宇多田ヒカル
最新アルバム『初恋』収録曲「Good Night」がアニメーション映画『ペンギン・ハイウェイ』主題歌に決定!

2018.05.16

2018年、約12年ぶりのコンサートツアーの開催や、7枚目のオリジナルアルバム「初恋」のリリースを控え、話題に事欠かない宇多田ヒカル。

2018年、配信第一弾ソング「Play A Love Song」(「サントリー 南アルプススパークリング」CMソング)も国内配信サイト5冠、海外もアジアを中心に世界のiTunes総合、 J-POPチャートなど6冠獲得など好調なセールスをみせている中、さらに新たなタイアップ楽曲が発表された。


8月17日(金)から公開されるアニメーション映画『ペンギン・ハイウェイ』(監督:石田祐康 声の出演:北香那、蒼井優ほか)のために書き下ろした「Good Night」が主題歌に決定。この楽曲は6月27日(水)発売の7枚目のオリジナルアルバム「初恋」に収録される。

宇多田ヒカルの楽曲がアニメーション映画とタイアップするのは2012年『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(♪「桜流し」)以来約6年ぶり、早くも映画のオフィシャルサイトでは本楽曲が使用された予告編が先行公開中。順次全国の映画館でも公開される。


本楽曲は先行配信リリースの予定はありません。アルバムの発売をお楽しみに!



【アニメーション映画『ペンギン・ハイウェイ』】

8月17日(金)より全国ロードショー

© 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会


【INTRODUCTION】

『夜は短し歩けよ乙女』、『有頂天家族』など、数々のベストセラー作品を持つ森見登美彦の『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊)。少年の一夏の成長を独特の世界観で瑞々しく描き、多くのファンに支持され続けている作品が、気鋭のアニメーションスタジオ・スタジオコロリドにより、この夏アニメーション映画として生まれ変わります。

監督は、「フミコの告白」で国内外の賞を多数受賞し、『陽なたのアオシグレ』でも第17回文化庁メディア芸術祭にてアニメーション部門の審査委員特別推薦作品に選出されるなど、アニメーション界で今最もその才能に注目が集まるクリエイターの一人、石田祐康。声の出演として、主人公アオヤマ君役に、オーディションで役を射止めた若手女優・北香那。そして、いたずらっぽい明るい一面と、ミステリアスな雰囲気を併せもつ“お姉さん”を、独自の存在感を放つ演技派女優・蒼井優が演じます。

無限の可能性を秘めた少年の瞳を通して描かれる、“果てしない世界の謎”と“冒険”。

新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し色鮮やかに描き出す、心弾む青春ファンタジー映画が、この夏誕生します。

 

【STORY】

小学四年生の少年アオヤマ君は、一日一日、世界について学び、 学んだことをノートに記録する。毎日努力を怠らず勉強するので、大人になったらどれほど偉くなるか、見当もつかない。そんなアオヤマ君は、通っている歯科医院の“お姉さん”と仲がよく、“お姉さん”はオトナびた賢いアオヤマ君を、 ちょっと生意気なところも含めかわいがっていた。ある日、アオヤマ君の住む郊外の街にペンギンが現れ、そして消えた。アオヤマ君は、“お姉さん”が投げたコーラの缶が、ペンギンに変身するのを目撃する。お姉さん”とペンギンの関係とは?少し不思議で、一生忘れない、あの夏の物語が始まる。

 

オフィシャルサイト
http://penguin-highway.com/

 



■宇多田ヒカルオフィシャルサイト
http://www.utadahikaru.jp



関連商品

  • image
    初恋
    2018.06.27
    アルバム
    ¥3,000+税
    デビュー20周年に放つ7枚目のオリジナルアルバム。