと登竜門っぽくて自分的にはすんごくやりたかったんだよね。わざわざ見に来てくれた方、足を止めて下さった方、CD買ってくれた人、本当にありがとうございます。来週は名古屋、その次は札幌、そしてその次は東京です。近くにいる人は絶対遊びに来てね。店によっては特典とかあるみたいだから詳しくはInfoを見てね。

ちなみに今回一緒に回ってくれたのはギターの“ゴーキ”。本名は向後直樹(コウゴナオキ)。以前度々この日記に登場しているベースの大神田君が彼の名前をどうしても覚えられず、終いには本気で「コウゴ・ナオキ」が名字と下の名前の語尾を繋げて「ゴーキ」と呼び出した事に由来します。意味不明なのに嫌にはまりが良く、以後誰も彼を本名を呼ばなくなりました。緊張なぞ無縁な、ふてぶてしい若者かと思っていたら、実は内心すんごい緊張している、という事実が先日判明しました。名古屋と東京は一緒にやるので、是非「ゴーキィ」と熱〜い声援を送ってあげて下さい。意外に他では見せない、だらしな〜い表情とかするかも。


HIGH CRIME、遂に発売!

2003.11.06[00:43]  

っていうか「共犯者」、真剣に怖ぇ〜。僕なりに、きっとこうなるだろう、と最終回を想像をしながら見ていたんだけど、今日ので全くストーリーが読めなくなった。

どうも、毎回欠かさずドラマをリアルタイムで見ている川口です。以前音楽を担当した別のドラマの時に書いた日記に、ドラマを見ている最中にベースの大神田君が遊びに来て、自分の曲に集中出来なかった、というような事を書いたら、その後、大神田君がすっかり遊びに来なくなりました。傷つけてしまったのでしょうか。スマン。ちなみにドラマの後でCMも流れたね。見た?

そして、「HIGH CRIME」遂に発売です!この曲は確かにドラマにインスパイアされて作った曲ではあるんだけど、作った時点から時間が経過して、今自分の中ではドラマとは全く違う風景が浮かんでいるかも。メロディーの感じも、ストーリーの感じも、今まで作った事ない感じだから、歌う度に発見だらけなんだよね。来週からインストアで全国を回るので、そんな勇姿を是非見に来てくれぃ。

カップリングの「星の呼吸」は、僕にとっての冬の歌であり、僕にとってのクリスマス・ソング。今日は東京は残念ながら雨が降っているけど、冬の空の澄み切った夜に聴いてほしい一曲っす。晴れてる夜に空を見上げてると、自分が見ているのと同じ星を地球上の何人が見ているんだろう、って思ったりする事ないっすか?そうそう、この場を借りて、海外からメッセージをくれた皆様へ。I would love to say thanks to the people who've sent me the message from many other country outside Japan. さすがにここは読まないか。謝々。テゥルマカシー。アニョハセヨ。とにかく皆に届いてほしいよ。

皆の所も雨降ってたりするのかな。東京はまだ止みそうにありません。早く晴れてほしいな。


ドラマ開始

2003.10.22[15:09]  

正解は×です。
いや、以前書いた日記が「共犯者」の脚本に準えて作成された物、という質問について。逆に指摘されてビックリ。

そして、もう一つ×が。
車、まだ買ってません。これから買いたいのだが。どうしても欲しいのが、SAABのカブリオレの黄色い奴。小さい車も良いかな、と思ったのだが、以前原宿で外人のオッサンが載っているのを見て、一目惚れした。欲しいが僕は相当なペーパーです。もう少し練習してから買います。

長らくご無沙汰してました。元気っすか?
勿論観たよ、『共犯者』。タクシーで21:30に新宿を出て、ダッシュでソファーの上で正座っぽい体勢になって観たよ。いや〜、すげードラマ。内容の怖さに加えて、三上さんの高笑い、浅野温子さんの眼の演技、本格的に怖かったっす。さすがだなぁ。先日初めてパーティーでお会いして、お二人のオーラに驚かされました。更に「乙葉(※注)はもう死んじゃったのか?」とか「おいおい、さとう珠緒(※注)ももしかして次週死ぬのか、若手女優が次々と死んでね?それが怖ぇよ」とかいうのも重なって、本当にこのドラマ、目が離せません。(※注:心の中のセリフなので敬称略。悪しからず)

さて、オープニングの「HIGH CRIME」聞いて貰えましたか?Memory Laneはどっちかと言うと太陽っぽいブラジル系の爽やかラテンだったと思うのですが、今回はどちらかと言うと爽やかじゃない方のラテンかも。歌詞の内容が"夜"だからかも。いや、こんなのは文章で説明する事じゃないっすね。まだの方は水曜10時、必ず日テレをチェックして下さい。他のチャンネルに浮気しちゃイヤだよ。もうPVも観てくれた人、あなたは今月の運勢バッチリです。感想をガシガシ聞かせてね。

ちなみに最近気になっている物
■ジョージアのCMのラップ(♪上司にガツンと言うたった〜、とか言う奴)

以上、作曲週間にしては(外を寒いなか彷徨うのに)珍しく風邪をひいていない川口でした。あ、あと渋谷のライブ、フリーだから皆来てね。Infoに詳細載っている筈っす。


北海道のみんな

2003.09.27[22:11]  

全くテレビを見られないレコーディング三昧な日々が続き、それはスタッフも同じく。故に地震の話、先日初めてこのBBSで知りました。北海道の皆さん大丈夫すか?余震も続いているようで、非常に心配です。

「NOT ALONE」、たくさんの方に聴いて貰えているようでマジで嬉しいっす。びしばし感想を聴かせてね。ちなみに僕は昨晩でレコーディングは無事一段落。詳細は後日ゆるりと。


遂に!!!

2003.09.09[23:30]  

長かった様で、あっという間にセカンド・シングルがリリースです。

ドラマの音楽監督(?)に任命され、初のインストルメンタル(楽器のみ、歌無しの曲)仕事をやって、そこに歌詞をつけて曲にしよう、という順で生まれたこの「Not
Alone」、こんな形でシングルになろうとは正直思っていなかったな〜。こんな形で成長したのには凄くビックリしています。これも一重に本当に皆の反響のおかげです。
ドラマのBBSを読んで下さっていた方こそがご存じかと思います。

そうそう、この際、短めに以前から約束してたPV撮影時の沖縄話をしちゃうね。
きっとこのまま忘れて一生しなそうだから。この「Not Alone」のPVはご覧頂いたでしょうか。最初のシーンとかは摩可不思議、というか、これ何処?もしくは、これ何時?
みたいな風景かと思うのですが、あれは全くの日中に、太陽の日に負けないくらいのライトを5個くらい僕にあてながら撮影しています。8月の沖縄、それでなくても長
袖を着ていた僕(※9/10発売という事は決まっていたので秋を意識して…(泣))は死ぬほど熱いのに、更にライトを5個あてて…。30秒以上ライトを当てていると、服からアイロンを当てすぎて繊維が焦げた時のような臭いが。そして鉄板焼の鉄板と化した鍵盤。特に黒鍵。熱、吸いすぎ。虫眼鏡で黒い画用紙を焦がす、小学校時分の
理科の実験を思い出しました。ピアノを弾き続けて20余年。初めてピアノを弾きながら生命の危機を感じました。

そもそも太陽が出ているのに、何の為に?と思って最終的に編集された物をみたら、あんな感じ(って見て頂かないと分からないのですが)になっていて驚きました。
他のシーンも全て僕には5個くらいのライトが当たっています。是非そんな僕をチェックしてみて下さい。でもその前に、このPVのストーリーを感じて貰えたら嬉しいです。
僕はこのPVを見た時、本気で泣きそうになりました。

さて沖縄滞在全3日間で、2日目に僕のパート、そして3日目がエキストラさん達の撮影シーンでした。3日目、僕は特にやる事もなく、その撮影をずーっと見ていたのですが、そのエキストラさんの中に米軍関係者がいて、それも食べ物関係で勤務、との事。更に話を聞いてみると、どうやらその人は基地の中でバーガーキングを統括、運営している最も偉い人、との事。うひょー。

「Oh, I like Burger King! Great!!」

感動の余りに、非常に稚拙な英語でバーガーキング好きを強力にアピールしてみた所、「オー、じゃあ、バーガーキングのタダ券をあげるよ。沖縄に来るときは連絡してくれ!」とご丁寧にタダ券と名刺をくれました。

遂にです。日本から撤退してしまったバーガーキング。あの日からずっと求め続けたバーガーキング。ハワイでも韓国でもイギリスでも現地の食事を無視して、必ずかぶりつくバーガーキング。こんな所で出会うとは。盲点でした。嗚呼。神の啓示に近い物すら感じてしまいます。

「Not Alone」が繋いだ一つの縁。まさか最初これをピアノ曲用に作曲した時に、その先でバーガーキングに結びつくとは誰が思ったでしょう。

という訳で、発売前日にこの上無いどうでも良い内容になってしまいました。明日も絶賛レコーディング中なのですが、去年まで部屋になかったクーラーをやっと手に入れ、今年は調子にのって付けっぱなしにして寝たら、鼻声になってしまいました。危険。今日は参鶏湯(サムゲタン…韓国料理。餅米と鶏と高麗人参と松の実と…まぁ栄養価の異常に高い食べ物)を食べたので栄養は充分。このままちゃんとクーラーを切って寝ます。


ありがちょ〜!!

2003.09.05[22:00]  

ついに出ちゃいました、Mステ!!リハーサルは正直ちょっと孤独な気持ちで緊張したけど、本番はマジで皆を近くに感じた。本当に心強かったよ。あとタモリさんの本物の「緊張してる?」っていうの聞けて嬉しかった(笑)。とにかくマジで安心して出来たよ。本当に、皆ありがとー!ますます川口、頑張ります!さー、今日くらいはビール飲も(笑)。


今からMステ出るよ!

2003.09.05[19:40]  

みんなの気持ち届きまくりっす。応援よろしくね!


夏のライブ終了!

2003.08.30[22:37]  

今大阪→東京に移動する新幹線の車中です。日記の更新を怠っている間に、名古屋も、吉祥寺も、横浜のクルーズも、お台場も終わってしまいました。挙げ句の果てに、夏の締めとして今日は大阪で催された「風に吹かれて」というイベントに急遽シークレット・ゲストとして参加させて頂きました。「シークレット」だったので一切告知出来なかった。大阪人、マジでごめんよ。そりゃ言いたかったんだがな。

今年の夏は実に色々あったな〜。今だから言うと、スタッフにすごく叱られたライブもあったし、気温が30度を越える中、長袖で出てしまったうっかり季節感無視のライブもあったし、ある歌を唄いながら余りに感極まってお客さんの前で涙を流してしまったライブ(男として不覚だ!)……。

そんな中、強く思ったのは、人間は自分の中に存在しない「何か」を強くイメージして、必ず成功すると信じながら、前進しなきゃいけない瞬間があって、それを繰り返しながら新しい自分の欠片を見つけていくんだ、という事。

今日、夏の最後のライブ。16000人を目の前にして、改めて確信しました。もっともっと届けるぞ、と。うざがられるくらい届けるぞ、と(笑)。今年の夏に得たのは、皆に自分を届ける自信です。まだまだ小さな欠片を必死に拾い集めている感じだけど。そしてそんな勇気をくれているのはいつもいつも皆だよ。ありがとう。愛してます。だから、絶対Mステ観てね。ひゃー、緊張する。

あ…沖縄ネタ…。先のばしにしすぎ?ま、ま、まぁ、そんな感じで。


沖縄行ってきたよ

2003.08.14[00:14]  

今日の「ひとパパ」は見ました?僕のドタバタdaysは続いてますが、そんな最中PV撮影で沖縄に行ってきました。監督さんも素敵な方で、素晴らしい作品に仕上がっている予定(まだ完成形を見ていないので分からない)ですが、とにかく映像の演出上、皆が認める史上最悪の灼熱地獄!今書いてる曲が一段落したら灼熱地獄の理由を記した沖縄日記書きます!ちなみに沖縄の基地内には僕の愛するバーガーキングが存在するらしい。有力なバーキンコネを作りました。その詳細も次回。とにかく何から何まで良すぎ、沖縄。


皆、ごめんよ

2003.08.04[18:00]  

先々週〜今週と人生の中で今のところ一番忙しい日々を送ってます。突然セカンドシングル決まってレコーディングが再開するし。書き出すと止まらなくなりそうなので、来週くらいにまとめて日記書くよ。ご無沙汰しててごめんよ。ちなみに先日の大阪LIVE JUNCTION終了後に待っていてくれたファンの方にワインを頂いたのですが、頂いた袋の中に飲みおわったお茶のペットボトルが一緒に入っていました。黄色い声援…嗚呼。きっと喉もカラカラに乾いたのでしょう。ちゃんとキャップも外して分別して家の近くのコンビニのペットボトル専用回収容器に捨てといたよ。では来週(笑)!


今週の出来事

2003.07.08[19:46]  

誰も知らない。先週の水曜日(7/2)は、ちゃんと直前に腹ごしらえをして、10時から始まるドラマを見るために、9時半にはテレビの前に待機していた事を。

誰も知らない。ドラマが始まるまでの間に、相当数の人に「早くTBS!」とメールを打ちまくった事を。更に「上戸彩と桜井幸子の新旧『高校教師』ヒロインが共演だから」と芸能記事っぽいコメントも加えた事を。

誰も知らない。ドラマが始まって上戸彩ちゃんの切ない表情と自分の作った曲が一体になった時に「よし!いい感じ!」とガッツポーズを取った事を。

誰も知らない。オープニングで「音楽 川口大輔」と出たときに、一人で「おー!」と言いながら手を叩いてしまった事を。

誰も知らない。薪平役の北村一輝さんの顔を見て、(もちろん北村さんは僕と違って二枚目だが)何だか「濃さ」という点で勝手に親近感を抱いてしまった事を(北村さん、スミマセン)。

誰も知らない。そんなタイミングで、いつも僕のレコーディングで華を添えてくれているベーシストの大神田君から家に遊びに来たい、という電話があり、その日に関しては一人でウットリしたかったので、一瞬彼が遊びに来るのを断ろうか、と考えていた事を。

誰も知らない。橋の上のシーンで、これまた上戸彩ちゃんの表情にジーンとしてしまった事を。

誰も知らない。エンド・ロールにも「音楽 川口大輔」の名前が出た時は、隣りに大神田君がいて恥ずかしかったので、オープニングの時ほどは喜べなかった事を。

誰も知らない。勿論翌日のライブに向けての緊張感に加えて、札幌で何を食べるべきか色々考えていたら、なんだかんだで余り眠れなかった事を。

誰も知らない。先日遊びに行った沖縄には長袖も持っていったのに、もう7月だし、と札幌には半袖、及びノースリーブで行ってしまった事を。

誰も知らない。ライブが始まる前に、皆がいくら丼とかウニ丼を食っている最中、僕は「札幌に勝つ!」とか訳のわからん事を言いながら一人トンカツ定食を食べた事を。

誰も知らない。余りの緊張で腹痛となり、時計台午後7時の鐘が鳴った瞬間、僕はトイレの中にいた事。

僕は知っている。ライブの最中にお客さんを踊らせようと「皆、立とう!」みたいな事を連発したは良いが、時計台のライブの構造上、ステージが低くて、僕の提案は却ってお客さんがステージを見にくくさせてしまったという事を

僕は知っている。それでも優しい北海道のお客さんはそんな僕にちゃんとつき合ってくれた事を(本当に助かった、ありがとー)。

僕は知っている。そんな状況で明らかに自分自身が(良い意味で)のぼせ上がってしまって肝心な歌詞を間違えてしまった事を(良くないか?)。

僕は知っている。ライブの最後「君をさがしてた」という結婚をテーマにした歌を歌っていた最中に、まるで本物のウェディングベルみたいに時計台午後8時の鐘が鳴った事。

そこにいた皆は知っている。ジンギスカンの煙で服が臭くなる、また札幌の夜はまだ寒いのに半袖で来てしまった、という理由で、僕はホテルの人に見つからない様に、上着替わりにホテルのガウンを着て、夜の街に繰り出した事を。

僕は知っている。その後打ち上げで行ったジンギスカンの店で、ディレクターのI女史は、ラムを焦げ付かない様に用意されたラムの脂肪の塊を焼いて食べようと虎視眈々と狙っていた事を。

僕は知っている。結局それを食べた事を。

僕は知っている。マネージャーのニック氏は日頃からJ Sky Sportsとかをみて、ダーツを研究、更に研究が功を奏して異常にダーツが上手いという、未だかつて見せていなかった「夜のマネージャー」の顔を持っている事を。

僕は知っている。そんな夜遊びが過ぎて、翌朝集合時間厳守の中、誰よりも遅刻してきたマネージャーの見せた「大した遅刻してませんよ〜」みたいな表情には、昨晩見せた格好良さは微塵も無かった事を。

僕は知っている。誰も口にしなかったが、その場にいた皆は一斉に心の中で「いえいえ、そんな事じゃなくて、マネージャーが一番の遅刻をしないで下さい」と唱えた事を。

僕は知っている。前回札幌に来た時にはなかったのに、ついに先日の日記にも書いた白い恋人のブラックチョコ版、通称「黒い恋人」が、(恐らく好評により?)「黒い恋人」単体で発売になった事を。

僕は知っている。もちろんその「黒い恋人」を購入しようとしたところ、僕の横を通り過ぎたディレクターのI女史が「私の忠告も聞かないで…」との台詞を吐いていった事を(これも詳しくは先日の日記参照)。

そして、今東京で「黒い恋人」をかじりながら思う。
今回のライブでますますライブが好きになったよ。
遠路遙々来てくれた人もいたと思います。ありがとうね。
今年の夏、続くライブ。すんげー楽しみっす。
そして明日のドラマも絶対見てね。


早起き

2003.06.25[13:25]  

今から某撮影に出掛ける為に朝早く(ただ今6時15分)電車に乗ってます。いつもは寝るくらいの時間。さて予想を遥かに上回るデザート日記の反響をセンキューっす。僕はいつも文章長過ぎるけど、今回ばかりは皆も長過ぎだから(笑)。とかいいつつ皆から教えて貰ったデザートリスト作成しなきゃ。後日デザートレポします。ちなみにドラマ用劇伴、ギリギリで完成。初トライにして、自分的には相当好きな感じに仕上がりました。7月2日からの放送なので、ホットな感想を聞かせてね。


デザート考

2003.06.15[14:02]  

ご無沙汰してます。ただいま僕はレコーディング続行中。歌詞を考え、アレンジを考え、右脳を使い、左脳を使い…うーん、脳を酷使しているこんな時は、もの凄〜くどうでも良い事が書きたい…。いいっすか?

皆さんに是非お聞きしたい。あなたにとっての「デザート」は?僕は特別甘党ではありませんが、だいたい夜の9時くらいに食事をした後に、パソコンに向かって作業をしたり、もしくは夜中に散歩をしながら作曲・作詞をしたりして、夜の時間帯に考え事をします。そんな時には「デザート」が無性にほしくなります。

先日、全国行脚をしている際に、差し当たって手頃な「デザート」に出会いました。九州の「福砂屋のカステラ」。以前知人にお土産として頂き、それ以来あんまり甘くなくて気に入っているのですが、それの「切り分けてある」バージョンを発見しました。既に食べやすいサイズに切り分けてあるので、いざ作業に取りかかろう、というタイミングにおいて包丁を持ち出す間も省け、更にザラメを噛みつぶしながら小さい一切れを大切に食べる感じが「大人のためのデザート」を感じさせる一品です。これ最高。

あと北海道では「黒い恋人」に出会いました。これは初めて知ったのですが、これまた先日行った北海道で、自分用に買った「白い恋人」(沢山入っているバージョン)の中に1/4程、ホワイトチョコではなく、通常のチョコレートを挟んだ物がある事が判明。勿論両方好きなのですが、何気に普通のチョコレートの方を積極的に賞賛していたところ、美食家のディレクター・I女史の口からこんな発言が。「ああ、それ、通称『黒い恋人』ね。でも、それならわざわざ北海道で『白い恋人』を買わなくても。『ヨックモック』を買った方が良いです」。恐るべし。その(この場合、食に対する)知識と、適切なコメントは、人にディレクションを出すディレクターという職業が天職である事を物語っています。

もっと身近な物でも構いません。例えば「ポッキー」。「ポッキー」にも種類は色々あれど、その中で僕の注目したいのはサッカーの戸田選手がCMに出演している「ポッキーG」です。早速江崎グリコのHPに飛んでみました。すると!やはり他の「ポッキー」が一括りにされているのに対して「ポッキーG」だけは専用ページがありました。江崎グリコ側の「G」に対する強い意気込みを感じます。クリックしてみると、

 「新G代ーそれは、
  ポッキーから始まる。」

という不思議なキャッチコピーが目に飛び込んできます。新G代…?…はて?…あ、あ、もしかして…『新時(G)代』!なんと!さ、さらに「ポッキーG」のコンセプトは「Hard & Rich」。パッケージにもそう表記されています。通常のポッキーより歯ごたえのあるプレッツェル地を使い、さらにチョコレートはリッチな風味のビター・チョコ。嗚呼。また通常のポッキーよりも一袋あたりの量が少な目に設定されているのも江崎グリコの提示する高級感の形。高級な缶コーヒーは缶が小さめ、的な理論と似ています。これも「大人のためのデザート」感高しです。

ここでまとめて見ると、川口の考える「デザート」とは、

■普通のデザートよりはちょっとだけ贅沢な気分にひたれるもの。作り手にもその意気込みを感じる物。
■買おうと思ったら手に入るもの。市販品。2時間並ばないと手に入らない、とか2ヶ月の予約が必要というものだと食べたいときに入手出来ないので意味がない。
■寝る前にうっかり多く食べてしまっても、あんまりデブらなそうなもの(ま、一応…)。

オススメの「大人のためのデザート」を教えてくれ(笑)!
あ〜、実にどうでも良い(泣)!

あう、作詞タイムに戻ります。この後はちゃんと日記更新するぞ。


久保田利伸さんのライブに行って来た!

2003.06.01[00:10]  

初めて聴いたのは"Indigo Waltz"という曲でした。

僕は当時父の仕事の都合でアメリカのロス・アンジェルスに住んでいました。丁度現地でいう中学校の間、3年弱くらい。僕の家はロスの南、パロス・ベルデス(Palos Verdes)という丘陵地帯かつ田舎町にありました。山の中だったので、起きると外は一面朝もやに包まれます。坂の頂上まで登ると、一面太平洋が見渡せるような素敵な場所です。

しかし東京で小学校生活のほとんどを過ごした僕にとって、突然訪れた「アメリカン・ライフ」は、最初はその意味も意義も把握できず(んな物はそもそも無いのだが)、
ただただ異次元に飛ばされてしまったような感覚でした。当然言葉は全て「英語」。教科書も新聞も本も標識も全て、たった26文字のアルファベットのみで構成されてい
る世界。ごちゃごちゃした東京に対して、あまりに対極にあるような、必要以上に雄大な風景。新生活への期待や、新天地での開放感以上に、不安や喪失感に似た、心の中の埋めきれない"何か"。その時期、僕はひたすら太平洋の向こうにある「日本」への望郷の念でその"何か"を埋めようとしていました。

そんな時期に聴いたのが、姉の日本人の友達の貸してくれた久保田利伸さんの「Such A Funky Thang!」というアルバムに収録された"Indigo Waltz"という曲でした。今思
えばすごく洋楽的な曲なんだけどね。でもその当時の僕にとっては、日本語で、格好良くて、切なくて、大人で、自由で…そんな久保田さんの歌が、染みて、染みて、仕方ありませんでした。

長い前置きでしたが、先週僕はマネージャーと一緒に、初めて久保田利伸さんのライブに行って来まし!"MO'BOUNCE TO THE OUNCE" ツアー@代々木体育館。

開演。うひょー。どうしてくれよう、一曲目からこの格好良さ。これからこのツアーをご覧になる方もいらっしゃると思うので内容は書きませんが(書きてぇ〜)、あの曲も、あの曲も、あの曲も。そしてその曲達は自分の奥底に眠っていた記憶を呼び覚まします。あ、あの時、あの場所で、自分はあんな事考えてた、とか。人間って凄く豊かな生き物だよね。こんな感情を享受して、そしてそこに「切ない気持ち」を抱く事が出来る、って脳みその使い方としては贅沢の極みだと思う。そしてそんな気持ちを生み出せる人こそが「アーティスト」なんだと思います。そんな数々のヒット曲やキャリアを持っていて、更にこれだけ現在進行形で格好良いなんて本当にすごい。3時間近いステージも、一度も飽きる事なく、あっという間でした。終演後、僕は厚かましくも久保田さんとお話をさせて貰いました。プロデューサーの松尾潔さんの紹介で、以前にも何度かお話をさせて貰っているのですが、いつも通りそこには気さくな久保田さんがいます。そしてあの頃からどれだけ経っても、ずっとずっと変わらず僕をドキドキさせてくれます。いや〜、もう、一生、どこまでもリスペクトっす。

僕は本当の音楽に助けられて来たんだと思う。だから僕は音楽の道を志したんだと思うし、これからも音楽を続けて行くんだと思う。まだまだ足りない部分だらけだけど、それでも精一杯頑張っていくよ。

そして届けて行きたいんだよね。
あの日"Indigo Waltz"が僕に届けてくれたような「何か」を。


やっと一段落

2003.05.20[15:57]  

ひー、怒濤の「Memory Lane」プロモーション、やっとこれにて一段落っす。若干体調を崩し、風邪をひくかギリギリのラインで、先ほどまで夕寝((c)川口大輔)をしておりました。起きたら体調が抜群に良くなっていたので日記を書いています。それにしても「あんかけスパ」の愛知に始まり、三重、にしんそば、滋賀、広島、馬肉、福岡、東京、餃子、埼玉、神奈川、千葉、山梨、富山、たこ焼き、中華街、うに丼、米所などなど………すげー。という訳で、日本各地で「Memory Lane」を、そして僕川口大輔のデビューをご支援頂いたラジオ・テレビ局の皆様、まだ右も左も分からぬ僕に色々とご指南下さいましてありがとうございました。そして、なによりファンの皆さん、こんなに皆さんを近くに感じ、そして皆さんの存在に助けられていると感じた事はありませんでした。引き続きこの曲を可愛がってやって下さい!

さて、そんな怒濤のプロモーションの締めとして、東京の某所で招待ライブを敢行しました。デビュー後初のライブ。曲単位での演奏はラジオの弾き語り等で皆さんに聴いて貰った事もあるのですが、そもそも弾き語りでは表現不可、との理由で「MemoryLane」自体を生で聞いて貰うのはこれが初めて。しかしプロモーションの間をぬっての計2回しか無いリハーサル。それも初めてやるギター、パーカッション、そして僕、という3人編成。当初全く見えなかったライブの構想が、プロのミュージシャンお二人の助けを得て、見事に形に!ギターの末原さん、パーカッションのヒデローさん、センキューです!

ライブはいつも甘酸っぱい気持ちになります。僕の曲は月並みな表現ですが僕のDNAを持って産まれた子供達。それは晴れた日だったり、小雨降る中だったり、夜中散歩しながらだったり。産まれた瞬間の産声や、その後の成長の過程は違えど、人の心に何かを届ける、という点では共通の使命を背負って産まれた子供達です。ライブという空間で、僕はもう一度子供達の使命を再確認します。そして、もっともっと立派に育てる為に親として出来る事がないか再確認します。27歳にもなった僕ですが、まだ27歳にしかなれていない僕もいて。自分の中の足りない部分。僕が人として成長して、もっともっと優しい気持ちにならなくちゃいけない部分。そして時に必要ならばもっともっと厳しくならなくちゃいけない部分。

歓声。ブーイング。拍手。凝視。笑顔。沈黙。

何だっていいけど、人々の感情の行き来が直に感じられるライブという空間が僕は好き。そしてその空間を共有してくれた皆さん、ありがとう。僕はそんな皆さんに何かを届けられたでしょうか。今回は限られた招待制という形でのライブだったけど、次はもっと皆の近くに行けるように頑張るよ。あと次回こそ皆を踊らせる(笑)。座らせておかねー。待っておれ(笑)。

ちなみにラジオ・プロモーションの途中から、いつの間にか「食べ物大好きな川口大輔さん」と紹介されるようになり、最後の辺には「食通の川口大輔さん」と微妙にグレードアップしておりました。それは違います!ちょっとした誤解です!確かに僕は名古屋空港ではスタッフと一緒に「小倉トースト」を求め空港の中を奔走し、見事に探し当てたけど!そして思った以上に美味かったけど!確かに北海道では「スープカレー」を平らげたは良いが、余りの辛さに体力を消耗して、移動のタクシーの中でちょっとだけ寝たけど!!!!!!!


プロモーション続行中!

2003.05.12[18:37]  

只今富山→名古屋に移動する車中です。初北陸!そんな中、先程出演した富山のラジオ局のナビゲーターの方に「HPの日記を見ましたが、すっかり『食日記』ですねぇ」と言われてしまいました。…い、いや、そんなつもりはさらさら……とか言いつつ、この文章を今まさに富山のファンの方に頂いた「鱒寿司」を食いながら打っています。…う、美味い(泣)。どうもありがとう。名古屋の後も札幌、新潟と続きます。ラジオ聴ける人は是非聴いてね。

あと昨日からライブのリハも始まりました。すごく良い感じになりそうだよ。


大阪プロモーション

2003.05.08[17:56]  

なんだかんだしているうちに時間が思いっきり経ってしまった。済みません。相変わらず更新が適当な日記です。

今2泊3日の大阪から戻ってきました。本格的な意味では大阪初上陸!いや〜。大阪は楽しかったけど、緊張する場面も多かったっす。特に人がガシガシ行き来するCD店のサテライト・スタジオでのトークや、ラジオ局内でのライブ。今まで僕自身は色々な人のサテライト・スタジオ・トークを見てきましたが、今回は見られている側の気持ちがよーく分かった(笑)。自分が本気で喋っている姿を見られるのってめちゃくちゃ緊張します。でもすんごい嬉しかったりして。立ち止まってくれた方、わざわざ見に来てくれた方、本当にセンキュー。またラジオ局の中でのライブは、いつも音楽を聴いて、そして音楽を扱っているラジオ関係者の方々のみを集めてのライブだったので、これまた別の緊張感だったっす。でも何度緊張してもやっぱりライブで歌うと、あー、また出来うる限り最高の曲作ろ、っていつも思います。人前で演奏する、って自分にとっては本当に大切な事みたい。

そして相変わらず食い物の話で申し訳ないのですが、今回は本場のお好み焼き、たこ焼き、肉まん、神戸では中華街、とことん堪能してきました。もう関西最高。特に大阪のお好み焼きとたこ焼き(いわゆる粉物)にはカルチャーショック。やばい。美味すぎ。醤油味と塩味のたこ焼きは初挑戦だったのですが、大阪に行く機会があったら絶対試してみて下さい。そりゃ鰹節には醤油が合うよね。僕的には「たこ焼き革命・
2003 in Osaka」っていう感じです。

ちなみにこんな時期なので体を壊さぬようにと、以前一時期飲んでいた南国タヒチの「ノニ・ジュース」という万能健康飲料・強壮剤を先週ネット通販で取り寄せてみました。しかし意気込み過ぎてどうやら所定量の2倍近くを摂取していたらしく(本当に強い飲み物らしい)、良かった体調が却って悪化するという非常に本末転倒な事態を引き起こしたりしながらも 、なんとか体調を元の状態に戻し、今週はレコーディングもプロモーションと同時進行中です。ハイパー・ウィーク!何気にもう次のシングルらしき物に取りかかっています。この間「Memory Lane」を録ったと思ったら、
そしてやっとリリースされたと思ったら…早い!今回もインディーズ時代からの旧友の参加有り、尊敬するミュージシャンの参加あり、そして今回初めてお願いしたら、余りの格好良さに腰を抜かしたプレーヤーの演奏あり、と盛りだくさん(になる予定)っす。…って言いながら、聞いて貰えるのはもうちょっと先だけどね。


デビューシングル

2003.04.23[00:15]  

遂に今日発売。流石に実感がわいてきました。
プレデビュー盤の時にさえ感じなかった緊張感。
どれくらい「自分」を届けられるのか、みたいな。

悲しくなるくらいまだ無力な自分だけど、
この曲が、皆にとって、
ほんの小さな「何か」になってくれたらいいな。

そんな願いを込めて。


プロモーション続行中!

2003.04.20[21:10]  

ようやく西日本プロモーションが一段落。ラジオ聴いてくれた方々、そしてメッセージをくれた方々、本当にセンキューです。心強かったっす。今回も面白い事が沢山あったなー。例えば名古屋。皆さん「あんかけスパ」ってご存じですか?名前の通り、スパゲッティーの上に謎の「あん」状のトマトベースのソースをかけて食す物なのですが………これがまた摩訶不思議な食べ物で………美味しいのかどうなのかが、未だに結論が出ていません。更に今回はトライしませんでしたが、バターをぬったトーストにあんこをはさんで食す「小倉トースト」というのもあるらしく…恐るべし、名古屋。喫茶店でコーヒーと一緒に茶碗蒸しが出てくる、とかいうのも本当でしょうか。僕的には夢の中でうなされそうな組み合わせです。しかし何気に小倉トーストに関しては「あんドーナツ」風で美味しそうなのでまたトライしたいと思っています。…食い物ネタが多いな。

そのまま三重→大阪→京都→広島→熊本と移動して、今回の西日本プロモーションの最後には、北九州の小倉に新しく出来た「リバーウォーク北九州」内にあるHMVにて僕のデビュー決定後、初のライブを行いました(CROSS FMの番組の公開録音も兼ねて)。久しぶりのライブ、かつ初めての完全弾き語りだったので、至らない部分も沢山ありましたが、それ以上に沢山の人の温かい声援が心に染みました。遠くから来て下さった方もいたようで、本当に嬉しく思っています。早く本格ライブやらないとね。待っててね。全国行くよ。

えーと、以前BBSに書いてあった質問、突然思い出したのでここでお答えします。筆記用具についてだったと思うのですが、僕は特にこだわりの筆記用具はありません。いつもふらっと散歩に出かけ、あ、ペンを忘れた、と思ってコンビニで購入します。あ、でも一応いつも同じものを買っているんだ。三菱のSignoっていう水性ボールペンの極細っていう奴。これが僕的には一番書きやすいかな。作詞、作曲、両方で活躍しています。そんな訳で家の中には、散歩の度に購入するそのペンが常時10本くらい散乱してます。

そんな感じで(?)今週も引き続きラジオ沢山出ますので、応援の程よろしくお願いします。あ、水曜についに「Memory Lane」発売だ。ちょこっと緊張してきた(笑)。


西日本行きます!

2003.04.14[09:36]  

えー、ただ今新幹線の車中です。自分的には初めての大規模なラジオプロモーションになります。かつ初めて携帯メールにて日記を書いているので必然的に簡潔に。西日本の方は是非ラジオ聞いてね。ちなみに素敵なハンバーガーショップを教えてもらって先日行ってきました。それについてはまた後日。ではSEE YOU SOONです!!


PV撮影(長編!)

2003.04.04[16:19]  

先日の日記でお伝え済みですが、南の島にPV撮影に行って来ました!飛行機で3時間くらい。先日の台風被害の爪痕が未だ残るグアムに到着。あっという間です。飛行機から降り立った途端にムッと感じる湿気いやー、南国最高。僕は暖かけりゃ、別にカラッとなんかしてなくても全然構わないです。税関を出ると一足先にロケの準備の為にグアム入りしていたスタッフの方と、現地のコーディネーター(案内役)のロニーさんがお出迎えです。「グアムへようこそいらっしゃいました。Ronnieです」彼自身は現地グアムの方なのですが、お母様は日本人だそうで、冒頭の非常に丁寧かつ流暢な古き美しき日本語と、クリス・ぺプラー張りの"Ronnie"(頭の"Ro"に強いアクセント)の発音に、もう川口夢中です。空港を出るとさっきまでガンガン晴れていたのに、突然バケツをひっくり返した様なスコール。湿った風に吹かれながら車の中で聴くアメリカのラジオ。いやー、マジで最高。

2泊3日の割とタイトなスケジュールだったので、翌日の撮影に備えてガンガン睡眠を。そして撮影当日。今回も前回の"Let's Get Together Now"のPVと同様に、一緒に現地のエキストラの方々が参加してくれました(PHOTOコーナー内の一番左の写真参照)。現地のエキストラとはいいつつ、一番左のドレッドのトキオ君、一番右後ろのビッキーちゃん以外は、グアム在住、もしくは滞在中の日本人の方々です(そして僕の後ろでカルバン・クラインのTシャツを着ているのがロニーさん)。撮影自体はこの上なく楽しかったのですが、今回は散々スコールに悩まされました。グアムは大きく乾期と雨期に別れているのですが、ちょうど我々が訪れたのが、乾期から雨期に移行する時期だった為に気候が非常に不安定で、撮影の最中は10分に1回くらいスコールが降って中断、20分くらい待って撮影再開、の繰り返しでした。故に今回のPVの某シーンでは僕が歌っている最中に、まるでドラマの中の様なタイミングで雨が降ったりしますが、全部本当の雨。歌の内容も決して「ピーカン照り」みたいな曲でもないので、自分にとってはグアムの太陽の色も、流れゆく雲も、温かい雨も、生ぬるい風も、全部デビューシングルのPVに際しての天からの贈り物、っていう感じでした。この歌を歌い続ける限りは一生忘れる事はない光景です。

ちなみに狂ったようにバーガーキングネタを現地でも連発していたら、運良くロニーさんもバーガーキング信者でした。「Oh, yeah! That JUICY one! Alright!(オーイェー!あのジューシーな奴だろ!)」と大絶賛。まさに!分かっていらっしゃる!バーキンを表現するなら「ジューシー」という表現以外有り得ないのです(断定)。噛んだ時に口の中一杯に溢れ出る肉汁。おー、ドリーミング。という訳で、最終日は撮影が無かったので行って参りました。…もう本当に"優勝!"って感じ。マジでジューシー。ファストフードのくせになんでこんなに旨いんだ。海外に行く時は絶対に食ってくれ。余りに感動してバーキン・トラック前で、バーキン・ドライバーと一緒に撮影した写真がこれまたPHOTOコーナーに掲載されておりますので、僕の勇姿を是非見てね。一つ大きな仕事をやり遂げた男の表情です。

という訳で、今回のグアムは楽しい思い出ばかりでした。しかしかたや世界では大変な事も起きています。無責任な事は言いたくないので自分の立場で言える事があるのだとしたら、音楽に限らず「文化」って人の心の中に色彩や温度や薫りを生み出して、想像力を豊にする為にあるのだと思うんです。心の中にそういう物が足りなくなって来た時に、人間の心の奥底に眠っている闘争本能や征服欲みたいな物が剥き出しになって行く気がする。人間にとってのあるべき正しい姿なんか僕には分からない。でも僕は音楽を作りながら少しでも沢山の色を、ぬくもりを、表現していくつもりです。こんな事は無理矢理押しつけて強引に感じて貰う事じゃないからこそ、少しでも素敵な音楽を作り続けて耳を傾けて貰えるきっかけを作りたい。だからこそ頑張るよ。

柄にもなく最後は堅い内容になっちゃったけど、間もなく曲の、そしてPVの全貌を見て貰えると思うので単純に楽しみにしててね。仮に皆の心の中にそんな「ワクワク」の気持ちを生み出せたら、今の僕の出来る事の第一関門はクリアだから。ぐふ。


帰国しました!

2003.03.19[15:08]  

昨晩無事帰国致しました。

詳細に関しては、後日また長〜いのを、ゆっく〜り書きますが、今回の撮影は実に、実に素晴らしい体験でした。そして、ついにバーガーキングも(笑)!帰国してBBSを確認したら、皆さんの書き込み、そして松尾さんの書き込みまで…。マジでサンキューです。

時期が時期だけに、取り急ぎ帰国報告の書き込みでした!


今週の出来事

2003.03.15[20:53]  

徐々に頻度の上がる日記の更新。そんな事を冒頭に書いた矢先に、早速根本的な間違いに気付きました。「日記」っていうのは通常毎日書くもの。初回から2回目まで3週間くらい空いていたりする時点で僕の文章は最初から全然「日記」じゃない気も。
………ま、まぁ、とにかく今後も出来る限り早急に頑張ります。

さて、今週はいよいよ自分自身の活動の本格稼働を感じる出来事のオンパレードでした。まずは日本中の雑誌、ラジオ等の媒体の方々に川口大輔とは何ぞや、という事を知って貰う為の、いわゆる「コンベンション・ライブ」という催しがありました。平日の昼、都内某所にて。最近はめっきり夜中の街を徘徊しながら曲を作る様な昼夜逆転人間になってしまいましたが、基本的には温かい陽射しが大好きである、という話から飛躍して、いや、いっその事、自分は太陽じゃないけど太陽になりたい、とかいう一見強い意志を表明した風でありながら、何気にちょっと不思議発言をしてレコード会社の人の困惑させたのが去年末だったでしょうか。しかし、何気にそこから川口大輔用の太陽ロゴマーク(HPの出だしのぐるぐる回っている太陽の奴…僕自身あのロゴを作って貰ってメチャメチャ気に入っている)が考案され、今回の「昼」のライブというのもその流れで企画されました(通常ライブって夕方とか夜にやるものですよね)。言ってみる物です。

余りに久々のライブ。去年一度フジテレビの企画で出させて貰った「お台場どっと混む」というライブ以来で正直緊張もしまくりました。しかし、去年までは頻繁にやっていたライブの楽しさが、ステージ上の何とも言えない快感がドドドドっと自分の中に押し寄せて来ました。自分にとってはやはり音楽って作るだけじゃなくて、ちゃんと人前でやる為にあるんだ、という事を改めて痛感する瞬間でした。という訳で、もうしばらくお待ちを。必ずちゃんと皆さんの前で出来るライブをやるんで、その時は必ず見に来て下さい。

そして、昨日は初の本格的な雑誌の取材を。インタビューでは今までずっと言いたかった事を死ぬほど話して来ました(笑)。写真も撮りましたよ。ガンガン髭も手入れして。今回の髭は完璧です。恐らくそんな僕のインタビューの掲載された雑誌が、「Memory Lane」の発売前には店頭に並ぶんじゃないかと思います。詳細はまたこのHPのインフォメーションで近日中にお伝え出来る筈です。これも楽しみにしててね。

…あう、明日から「Memory Lane」のPV撮影だ。場所は内緒ですが、南の方に行って来ます。そういえば前回のハワイでは悔やまれる事が。僕はバーガーキングが大好物だったのですが、あれってある日突然日本から姿を消しましたよね。余りの納得の行かなさに、海外に行く度に僕は執念深くバーガーキングで食事をする事にしているのですが、前回のハワイの時は、それで無くても食天国…いや、食地獄だった為、バーガーキングどころではありませんでした。食事と食事の間に、間食代わりに皆でステーキ食ったり。もしもーし。ステーキってそういう食べ物じゃないから。最後空港でバーガーキングを見つけ、直前に食べた朝食で満腹の状態の上に、半ばヤケクソになって、旨いのかどうかも分からない様な状態で、バーガーキングの一押し商品、ワッパーを詰め込みました。しかーし!今回こそは必ずワッパーを空腹時に心の底から旨いと思
いながら食って来ます!

いやいや、そんな事より、素敵なPVを作って来ます。初めてのオリジナル作品のPVになるのか…。うひょー。期待して待ってて下さい!!!


レコーディング終了−そして諸々

2003.03.09[22:36]  

ふう。

何だかんだ言っている間にレコーディング終了しました。すでに発表済ですが、4/23に晴れてメジャー・デビュー・シングル『Memory Lane』が発売になります。ついに正式デビューです(一応この間のはプレ・デビュー盤だったから)。正直言うと、まだ全然ピンと来ないっす。あんなに夢見てたのに、いざ目の前に迫ると、思考停止してしまって、感動していいのか、何なのか、全然分からない状態にあります。本当にCDは出ているのか、って結局自分でまたCDショップに行って確認をしてしまう事うけあいです。毎回日記に「ありがとう」ばっかり書いている「Mr. ありがとう」になっていますが、デビューシングルが出る前の時点で、この僕の文章を読んでくれているみなさん、本当にサンキューです。少なくとも、川口大輔が何なのか、とかこの後川口大輔が何をやるか、っていう事に興味を持って下さっている方々が今この文章を読んでくれているのだと思います。僕はすんげー幸せ者です。

今回この曲を仕上げるに当たって、歌詞の最終確認をする為だけに当時『SMOOTH II』のプロモーションで全国を飛び回っていたプロデューサーの松尾さんを追いかけて大阪にまで行って仕上げた程の力作!
ホテルの一室で男二人が大阪の夜景を眺めながらの作詞作業風景は、端から見たら相当不気味だったかも知れませんが、その甲斐あって(?)大納得の内容になってます。春には人それぞれ色んな景色や想いがあると思うのですが、川口大輔にとっての春の景色を、そしてこれからの音楽人生に掛ける想いを、このシングルに詰め込んでみました。
そして、、、
このHP上で11日から一足早く視聴が出来ます!
一曲全部は聴けないのですが、是非感想を書き込んで下さい。

ところで、花粉症についての書き込みがいくつかありました。ありがとうございます。
例にもれず僕も思いっきり"花粉症だった"人間ですが、突然ここ一昨年花粉症が治ってしまった人間でもあります。毎年花粉症が酷すぎて春先は決まって憂鬱な気分になる為、一昨年意を決して冬の内に病院に予防接種に行ったのですが「…?川口さん、花粉のアレルギー反応は無くなってますね。むしろハウスダストですね。いつも部屋を掃除してないでしょ」と医者から余計なコメント付きで花粉症全快宣言を頂きました。ああ、部屋は汚いさ。とにかく、時にこの歳になって逆に治ってしまう人もいるそうです。ちなみに、体が資本であるこの職業柄、僕はここ2年くらい「鼻うがい」なるものを実践しています。片手を器状にして、そこに水を溜め、片方の鼻を押さえながら、ゆっくり(ここポイント…一気にやるとめちゃくちゃ痛い)水を鼻から吸います。そして口から吐く。最初はプールで溺れた時の様な感覚に陥りますが、次第に
慣れてくると、痛くなく水を吸う方法を会得出来る様になります。風邪引きがちな方、もしくは花粉が気持ち悪い方は是非一度お試しあれ!

風邪をひかない為のおばあちゃんの知恵袋みたいな感じになって来たので、今回はこの辺で。


レコーディング開始!

2003.02.26[16:52]  

日記の更新、大層遅れました。お待ち頂いていた方、本当に済みません。過去に他人のBBSに文章を載せていた事があり、そういう時は気持ち的にも非常に楽でガシガシ更新していたのですが、自分の時って一体何を書いてよいのか、書きたい事だらけで色々迷っている内に2週間くらい経過してしまいました。

まずは皆様、これだけ温かい言葉を、気持ちをありがとうございます。メッセージ、毎日必ず見ています。こういうBBSみたいなモノがあるとこういう時に本当に励みになります。良くアーティストの人のインタビューとか読んでいると「皆さんの声援あってこそ」みたいな事が書いてありますが、本当に全く同じ事を実感しています。本当にありがとうございます。

そんな事を言いながらも、日記の更新が遅れたのにはもっと正当な理由があります。川口大輔、遂にデビューシングル用のレコーディングに突入しております!当然メインの曲とカップリングの曲があるのですが、メインの曲に関しては2日前に完全に録り終わりました。通常、デビューシングルを録音している事をこうしてホームページで報告出来る事もなかなかないと思う(通常デビュー後にホームページが立ち上がるモノだから)ので、そう言った意味でも現時点で皆さんにこういう形で報告出来るのは嬉しいっす。とかいいつつ内容に関しては、もう少しの間秘密なのですが、春先には皆様にお届け出来るかと思いますので、期待していて下さい。自分で言う事ではありませんが、良い曲です(結局自分で言わずにはいられない…泣)。

と、とにかく、シングルの内容に関して今はまだ発表できない様なので、この際BEFORE THE DAWNの制作秘話でも。レコーディングは昨年の10月〜11月に掛けて都内某所にて。中島美嘉ちゃん、堂珍君、川畑君を迎えてのレコーディングも無事済ませ、今度はその音源を持って、ロンドンにマスタリングという作業に行って来ました。ちなみに、このマスタリングという作業は、録音したモノを、よりクリアに聞きやすくする為のCD制作における最終工程です。それもお願いしたのは、ジャミロクアイやマドンナ、シャーデーを手がけた巨匠、ティム・ヤング氏!うひょー。そして今回はプロデューサーの松尾さん、レコード会社のディレクターのI女史、そしてマネージャーのニック氏と僕という計4名でのイギリス行き。マジで最高です。

しかし、侮っておりました。

この面々の食に対する貪欲かつ飽くなき欲求。例えばイギリスに着いた翌日、朝食の際に店員が間違って持ってきたモーニング・セット(大盛り)。普通であれば「頼んでません」で終わる話ですが、この面々は断ろうとすらしません。「じゃあ、皆で分けて食べましょう」。朝食後の散歩。20分も歩かぬうちに「じゃあ、コーヒーでも」。ムール貝を食べに行けば、会話をそっちのけで大鍋一杯の貝を平らげ、 晩飯を食いに行けば、腹を満たし過ぎて、レストランの中でウトウトと寝出す松尾さん。ハワイにおける初めてのジャケット撮影を控え、少しでもスマートに、そして二枚目風に(…え?)写ろうとする僕に立ちはだかる大きな壁。

考えてみればそれは東京にいる段階で分かっていた事でした。「僕は野菜が好きですね〜」と言いながら、肉または炭水化物を食べている時の顔の方がより幸せそうだった松尾さん。「トロカツ」という、魚のアブラ身をアブラで揚げた食べ物をこよなく愛するI女史。「小腹が減った〜」という口癖のもと、小刻みにパクパクパクパク…結果としては人並み以上のカロリーを摂取しているであろうニック氏。

恐るべし、川口チーム。まさに食地獄。(っていうか全然制作秘話じゃない?)


ようこそ川口大輔のHPへ!

2003/2/5 02:58  

いやいや、それにしても本当にこの日をどれだけ待った事か。
ついに川口大輔、1/29に「BEFORE THE DAWN」でプレデビューしました。

嬉しすぎて何から書いて良いのか全く以て分からないのですが…とにかくいつもなら寒くて大嫌いな冬が、今年はめちゃめちゃホットです。恐らく一生この冬の事は忘れないでしょう。のっけからクサい台詞のオンパレードになってしまいますが、川口大輔の音楽に触れてくれた皆様、そして今こうしてこの文章を読んで下さっている皆様、本当にありがとうございます。マジで末永くよろしくです!!!

ところで皆様「BEFORE THE DAWN」はもう聴いて貰えましたか?

当初僕は自分で自分のCDを予約するという暴挙に出ようかと必死に悩んだのですが、予約票の注文する商品の欄に「川口大輔・BEFORE THE DAWN」、お客様氏名の欄に「川口大輔」と記入するほど間抜けな光景は無いので、泣く泣く自分で自分のCDを予約する事は諦めました。その代わりに(?)発売日前日に家の近くにあるCD店に店頭ディスプレイをチェックしに行きました。いくら頑張ってレコーディングをして、ジャケットの撮影もして、CDになる事も分かっていつつも、実際はやはり自分の目で確認しないと本当に自分のCDが店頭にて売られているかどうかは不安なものです。CD店に到着。ええと……あ、あったぁ〜。うひょ〜。

Chemistryだったり、中島美嘉ちゃんだったり、藤岡正明君だったり……山下達郎さんだったり、久保田さんだったり、桑田さんだったり、ユーミンだったり、坂本龍一さんだったり……海も越えてしまえば、スティービー・ワンダーだったり、マライアだったり……キリがないけど、自分が尊敬出来るアーティストの人たちと一緒の場に、自分のCDが並べられるっていう事って勿論単純にもの凄く嬉しいんだけど、同時に「責任」の様な物が心の中に芽生えました。絶対尊敬するアーティストの人たちと同じ棚に並べられても恥ずかしいような物だけは作んねーぞ、絶対皆が手に取りたい作品を作るぞ、って事かな。

そして、皆さんがその手に取ってくれた、もしくはこれから手に取るCDが「BEFORE THE DAWN」なのだとしたら、そんなみんなの気持ちを絶対に裏切らない事を約束します。本当にありがとー。力尽きるその日まで突っ走りますので、これからもよろしく!!!