足立佳奈
金メダリストも応援に駆け付け初のワンマンライブで新曲「サクラエール」初披露

2017.12.27

ツイッターにアップした15秒動画「笑顔の作り方~キムチ~」が中高生の間で話題となり、学生の中で社会現象を起こした足立佳奈が、2017年を初のワンマンライブで締めくくった。

 

今回のワンマンライブは2nd Single「フレーフレーわたし」の購入者限定のスペシャルライブとして行われ、ライブ以外にトークパートもあり、その模様がLINE LIVEで生中継された。



先に始まったトークパートでは、緊張しつつも、いつもの笑顔であいさつをし、2017年の活動を振り返りながらトークを展開。そして2nd Single「フレーフレーわたし」のトークに入ると、なんとミュージックビデオで共演した3名の金メダリストを擁するコナミスポーツ体操競技部の選手全員が応援に駆け付けるという豪華さ。

 

そこで「フレーフレーわたし」がコナミホールディングスのCM曲として起用され、正月に放映されることを発表。会場には割れんばかりの歓声が上がった。


『エンタテインメントとスポーツは人を動かすエネルギーだ』をコンセプトにしたこのCMは、足立佳奈の歌で元気づけられたコナミグループのスタッフ、アスリートが世の中の皆さんを応援するというメッセージが込められており、ファンの表情に期待がうかがえた。 



そんな中ライブパートに移行し、「実はこの会場は初めて人前で歌った会場でとても思い入れのある場所です。そんな場所で初のライブができて本当に特別な一日になりました」と途中MCを挟みながら5曲を歌い終えると、2018年2月28日に「サクラエール」をリリースすることを発表し、そのまま初歌唱を行った。

 

この曲は以前足立が15秒ソングとしてTwitterで発表した曲のフルバージョンとなっており、頭のサビが歌われた瞬間に涙するファンも多数。

初めて発表された新曲に会場は引き込まれ、ライブ終了後のSNSでは「サクラエール良すぎる!」「一番好きな曲がリリースされるのは嬉しい!」など多くの感想が上がり、会場に集まった大勢のファンは、ライブの余韻に浸りながら、会場を後にした。


【関連リンク】

■足立佳奈 オフィシャルホームページ

www.adachikana.com/