新着ニュース
トピックス
2013年06月07日
ビーディ・アイ PLAN
ビーディ・アイ、新作記念イベントで栗原類さんが「BEリアム」に!



英国最強のロックンロール・スター“リアム・ギャラガー”率いる、元オアシス・メンバーによる<ビーディ・アイ>のニュー・アルバム『BE / ビー』発売記念イベントで、“ビーディ・アイ応援隊長”として、モデルの栗原類さんがリアムになりきって登場した。

リリース・イベントは、彼らの新作アルバム・タイトル『BE / ビー』にかけて「BE(なりきり)リアム」、すなわち、ビーディ・アイ/リアムへの熱い想いを、ルックス&ファッションを含めコンテストで表現してもらうというもので、会場は、リアムのファッション・ブランドであるプリティーグリーン青山本店。リアムとビーディ・アイにゆかりある場所ということもあり、抽選で選ばれた熱心なファン100人が集った。

オアシス時代からリアム・ギャラガー、そしてビーディ・アイの大ファンであり、またプリティーグリーンも普段からよく着ているという栗原類さんは、この日“ビーディ・アイの応援隊長”としてサプライズ登場、トレードマークのロングヘアーをウィッグで隠し丸ぶちメガネをかけた「BEリアム」スタイルで、発売したばかりのニュー・アルバム『BE / ビー』とプリティーグリーンについて熱く語った。

「ビーディ・アイは自分達のスタイルを貫いているのがカッコいいんですけど、ニュー・アルバム『BE / ビー』は、彼らの内面的な部分が伝わってくる深いアルバム。僕たちがリアム・ギャラガーと正面から向き合える、リアム史上最高傑作だと思います。」

「プリティーグリーンは、普段あまりメンズ・ブランドを着ない僕でもサイズがぴったりで、イギリスならではのモッズ系スタイルもカッコいい。素材も良いので、プライベートでも遊びに来るほどお気にいりです。」
――栗原類

「BEリアム」コンテストでは、「リアムに影響されて、タンバリンを肌身離さず持っている」という熱烈ファンが「BEリアム」最優秀賞に決定、その他優秀賞含む計4名に、プリティーグリーンの豪華賞品がプレゼントされた。

8月にはサマーソニック2013の出演も決定しているビーディ・アイ。イベント最後に「僕も絶対見に行くので、会場でまたお会いしましょう」と、栗原類さん自身も楽しみにしていることを明らかにしたビーディ・アイの再来日までに、彼らの最新作『BE / ビー』はまさに必聴のアルバムである。


■iTunesからの購入先
https://itunes.apple.com/jp/album/be/id640050513
¥1,500(税込)
*iTunes、iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。


■関連サイト
日本オフィシャル・サイト http://www.sonymusic.co.jp/beadyeye
海外オフィシャル・サイト http://www.beadyeyemusic.com/
「プリティ・グリーン」サイト http://jp.prettygreen.com/

リトル・ミックス CD
1Dに続く快挙!UKガールズ・グループが全米初登場トップ5デビュー



今UKから全世界へと、その人気が一気に拡大中の4人組スーパー・ガールズ・グループ=リトル・ミックス。5月29日に全米デビューを果たした彼女たちのデビュー・アルバム『DNA』が、6月7日付の最新全米チャートで初登場4位を獲得し、「UK出身ガールズ・グループ史上初となるデビュー・アルバムでの全米チャート初登場トップ5入り」を果たした。これはあのスパイス・ガールズも成し遂げられなかった歴史的快挙であり(1997年リリースのデビュー作『スパイス』は初登場6位)、1Dに続くUKポップ期待の新星である新たなスーパー・ガールズグループの登場に全米中が熱狂している。
リトル・ミックスは、2011年にUK人気オーディション番組『Xファクター』にて、ジェシー、ジェイド、レイ・アン、ペリーの4人で結成され、見事番組史上初のグループ優勝を果たし、あのワン・ダイレクションと同じレコード会社/マネージメント契約を獲得。デビュー・シングル「キャノンボール」(ダミアン・ライスのカバー曲)と、続けてリリースしたオリジナル・シングル「ウィングス」がいきなり全英チャート連続1位を記録し、2012年11月にリリースしたデビュー・アルバム『DNA』は全英チャート3位を記録。“次のスパイス・ガールズ”、“ワン・ダイレクションの妹分”と称され、その人気がヨーロッパ各地やオセアニアにも飛び火する中、遂に5月29日に全米でもデビュー。今回のデビューに合わせ、5月27日〜6月10日にかけてアメリカの主要都市でファン・イベント・ツアーを行っている彼女たちは、6月1日(土)にフロリダ州マイアミにて過去最大規模のファン・イベントを開催。2500人超の“ミキサーズ”(リトル・ミックスのファンの総称)が集結し、パフォーマンスや3時間半にも及ぶサイン会はもちろん、その一挙手一投足にイベントは終始大熱狂の連続。遂にアメリカにも久々の“ガールズ・グループ・ブーム”の嵐が上陸している。
日本でも、5月22日にソニー・ミュージックの日本公式Twitterアカウント(@LittleMixJP)を開設するや否や、なんとフォロワー数が10分で1,000人、一晩で3,500人、約2週間で5000人を突破し、 本格デビュー前にして、日本でも凄まじい勢いで“ミキサーズ”が拡大している。

キュートで個性的なルックス、抜群の歌唱力&ダンススキル、そして親近感溢れるガール・パワー全開のパワフルな歌詞で、全世界の“ミキサーズ“を魅了中のスーパー・ガールズ・グルー
プ、リトル・ミックス。今夏を予定している日本デビューが待ちきれない。


■リンク先■ 
オフィシャルサイト日本語版 http://www.little-mix.com/jp  
日本公式ツイッター https://twitter.com/LittleMixJP 
日本公式フェイスブック https://www.facebook.com/LittleMixJP

いきものがかり PLAN
いきものがかり、6/7のMステで新曲TV初披露!



いきものがかりが6月7日(金)の「MUSIC STATION」にて話題の新曲『1 2 3 〜恋がはじまる〜』をTV初披露する。現在、ニューアルバムを制作中のいきものがかりにとって、実に5か月ぶりのTV生出演となる。

この新曲『1 2 3 〜恋がはじまる〜』はいきものがかり11か月ぶりのニューシングルとして6月5日から発売中。能年玲奈が出演している「カルピスウォーター」CMソングとしても話題となっていて、誰もが経験する“恋のはじまり”の心浮かれるような気分を、ボーカル吉岡聖恵がみずみずしく、透明感のある歌声で届けるアッパーチューン。


■いきものがかりホームページアドレス
http://www.ikimonogakari.com/

2013年06月05日
ダフト・パンク CD
ダフト・パンク、3チャートで「2週連続1位」を獲得



ダンス・ミュージック界の最高峰アーティスト、ダフト・パンクが8年ぶりの4thアルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』を5/22に発売し、現在世界中で大ヒットしているが、ここ日本でも快進撃を続けている。

アルバム発売週では、自己最高記録を大幅ランクアップさせ「オリコン週間アルバムランキング」で”総合3位”にランクイン(洋楽ランキング1位)、さらに「iTunes週間アルバム・ランキング」と「タワーレコード全店の週間チャート」、<(5/20(月)〜5/26(日)集計>も1位に輝いたが、発売2週目となる今週も

・オリコン洋楽アルバム週間ランキング(6/3付)
・iTunes週間アルバム・ランキング <5/27(月)〜6/2(日)集計>
・タワーレコード全店の週間チャート<5/27(月)〜6/2(日)集計>

と、なんと2週連続で3冠に輝いた。


アルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』は、現時点で世界30カ国で1位を獲得、うちアメリカでは仏アーティストとして45年ぶりに初登場1位に輝き、イギリスでは今年最多初週売上枚数を記録して2週連続1位にランクイン中だが、さらにiTunesではなんと世界97カ国で1位を獲得!ダフト・パンクの快進撃はまだまだ止まらない。


■CD商品情報
DAFT PUNK / ダフト・パンク
『Random Access Memories / ランダム・アクセス・メモリーズ』

発売中(5/22発売済)
SICP-3817
¥2,520(税込)
*日本盤のみボーナス・トラック収録
http://www.sonymusic.co.jp/daftpunk


■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/random-access-memories/id617154241


■関連サイト
日本オフィシャル・サイト http://www.sonymusic.co.jp/daftpunk
海外オフィシャル・サイト http://www.randomaccessmemories.com

2013年06月04日
マイリー・サイラス CD
マイリー・サイラス、新曲を全世界一斉配信!



全世界トータル・セールス1,200万枚以上を誇り最近ではファッション・アイコンとしても絶大な人気を誇るマイリ―・サイラスがソニー・ミュージックへの移籍を発表と同時に新曲「ウィ・キャント・ストップ」(原題:We Can’t Stop)を全世界同時に解禁、日本でもiTunesにて独占先行配信が本日よりスタートしました。

彼女は海外ドラマ・シリーズ『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』で主演を演じ一躍有名となり、過去にリリースした4枚の作品はどれも全米チャート1位を獲得。現在20歳となった彼女はティーンの頃のイメージとは一新して大人の女性となり、トレードマークのロングヘアをばっさり切りベリー・ショートへ変身、体型やファッションなどもブラッシュアップされ新たなファンを獲得しており、最近では米人気雑誌『マキシム』による“最もセクシーな女性100人をランキング”にて数々のアーティストや女優を抜いて第1位に選ばれたばかりです。Twitterのフォロワー数1,200万人以上と全世界からその言動すべてが注目される彼女。

現在はニュー・シングル「ウィ―・キャント・ストップ」をプロデュースしたマイク・ウィル他、ワン・ダイレクションやKE$HAのプロデューサーとしても知られるドクター・ルーク、さらにウィル・アイ・アム、ファレル・ウィリアムスといった錚々たる豪華プロデューサー陣を従えて今秋発売のニュー・アルバム制作のためレコーディング中です。ぜひマイリ―・サイラスの今後にご期待ください!

■ニュー・シングル「ウィ・キャント・ストップ」iTunes
http://bit.ly/11S88px

■オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/mileycyrus
http://wecantstop.mileycyrus.com/

JUJU CLIP
JUJU、新曲MVでスヌーピーと奇跡の共演!



6月26日発売のJAZZアルバム『DELICIOUS 〜JUJU’s JAZZ 2nd Dish〜』に収録される新曲「Take Five」のミュージックビデオが、本日よりJUJU Official YouTube Channelにてフル視聴スタート!

今回のミュージックビデオの目玉は、スヌーピーの出演!前作のJAZZアルバム『DELICIOUS』のジャケットにはPEANUTSキャラクター達が登場しており、2作目となる今回は、ジャケットだけでなくミュージックビデオにもスヌーピーが登場!オリジナルのPEANUTSのBGMにJAZZ楽曲が使用されていることもあり、今回のコラボレーションが実現。

ミュージックビデオ内のアニメーションは、このために書き下ろされたオリジナル作品。舞台は古き良きアメリカを思わせる、TVショー。摩天楼などの建築にも用いられているアール・デコ様式をモチーフにし、JAZZの本場でもありJUJUが長年暮らしたNYの空気感をまとっている。

さらに、ビデオに出てくる近未来のようなダンサーは、トリアディックバレエと呼ばれるオスカー・シュレンマーによって1920年前後に完成された作品で、アール・デコの一端を担ったものです。ミュージシャンはNYで長年活動していた本物のジャズマンを起用。細部にまでこだわった作品が完成した。JUJUによるJAZZとスヌーピーの奇跡の共演を、ぜひご覧いただきたい。

■JUJU Official YouTube Channel
http://www.youtube.com/user/jujuSMEJ


■JUJU『Take Five』視聴URL
http://www.youtube.com/watch?v=f2JaTGPvtwQ&feature=share&list=PLFZdcXLpbddNH4NMYJgVvsQXXohi1TStH

■リリース情報
JUJU 2nd JAZZ Album
『DELICIOUS 〜JUJU’s JAZZ 2nd Dish〜』
2013.6.26 Release
AICL-2545 / \3,059(tax in)

■JUJU オフィシャルHP
http://www.jujunyc.net/
LUHICA PLAN
資生堂TSUBAKIのCMで話題のLUHICA、初の肉声オンエア



無名の新人ながら、資生堂TSUBAKIテレビCMに大抜擢され、話題を呼んでいるLUHICA。6月12日にそのCMソング「独り言花」でデビューする彼女だが、本日よりbayfmにてオンエアされる「BRAND NEW HOT SHOT」内にて初めて自身の声が放送されることが明らかになった。番組内では、自身のプロフィールや制作での出来事、デビューまでの経緯なども本人から話されることになっており、数百本のデモテープからプロデューサー秋元康氏に見いだされ、資生堂TSUBAKI CMソングに、新人ながら異例の大抜擢されたこと以外、素顔や年齢などもいまだ公開されておらず、本人のキャラクターを知ることができる貴重な放送となる。

6月12日にリリースされる「独り言花」は、着うた(R)の先行配信がスタートしており、レコチョクデイリーランキングで2位に入るなど注目度が高まっている。


■番組詳細
bayfm「BRAND NEW HOT SHOT」
毎週(月)〜(木)21:25〜21:30
週替わりDJによる5分間の独りしゃべり番組
OA:6/3(月)〜6/20(木)の全12回

■「独り言花」Music Video
http://youtu.be/INTOx7QW974

■「独り言花」ダウンロード
http://recochoku.jp/artist/30272112/

■LUHICAオフィシャルYouTubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/luhicaSMEJ

■オフィシャルHP
http://www.luhica.com/

安田レイ CD
安田レイ、「宇宙戦艦ヤマト2199」テーマ曲でデビュー



音楽ユニット“元気ロケッツ”にヴォーカリストとして参加してきた美女シンガー『安田レイ』。そんな彼女がTVアニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」のエンディングテーマに大抜擢され、同楽曲「Best of my Love」にてメジャーデビューをすることが発表となった!

今をさかのぼること7年前の2006年、YouTubeにいちはやくミュージックビデオを公開し、全世界から注目を集めた音楽ユニット、元気ロケッツ。その独特の世界観の中で、架空の存在であるヴォーカリスト「Lumi」の役を担当してきた彼女。

彼女のデビュー曲「Best of my Love」はMBS・TBS系アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」のエンディングテーマとして6月2日から7月28日までオンエアされるが、同じアニメの4月・5月のエンディングテーマは、中島みゆきが作詞・作曲、中島美嘉が歌っているというだけに、新人としては異例の大抜擢。その歌声への期待の大きさが伺える。

3歳まではアメリカ・ノースカロライナ州で過ごしたという日米ハーフの『安田レイ』。母親の聴いていたLove Phychedelicoや竹内まりやなどで幼い頃から音楽に囲まれて過ごしていたが、宇多田ヒカルに衝撃を受け、シンガーを志したという。

そして、13歳の時に受けた元気ロケッツのオーディションに合格したことで、本格的な音楽活動をスタート。元気ロケッツのプロデューサーであり、数千人の候補の中から安田レイを見出したのは、数々のヒット曲を手掛けてきたアゲハスプリングス代表の玉井健二。「あらゆる国籍のキャストが居並ぶなかで、彼女ひとりだけが透き通るほどピュアで、それでいて誰よりも激しい輝きを放っていました。そして、13歳にしてその歌声にほとんどのオトナが泪したあの瞬間から、ソロ・デビューの姿をイメージしながら共に音楽を創ってきました。」とコメントを寄せているように、デビューシングルとなった「Best of my Love」はもちろんのこと、今後も引き続き安田レイの音楽プロデュースを手掛けていく。

10年越しの夢を叶え、20歳という節目の年でメジャーデビューを果たした安田レイ。「英語力を生かして、日本だけではなく、世界中の人に歌声を届けて行きたい」と、さらなる夢に向けての飛翔を誓った。


■安田レイ コメント
Q:デビューが決まったと聞いた時の感想は?
デビューが決まった時は本当に嬉しくて、ママと飛び跳ねて喜びました!
ずっとずっと小さい頃から歌う事が大好きで、歌手になる事が夢だったので、その夢が叶って心の底から嬉しいです!!
そして、宇宙戦艦ヤマト2199のエンディングに決まって本当にびっくりしました!
こんなに有名なアニメのエンディングにまさか選ばれるとは思いませんでした!
この機会に、たくさんの人に安田レイという存在を知ってもらい、これからもたくさんステキな音楽を届けていきたいです。

Q:自分の歌をどんな人に聞いてもらいたいですか?
英語力を活かして、日本だけではなく、世界中の若い世代の人達に聴いてもらいたいです!
そして、J-POPの良さだったり、音楽を通してたくさんの想いを届けて行きたいです。

Q:今後の目標は?
世界中で活躍できる、グローバルなアーティストになりたいです。
そして、音楽やファッションを通してたくさんの人をハッピーにして行きたいです!


■オフィシャルサイト/SNS情報
安田レイオフィシャルサイト http://www.yasudarei.net/
FACEBOOK http://www.facebook.com/yasudareiofficial
mixi公認アカウント http://p.mixi.jp/yasudarei
twitter http://twitter.com/yasudarei
amebaブログ http://ameblo.jp/yasudarei/
宇宙戦艦ヤマト2199 公式サイト http://www.yamato2199.net/

2013年05月31日
ダフト・パンク CD
ダフト・パンク、仏アーティスト約45年ぶりの全米チャート1位



ダンス・ミュージック界の最高峰アーティスト、ダフト・パンクが、8年ぶりの4thアルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』<日本:5/22リリース>で、全米アルバム・チャート「ビルボード200」で1位を獲得した。【2013/6/8付】

本作は、マドンナの『MDNA』が2012年4/14付けで全米チャート初登場1位に輝いて以来、“ダンス/エレクトロニック”アルバムとして初めて全米チャート1位を獲得、また今年2013年、ジャスティン・ティンバーレイクに次ぐ初週最多売上枚数を記録しての全米初登場1位作品でもある。さらに、フランス人アーティストとして同チャートで1位を獲得したのは、1968年のポール・モーリア『Blooming Hits』以来、約45年振りとなる。

そしてiTunesでは、なんと本作が史上最高のアルバム予約数を記録!現時点(5/31付)で日本を含む世界97カ国で1位を獲得している。日本でも、自己最高記録を大幅更新し、「オリコン週間アルバムランキング」【2013/6/3付】で総合3位にランクイン(洋楽ランキングは1位)、さらに5/20(月)〜5/26(日)集計の「iTunes週間アルバムランキング」と「タワーレコード全店の週間チャート」でも1位を獲得するなど、ダフト・パンク人気はさらに加速中だが、海外でも現時点(5/31付)でアメリカの他、、イギリス、オーストラリア、ドイツなど世界21カ国で1位を獲得、特にイギリスでは、シングル「ゲット・ラッキー」が2013年度の最多シングル売上数を記録中なのに加え、アルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』も 「2013年の最多初週売上枚数」で初登場1位に輝き、アルバム&シングルの2冠を制するという歴史的大ヒットとなっている。

まさに世界を席巻中のダフト・パンク、彼らの快進撃はまだまだ続く。


■CD商品情報
DAFT PUNK / ダフト・パンク
『Random Access Memories / ランダム・アクセス・メモリーズ』

発売中(5/22発売済)
SICP-3817
¥2,520(税込)
*日本盤のみボーナス・トラック収録
http://www.sonymusic.co.jp/daftpunk


■iTunesでの購入先
https://itunes.apple.com/jp/album/random-access-memories/id617154241
¥1,500(税込)
*iTunes、iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。


■関連サイト
日本オフィシャル・サイト
http://www.sonymusic.co.jp/daftpunk
海外オフィシャル・サイト
http://www.randomaccessmemories.com

2013年05月29日
M-ON! ワールドクラスのダンサーを招いたワークショップ開催 PLAN
M-ON! ワールドクラスのダンサーを招いてワークショップ開催



ダンス界からは 世界中で活躍し コレオグラファーとしての活動も記憶に新しいダンス・アーティストのKENTO MORIをはじめ、海外での活動に加え 日本でも舞台やCM・TV出演などの活動を開始したダンサー/コレオグラファーの仲宗根梨乃、世界最強双子ダンサーで知られ 現在はビヨンセのワールドツアー参加中のLES TWINS。

フィットネス界からは 元エアロビ世界チャンピオンで 現在もワールドワイドに活躍する伊藤由里子の他、元ヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルズで世界中の女子の憧れ、ミランダ・カーのパーソナルトレーナーでもあるジャスティン・ジェルバンドの初来日参加が決定!

世界で活躍するアーティスト達のスペシャルなワークショップを是非とも体感して欲しい!

【日時】
2013年6月15日(土)~6月23日(日)
土日:1st 14:00開演 / 2nd 18:00開演
平日:1st 18:00開演 / 2nd 20:30開演

6/15(土)、16(日) LES TWINS
6/17(月)、18(火) 仲宗根梨乃
6/20(木)、21(金) KENTO MORI
6/22(土) 伊藤由里子 with DDD GIRLS
*ミックスダンス(ラテン・HIP HOP・HOUSE)、参加賞あり!
6/23(日) ジャスティン・ジェルバンド
*元ヴィクトリアズ・シークレット・エンジェル、ミランダ・カーのパーソナルトレーナー

【料金】
一般参加:\4,000(税込)
*6/15(土)、16(日)のみ観覧席(税込\3,000)あり

【会場】
DDD 青山クロスシアター(東京都渋谷区渋谷 1-3-3 SIA 青山ビルディング B1F)

【出演】
KENTO MORI / LES TWINS / 仲宗根梨乃 / 伊藤由里子 with DDD GIRLS / ジャスティン・ジェルバンド

http://www.m-on.jp/apply/invite/2013/05/21/17281/
2013年05月28日
ダフト・パンク CD
ダフト・パンク、初のオリコン総合トップ3入り!



ダンス・ミュージック界の最高峰アーティストダフト・パンクが、5/22に発売した8年ぶりの4thアルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』で自己最高記録を更新、6/3付「オリコン週間アルバムランキング」で、なんと総合3位にランクインした(洋楽ランキングとしては1位)。

ダフト・パンクの今までの最高位は、01年の2ndアルバム『ディスカバリー』で記録した17位。10年以上の時を経て、今作で10位以上も自身の記録をランクアップさせたことになる。

さらに、5/20(月)〜5/26(日)集計の「iTunes週間アルバムランキング」と「タワーレコード全店の週間チャート」でも1位を獲得!日本でのダフト・パンク人気はさらに加速しそうな勢いだが、海外でも、既にチャートが発表されたイギリス&オーストラリアで初登場1位を獲得!特にイギリスでは、シングル「ゲット・ラッキー」が2013年度の最多シングル売上数を記録中なのに加え、アルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』も初登場1位に輝き、アルバム&シングルの2冠を制するという歴史的大ヒットとなっている。

また、5/24付の「billboard.com」ニュースでも、まもなく発表される全米アルバム・チャートの初登場1位が確実視されるなど、世界各国での1位が見込まれるなか、5/26(日)にはモナコ・グランプリに突如ダフト・パンクがゲスト出演し会場を沸かせるなど、常にあっと驚く話題を提供してくれる彼ら。世界はまだまだダフト・パンクから目が離せない。




■5/24付 billboard.comニュース
http://www.billboard.com/biz/articles/news/branding/1563855/daft-punks-random-access-memories-strong-numbers-show-pre-release


■CD商品情報
DAFT PUNK / ダフト・パンク
『Random Access Memories / ランダム・アクセス・メモリーズ』

発売中(5/22発売済)
SICP-3817
¥2,520(税込)
*日本盤のみボーナス・トラック収録
http://www.sonymusic.co.jp/daftpunk


■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/random-access-memories/id617154241
¥1,500(税込)
*iTunes、iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。


■関連サイト
日本オフィシャル・サイト
http://www.sonymusic.co.jp/daftpunk
海外オフィシャル・サイト
http://www.randomaccessmemories.com

BO NINGEN LIVE
ロンドン発逆輸入 BO NINGEN再来日!



イギリス・ロンドンを拠点に活動する日本人4人組バンド、BO NINGEN。UK ベースに活動しているにも関わらず、全編日本語の歌詞と独自のサイケデリックロックサウンドと70 年代サイケデリックを体現したようなビジュアルでデビュー以来大きな注目を集める。

海外では「NME」「MOJO」などのUKを代表する音楽メディア、The Horrorsのファリス・ロッター、The Clashのポール・シムノン、Franz Ferdinand、Klaxons、SAVAGESら多くのミュージシャンから喝采を浴びる。日本国内では今年2月、最新アルバム『Line The Wall』を引っ提げてJAPAN TOURを開催。その音楽性の高さと破天荒かつ驚くほど快楽的なパフォーマンスで日本の音楽シーンをじわじわ席巻中!

そんなBO NINGENの今年2度目の来日公演が決定!『BO NINGEN HEADLINE LIVES 2013』と題されたミニツアー。8月に東名阪の3大都市にて開催。名古屋APOLLO THEATERと大阪SHANGRI-LAはゲストに朋友N'夙川BOYSを迎えてのヘッドラインライブを、東京UNITは特別単独公演を行う。本日12時よりオフィシャルHP最速先行予約がスタート!
http://eplus.jp/boningen-hp/

ご予約はお早めに!

そして北海道『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO』にも出演決定!今回が日本の野外フェス初参戦となる。日本人にしてUK シーンの先端を走る、ロンドン発逆輸入サイケデリック・ロックが日本再上陸にご期待いただきたい。


■オフィシャルサイト
http://boningen.info/
MISIA LIVE
MISIA 初の夏フェス出演決定!



今年でデビュー15周年をむかえたMISIAが、自身の歴史で初めて夏フェスに出演することがわかった。

8月10日(土)に大阪で行われる都市型ロックフェスティバル「SUMMER SONIC 2013」と、8月17日(土)に北海道で行われる野外ロックフェスティバル「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO」への出演だ。

デビュー以来、自身のライヴツアーを活動の中心にしてきたMISIAだが、15周年という節目の年に主催者サイドからの熱烈なオファーに答える形で実現となった。

圧倒的なライヴパフォーマンスで定評のあるMISIAの初の野外フェスティバル出演に、ファンのみならず早くも期待が高まっている。


■MISIAオフィシャルHP
http://www.misia.jp/
スキマスイッチ CD
スキマスイッチ、初のオールタイム・ベスト発売



5月27日(月)スキマスイッチオフィシャルHPにて、デビュー10周年を記念して、初のオールタイム・ベストアルバム『POPMAN’S WORLD〜All Time Best 2003-2013〜』が8月21日(水)に発売され、
10月からベスト・アルバムを携えた、全国アリーナツアー『Sukimaswitch 10th Anniversary Arena Tour2013“POPMAN’S WORLD”』が開催されることが発表になった。

スキマスイッチは今年2013年7月9日に2003年のデビューから満10周年を迎える。2人が生み出す極上のメロディと、ボーカル・大橋卓弥の表現力豊かな唯一無二の歌声、そして音楽ジャンルにとらわれない常田真太郎の絶妙なサウンドアレンジが特徴の“スキマ・サウンド”は数々のヒット曲とともに幅広い世代のリスナーから支持されてきた。

そんな彼らの10年間の集大成と言える初のオールタイム・ベストアルバムの発売が決定!スキマスイッチの代表曲「奏(かなで)」「全力少年」はもちろん、「ボクノート」「ガラナ」「アイスクリーム シンドローム」「ユリーカ」等のヒット・シングルから「スフィアの羽根」「藍」などライブ定番曲や人気楽曲までを完全網羅。

初回生産限定盤はA・B2タイプあり、通常盤とあわせて3形態が同時発売される。初回生産限定盤Aは2004年リリース「奏(かなで)」の当時の制作現場に完全密着したメイキング映像のディレクターズカット他、撮り下ろしスペシャル・コンテンツを収録した特典DVD付き、初回生産限定盤Bはメジャーデビュー前の秘蔵デモ音源を収録したボーナスCD付きと10周年にふさわしい豪華版となった。

また、ベスト・アルバムを携え、10月5日福岡国際センターを皮切りに全国アリーナツアーの開催が決定!10年間の集大成となるアニバーサリー・ライブはプレミアム・チケットとなること間違いなし。チケットをゲットしてこのスペシャルなステージを体感して欲しい。

6月19日(水)には10周年YEAR第一弾となるニュー・シングル「スカーレット」の発売、7月27日(土)には『Sukimaswitch in Augusta Camp 2013〜Sukimaswitch 10th Anniversary〜』の開催も発表となっており、スキマスイッチ10周年アニバーサリーイヤーから目が離せない。


■関連サイト
スキマスイッチ10周年記念特設サイト
http://www.office-augusta.com/sukimaswitch/10th

奥田民生 CD
奥田民生、地元広島のマツダCM曲書き下ろし



広島出身で広島をこよなく愛する奥田民生が地元・広島が生んだ自動車メーカー・マツダのCMのためにオリジナルの新曲を制作した。

タイトルは「風は西から」。タイトルからして既に地元愛が感じられる楽曲になっているが、この曲は、マツダが掲げた「Be a driver.」というスローガンに込めた思いに共感して書き下ろしたもの。奥田本人も昔からマツダの車を愛用しており、「いつかマツダのCMソングをやりたい」と話していたことがついに念願叶って実現した。楽曲は非常に疾走感溢れる民生節が光る楽曲に仕上がっているとのことだ。

この新曲が使用されたマツダのCMは、6月より放送スタートとなるが、CM放送に先駆けて本日より奥田民生Youtubeチャンネルにて新曲レコーディング映像が公開された。ドラム、ベース、ギター、ボーカルまで全て奥田本人が1人でレコーディングしている制作風景をまとめた映像で、映像の最後には新曲の一部も聞ける内容になっているとのこと。近日中にマツダのホームページやFacebookでも新情報が更新されていくとのことなので、そちらも楽しみにしていてほしい。

尚、この新曲のリリースに関しては未定とのことなのでまずはCMで新曲をチェックしてみよう。


■奥田民生 Youtube Official Channel内「新曲近日公開!」映像はコチラ
http://youtu.be/owg0z8NVbIM

■奥田民生オフィシャルサイト
http://www.okudatamio.jp/

■マツダオフィシャルFacebookページ
https://www.facebook.com/Mazda.Japan

■マツダオフィシャルサイト
http://www.mazda.co.jp/

2013年05月24日
角松敏生 PLAN
角松敏生 Female Vocalist Audition開催



シンガーソングライターの角松敏生が自身のサイトで女性ヴォーカリストオーディションをスタートさせた。このオーディションは、今後リリースが予定されているアルバム収録予定のデュエット曲にて、デュエットパートナーとしてレコーディングに参加できるというもの。1981年のデビュー以来、シンガーソングライターとして、また他アーティストへの楽曲提供やプロデューサーとして、国内外問わず一流ミュージシャンとセッションを繰り広げ、完成度の高いサウンドを発信してきた角松が、一般オーディション形式でデュエット相手を募集するというは初めての試み。楽曲の詳細は現段階では明らかになっていないが、起用されれば、その実力にお墨付きが得られることは間違いない。

「応募作品は新しい才能の発見を期待しつつ、頑張って聴かせてもらいます。楽しみです」(角松)

応募は2013年7月末まで。すでに発表になっているが今年の夏は、初の情熱大陸ライヴへの参加、恒例となっているビルボードライヴでのインスト楽曲を中心としたライヴ、軽井沢でのピアノトリオとのライヴ、逗子海岸の音霊、と精力的にコンサートを行い、その後に実際のレコーディングが行なわれる予定とのこと。年齢の枠はあるものの、プロ、アマ問わずということなので、ぜひ挑戦してみては!


■オーディションサイト
TOSHIKI KADOMATSU Female Vocalist Audition
http://www.kadomatsu.jp/special/audition/
ビーディ・アイ CLIP PLAN
ビーディ・アイ、ミュージック・ビデオ公開!リリース・イベントも決定



英国最強のロックンロール・スター、リアム・ギャラガー率いる、元オアシス・メンバーによるビーディ・アイが、最新シングル「セカンド・バイト・オブ・ジ・アップル」ミュージック・ビデオを公開した。

■「セカンド・バイト・オブ・ジ・アップル」視聴
http://vimeo.com/66569883


監督は、ビーディ・アイのデビュー作『ディファレント・ギア、スティル・スピーディング』からのビデオ「ザ・ローラー」「ブリング・ザ・ライト」等も手掛けたチャーリー・ライトニングで、リアムが「宇宙にぶっ放したロックンロール」と語るニュー・アルバムからの1stビデオに相応しい、スペイシーかつサイケデリックな内容になっている。

ニュー・アルバム『BE / ビー』の日本盤は、ボーナス・トラック6曲を追加収録して本国UKに先駆けて6/5に先行発売されるが、初回盤はスペシャル・パッケージ仕様に加え、リアム・ギャラガーのクロージング・ブランド「プリティグリーン」がこのためだけにデザインしたという、ビーディ・アイとのコラボ・ステッカーも封入とかなりの豪華盤。そしてさらに、PORTERとのダブルネーム・カードケースが抽選であたるステッカーも商品に添付されることが決定!

そんな豪華日本盤発売を記念して、発売日の6/5にリリース・イベントの開催も決定した。会場は、なんと「プリティグリーン」青山本店!当日はスペシャル・ゲストを迎え、ビーディ・アイの最新インタビューなども公開予定。さらに来場者には全員プレゼントも!

■参加応募はこちら
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/beadyeye/special/130530/
*応募〆切は5/30(木)24:00迄、当選者には5/31(金)にメールにて当選案内がいきます
*ビーディ・アイ本人の出演はありません。


ニュー・アルバム『BE / ビー』は、TVオン・ザ・レディオのマルチ・プレイヤー、デイヴ・シーテックをプロデューサーに迎えて制作、さらに兄ノエルへ向けられた曲「ドント・ブラザー・ミー」や元祖エロティック・カメラマンと称される英カメラマン、ハリー・ペチノッティによる官能的なアートワークなど、多方面で話題をさらっているので、ビーディ・アイ/オアシスのファンはもちろん、初めて彼らを知る人も要チェックのイベントだ。


■iTunes 予約はこちら
https://itunes.apple.com/jp/album/be/id640050513
¥1,500(税込)
*iTunes、iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。


■ビーディ・アイ: リリース・イベント情報
日時:6/5(水)
場所:プリティグリーン青山店 (港区北青山3-13-7) http://jp.prettygreen.com/
OPEN: 18:00
START: 18:30 (19:00終了予定)

イベント参加応募サイト(PC/スマートフォンのみ):
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/beadyeye/special/130530/
応募〆切: 5/30(木) 24:00迄

*当選者へは5/31(金)に当選案内メールがいきます
*ビーディ・アイ本人の出演はありません。

Chara CLIP
Chara「凄い切ない。」新曲MVを公開



Charaが6月5日に発売する滝沢秀明主演ドラマ NHK BSプレミアム「真夜中のパン屋さん」主題歌「hug」の新曲ミュージックビデオを、ソニー・ミュージックエンタテインメントの YouTube公式チャンネルに公開した。

グルーヴィーで芯のあるバンドサウンドに繊細なストリングスが絡み合う、Charaの本髄が感じられるミディアムバラードに合わせ、今作は監督を番場秀一が担当。大海原に浮かぶ切ない女と男のストーリーと映像美が、楽曲を更に盛り上げている。

Chara本人も、オフラインの段階からツイッターで「凄い切ない。いい! Charaの6月5日発売の新曲 「hug」のMVのオフライン見た!! もう一回見る!わーーー 早く見せたいわー」と呟いており、ファンの間からも解禁を待たれていた。是非、チェックして欲しい。


■Chara「hug」
http://youtu.be/FPpspV2EHPs

「hug」6月5日発売
KSCL-2247
1,020 yen (tax in)
<収録楽曲>
Tr.1 hug (4:23)※NHK BS プレミアム「真夜中のパン屋さん」主題歌
Tr.2 永遠 (3:53)
Tr.3 永遠 (1st demo ver.) (3:33) ※NHK-FM「ミューズノート」オープニングテーマ
TOTAL (11:55)


http://charaweb.net/
トミタ栞 CLIP
「saku saku」MCトミタ栞の新ミュージックビデオが到着



常田真太郎(スキマスイッチ)、大貫亜美(PUFFY)らが作詞を手掛けたCDデビュー・ミニアルバム「トミタ栞」収録曲から、『あたらしい朝のうた』のミュージックビデオが解禁!!

いよいよ来月、6/26に待望のCDデビューをむかえる、人気音楽バラエティー・テレビ神奈川「saku saku」5代目のMCトミタ栞。そんな彼女のデビューミニアルバム「トミタ栞」から、収録曲の「あたらしい朝のうた」のミュージックビデオが届けられた。まずは顔と名前を覚えてもらえたら・・・という意味が込められたかどうかは不明だが、初々しくも、白バックにカメラ目線で堂々と歌いきる、その姿は、これまでの表情は少し異なるアーティスト・トミタ栞の片鱗が見え隠れする内容に仕上がっている。

また、このたび、デビューミニアルバム「トミタ栞」の発売を記念した、入場無料のイベント開催も決定!!(一部の会場を除く)。アルバム収録曲を披露するかは未定だが、イベントMCには現在、トミタ栞がレギュラー出演中のテレビ神奈川「saku saku」で
共演中のピン芸人・ギフト矢野の参戦もあり。いつもとは一味違った、アーティスト・トミタ栞の魅力を引き出してくれそうだ。
さらにCDデビューのきっかけにもなった、トミタ栞の1人しゃべりによるUSTREAM番組『第2回オーバーオールでこんにちは』がCDデビュー直前の6/21(金)21:00からインターネット放送される。


■「あたらしい朝のうた」ミュージックビデオ動画
http://youtu.be/3NHWlwQtnpA


■関連サイト
トミタ栞オフィシャルサイト
http://www.tomitashiori.com/

トミタ栞すたっふツイッター
https://twitter.com/tomitastaff

tvk「saku saku」番組サイト(トミタ栞がメインMC を務める番組オフィシャルサイト)
http://www3.tvk-yokohama.com/saku2/

中島美嘉 LIVE
中島美嘉、中島みゆき“縁会”に史上初ゲスト出演!



先日5月22日に中島みゆきさん書き下ろし楽曲「愛詞(あいことば)」(MBS・TBS系全国ネット「宇宙戦艦ヤマト2199」エンディングテーマ)をリリースするなどますます精力的な中島美嘉が、なんと5月23日に大阪で開催された「festival hall オープニングシリーズ 中島みゆき 「縁会」 2012〜3 追加公演」にサプライズ出演した。

中島みゆきさんのライブにゲストとしてアーティストが招かれるのは史上初。本編終了後、会場のアンコールにこたえ再び中島みゆきさんが登場。事前のMCもなく「愛詞(あいことば)」のイントロが始まると、楽曲の一番を中島みゆきさんが歌い、間奏で中島美嘉がサプライズ登場。その突然の姿に会場から暖かい歓声が飛ぶと、そのまま2番を歌い、最後のサビは中島みゆきさんが中島美嘉の歌にハーモニーを付けるという奇跡のデュエットが実現。中島美嘉が歌い終わると、中島みゆきがギュッと中島美嘉の手を握り、会場を沸かせた。

レコーディングの時からみゆきさんの仮歌を聞き、「みゆきさんの歌にはかなわないから、精一杯自分らしく歌う」と話していた中島美嘉にとって、本当に貴重なライブとなった。


■関連サイト
中島美嘉オフィシャルファンクラブ「Lotus」
http://www.mikanakashima.net/

中島美嘉mobile
http://k.mikanakashima.com/mob/index.php

中島美嘉愛猫ツイッター
【アカウント名】 mikahaztter

公式Facebook
http://www.facebook.com/MikaNakashimaOfficial

2013年05月22日
ダフト・パンク CLIP CD
ダフト・パンク、最新シングル「ゲット・ラッキー」バイラル映像が完成!

 

母国フランスはもちろん世界中の数え切れないアーティスト達に影響を与えているダンス・ミュージック界の最高峰アーティスト<ダフト・パンク>の最新シングル「ゲット・ラッキー」のバイラル映像が完成!

最新シングル「ゲット・ラッキー」は早くも全世界で100万ダウンロードを突破し、配信ストリーミング・サービスSpotifyでは「一日に最もストリーム再生された曲」として新記録を樹立、日本を含む世界56カ国のラジオ局チャートで1位を記録するなど世界中で大ヒットしているが、今回オフィシャル・ミュージック・ビデオが制作されないことを受け、急遽、日本でもバイラル映像が制作された。

■バイラル映像 「ゲット・ラッキー」
http://www.youtube.com/watch?v=RJF0BBm9ywM



タイトルの「ゲット・ラッキー」にかけて、“ゲッツ!”のギャグでおなじみのダンディ坂野さんと、カリスマ振付師“ラッキィ”池田さんを起用、さらにビデオのオープニングには、現在「いつやるか?今でしょ!」のフレーズで大人気の東進ハイスクール講師 林修さんを迎えて制作されたが、ダンディ坂野さん、ラッキィ池田さんともに大の<ダフト・パンク>ファンで、「昔の夢はギタリストだった」という林修先生は、今回ミュージック映像に初出演!

また、この映像には一般のファンの方々も参加!当日は長蛇の列ができ入場規制がかかるほどの熱狂ぶりをみせた、渋谷「笹塚ボウル」でのリリース・パーティへ参加したラッキーなファンの方たちとのマッチングも楽しめる内容となっている。

さらに、8年ぶりとなる4thアルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』発売を祝して、本日5/22より「日本ダフト・パンク化計画」もスタート!日本中の<ダフト・パンク>ファンやメディアの方々が、日本各地の様々なロケーションで、今作のアートワークでもある合体ヘルメットのお面を被った写真を撮影、その模様が随時ソニーミュージック洋楽facebookサイトに掲載される。

■「日本ダフト・パンク化計画」 写真アップはこちら https://www.facebook.com/INTSonyMusicJP/photos_albums




英NME誌レビューで10点満点がつけられたダフト・パンクの最新アルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』は世界各国で早くも初登場1位が噂されているが、ここ日本でも発売早々にiTunesの「トップアルバムチャート」と「トップポップアルバムチャート」で1位(2013年5/22 正午時点)を記録!

2013年の音楽シーンを代表する1枚になるであろうダフト・パンクの最新作『ランダム・アクセス・メモリーズ』は、音楽ファン必聴の作品だ。


■CD商品情報
DAFT PUNK / ダフト・パンク
『Random Access Memories / ランダム・アクセス・メモリーズ』



5/22発売
SICP-3817
¥2,520(税込)
*日本盤のみボーナス・トラック収録
http://www.sonymusic.co.jp/daftpunk


■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/random-access-memories/id617154241
¥1,500(税込)
*iTunes、iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。


■その他
バンダイから<ダフト・パンク>のアクション・フィギュア、11月発売!
5/22 16:00よりオンライン予約スタート。
http://tamashii.jp/special/daftpunk/

11月発売予定(受注生産)
全高: 約150mm
価格: \4,725 (一体)
製造元・販売元: 株式会社バンダイ


■ダフト・パンク バイオグラフィー
トーマ・バンガルテルとギ=マニュエルのエレクトロ・ミュージック・デュオ。今までグラミー賞も2冠獲得し、母国フランスはもちろん世界中の数え切れないアーティスト達に影響を与えているダンス・ミュージック界の最高峰アーティスト。01年の2ndアルバム『ディスカバリー』では、本人達の夢でもあった日本漫画界の巨匠、松本零士氏とのコラボレーション・プロジェクトが実現、最近ではau「FULL CONTROL」篇TVCMソングとしても有名な「ワン・モア・タイム」を始め、アルバム収録全曲が映画『インターステラ5555』として発表されたことも話題となった。05年に3rdアルバム発売&ワールドツアーを行うも、その後は映画「トロン: レガシー」のサウンドトラックを手掛ける等以外は活動休止状態だった彼らが、このたび初のレーベル移籍、結成20周年となる今年2013年、オリジナル作としては8年ぶりとなる4thアルバム発売をついに発表!コンピュータのメインメモリ「RAM」の最後に複数形を表わす「S」を付けたアルバム・タイトル『ランダム・アクセス・メモリーズ』はダフト・パンク流のヒューマニティーを表現、オフィシャル・サイトにて今作のイメージが発表された際には、世界中からアクセスが集中してサイトが一時ダウンするハプニングもありながらたった1日で10万以上の「イイネ!」と1万を超えるシェアがされ、1stシングル「ゲット・ラッキー」は日本を含む世界56カ国のラジオ局でナンバーワンを獲得、さらに音楽ストリーミング・サービスSpotifyでは「1日に最もストリーミング再生された曲」として新記録を樹立し、iTunesでは予約注文のみにも関わらず世界52カ国のアルバム・チャートでナンバーワンに輝いた。そしてついに、皆が待ち焦がれたダンス・ミュージックが再び地球に降り立つ―。


■関連サイト
日本オフィシャル・サイト http://www.sonymusic.co.jp/daftpunk
海外オフィシャル・サイト http://www.randomaccessmemories.com
バンダイ コレクターズ事業部公式サイト http://tamashii.jp/

日本独自ミュージック・ビデオ 「ゲット・ラッキー」視聴先 http://www.youtube.com/watch?v=RJF0BBm9ywM
「日本ダフト・パンク化計画」 写真アップ先 https://www.facebook.com/INTSonyMusicJP/photos_albums

2013年05月17日
BREAKING ARROWS CD
SHADEのDAITA、アメリカで結成した新バンドが全米デビュー



SIAM SHADEのギタリストDAITAがアメリカで新バンドを結成した。その名もBREAKING ARROWS。DAITAの長年の夢であった“真にインターナショナルなバンド”を作るため、自ら渡米し時間をかけて選び抜いたメンバーで結成した4人組のロック・バンドだ。

そのBREAKING ARROWSが、本日(アメリカ時間14日)1stシングル「TEARS FALLING HEAVY」で全米デビューを果たした。さらに1stアルバム『BREAKING ARROWS』の発売が決定したことも本日発表された。全米ではUSのロック・レーベルAudioNestより、6月18日にアルバムを発売、日本ではソニー・ミュージックジャパンインターナショナルより、7月31日にリリースされることも決定した。プロデユースはエアロスミス等で知られるアメリカのトップ・プロデューサー、マーティ・フレデリクセン。

このBREAKING ARROWS結成のいきさつは、2010年にDAITAが同年に発売された『SIAM SHADE Tribute』を手掛けたプロデューサー/作曲家のマーティ・フレデリクセンに興味を抱き、彼に会うために渡米したことから話は始まる。その際に、そのトリビュート・アルバムに参加し、以前スラッシュ(ex-ガンズ・アンド・ローゼズ)のヴェルヴェット・リヴォルヴァーのヴォーカル候補になったほどの実力を持つシンガー、ニック・フロストと出会ったことから、DAITAの中で“全米デビューを果たす”という夢が現実味を帯びてきたという。 自分が手がける重厚かつメロディアスな楽曲とニックの声の相性の良さはトリビュート・アルバムにおける彼のパフォーマンスですでに感じてはいたが、実際にニックが歌う前提で書き下ろした新曲をスタジオで合わせてみると、期待以上の強烈なケミストリーを感じたのだ。理想的なヴォーカルと出会い、幸運にも意気投合したDAITAとニックは、楽曲制作と並行してリズム隊となるメンバー探しに時間をかけた。そして2012年、LAの実力派ミュージシャンであるフランシス・テン(B)とブレンダン・バックリィ(Dr)と出会い、“インターナショナルな音楽観を持った新しいヘヴィ・ロックを追求する” というコンセプトのもと、このBREAKING ARROWSは誕生した。

DAITAとニック・フロスト、そして世界的なプロデューサーであるマーティ・フレデリクセンのクリエイティヴィティを融合させながら、バンドはアメリカ的な重戦車のごときヘヴィ・リフと日本的なポップ・センスを散りばめたメロディアスでエッジの効いた楽曲を次々とレコーディングしていった。そして、完成したオリジナル楽曲のクオリティとこのレアでユニークな成り立ちの新バンドへの期待感から来る反応はすぐさま現れ、アメリカの人気バンド、キャンドルボックスらが所属するロック・レーベルAudioNestとの契約に至ったのである。本日アメリカで発売されたシングル「TEARS FALLING HEAVY」に続いては、冒頭で紹介した通り、待望の全米デビュー・アルバム『BREAKING ARROWS』が6月18日に全米先行で発売され、日本では7月31日にそのベールを脱ぐ。

「ギターを弾き始めた10代の頃から抱き続けた夢!その一つが遂に現実になりました。
全米で作品がリリースされ、ようやく新しい一歩を踏み出せたという気分です。
“BREAKING ARROWS“が生み出す本物のロック・サウンドを是非チェックしてください!」
(DAITA)

「DAITAの唯一無二のギター・リフから魔法のような名曲が誕生し、ニックの声がさらに別次元にもっていってくれた。
時代を超えるロックの名盤が完成した。プロデューサーとしても一生聴き続けたい自信作に仕上がったよ。」
(マーティ・フレデリクセン)

先日SIAM SHADEの再結成ライヴ・ツアーも発表され、ファンにとって嬉しいビッグ・ニュースを届けたばかり。2013年のDAITAは日本とアメリカを行き来しながら、SIAM SHADEとBREAKING ARROWSという日米の強力な2バンドでアグレッシブな活動を展開する。邦楽、洋楽を軽やかにクロスオーヴァーするDAITAの国境を超えた活動から目が離せない。


■作品情報
デビュー・アルバム 
『BREAKING ARROWS』
SICP-3853  ¥2,730(税込)
7月31日発売 (US:6月18日発売)


■関連サイト
Official Website http://www.breakingarrows.com/
Facebook https://www.facebook.com/BreakingArrowsOfficial
Myspace http://www.myspace.com/breakingarrows
Twitter https://twitter.com/Breaking_Arrows

2013年05月15日
LUHICA HP
資生堂TSUBAKIのCMで話題のLUHICA、MusicVideoを公開



有名アーティストを起用し、名曲を世に送り出してきた資生堂TSUBAKIテレビCMに、無名の新人ながら異例の大抜擢で起用されたLUHICA(読み方:ルヒカ)のデビューシングル『独り言花』が6月12日にリリースされることが明らかになり、そのベールに包まれたアートワークも公開になった。

LUHICAはプロデューサーの秋元康氏が発掘した逸材で、これまでに公開されているCMや、LUHICA自身が公開しているYouTubeの動画は、合計で20万を超える再生回数を記録しており、じわじわと話題を呼んでいる。

秋元氏は「まだ、一度もLUHICA本人と会っていない。声しか知らない。何百本のデモの中から、何かに引き寄せられるように、彼女の歌を選んだ。一度聴いたら、忘れない声。また、聴きたくなる声。ミステリアスな魅力だ。」と大きな期待を寄せており、対するLUHICAは今回のデビューに当たり、「今回、突然CMソングの話をいただいて、夢ではないかと信じられない気持ちでいっぱいでした。大人の女性の気持ちを想像して歌わせていただきました。いつかは海外に通用するようなシンガーになるのが私の大きな夢です」とコメントを寄せた。

またミュージックビデオが完成、公開となった。こちらも資生堂TSUBAKIのCM制作チームが全面バックアップで制作を行い「さあ咲きなさい、女の中の花たちよ」という印象的な歌詞の世界観を表現した仕上がり、そして全体を通じてCMと同様の映像美が展開されている。LUHICAにとって初めての撮影であったが、その堂々としたパフォーマンスに、数々のCMを手掛け多くのキャストと接してきた制作チームからも多くの賞賛の声があがったという。

さらに歌詞サイト「歌ネット」ではCD発売前にも関わらず『独り言花』の歌詞が公開されている。こちらで楽曲の全貌を想像しながら、ぜひ今後公開される情報にも期待していただきたい。


■「独り言花」Music Video
http://youtu.be/B-zGObmJg8w


■「独り言花」歌詞
<PC・スマートフォン>
http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=146233
<モバイル>
http://utanet.jp/song/146233/


■LUHICAオフィシャルYouTubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/luhicaSMEJ


■オフィシャルHP
http://www.luhica.com/

JASMINE CLIP
JASMINE、新曲Music Videoが完成



2009年にデビューシングル『sad to say』で衝撃的なデビューを飾り、リリース毎にその斬新なサウンドメイク、同世代の気持ちをリアル且つ独創的に表現した歌詞で、聴く人全ての心を掴んできた次世代を担うカリスマ・シンガーソングライターのJASMINE。そんな彼女が、5月29日にリリースする10ヶ月ぶりとなるシングル「High Flying」のMusic Videoが遂に完成しました!!

今回映像ディレクターに長添雅嗣氏を起用し、「High Flying」がEDMサウンドへアプローチしていることや、ファッション、ストリートなどJASMINEらしさをより表現するという意図の下「パーティ」がメインシチュエーションに決定。光のCG効果による特殊なネオンに包まれた未来感溢れる不思議な街からお気に入りのファッションに身を包んだモデル、スケーター、メイド、ダンサー、ギャルなどクラブ好きな女の子達がどこからともなく大勢集まって、秘密のスペースで女の子だけのパーティを開催。踊ったり、騒いだり、ものすごいハイテンションで大いに盛り上がる中、ダンサーを従えたJASMINEがパフォーマンスするという内容となっております。

このMusic Videoは、今後CS音楽チャンネルなどでオンエアされるほか、5月20日からYOUTUBE上に開設される「JASMINE Official YouTube Channel」にてメイキング映像と共に視聴することができるので、是非チェックしてください。(Music Videoは今後海外でも配信予定)

また、本日より「High Flying」の着うた(R)配信もスタートしました!全音楽ファン必聴です!

FLOWER FLOWER PLAN
yui新バンドが、「au PERFECT SYNC. LIVE」に登場

2012年末をもって活動休止をしていたシンガーソングライターのyuiがFLOWER FLOWER(フラワーフラワー)というバンドで活動を再開していることはすでに発表されているが、彼らが来る6月11日に両国国技館で開催される「au PERFECT SYNC. LIVE」に出演することが明らかになった。

当日は、現在TV CMでオアシスの名曲「DON'T LOOK BACK IN ANGER
(ドント・ルック・バック・イン・アンガー)」が起用され話題となっているau「PERFECT SYNC.」篇の世界観を体験できるLIVEを予定。専用アプリで参加者のスマホを楽器化し、それぞれの奏でる音色がアーティストの演奏する音楽に完全にシンクロしていく、特別なセッションを実現する。

このイベントに1000組2000名を招待、特設サイト上で応募受付を開始している。また当日の様子は、インターネット配信にて生中継するほか、TV CM第2弾として、後日オンエアも予定しているということで、こちらにも期待したい。

去る5月4日、活動発表後、初お披露目の場となった「JAPAN JAM 2013」で衝撃のパフォーマンスを見せたFLOWER FLOWER。5月26日には新木場・若洲公園にて行われる「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2013(メトロック2013)」への出演も決定している彼らの音楽は、まだまだライブだけでしか体験できないということなので、この特別な機会に体験してみてはいかがだろうか。

■イベント応募概要
開催日時:2013年6月11日(火)17:30開場 / 18:30開演(20:30終了予定)
開催場所:両国国技館
応募期間:2013年5月14日(火)10:00 〜 2013年5月30日(木)23:59

★「驚きを、常識に。」サイト
http://www.au.kddi.com/odoroki/

■FLOWER FLOWERオフィシャルHP
http://www.flowerflower-net.jp/

ダフト・パンク PLAN
ダフト・パンク、笹塚ボウルでリリース・パーティ開催



先月末に全世界で緊急発表・発売されたダフト・パンク最新シングル”ゲット・ラッキー“が早くも100万ダウンロードを突破、配信ストリーミング・サービスSpotifyでは「一日に最もストリーム再生された曲」として新記録を樹立し、日本を含む世界56カ国のラジオ局チャートで1位を記録する等、大ヒット加速中!そしてこの大旋風の中、いよいよ来週5/22に控えたニュー・アルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』発売日に向かい、ここ日本でも様々なスペシャル企画がスタート!

まずは、5/18(土)に笹塚ボウルにて開催されるリリース・パーティで「ドリンク・チケットをゲット」企画。その名も「いつ解くか?今でしょ! ―激励の詩に隠された暗号を解け!―」(http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/daftpunk/)なんと東進スクールの“林 修”先生監修の下で作られた「詩」の中で虫食いになっている6文字を組み合わせてできる暗号を、同サイトにある応募フォームから送信すると、正解者全員にドリンク・チケット引換券をプレゼント、という太っ腹企画。ダフト・パンクの最新作をいち早く聴きながらフリー・ドリンクも楽しめるので、当日イベント参加を予定している方は是非挑戦しよう。なお、こちらの締切は5/15(水) 23:59迄なのでお早目に!

そして、当日のリリース・パーティ会場では「“ゲット・ラッキー”ボウリング大会!」が実施される。笹塚ボウルというロケーションもあって、当日はDJプレイを楽しみながら同時にボウリングもプレイできるというユニークなパーティになる模様だが、当日ランダムに出現する「ラッキー・ボール」(画像参照)を投げてスコアを取ると、限定オリジナル・グッズがもらえるというもの。 

さらに笹塚ボウル内では「“ゲット・ラッキー”ヴァイラル・ビデオ撮影大会」も実施!これは、当日会場に来場された方全員に渡されるスペシャル・アイテムを使って、撮影に協力してくれる有志の方々の映像を基に、ダフト・パンクの日本版ヴァイラル・ビデオが作成されるというもの。このビデオはアルバム発売となる5/22に公開予定で、撮影に協力してくれた方へももれなくドリンク・チケットがプレゼントされるので、奮ってご参加ください。

最後は、リリース・パーティ開催を祝した企画「ダフト・パンクの日本ぶらり旅 〜 笹塚ボウルへの道」!(https://www.facebook.com/INTSonyMusicJP/photos_albums)日本のリリース・パーティへ駆けつけるために宇宙から地球へ着陸したダフト・パンク(のフィギュア)が、日本各地を巡りながら笹塚ボウルを目指す模様を、日々写真でアップしていきます。さぁ、果たして彼らは5/18(土)に笹塚ボウルまで辿りつけるのか?!バンダイより11月に発売予定の精巧なアクションフィギュアだからこそ実現したこの企画ですが、こちらのフィギュアもリリース・パーティ会場の笹塚ボウルにて初お披露目!

既に異例の問い合わせ殺到中という今週末5/18(土)のDAFT PUNKイベント、アルバムをゲットする予定の人もそうでない人も、是非お見逃しなく!


■リリース情報
ダフト・パンク
『ランダム・アクセス・メモリーズ』
5/22発売
SICP-3817 ¥2,520(税込)
*日本盤のみボーナス・トラック1曲収録
http://www.sonymusic.co.jp/daftpunk


■リリース・パーティー情報
タイトル: Daft Punk New Album “RANDOM ACCES MEMORIES” Release Party @ SASAZUKA BOWL
日時: 2013年5月18日(土) Open 19:00 / Close 23:00
場所: 笹塚ボウル 3F 東京都渋谷区笹塚1-57-10  http://www.keio-san.com/sasazukab/
DJ: (DJ)大沢伸一 / DJ KOMORI / DJ YUMMY
VJ: BENZENE by VMTT
チケット: 男性¥2,500(1D) / 女性¥2,000(1D)
※当イベントは、18歳未満の方はご参加いただけません。
※未成年者へのアルコール類の販売は行いません。ご購入の際に身分証の確認をさせて頂く場合がございますのでご了承ください。


■関連サイト
ダフト・パンク日本オフィシャル・サイト
http://www.sonymusic.co.jp/daftpunk
ダフト・パンク海外オフィシャル・サイト
http://randomacessmemories.com
ダフト・パンク「リリース・パーティー」スペシャル・サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/daftpunk/

加藤ミリヤ LIVE
ミリヤ、京都でフルオーケストラと初コラボ



加藤ミリヤが、日本クラシック界でも実力の高さを評価される京都市交響楽団と発コラボ。京都コンサートホールにて、総勢70名のフルオーケストラコンサートを開催した(5月11日)。京都市交響楽団は日本で唯一の自治体のオーケストラとして50年以上の歴史を誇る、日本を代表するオーケストラのひとつ。アーティスト、シンガーソングライター、ファッションデザイナー、小説家等多彩な才能を発揮しているミリヤだが、オーケストラとのコラボ歌唱は人生初の試み。京都市交響楽団が過去にコラボしたJUJU、Salyuに続く本格派ディーバとのコラボ企画を締めくくるのに相応しいアーティストとして、加藤ミリヤに声がかかった。

ミリヤは、「大好きな京都でライブを出来たのが嬉しい。いつかフルオーケストラで歌ってみたかった!」というMCからスタートすると、数々のヒット曲を披露。「HEART BEAT」ではお客さんの手拍子とともに会場が一体になった。「この曲を書いた時から今日という日に導かれていた気がする」と語ると、カノンのメロディと共に「Love is...」で締めくくり、一夜限りの未体験なステージ、フルオーケストラの迫力、そして加藤ミリヤによる圧巻の歌声を前に多くのお客さんが涙。エンディングでは会場全体がスタンディングオベーションで応えた。

15ヵ所20公演/7万人を動員した全国ツアーを成功させ、現在NOTTVドラマ『オンナ♀ルール〜幸せになるための50の掟〜』の主題歌「Love/Affection」を着うた(R)配信したばかりの加藤ミリヤ。同じく主題歌を歌うTBSドラマNEO『放課後グルーヴ』にも注目が集まっており、ますます今後のミリヤから目が離せない。


■公演概要
『シンフォニック・エヴォリューション with 加藤ミリヤ』
日時:2013年5月11日 (土)
場所:京都コンサートホール
指揮者:岩村 力
管弦楽:京都市交響楽団
主催:財団法人京都市音楽芸術文化振興財団(京都市交響楽団)/毎日放送/エフエム京都
後援:京都府 京都市 京都商工会議所 他


■Love/Affection着うた(R)はこちら
http://recochoku.jp/artist/30015709/


■加藤ミリヤ公式HP
http://miliyah.com/

2013年04月30日
近藤晃央 CLIP
青木裕子が、アーティストと初コラボレーション!



フリーアナウンサー青木裕子さんが、TOHOシネマズメッセンジャーなどでも人気急上昇中のシンガーソングライター近藤晃央(あきひさ)の3rdシングル『らへん』(5月15日発売)ムービーに出演し、自身初のアーティストコラボレーションしていることが分かった。

「昭和歌謡から影響を受けた美しい和メロ」、「独自の日本語詞」、「儚くも温かい歌声」と、184cmの長身とクールで中性的な容姿が噂を呼び、女性を中心に話題を集めている近藤晃央の新曲『らへん』は、最愛の人との日常や愛情、繋がりを綴った究極のラブソングに仕上がっており、その楽曲のイメージにピッタリなことから、青木裕子さんとのコラボレーションに至った。

同コラボムービーVol.1では、『らへん』というキーワードを中心に、青木裕子さんが様々な質問に対して語っているインタビュー形式で構成されており、日頃のアナウンサーとしての顔ではなく、今まで見たことのない、青木裕子さんの素顔が垣間見れる内容になっている。Vol.2では、『らへん』を聴いての感想を語り、サビの部分を青木裕子さんも歌っているため、大きな反響を呼びそうだ。また青木裕子さんと、楽曲『らへん』の世界観との絶妙なシンクロ模様も見どころの一つだ。

完成したコラボムービーを見た近藤晃央は「『らへん』という曲にかけて、様々な質問に答えて頂きましたが、青木裕子さんの真っ直ぐで温かい表情がとても印象的で、温かく優しい気持ちになれました。この映像を見てくれた方の「胸のここらへん」がきっと温まる映像です。ぜひご覧ください。」とコメントし感激しきりで、更に「『らへん』は少し曖昧で、ぼんやりしてる居場所を表す言葉です。それでも段々と想いが1つになっていく過程だったり途中のような、「進んでいく居場所」のように思えて、この曲を書きました。あなたが大切な人を想うとき、大切な人と一緒に笑い合えるあなた自身を想える曲になりますように。」とファンにメッセージを送った。

同コラボムービーVol.1は、動画サイト(GyaO!は4月30日10時より、YouTubeは同日正午より)にて公開される。そしてVol.2は、5月8日(水)正午より動画サイトにて公開される予定なので、詳しくは近藤晃央オフィシャルホームページで是非チェックしてほしい。また、ファン待望のファンクラブサイト『UDONKO』http://akihisakondo-fc.net/が4/26(金)にプレオープン!近藤晃央のオモテもウラも見ることができるコンテンツを豊富に予定。入会登録は無料なので、ぜひ登録していただきたい。


■青木裕子出演「らへん」ムービーvol.1「そこらへんが好き」(YouTubeはこちら※4/30正午より公開)
http://youtu.be/tHAg6isKujo

■近藤晃央ファンクラブサイト
http://akihisakondo-fc.net/

■近藤晃央official web site
http://www.akihisakondo.jp/

■近藤晃央official twitter
https://twitter.com/akihisakondo

LUHICA HP
TSUBAKI CMソングを歌うLUHICA、オフィシャルサイト公開




現在オンエア中の資生堂TSUBAKI CMにて「独り言花」を歌うLUHICA。これまで、CMやオフィシャルYouTube以外で楽曲を聴くことが出来る以外に、全く情報が出ておらず、ベールに包まれていた彼女が本日オフィシャルHPをオープンし、YouTubeにも新たな音源を公開した。

これまでに公開されているCMや、LUHICA自身が公開しているYouTubeの動画は、合計で20万を超える再生回数を記録しており、じわじわと話題を呼んでいる。今後公開される情報に期待していただきたい。

■LUHICA『独り言花 teaser ver.』
http://youtu.be/hOpnpNwDNtA

■LUHICAオフィシャルYouTubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/luhicaSMEJ

■オフィシャルHP
http://www.luhica.com/

ブンブンサテライツ LIVE PLAN
ブンブン × Ust × カヤック 360°ライブ生配信に挑戦!



2013年1月9日に最新アルバム「EMBRACE」をリリースし、キャリア15年の集大成として5月3日に日本武道館にてワンマンライブを開催するブンブンサテライツが、世界で初めて、Ustreamを使用したライブの360°インタラクティブ生配信を実施する。 ( ※ Ustream Asia株式会社調べ)

メンバー川島道行(Vo, G)の昨年末に発覚した脳腫瘍の治療のため1月〜4月の全国ツアーをキャンセルした彼らにとって、復活のライブとなる今回は、武道館に来ることが出来ないファンのために、360°生配信特設サイトにアクセスするとステージ上に置かれた1台のカメラで、ユーザーのマウスの動きに合わせて武道館ライブを360°の大迫力で一望することができ、普段決して観ることが出来ないメンバーの目線や迫力のステージを体感できる非常にレアな生配信となる。

武道館に来ているファンにとっては、ステージ上のどのカメラが360°カメラか探す楽しみもあり、後日特設サイトにて、体感できるものをアップする予定だ。

先日よりスタートしている、サイトを訪れたユーザがミュージックビデオを視聴するなど起こしたアクションを“EMBRACE PARTiCLES”と名付けられた粒子として見立て、当日までに溜まった粒子を武道館に届けるという、武道館ステージ演出と連動した特設サイト「EMBRACE PARTiCLES」も大好評で、ファンにとって間違いなく記憶に残る武道館ライブとなるだろう。


■360°配信特設サイト(5月2日0時サイトOPEN予定)
http://360.bbs-net.com/

■EMBRACE PARTiCLES特設サイト
http://bbs-net.com/particles/

■武道館ライブ詳細
日本武道館
2013年5月3日 OPEN 17:30/START 18:30
企画:FOGHORN
制作:Livemasters Inc.
お問い合わせ:SMASH 03-3444-6751
http://www.smash-jpn.com/live/?id=1907

miwa CD
miwa、NEWアルバムのタイトルが決定



シングル「ミラクル」をリリースしたばかりのシンガーソングライターmiwaが、5月22日に発売するサードアルバムのタイトルが「Delight」に決定した。 タイトル曲「Delight」は今月1日に放送されたドラマ特番『リッチマン、プアウーマン in ニューヨーク』の挿入歌として使用されたところ、翌日の着うた(R)チャートで1位を記録、話題となったナンバー。

先月大学の卒業とともに初の日本武道館公演で大成功を収めたmiwaの新たな決意が込められたアルバムとなっている。アルバム情報詳細は近日発表となる予定。


■「ミラクル-short ver.-」YouTube
http://youtu.be/TIzNszoG_TA

■miwaオフィシャルHP
http://www.miwa-web.com/

ダフト・パンク PLAN
ダフト・パンク、新作のリスニング・パーティ開催決定!



先週4/19(金)に、8年ぶりとなる注目のニュー・アルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』からの1stシングル「ゲット・ラッキー」を全世界で電撃解禁し、世界中で大きな話題を呼んでいるダフト・パンク。ファレル・ウィリアムスとナイル・ロジャースという豪華アーティストを贅沢に据えたこの楽曲はそのキャッチ―さもあいまって、世界中で既に大ブレイク中!

http://smarturl.it/GetLuckypseudo

フル音源の解禁前には、4/12(金)に米コーチェラ・フェスティバルと、4/13(土)に米人気TV番組「サタデー・ナイト・ライブ」にて、ダフト・パンクとファレル、ナイル・ロジャースが演奏する映像が使われた1stシングル「ゲット・ラッキー」60秒CMを投下、その映像は瞬く間に話題をよび、ダフト・パンクの名はtwitterでワールドワイドのトレンド入り、配信ストリーミング・サービスSpotifyでは「一日に最もストリーム再生された曲」として新記録を樹立し、世界55カ国のラジオ局でナンバーワンに輝いた。

■ダフト・パンクとファレル、ナイル・ロジャースが演奏する映像が使われた1sシングル「ゲット・ラッキー」60秒CM
http://www.youtube.com/watch?v=JMJwcOiBoZE

さらに、今作用に発表された「サンローラン」デザインによるゴージャスな新スーツの話題なども駆け巡る中、日本のファンにもいち早くアルバムを体感してもらうべく、ダフト・パンク、オフィシャルのニュー・アルバム先行リスニング・パーティの開催が決定した。 大沢伸一、DJ KOMORIを始めとする豪華DJ陣による一夜限りのスペシャルなこのパーティにおいて最も注目すべきはその会場で、笹塚駅から徒歩30秒というパーティ会場としては意外な場所にある「笹塚ボウル」!DJブース、サウンドシステム、Barカウンターを完備し、レーン全体をフォローする圧倒的な映像演出で、この夜ボウリング場は未体験のパーティー会場へと変貌する。当日はアルバム発売に先駆け、アルバムからのニュー・トラックも大フィーチャーされる予定!是非お見逃し無く!


■イベント概要
Daft Punk New Album “RANDOM ACCES MEMORIES” Release Party @ SASAZUKA BOWL

■日時
2013年5月18日(土) Open 19:00 / Close 23:00

■場所
笹塚ボウル 3F
東京都渋谷区笹塚1-57-10 
http://www.keio-san.com/sasazukab/

■DJ
(DJ)大沢伸一 / DJ KOMORI / DJ YUMMY
(VJ)BENZENE by VMTT

■Ticket Price
Men ¥2,500(1D) / Woman ¥2,000(1D)
※当イベントは、18歳未満の方はご参加いただけません。
※未成年者へのアルコール類の販売は行いません。ご購入の際に身分証の確認をさせて頂く場合がございますのでご了承ください。


■リリース情報
DAFT PUNK / ダフト・パンク
『Random Access Memories / ランダム・アクセス・メモリーズ』
5/22発売予定
SICP-3817
¥2,520(税込)*日本盤

■iTunes アルバム予約
https://itunes.apple.com/jp/album/random-access-memories/id617154241

■iTunes シングル購入
https://itunes.apple.com/jp/album/get-lucky-radio-edit-feat./id636967993

2013年04月23日
小田和正 CLIP
小田和正 豪華コーラス陣のミュージックビデオ完成



いよいよ4月24日(水)発売を迎える、小田和正の約2年5カ月ぶりのニューシングル「その日が来るまで / やさしい風が吹いたら」の両A面シングルのミュージックビデオが完成した。同2曲のコーラスにはキヨサク(モンゴル800)、JUJU、松たか子が参加。楽曲のイメージを考えながら、小田が各アーティストにオファーし今回実現する運びとなった。コーラス録りは小田と談笑しながらもアットホームな雰囲気の中行われ、それぞれの楽曲に彩りが添えられた。

今回、シングルの発売に先駆けて23日(火)よりWEB配信がスタートする「やさしい風が吹いたら」のミュージックビデオの内容は、小田和正のレコーディングやコーラス録りの様子が伺える映像。各アーティストの真剣な表情から、コーラス録りを終え “ほっ”とした小田との2ショットシーンも盛り込まれている。シンプルな言葉で綴られ、聴き手の心にまっすぐに飛びこむ両作品。紹介映像もシンプルで心あたたまる作品となった。

1991年2月6日に発売された「Oh!Yheah! / ラブ・ストーリーは突然に」以来となる両A面の同作品。「やさしい風が吹いたら」は先日初回放送が高視聴率を獲得した話題のテレビ朝日系連続ドラマ「遺留捜査」の主題歌。第1シリーズではMISIA、第2シリーズでは山下達郎と日本が誇るアーティストが歴代主題歌を担当しているが、第3シリーズは小田和正による書き下ろしだ。「その日が来るまで」は、2012年4月〜2013年5月にかけて行われた「明治安田生命 Presents KAZUMASA ODA TOUR 2012“どーも どーも”〜その日が来るまで」の東北公演で初披露され話題となった楽曲。2012年東北ツアーを実施するにあたり、東北への想いを込めて制作された楽曲だ。

2013年は来月5月15日の仙台サンプラザホールを皮切りに、岩手、福島と3会場6公演のツアー(1万2000人動員予定)明治安田生命Presents 小田和正コンサート「その日が来るまで」が実施されることが既に発表となっている。このコンサートは、東北を継続的に応援し続ける小田の想いが「東北さくらライブプロジェクト」と結びつき実現、東北の未来を応援してゆく。


■小田和正「やさしい風が吹いたら」紹介映像
http://youtu.be/il0KFtel1pc
私立恵比寿中学 LIVE CD
私立恵比寿中学、4thシングルツアー開始!



2013年6月5日(水)に4thシングル「手をつなごう/禁断のカルマ」をリリースする9人組グループ「私立恵比寿中学(しりつえびすちゅうがく)」(略称:エビ中)の4thシングルツアー「スプリングデフスターとんでんツアー2013 〜チャンスは今だ!幸運期に乗ってよいこらしょ〜」が、4月21日(日)の<東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ>からスタートした。


約一か月半ぶりのフリーライブということもあり、雨にも関わらず、1,500人を超えるファンが訪れ、<東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ>を埋め尽くした。


ステージでは初披露のヴァンパイアの衣装を身にまとったメンバーを見るや否や、会場は一気にヒートアップし、1曲目の「禁断のカルマ」(テレビ東京ドラマ「ヴァンパイア・ヘヴン」オープニングテーマ)から、会場中に響き渡る声援と掛け声が鳴り響いた。
※なお、「禁断のカルマ」のMusic Videoが、4月23日(火)より、エビ中の公式YouTubeチャンネル「エビ中のエビちゃんねる!」(http://www.youtube.com/ebichusmej)で公開される。


この日は、3月24日(日)に15歳を迎えた出席番号8番:鈴木裕乃(すずきひろの)の生誕祭も行われ、鈴木は生誕祭恒例のソロ曲としてZARDの大ヒット曲「負けないで」を熱唱。生誕祭ではお馴染みとなった、ファン特製の団扇をもったファンが、鈴木の熱唱を見守った。


また、6月5日(水)に発売する4thシングル「手をつなごう/禁断のカルマ」から「手をつなごう」が披露され、メンバーから同曲が、4月25日(木)19時からテレビ東京系列にてOAされるTVアニメ「ポケットモンスター ベストウイッシュ シーズン2 デコロラアドベンチャー」のエンディングテーマに決定したこと、ささらに7月13日(土)に全国公開予定の劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ「ピカチュウとイーブイ☆フレンズ」の短編エンディングテーマに決定したことが発表されると、会場からは割れんばかりの拍手が沸き起こった。


なお次の登校日は4月28日(日)。エビ中初の金沢の地<石川県政記念 しいのき迎賓館>にて行われる。


■リリース情報
4thシングル
「手をつなごう/禁断のカルマ」(※両A面シングル)
2013/6/5 Release!!

「手をつなごう」
※TVアニメ「ポケットモンスター ベストウイッシュ シーズン2 デコロラアドベンチャー」エンディングテーマ
※劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ「ピカチュウとイーブイ☆フレンズ」短編エンディングテーマ
「禁断のカルマ」
※テレビ東京ドラマ「ヴァンパイア・ヘヴン」オープニングテーマ


■関連サイト
オフィシャルサイト
http://official.stardust.co.jp/ebichu/
YouTubeチャンネル
http://www.youtube.com/ebichusmej

石崎ひゅーい LIVE CD
石崎ひゅーい、話題のドラマED曲を1万人の前で初披露



先日20日(土)に開催された「J-WAVE 25th ANNIVERSARY TOKYO Guitar Jamboree」に出演した石崎ひゅーいが、下ネタ爆発で話題沸騰のテレ東ドラマ24「みんな!エスパーだよ!」のエンディングテーマとなっている新曲「夜間飛行」をギター1本での弾き語りバージョンを両国国技館に集まった約1万人の音楽ファンの前で初披露した。


「J-WAVE 25th ANNIVERSARY TOKYO Guitar Jamboree」は、両国国技館の360度を観客が取り囲むセンターステージを舞台に、奥田民生、斎藤和義、藤井フミヤ&藤井尚之(F-BLOOD)、トータス松本、岸田 繁(くるり)、森山直太朗、和田唱(TRICERATOPS)など豪華がミュージシャンがアコギ一本と唄声で勝負するライブイベント。

土俵に駆け上がり、四股を踏み観客の歓声とともに歌い出した「シーベルト」。そして新曲「夜間飛行」最後にバラード「花瓶の花」計3曲を全力で、真っ直ぐに歌い上げ会場にいる1万人の観客に新たなロックスターの誕生の予感を感じさせる圧巻のパフォーマンスを披露した。

そして、石崎ひゅーい初となるインストアイベントがタワーレコード渋谷店にて行われることが決定。6月5日にリリースとなるシングル「夜間飛行」をタワーレコード各対象店舗にて購入すると、ペアで無料招待となり、ミニライブ&サイン会に参加できる。イベントに参加すると会場限定プレゼントも。ここまで豪華な特典は異例のこと。是非チェックしてみよう。


■リリース情報
石崎ひゅーい 『夜間飛行』 2013.06.05リリース 
ESCL-4061 シングル ¥1,020(税込)
※ドラマ24「みんな!エスパーだよ!」エンディングテーマ(テレビ東京系 4 月12日スタート 毎週金曜深夜0時12分)


■タイアップ情報
ドラマ24『みんな!エスパーだよ!』
放送日時:2013年4月12日スタート/毎週金曜 深夜0時12分〜
放送局:テレビ東京系列(テレビ大阪は毎週月曜 夜11時58分〜)
原作:若杉公徳『みんな!エスパーだよ!』(講談社『ヤングマガジン』掲載)
出演:染谷将太、夏帆、真野恵里菜、安田顕、神楽坂恵、マキタスポーツ、深水元基、ほか
監督:園子温、入江悠、鈴木太一、月川翔
脚本:田中眞一、ほか
公式サイト http://www.tv-tokyo.co.jp/esper/


■関連サイト
石崎ひゅーい公式HP(ツアー&「夜間飛行」特設サイト) http://www.ishizakihuwie.com/
石崎ひゅーいTwitter https://twitter.com/huwie0307
石崎ひゅーい公式Facebook http://www.facebook.com/ishizakihuwie

バックストリート・ボーイズ LIVE CD
バックストリート・ボーイズ 再始動!NEWアルバム&来日公演が決定



全世界トータル・セールス1億3000万枚以上、日本のみでミリオン3作を含む累計700万枚、3度のドーム・ツアーを含む来日公演通算動員65万人、2009年リリースの前作『ディス・イズ・アス』でも同年の外国人オリジナル・アルバムNo.1セールスを記録し、2010年2月の来日公演にも10万人を動員するなど、1995年のデビュー以来、圧倒的実績と高い人気を誇る史上最高のスーパー・グループ、バックストリート・ボーイズ。


2006年にグループを脱退していたケヴィンが復帰して結成20周年を迎えた今年、オリジナル・メンバー5人での活動を本格的に再開。7月には、前作から約4年/オリジナル・メンバー5人では約8年振り、通算8枚目となるオリジナル・アルバムをリリースし、10月には、前回から約3年半/オリジナル・メンバーでは約7年半振り、通算6回目となる、計6都市10公演/10万人という大規模な来日公演を行うことも決定した。


そんな彼らが、4月20日(土)に、ハリウッドにあるフォンダ・シアターで結成20周年記念ファン・イベントを開催。開場4~5時間前から若い女性を中心に長蛇の列ができ、世界中から集まったラッキーな約1500人のファンと20周年、新作リリース、ツアーの開始を盛大に祝った。会場内では、メッセージ・ボードやテラスに設置されたガラス製の20周年記念盾、等身大パネルなどでファンは記念撮影などを楽しみ、「アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ」「シェイプ・オブ・マイ・ハード」とったこれまでのヒット曲のタイトルを名前にしたカクテルがふるまわれた。開場から開演までの約1時間のカクテル&DJタイムの後、メンバー5人が揃って登場し、A.J.の「今日は僕達の20周年をお祝いするイベントに集まってくれてありがとう。ここにいる一人一人に、そしてネットのライブ中継で観てくれている世界中の人達に、心からのお礼を言うよ、ありがとう。そして愛してるよ」という言葉からスタート。ワン・ダイレクションのナイルやニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックなどからのお祝いメッセージ、司会者とのこれまでの20周年を振り返るトークの後、日本では7月上旬リリース予定のニュー・アルバムから、1曲ずつ計8曲のダイジェスト音源を、メンバーがコメントやアカペラも披露しながら初公開。その後、現在制作中の20年を振り返るドキュメンタリー映画からのトレイラー上映、ファンからのQ&A、本編終了後のミート&グリートという構成で、ファンからのQ&Aコーナーでは、「20年も活動を続けて今も成功している理由」ついて、A.J.が、「何よりファンのおかげで、君達が20年間僕達と一緒にいつづけてくれたからだよ。君達の情熱とエネルギーが、僕達をやる気にさせてく れるんだ」続けてニックは、「それに加えて、僕達はファンにいつも間を空けずに、皆に新しい音楽を提供しようと心がけてきたからだから、こうして長年続けられたんだと思う」とコメント。


また、ケヴィンは今回のグループ復帰に関して、「僕はキャリアを重ねてきて、一時自分がこのままでいいのかっていう危機感に陥ってたんだ。それで他のプロジェクトに色々と参加してみて、僕のハートと魂次の作品やツアーに向かっていないって感じた。それはファンのみんなやメンバーに対してフェアじゃないと思ったから、僕は少し距離を置いて、人生に新しい風を入れて、充電して、情熱とやる気を取り戻したんだ。今はみんなに与えられるものがあるって思うよ」とコメント。


メンバー5人のファンへの謙虚な感謝の気持ち、20周年にオリジナル・メンバー5人で活動を再開できた喜びと興奮、非常にフレッシュで仲睦まじい雰囲気に、約2時間のイベントは終始あたたかい雰囲気と熱狂の連続となった。この日披露された8曲は、アップテンポ、バラード系ともにバックストリート・ボーイズらしいきれいなメロディとコーラス/ハーモニー満載のポップ/ロック/アーバン/ダンス・サウンド。これらに加え、「アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ」「シェイプ・オブ・マイ・ハート」「エヴリバディ」などの数々の大ヒット曲を手がけ、バックストリート・ボーイズ世界的大成功の最大の功労者でもあるマックス・マーティンとの楽曲が収録されるという。20周年を記念した作品にふさわしい充実の内容になりそうだ。


また、これまでの業績を称え、エンターテインメント界で多大な功績が認められた人に贈られる「ウォーク・オブ・フェイム」(=名声の歩道/ハリウッド大通りに埋め込まれた星型プレート)にバックストリート・ボーイズの名前も刻まれることになり、現地時間4月22日(火)にセレモニーが行われた。平日の午前11:30スタートにも関わらず、約1000人ものファンや50を超えるメディアが殺到。マックス・マーティンからの祝辞の後、メンバー1人1人がスピーチし、全員が「これまで支えてくれたファン、レコード会社、マネージメント、家族、友達、そしてメンバーに深く大きなありがとうを言いたい、そして愛してるよ」という感謝の言葉とともに、「今日は最高の日だよ。これまで本当に素晴らしかった、でもこれからまだもっと続くよ」(A.J.)、「信じて頑張っていれば夢は叶う。ファンや家族、すべての人に感謝したい」(ブライアン)、「今日夢が叶った。僕の子供がここに立つ日がくるまでBSBは続くよ。素晴らしいファンのみんな、これからも僕たちが君たちの人生の一部でありますように」(ハウイー)、「今日は何て美しい日で、なんて美しいこれまでの20年だろう。このウォーク・オブ・フェイムの星はファンのみんなのものだよ、君たちなしでは成し得なかった」(ケヴィン)、「こんな日がくるなんて想像したこともなかった。僕たちはここにいる、まさにバックストリーツ・バック。どこにもいかないよ」(ニック)と、それぞれがメッセージを送った。メンバー本人も、そしてファンも感極って涙するシーンが続いた感動的なセレモニーとなり、ここでも彼らのこれまでの成功と20周年が盛大に祝われることとなった。


結成20周年をオリジナル・メンバー5人で迎えた2013年、精力的に活動を再開したバックストリート・ボーイズ。ニュー・アルバムやツアー、映画や様々なイベントが計画されており、その全貌が徐々に明らかになっていく予定だ。


■リリース情報
ニュー・アルバム
『タイトル未定』
2013年7月上旬リリース予定


■来日公演情報
BACKSTREET BOYS JAPAN TOUR 2013
10月2日(水)愛知 日本ガイシホール:開場 18:00 / 開演 19:00
10月3日(木)愛知 日本ガイシホール: 開場 18:00 / 開演: 19:00
10月5日(土)静岡 浜松アリーナ: 開場 16:00 / 開演: 17:00
10月7日(月)広島 グリーンアリーナ: 開場 18:00 / 開演: 19:00
10月8日(火)福岡 国際センター: 開場 18:00 / 開演: 19:00
10月11日(金)さいたまスーパーアリーナ: 開場 17:30 / 開演: 19:00
10月12日(土)さいたまスーパーアリーナ: 開場 15:30 / 開演: 17:00
10月13日(日)さいたまスーパーアリーナ: 開場 14:30 / 開演: 16:00
10月15日(火)神戸ワールド記念ホール: 開場 18:00 / 開演: 19:00
10月16日(水)神戸ワールド記念ホール: 開場 18:00 / 開演: 19:00
<チケット: 全席指定>
プレミアム・シート: \20,000(税込) グッズ付
指定席: \9,500(税込)
<総合お問い合わせ>
creativeman 03-3499-6669 www.creativeman.co.jp


■関連サイト
ソニー・ミュージック: www.sonymusic.co.jp/bsb
オフィシャルサイト: www.backstreetboys.com  
来日公演: クリエイティブマン www.creativeman.co.jp


2013年04月19日
ビーディ・アイ CD
ビーディ・アイ、2ndアルバム6/5リリース決定!



英国最強のロックンロール・スター<リアム・ギャラガー>率いる、元オアシスのメンバー達による<ビーディ・アイ>が、約2年半ぶりとなる2ndアルバム『BE / ビー』を、本国イギリスで6/10発売予定であることを発表した(日本は6/5先行発売予定)。

オアシスは、アルバム全7作がUKチャート1位に輝き全世界で5000万枚以上のセールスを記録、名実ともに「現代のビートルズ」と評されているが、日本では多数のCMソングを持つバンドとしても有名で、最近ではau「PERFECT SYNC.」篇 TV CMソングとしてオンエア中の「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」や、今までに4つのCMソングに起用された永遠の名曲「ホワットエヴァー」など、UKロックを物語る上で必要不可欠なバンドである。

■au「PERFECT SYNC.」篇(90秒):
http://www.au.kddi.com/odoroki/ps/tvcm.html?bid=we_au_odoroki_0060


■「ホワットエヴァー」ミュージック・ビデオ:
http://www.youtube.com/watch?v=R53oe3VbRFo


オアシス解散後、リアムは他オアシス・メンバーと共にビーディ・アイとして始動、心血を注いで完成させたデビュー作『ディファレント・ギア、スティル・スピーディング』は、日本ではオリコン洋楽チャート1位&ゴールド・ディスクを獲得した。また2011年の東日本大震災時は即座に「日本支援チャリティー・イベント」等を実施するなど、親日家としても知られている。

その彼らが昨年2012年暮にTV・オン・ザ・レディオのマルチ・プレイヤー、デイヴ・シーテックをプロデューサーに迎えて、ニュー・アルバムのレコーディングをスタート、そのニュースが発表されるや、英NME誌の2013年第1号「今年聴くべきアルバム」特集でリアム(vo)が堂々の表紙を飾るなど、既に注目度は最高潮!アルバムからのストリート・シングル『フリック・オブ・ザ・フィンガー』もイメージ・ビデオと共に既にYouTube上で試聴可能となっており、既にファンの間で話題を呼んでいる(http://www.youtube.com/user/beadyeyemusic)。

「今回は、デイヴ・シーテックと仕事したことが、俺たちに新しい世界を開いてくれた。ヤツは文句なしに、今までで最高のプロデューサーだね。なんたってアウトロー体質で、何事にも動じないし、決まりごとってものもない。曲作り中も新しい発見があって、まさにメンバー全員で一丸となって作り上げたんだ。頭もすっきりしてるし、90年代のようなくだらない事も全く含まれていない。ビーディ・アイにとって本当にスペシャルな作品になってるよ。」― リアム・ギャラガー(vo)

「トリッピーなアルバムさ!それぞれの曲にパワーが漲っていて、みんなで心から楽しめた。このアルバムは“ロック・バンド”をそのまま楽器で鳴らしたものになっているけれど、通常とは違う。リアムのヴォーカルはとんでもなくて、ただマイクを渡しただけで『レコードがもう出来てる!』というような感じなんだ。他に何もする必要がないんだよ。」― デイヴ・シーテック(TV・オン・ザ・レディオ / 今作のプロデューサー)

今回発表された最新バンド写真は5人編成だが、これにより、兼ねてより噂されていた、カサビアンのサポート・メンバーとしてサイド・ギターを担当していたジェイ・メーラーのビーディ・アイ参加が正式発表される形となった。(注: ジェイ・メーラーはカサビアン時代はギタリストですが、ビーディ・アイではベースを担当、またサポート・メンバーとなります。)
既に発表されているSUMMER SONIC 2013では、この新メンバーでの来日となる模様だ。

海外インタビューで、リアムは「新作は『モーニング・グローリー』以降、オアシスが作るべきだった作品」、「新作は、宇宙にぶっ放したロックンロール」とニュー・アルバムを表現しているが、果たしてその全貌は・・・!?その答えは間もなく!


■リリース情報
BEADY EYE/ビーディ・アイ
『BE / ビー』

6/5日本先行発売予定(英:6/10(予)
SICP-3829 ¥2,520(税込) *日本盤のみのボーナス・トラック2 曲収録予定


■リンクURL
http://www.sonymusic.co.jp/beadyeye
http://www.beadyeyemusic.com/

スヌープ・ライオン 試聴
スヌープ・ライオン、NEWアルバムの全曲フル試聴開始



世界で最も有名なギャングスタ・ラッパー=スヌープ・ドッグ。突然のスヌープ・ライオンへの改名、レゲエ・アーティストへの転身と、音楽業界を揺るがす衝撃の発表をしたスヌープ・ライオンの初レゲエ・アルバム『スヌープ・ドッグ/ロード・トゥ・ライオン』(原題:REINCARNATED)がいよいよ来週4/24に発売となります。スヌープ本人は暴力的な環境で育った自分にとって、暴力に染まるのは簡単だったこと、40代に入った今、そのイメージだけで覚えられるのはイヤだと思い、レゲエ・アーティストへ転身したと語っており、その模様をドキュメンタリーにしたアルバムと同タイトルの映画も7/27より渋谷シネマライズにて公開が決定しています。スヌープ・ドッグとスヌープ・ライオンの違いについては本人は「大きな違いがあるよ。スヌープ・ドッグはギャングスター・ラッパーでハードコアだ。ある種の法律も人たちのことは気にしないし、堂々と自分の意見を言って、自分のやり方以外従わない。スヌープ・ライオンはもっと理解力があり、賢く、リーダーやメンターになり得る。ポジティヴな音楽をやって、平和を推進して、それを音楽に反映しているんだ」と語っています。
また今回のアルバムがルーツ・レゲエ寄りの仕上がりになった理由については、「(プロデューサーの)ディプロはアップテンポのレゲエ、ダンスホールを作りたがっていた。でも、俺は反対した。俺はルーツ・レゲエでストーリーを語りたかったからね。きちんと(レゲエの)始まりに立ち戻るのが大事だと考えていた。そうでなければボブ・マーリーの生まれ変わりとしてウソになる。ボブ・マーリーがいま生きていたら、こういうアルバムを作っていたはずだ。ダンスホールもそのうちやるかも知れないけれど、まずルーツにこだわりたかった」と語っており、自身がいうボブ・マーリーの生まれ変わりについては「俺は、誰かに自分が何者か認めてもらわなくて構わない。俺はボブ・マーリーの生まれ変わりだ。ほかの人がどう思おうが関係ないし、あれこれ意見を言われる筋合いもない。だって、俺はみんなのためではなくて、自分のためにやっていることだから。第一さ、ボブ・マーリーの家族が受け入れてくれているんだから、それ以上望まなくていいだろ。彼の息子たちも奥さんも俺を温かく受け入れてくれた。まるで、家族の一員みたいに両手を広げて受け入れてくれたんだよ。もし、彼らが“それはクールじゃない”とか、“ウソっぱちだ”とか言ったら問題があるだろうけどさ。俺は、ボブ・マーリーに似ている。類似点は本当にたくさんあるんだ。彼らも同じように言ってくれた。俺はいま、やるべきことをやっているんだよ」と語っています。


ボブ・マーリーに対する憧憬、天才ラッパーならではのセンス、そして自分を変えたいという欲求が、メジャー・レイザ―を中心にしたレゲエを熟知した職人たちのサポートを得て出来た今回のレゲエ・アルバム。スヌープの呼びかけによりクリス・ブラウンやリタ・オラ、エイコン、T.I.,バスタ・ライムス等豪華アーティストが多数参加しています。いよいよ来週4/24に発売となるこの大注目のニュー・アルバム、本日より全世界同時でアルバム全曲先行フル試聴がスタート!スヌープ・ライオンとしてREINCARNATED=生まれ変わった理由がすべて分かるこの映像、ぜひフルサイズでご覧いただきい。

■全曲アルバム先行フル試聴はこちら
http://smarturl.it/ReincarnatedStream
JASMINE
JASMINE、10ヶ月ぶりSG発売決定!



2009年にデビューシングル『sad to say』で衝撃的なデビューを飾り、斬新なサウンドメイクや同世代の気持ちをリアル且つ独創的に表現した歌詞で聴く人全ての心を掴んできた次世代を担うカリスマ・シンガーソングライターのJASMINEが10ヶ月ぶり、9枚目となるシングル『High Flying』のリリースを発表した。

タイトルチューンの「High Flying」は、新たにEDMサウンドのアプローチが加わったことで、従来のサウンドから劇的な変化を遂げている。プロデューサーには、AIや三浦大知を手掛けるUTA氏を起用。JASMINEの持ち味である、魂を揺さぶるパワフルでエモーショナルなボーカルと、“自分らしく真っ直ぐに生きたい”という強いアティテュードを表現したリリックが、高揚感溢れるEDMサウンドと融合した、より一層彼女の魅力を感じ取ることができる名曲だ。

「High Flying」が聴く人全ての“ココロ”と“カラダ”を無限に高ぶらせてくれることは間違いない。また、カップリングにはR&BシーンにおけるJASMINEのルーツを辿るというテーマの下、1998年にリリースされたDoubleの名曲「BED」のカバーを収録。完全生産限定盤は、JASMINEによる手書き生サインが入ったスペシャル限定ジャケット仕様!NEXT STAGEへと突入したJASMINEの新たな一面を強烈に感じ取ることができる、全音楽ファン必聴のシングルだ。

そして、6月9日(日)を皮切りにスタートするマンスリーライブイベント「Jas Vegas(ジャスベガス)」の開催も決定!新たなるステージへ向かい進化し続けるJASMINEの2013年の活動にご期待いただきたい。

http://www.jasmine-world.net/
supercell
「HAL×supercell」、話題のCMがオンエア開始



supercellの新曲が起用されたIT・デジタルコンテンツ分野でクリエイターを育成する学校法人・専門学校 HAL(東京・大阪・名古屋)[http://hal.jp]の2013年度TVCMが、本日よりオンエアをスタートし、HALのサイトでも公開している。

エッジーなロックンロール調に仕上がっている新曲『Yeah Oh Ahhh Oh !』は、iTunes Store、レコチョクなどの各配信サイトにて5/1より配信、カラオケDAMでは5/14より先行配信されることが決定した。CMの中では“Break out 自分自身 立ち向かえ say なりたいものほら・・・”と、夢を追う人たちに想いが込められている。

夢に向かう人に不可欠な“成長”を描き「世界はキミに、驚きたい。」というHALからのメッセージが込められたこのTVCMには、supercellのメンバーをはじめ新進気鋭のアーティストが多数参加。supercellの三輪士郎がHALのために描き下ろしたキャラクター“ハル”のデザイン画を、3DモデラーのISAOがMMDモデル化、アートディレクターのわかむらPがMMDで映像化する。さらにモーションデザイナーのYumikoが振付を、supercellのコンポーザーであるryoが楽曲制作を担当し、スペシャル・コラボレーションが実現した。

またHALでは、今回のTVCMをもとにユーザーに楽しんでもらうために、教育機関としては初のプロジェクトとして、CM登場キャラクター“ハル”の、モデルデータやモーションデータ、踊っているステージのデータから振付表に至るまで、あらゆるデータを「HAL×supercell特設サイト」で配布を開始した。「つくってみた」「踊ってみた」「歌ってみた」・・・など、初心者でもつくりたい気持ちがあれば世界中の人たちを驚かすことができるこのプロジェクトで、つくることの楽しさや誰かを楽しませる喜びを、自らがクリエイターとなって感じて欲しい。


■HAL TVCM「HAL×supercell」篇
HAL東京 http://www.hal.ac.jp/tokyo/mind/media.html
HAL大阪 http://www.hal.ac.jp/osaka/mind/media.html
HAL名古屋 http://www.hal.ac.jp/nagoya/mind/media.html

■HAL×supercell 特設サイト
http://www.hal.ac.jp/hal_supercell/

■supercell オフィシャル・サイト
http://www.supercell.jp/

2013年04月08日
7!! LIVE
7!!、ご当地アイドル対バン 最終は地元沖縄で



いまだ好調なセールスを続けている、先月リリースされた7!!の1stアルバム『ドキドキ』の発売を記念して行なっていた、全国7箇所のご当地アイドルとの対バンツアー「7!!&ご当地アイドル★日本縦断ドキドキちゃんぷるーツアー!!」の7か所目、最終日の“FINALちゃんぷるー”が、昨日7日、7!!の地元、沖縄・サンエー那覇メインプレイスにて行なわれた。

迎え撃つのは、地元・沖縄で活動するアイドルグループ、「RYUKYU IDOL」。
そしてゲストにこちらも沖縄在住のバンド「Civilian Skunk」を迎え、まさに沖縄づくしな出演陣となった。

会場は日曜の夜にも関わらず多くの観客がつめかけ、あっという間に1000人以上の人だかりとなり、7!!メンバー自身も驚くほどの大盛況となった。

このツアーは3月8日に東京でバニラビーンズとの対バンを皮切りに、名古屋ではしず風&絆〜KIZUNA〜、大阪ではDancing Dolls、仙台ではテクプリ、福岡ではLinQ、札幌ではフルーティーと対バンを行なった。いずれの会場も盛況で、アイドルファンだけではなく、なかにはアイドル本人から7!!にサインを求められる場面もあった。

こちらの7ヶ所のイベントの模様は、随時7!!のオフィシャルYouTubeに公開されているので、アイドルファンはもちろん、今ご当地アイドルが気になっている人、そして7!!のライブにまだ行ったことのない人に是非チェックしてほしい。


■7!! オフィシャルYouTubeチャンネル
http://www.youtube.com/7oopsSMEJ

NICO Touches the Walls CD
NICO、アルバム購入者店頭特典発表&パネル展決定



4/24に発売になるNICO Touches the Walls 待望のニュー・アルバム『Shout to the Walls !』の購入者店頭特典が発表!そして、その発売を記念して4/23よりタワーレコード渋谷店、新宿店、梅田NU茶屋町店では特別なパネル展を開催することが決定した。アルバムのブックレットには入っていないレアな写真が満載、そしてメンバーからのコメントも!是非店頭に足を運んで頂き、一緒にニューアルバムの発売をお祝いしよう!!

尚、パネル展の他、店頭特典の詳細は下記特設サイトにてチェック!

■パネル展開催!!
タワーレコード渋谷店、タワーレコード新宿店、タワーレコード梅田NU茶屋町店
※開催期間:2013/4/23(火)〜2013/4/29(月)
※期間は延長して行う場合もございます。

・対象店舗(店舗名は下記特設サイト参照)購入者限定:「Shout to the Walls !スペシャルくじ」

・TSUTAYA RECORDS購入者限定:『ペイント with NICO Touches the Walls』抽選でご招待

・新星堂店舗購入者限定:「Shout to the Walls !」抽選でサイン入りポスタープレゼント

・SONY MUSIC SHOP購入者限定:「Shout to the Walls !」(全員もらえる!)ポスタープレゼント

・詳細はNICO Touches the Walls 特設サイトをご覧ください
サイト内ではフォトギャラリーも展開中!アルバムの発売日である4/24までアートワーク制作の模様が毎日UPされていきます!こちらも要チェック!
http://www.nicotouchesthewalls.net/special/shouttothewalls/

■Artist Site
http://www.nicotouchesthewalls.com/

■Label Site
http://www.nicotouchesthewalls.net/

■new balance
http://www.newbalance.co.jp/

シド LIVE
シド、日替わりセットリストの野外ツアー決定



4/6(土)、シド結成10周年を記念したライブが横浜スタジアムにて開催された。この日は台風並みの大型低気圧の到来で日本列島各地で荒れ模様の天気となり、横浜でも午後から雨が降り出すあいにくの空模様に見舞われたが、無事ライブは決行!野外ならではの演出もふんだんに盛り込まれた約2時間半のライブに約3万人の観客が熱狂。今週4/10(水)リリースの新曲「恋におちて」を初披露したほか、10周年記念ライブの名に違わぬ大充実のセットリストでアンコールを含め全22曲を演奏した。

終演後には、10周年イヤーに展開される10大プロジェクトの続報も告知された。まずは7月に次なるシングルの発売が決定。その後には、なんと100曲以上の持ち曲を網羅した完全日替わりセットリストによる4カ所5公演の野外ツアーを開催することがアナウンスされ、ファンからも大歓声があがった。詳細は特設ページをチェック!


■Project #5
New Single 7月発売決定


■Project #6
・SID 10th Anniversary TOUR 2013 開催
・2013年7月27日(土) 福岡 海の中道海浜公園 野外劇場
OPEN 14:00 / START 16:00
・2013年8月3日(土) 宮城 スポーツランドSUGO SP広場
OPEN 14:00 / START 16:00
・2013年8月10日(土) 大阪 万博記念公園もみじ川芝生広場
OPEN 14:00 / START 16:00
・2013年8月24日(土)・25日(日) 富士急ハイランド コニファーフォレスト
OPEN 14:00 / START 16:00

【チケット料金】
6,800円(立ち位置指定/税込)
※福岡・大阪公演は、入園料込
※当日券 7,500円(立ち位置指定/税込/福岡・大阪公演は、入園料込)
※雨天決行、荒天中止
※4才以上有料

【チケット一般発売日】
2013年6月22日(土)


■特設ページはコチ
http://sid-web.info/10thanniversary/tour2013/tour2013_map.html
JUJU PLAN
JUJU、ドラマ『TAKE FIVE』で初の連ドラ出演決定



4月19日(金)夜10時よりスタートされるTBS金曜ドラマ『TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜』にJUJUが出演する事が決定!本作で連続ドラマ初出演となるJUJUは、ミステリアスなジャズシンガー役として登場し、ドラマタイトルにもなっているジャズのスタンダード曲「Take Five」を劇中歌として歌唱披露する。

このドラマは、悪い奴らから大金をせしめる風変わりなポリシーを持ったちょっと憎めない泥棒団「TAKE FIVE」が繰り広げる痛快エンターテインメント。唐沢寿明・松雪泰子・松坂桃李・倍賞美津子・稲垣吾郎といった、まさに日本を代表する超主役級の役者陣による、世代を超えた共演が実現した。

JUJUは、唐沢寿明演じる“正義”の行きつけで、「TAKE FIVE」のメンバーたちが作戦会議を行うため集う場所でもあるジャズバー「スウィングタイム」にて、ジャズシンガーとしてステージで客に歌を披露している。歌唱力もさることながら、素性や私生活が謎めいているミステリアスな存在として、客たちを惹きつける魅力となっており、“正義”と何らかの関係を持つ女性と思われているふしもある。その正体は、回を追うごとに明らかになっていく――。

この度撮影に挑んだJUJUは、「皆さんの演技のスイッチの入った瞬間の空気の変わり方がすごい」とドラマ現場の雰囲気を肌で味わいながら、自身も熱演。「今もツアー中なんですが、ライブの本番よりも一番緊張しました。ジャズシンガー役だからできたのかも(笑)本当に貴重な機会を頂きました。」と初めての撮影を楽しんでいたようだ。

豪華キャストが繰り広げる痛快エンターテインメントの中、アーティストJUJUの熱演にも注目だ。

TOKU LIVE
TOKU × Zeebra ブルーノートで異ジャンルバトル


Photo / Tsuneo Koga

4月3日(水)ブルーノート東京にて、日本唯一のジャズ・ヴォーカリスト&フリューゲルホーンプレーヤーであるTOKUと、日本のヒップホップシーンのアイコン Zeebraによる共演ライブ「TOKU with Zeebra」が行われた。

異ジャンル同士ということで、会場にはジャズ、ヒップホップ両方のファンが詰め掛けた。しかしながらオープニングナンバーは観客の意表をついて、ギター一本の伴奏によるブルース調の楽曲。その後、ラップを織り交ぜたジャズの大定番曲“FLY ME TO THE MOON”や、TOKU率いるバンドによる拍の無い伴奏にZeebraがラップを合わせる斬新なアプローチも披露。パートを交換し、TOKUがラップ、Zeebraがヴォーカルを担う場面も。

なかでも観客を驚かせたのは、ZeebraがDJセットから次々と繰り出すサンプルに、TOKU率いるバンドが即興で合わせていくコーナー。ZeebraはエアロスミスとRUN-DMCによる“Walk This Way”や、スクリレックスの“First Of The Year (Equinox)”、マイケル・ジャクソン“Don't Stop 'Til You Get Enough”などを一切の事前打ち合わせなくプレイするが、バンドはこれを見事にジャズ的解釈で再現してみせた。

また、この日は嬉しい出来事が。TOKUの6月26日(水)発売予定のニューアルバム『Dream A Dream』よりまさにライブ当日の4月3日(水)に先行配信された「Music is the Key〜未来への鍵 featuring Zeebra」がiTunes トップジャズソングチャートで早速1位(2013年4月3日17:00時点)を獲得したのだhttps://itunes.apple.com/jp/album/music-is-key-wei-laiheno-jian/id623007583。この楽曲も早速披露され、二人は観客と共にリアルタイムで喜びを分かち合った。

即興的なジャズ、そしてフリースタイルなラップが見事なまでの邂逅を見せ、ライブは大盛況のうちに終わった。TOKUのニューアルバム『Dream A Dream』にはZeebraとの共演曲だけでなく、NHK「みんなのうた」(6〜7月)に決定した新曲「君へのファンファーレ」や、“Heal the World” “Imagine” “What a Wonderful World”など男女の愛を超えた、大きなブローバルの意味での「愛」(地球への愛、子供への愛、共生への愛など)を歌った楽曲が収録される。

※iTunes、iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。

2013年04月01日
エルヴィス・プレスリー PLAN
NHK「SONGS」にエルヴィス・プレスリー登場!



4月13日(土)のNHK総合「SONGS」(23:00〜23:59)は、全世界で売り上げたレコード枚数は推定30億枚とも言われ、音楽業界に数々の金字塔を打ち立ててきた、エルヴィス・プレスリーの特集回となる。「SONGS」は2007年に放送が開始され、これまでに数多くの国内・海外の伝説的な現役アーティストを取り上げてきたが、亡くなっているアーティストを取り上げることは少ない。亡くなったアーティストとしては、今回のエルヴィス・プレスリー以外には、マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストンなどが特集されてきた。

番組では「日本にエルヴィスが一番近づいた日」が取り上げられる。1973年1月14日に、ハワイで開催されたエルヴィスの衛星生中継コンサートが行われたのだ。当時はコンサートの衛星生中継自体が史上初の試みであり、この日世界30カ国以上、15億人が酔いしれた。中でも日本ではゴールデンタイムに放送され、視聴率37.8%を叩き出し、神田共立講堂では当時馴染みの無いパブリックビューイングも行われた。来日したことが無いエルヴィスがそのキャリアの中で日本に一番近づいた日とされている。番組ではこの伝説的な一夜を中心に、エルヴィスの数々の伝説を貴重な映像と共に振り返る。

また、ソニー・ミュージックよりアルバム『アロハ・フロム・ハワイ - レガシー・エディション』が4月24日に発売される。本作品はまさにこの衛星生中継コンサートの模様を収めたライヴ・アルバムの40周年記念盤である。1973年当時は、コンサート終了後わずか1週間ほどでレコードが発売され、全米アルバム・チャート1位を記録し、日本でも今までにアナログとCDを合わせて100万枚売り上げている。

今回のレガシー・エディションは、当日のライヴを収録したDISC1と、1988年になってリリースされた、公演前々日のリハーサル模様を収録する『エルヴィス・アロハ・リハーサル・ショウ』の最新ミックスのDISC2の2枚組である。共に最新リマスタリングが施されている。また、アメリカで放送する90分番組(アメリカのみ生中継ではなく、後日録画で放送された)の為にショーの直後に追加レコーディングした5曲をボーナス・トラックとして収録。さらに、レアフォト、最新ライナーを含む豪華カラー・ブックレットに加え、日本盤ブックレットではオリジナルライナーの翻訳、歌詞&対訳、書下ろし解説(湯川れい子、ビリー諸川)も掲載されている。

4月13日の「SONGS」、そして4月24日発売の『アロハ・フロム・ハワイ - レガシー・エディション』。エルヴィス・プレスリーの偉大さを振り返るのに絶好な機会かもしれない。


■番組情報
NHK総合「SONGS 〜エルヴィス・プレスリー〜」
2013月4月13日 23:00〜23:59
http://www.nhk.or.jp/songs/
supercell PLAN
「HAL×supercell」、話題のTVCMタイアップ決定



supercellの新曲が、IT・デジタルコンテンツ分野でクリエイターを育成する学校法人・専門学校 HAL(東京・大阪・名古屋)[http://hal.jp]の2013年度TVCMに起用される。
夢に向かう人に不可欠な“成長”を描き「世界はキミに、驚きたい。」というHALからのメッセージが込められたこのTVCMには、supercellのメンバーをはじめ新進気鋭のアーティストが多数参加している。
supercellの三輪士郎氏がHALのために描き下ろしたキャラクター“ハル”のデザイン画を、3DモデラーのISAO氏がMMDモデル化、アートディレクターのわかむらPがMMDで映像化する。さらにモーションデザイナーのYumiko氏が振付を、supercellのコンポーザーであるryo氏が楽曲制作を担当し、スペシャル・コラボレーションが実現した。

またHALでは、今回のTVCMをもとにユーザーに楽しんでもらうために、教育機関としては初のプロジェクトを4/19から展開する。CM登場キャラクター“ハル”の、モデルデータやモーションデータ、踊っているステージのデータから振付表に至るまで、あらゆるデータを「HAL×supercell特設サイト(4/1午後より公開予定)」で配布する。初心者でもつくりたい気持ちがあれば世界中の人たちを驚かすことができるこのプロジェクトで、つくることの楽しさや誰かを楽しませる喜びを、自らがクリエイターとなって感じて欲しい。

楽曲タイトルは「Yeah Oh Ahhh Oh !」で、エッジーなロックンロール調に仕上がっている。リリースに関しては現時点で未定。TVCMは4/19からオンエアされ、同日より東京、大阪、名古屋のHALのサイトで視聴可能になる。


■HAL TVCM「HAL×supercell」篇
HAL東京
HAL大阪
HAL名古屋

西野カナ LIVE
西野カナ、8万人動員のツアーファイナルで新曲披露



日本を代表する歌姫『西野カナ』が3月26日(火)自身2度目となるのホールツアー「Kanayan Tour 2013 〜Spring〜」のファイナル公演を東京・国立代々木競技場第一体育館にて実施した!2013年1月11日(金)静岡・富士ロゼシアター大ホール公演を皮切りに、全国26会場26公演を周り、延べ8万人を動員した今回のホールツアー。ファイナル公演となった国立代々木競技場第一体育館には東京への凱旋を待ちわびた12,000人ものファンが詰めかけ、満員御礼の公演となった!

開演時間を迎え、ステージ中央のポップアップより突然西野カナが登場すると割れんばかりの歓声が会場に響きわたった。記念すべき1曲目は、2012年度紅白歌合戦でも披露した『西野カナ』の代表曲「GO FOR IT !!」。その後も「会いたくて 会いたくて」、「君って」、「SAKURA, I love you?」、「たとえ どんなに・・・」といった人気シングル曲はもちろんのこと、アルバム収録曲「Be Strong」、「FANTASY」、「Come On Yes Yes Oh Yeah!!」などのライブ定番曲を含む全17曲をライブ本編にて披露!



また、今回のホールツアーでは、西野カナ本人が撮影した「各会場の各土地にちなんだ場所での記念写真」をライブMC中に披露するのが恒例のコーナーとなっており、ファイナルの代々木第一体育館ではなんと原宿駅前の竹下通り入り口での記念写真を披露。来場したファンがつい先ほどまでいた駅前での記念写真に、会場は驚きの歓声に包まれた。

更に、本編終了後には“アンコール”の代わりにファンが一体となって“Come On Yes Yes Oh Yeah!!”を大合唱!再びステージに現れた『西野カナ』はこれまで支えてくれたファンのみんなに感謝の気持ちを伝え、そのお礼の気持ちをこめて新曲「Believe」の初披露をプレゼント!「Believe」と題された新曲は“大失恋をバネに、強い自分を信じようというポジティブなメッセージが込められたアッパーエールソングとなっている。『西野カナ』からの予想外のプレゼントに、ファンは大興奮!歓喜の声に包まれ無事終演を迎えた。

26日(火)にホールツアーのファイナルを迎えた西野カナだが
今週末30日(土)には初の台湾公演、来週4月6日(土)には、同じく初となる香港公演も控えている。いよいよ世界へと羽ばたく彼女が今後、どのような進化みせていくのか、注目が集まる!

デペッシュ・モード CLIP
デペッシュ・モード、Instagram風のビデオを公開



3月27日に全世界でニューアルバム『デルタ・マシーン』をリリースしたばかりのデペッシュ・モード。このアルバムから2本目となる妖艶でアグレッシブなミュージック・ビデオ「スーズ・マイ・ソウル」が3月28日(米時間)にYouTube上に公開された。
http://www.youtube.com/watch?v=bt-28iNQnwY

ビデオの監督を務めたのはThe Strokesの「Under Cover Of Darkness」、映画「トロン:レガシー」テーマ曲であるDaft Punk「Derezzed」などのミュージックビデオで知られる、Partizan所属の気鋭の映像ディレクター、Warren Fu(ウォーレン・フー)。今回のビデオはInstagramのような正方形、モノクロフォーマットになっていて、怪しげな蛇、妖艶な女性、そしてメンバーが出演する耽美的な映像となっている。

「スーズ・マイ・ソウル」は四つ打ちのキックにアナログシンセが絡み、ダークで美しいメロディーラインと共に徐々に徐々に盛り上がっていくデペッシュ・モードの十八番といえる曲。アルバム全体は、彼らのキャリアの集大成といえるような仕上がりでありながらも、大胆な重低音や細やかな電子ノイズが入れ込まれ、音響的にも大音量でも何度聴きたくなる作品になっている。

■「スーズ・マイ・ソウル」ミュージックビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=bt-28iNQnwY

■「ヘヴン」ミュージックビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=Fy7FzXLin7o
miwa LIVE
miwa、自身初の武道館ライブが終了!



シンガーソングライターのmiwaが29日、自身初の武道館ライブ「miwa live at 武道館〜卒業式〜」を行い、1万人を熱狂させた。

デビュー前の高校生の時に、自らデモテープを持ちこんだ下北沢ロフトで数人の観客を前に弾き語り活動をスタート、2010年3月3日に「don’t cry anymore」でメジャーデビューしてからもアコギ1本で全国を廻るなど常にライブを大切にしてきたmiwaにとって、目標としてきた武道館でのライブ。

チケットは3分で完売、ステージ横のサイドビューまで解放した超満員となった会場はライブスタートと同時に最高潮に盛り上がりを見せ、その様子にいつも以上にハイテンションなmiwaも「はしゃいでるよ私!楽しい!」と笑顔で応えた。

ライブでは、デビュー曲「don’t cry anymore」から、昨年ドラマ主題歌として大ヒットした「ヒカリヘ」など、これまでにリリースした10枚のシングルと2枚のアルバムの楽曲を、息つく暇もなくアンコールを含め23曲披露。

ライブの合間には、デビュー前の貴重なライブ映像や初めてのレコーディング風景なども織り交ぜられたこれまでの軌跡を振り返る映像コーナーも設けられ、「本当にたくさんの人に出会って、支えてもらってここに来れたんだなと思ってます。ありがとうございます!」と本人が語ったように、まさに、これまでのmiwaの集大成と言えるライブとなった。



熱気冷めやらぬ中、アンコールでは、なんと袴姿で登場し「今日のライブは、卒業式ということで、大学も卒業したので着てみました!今日少しでも成長を感じてもらえたらと思ってここに立っています。これからも精いっぱい頑張っていくので、支えてもらえたらいいなって思います」とコメントすると会場は大歓声に包まれ、大学入学の年にメジャーデビューをし、今春大学を卒業した彼女にとって、メモリアルな“卒業式”となった。

アンコールの最後では、涙を見せながらも、自身が高校3年生の時に作ったという「つよくなりたい」を弾き語りで歌い切り、初の武道館ライブは幕を閉じた。彼女は、翌30日、「いつか武道館でライブができるようになったとき、武道館ライブの翌日にライブをする」とデビューも決まっていない頃に約束していた下北沢ロフトにて、38名を招待してライブを行う。さらに、4月にはシングルリリースが決定しているmiwaの次のステップに期待していただきたい。

■リリース情報
2013.4.24 release miwa 11th single「ミラクル」 

完全生産限定盤(CD+DVD) SRCL-8267 ¥1575(tax in)
DVD収録内容:miwa before debut, 2007〜2010
キラキラカラートレイ仕様

■miwaオフィシャルHP
http://www.miwa-web.com/

■着うた(R)リンク
http://recochoku.jp/artist/30059774/

■iTunesリンク
https://itunes.apple.com/jp/artist/id410547012

2013年03月26日
ダフト・パンク CD
ダフト・パンク、移籍第1弾 8年ぶりのアルバムを5/22リリース!



母国フランスはもちろん世界中の数え切れないアーティスト達に影響を与えているダンス・ミュージック界の最高峰アーティスト「ダフト・パンク」が、このたび初のレーベル移籍、結成20周年となる今年2013年、オリジナル作としては8年ぶりとなる4thアルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』を5/22発売予定であることを発表した。(アメリカは5/21予定)

ここ日本ではいくつものCMソングを持つアーティストとしても有名で、最近では2012年暮れからのau「FULL CONTROL」篇TVCMソングで「ワン・モア・タイム」が起用されダフト・パンク人気が再熱、まさに最高なタイミングでのニュー・アルバム発売となる。

■au「FULL CONTROL」篇TVCM
http://www.au.kddi.com/odoroki/fcyc/tvcm.html?bid=we_au_odoroki_0030


ダフト・パンクはアメリカで3/2(土)、人気バラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ」内で突如TVスポットを投下、同時にダフト・パンクのオフィシャル・サイト及びfacebookで、今作のアートワークでもあるトーマ・バンガルテルとギ=マニュエルの2人のヘルメットが合体したニュー・イメージを発表したところ、世界中からアクセスが集中してサイトが一時ダウンするハプニングもありながら、1日で10万以上の「イイネ!」と1万を超えるシェアがされたことからも、いかに彼らのニュー・アルバムが待ち望まれていたかが伺いしれるだろう。

コンピュータのメインメモリに使用される記憶装置「RAM」の最後に「S」を付けたアルバム・タイトル『Random Access Memories / ランダム・アクセス・メモリーズ』は、ダフト・パンク流のヒューマニティーを表現しており、アメリカで3/23に再び投下されたCMスポット後、世界各国のiTunesで今作のプリオーダーがスタートするや、予約注文のみにも関わらずたった1日で、母国フランスで1位、アメリカで2位にランクインするなど、世界6カ国でアルバム・チャートのトップ10入りを果たした。

■iTunesでのプリオーダーはこちら
https://itunes.apple.com/jp/album/random-access-memories/id617154241


そして、日本ではさらに、ニュー・アルバム発売を記念して、ダフト・パンクのアクション・フィギュアが、バンダイ コレクターズ事業部より発売決定!ダフト・パンクによる完全監修の下、全高約150mmのボディは各関節が可動し様々なポージングが可能、頭部はメッキ加工により実物同様のきらめきを再現しているという。

今までも、松本零士氏とのコラボレーションや、映画「トロン」のサウンドトラック担当など、音楽をメインに多角的な活動を得意とするダフト・パンクの2013年に、今から目が離せない。


■関連サイト
日本オフィシャル・サイト
http://www.sonymusic.co.jp/daftpunk
海外オフィシャル・サイト
http://www.daftpunk.com
http://www.randomaccessmemories.com
バンダイ コレクターズ事業部公式サイト
http://tamashii.jp/

■フィギュア商品情報
S.H.Figuarts DAFT PUNK / エス・エイチ・フィギュアーツ ダフト・パンク
(オンライン予約/受注生産予定)

11月発売予定
全高:約150mm
価格:未定

2013年03月21日
PSYCHO-PASS サイコパス CD
人気アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』サントラ発売決定


(c)サイコパス製作委員会

話題のフジテレビ“ノイタミナ”アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』のサウンドトラックの発売が5月29日に決定したことが明らかとなった。『踊る大捜査線』シリーズなどを手掛ける菅野祐悟による、全曲書き下ろしの渾身の作品に加え、supercellのryoプロデュースで話題の「EGOIST」や「凛として時雨」「Nothing's Carved In Stone」によるOP/EDも収録されるとのこと。初回盤の内容については追って公開されるとのことなので続報を待ちたい。

■関係者からのコメント
数年前、映画の現場で本広克行監督から、「今度アニメで総監督を務めることになった」とお話を聞き、その時から、その作品を是非僕にやらせてもらえないかな・・・と心の中で願っていました。本広監督がお話されていた「一番観たかったアニメ」、に参加することが出来て、本当に嬉しく思っています。本広克行総監督×アニメーション×菅野祐悟ときたら、この音楽しかないでしょう?!と、必死にスコアを書きました。多くの方に楽しんで頂けたら幸いです。毎週毎週、テレビの前にかじりついて楽しく見させていただきました。多くの関係者の皆様に感謝いたします。
菅野祐悟[作曲家]

アニメーション作品の総監督として初めて現場にかかわる事になった時にまず最初にイメージしたのが音楽、特にサウンドトラックの事でした。【SP】【踊る大捜査線】と警察モノの世界観を一緒に創り上げてきた菅野祐悟さんに音楽をお願いしたくて、忙しい中無理を言って制作してもらい、緊張感あるサウンドは【PSYCHO-PASSサイコパス】には欠かせない要素としてピッタリはまりました。そして、ここから何かがはじまる・・・アニメ、実写に留まらず何かが起ころうとしている、楽曲の仕上がりはそんな予感を感じさせる広がりを持っています。
本広克行[総監督]

メインテーマの旋律の衝撃は忘れようがない。あくまで劇伴である宿命上、映像の中ではほんの断片でしか耳にすることのできない曲だが、フルバージョンの曲調の鳥肌の立つようなカッコ良さは必聴です!
虚淵玄(ニトロプラス)[脚本]



■TVアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」公式サイト
http://psycho-pass.com/
2013年03月18日
デヴィッド・ボウイ CD
デヴィッド・ボウイ20年ぶり全英1位獲得!



デヴィッド・ボウイのニューアルバム『ザ・ネクスト・デイ』が、The Official Charts Companyが発表する3月17日付の全英アルバムチャートにて、初登場1位を獲得した。ボウイが全英1位を獲得するのは1993年発売『ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ』以来、実に20年ぶりのことである。また、『ザ・ネクスト・デイ』は英国内にて発売1週間で9万4,000枚以上のセールスを記録しているが、これは今年の初週最速セールス記録となっている。iTunesアルバムチャートでは、既にiTunes Music Storeが展開される119カ国中の過半数を超える64カ国において1位獲得している。

今週発表となる全米アルバムチャートにおいては、ボン・ジョヴィとのデッドヒートが繰り広げられているが、もしボウイが1位をとると「ボウイ史上初の全米アルバムチャート1位」となる。ボウイの40年以上の音楽歴の中での全米最高位は、1976年『ステイション・トゥ・ステイション』の3位。今回初登場2位だったとしても37年振りに自身の最高位記録を更新することになる。全米チャートTOP10入りは1983年『レッツ・ダンス』(最高位4位)以来なんと30年振りの快挙となる。

日本でもオリコンアルバム週間ランキング(洋邦を含む総合ランキング)で本作品が10位以内に入ると、「20年振りのTOP10入り」となる。新作が発売されてからのデイリーアルバムランキングでは3月12日は6位、3月13日は10位、3月14日は9位、 3月15日は4位、3月16日は6位ということで、TOP10入りはほぼ確実と予想されている。

■オフィシャルサイト
http://www.davidbowie.jp
乃木坂46 CLIP
乃木坂46ニューシングル ダンスバージョンMV公開



3月13日にニューシングル「君の名は希望」をリリースした乃木坂46が本日よりミュージックビデオの「DANCE&LIP ver.」をオフィシャルYouTube及び、無料動画サイトGyaO!にて公開した。

CD特典にも収録された通常のミュージックビデオは、約25分にも及ぶオーディション風景となっているが、本日公開された「DANCE&LIP ver.」では、新曲衣装を身にまとったメンバーが、ダンスをしながら歌うというオーソドックスなミュージックビデオとなっており、乃木坂46の魅力が伝わるビデオとなっているので、こちらもチェックしていただきたい。

■オフィシャルYouTube
乃木坂46 『君の名は希望-DANCE&LIP ver.-』
http://youtu.be/JbAgeuQQQ1c

■GyaO!
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v10261/v0993900000000546176/

UVERworld LIVE
UVERworld ARENA LIVE 2013横アリにて終幕!



UVERworldのアリーナツアー「UVERworld ARENA LIVE 2013」が14日、横浜アリーナにてファイナルを迎えた。

11月から回ってきたツアーのファイナルということで、横浜アリーナはオープニングのSEから最高潮の雰囲気を見せる。ライブでは、最新アルバム「THE ONE」からの楽曲を中心に、ライブではおなじみの人気曲まで、全21曲を披露。

「最高の夜を飾ろうとおもいます。みんなにとってもファイナル、とことん最高の夜を掴み取ろう!」とMCでTAKUYA∞がコメントした通り、バンドもツアーが終わる寂しさを吹き飛ばすかのような熱いパフォーマンスを見せた。

ライブの終盤には、TAKUYA∞が「みんなの心を鷲掴みにして離さないような曲を作ります!本当に楽しみにしていてください!」とコメント。ツアー終了後すぐに新曲の制作に入り、またツアーを回ることを約束した。

今回のツアーは、昨年秋〜冬に彼らが回ったアリーナツアーからアルバムリリース、ライブハウスツアーを挟んで開催されたライブとあって、バンドとファンの絆や一体感を強く感じさせるものとなった。

1万人と熱狂したツアーファイナルを「今日のみんな本当にカッコよかった。こんなカッコいいファンを持っていることを誇りに思います。本当にありがとう!アンコールはリアルじゃなくて好きではないけど、あと1曲だけみなさんに贈ります」と「MONDO PIECE」で、11月からのツアーを締めくくった。

4月17日には2012年夏に公開し、大きな話題となったバンド初のドキュメンタリー映画「THE SONG」がDVD/Blu-rayにてリリースされることも決定しており、2013年も彼らの活動に注目していただきたい。

FLOW LIVE
FLOW、亀仙流の道着でライブ かめはめ派も披露



3月16日に行われた映画『ドラゴンボールZ 神と神』のスペシャルイベント「天下一試写会」にFLOWが登場した。

この日のFLOWは全員ドラゴンボールの亀仙流の道着を身にまとい、映画の主題歌「CHA-LA HEAD-CHA-LA」と劇中歌「HERO 〜希望の歌〜」の2曲を披露し会場を沸かせた。

また、ライブ後にはステージを天下一武道会のセットにチェンジし、野沢雅子を始めとする豪華声優陣の挨拶の後に、FLOWが再登場し、全員でかめはめ派のポーズで舞台挨拶を締めくくった。

藍井エイル LIVE
藍井エイル、初のライブツアー完遂!サプライズで未発表曲も披露



3月15日(金)、オリコンウィークリー初登場4位を獲得した1stフルアルバム『BLAU』を引っ提げ、自身初となるライブツアー「BLAU TOUR 2013」のファイナル公演を東京・赤坂BLITZにて行った、現在知名度急上昇中の〈藍井エイル〉。

チケット発売と共に即完売となったプレミアムチケットを手に、赤坂BLITZに集まったお客さんの数は1500人。昨年12月に恵比寿Liquid Roomで行われた前回のワンマンライヴから、約3ヶ月でほぼ倍増したことからも、現在の彼女の急上昇っぷりが窺える。

いよいよ開演となり、幻想的なSEと共に照明が落ち、イメージカラーである青いペンライトが会場を埋め尽くす中、〈藍井エイル〉が登場。大歓声が上がるとともに、『AURORA』(TVアニメ「機動戦士ガンダムAGE」三世代編OP)が始まると、会場は一気にヒートアップ。「いくぞー!赤坂ー!」と自身もテンションMAXで熱気に応える。『アヴァロン・ブルー』では持ち前の超高音ヴォイスを遺憾なく発揮し、『閃光前夜』では会場が一体となったハンドクラップを打ち鳴らすなど、盛り上がりは留まることなく高まり続けた。

衣裳替えを挟み、『Lament』から後半戦が始まると、MCで「私は歌に救われてここまでやって来れた。これからは一人でも多くの方の背中を押せるような歌を歌っていきたい。」と話し、『夢の終わり』を熱唱、会場全体がペンライトを振るのを忘れるくらい聴き込む一場面も見られた。そこからはアルバムに収録されているアップテンポナンバーを立て続けに演奏。爆発寸前となった会場相手に、ラストナンバー『INNOCENCE』(TVアニメ「ソードアート・オンライン」フェアリィ・ダンス編OP)を打ち込み、一気にピークに。

アンコールで登場すると、「今日でツアーは終わりますが、藍井エイルはまだまだ続きます!」と、突然の新曲披露のサプライズ。「春はスタートの季節。そんな皆さんの背中を押せる曲になったら。」というMCを受けて未発表曲『虹の音』を歌い上げ、
初めて聴く曲に会場は聴き入った。YUIのカバー『GLORIA』を挟み、アンコールのラストは、自身のデビューシングル『MEMORIA』(TVアニメ「Fate/Zero」ED)で完璧に締めた。

1stフルアルバム『BLAU』収録曲を中心に全18曲が披露されたライヴは、MCで「最高のライブにするために、皆も一緒に楽しみましょう!」と彼女が投げかけていた通り、ステージとオーディエンスが一体となった極上の空間となり、〈藍井エイル〉の次なるステップに否が応でも期待したくなるものとなった。デビューから1年と5ヶ月、初ライヴから9ヶ月。異例のスピードで急成長を遂げる〈藍井エイル〉は、もうチェックするしかない。

2013年03月15日
ジャスティン・ティンバーレイク 試聴
ジャスティン・ティンバーレイク、新作のフル試聴がスタート!



アメリカ・エンターテインメント界を代表するスーパー・セレヴリティ、ジャスティン・ティンバーレイクの3月20日発売予定、7年ぶりのオリジナル・アルバム『20/20 エクスペリエンス』のアルバム先行フル・ストリーミング試聴が3月12日よりiTunesで全世界同時スタートし、ついにその全貌が明らかになった。

前作『フューチャー・セックス/ラヴ・サウンズ』で共同プロデュースに向かえたティンバランドとの再びの黄金タッグで制作され、レトロ・モダンを標榜するセクシーかつスムーズなサウンドが特徴的な今作だが、すでに解禁になっているジェイ・Zを向かえたリード楽曲「スーツ・アンド・タイ」は世界31カ国のiTunesチャートで1位、全世界で200万以上を売り上げ早くもプラチナ認定を受けており、引き続き本国アメリカでもチャート・トップ10圏内を維持するロング・ヒットを記録している。また、次いで解禁となった楽曲「ミラーズ」も世界7カ国で1位を獲得、UKチャートで2週連続の1位を記録するなど快調なヒットを飛ばしている。
新作の発表を皮切りに、スーパー・ボールの前夜祭、グラミー賞、BRITアワード、そのほかヨーロッパを含む、さまざまな機会でその4年ぶりとなる公式パフォーマンスを精力的に行い、世界中の注目を集めているジャスティンだが先週末、3月9日には35年以上の歴史を誇るアメリカNBCの人気コメディ・バラエティー番組「サダデー・ナイト・ライヴ」で5度目のホストを務め、自身もコメディー・スキットにほぼ前編にわたり出演、新作からの楽曲パフォーマンスを行いマルチ・エンターテイナーぶりを見せたほか、今週3月11日からは同じくアメリカNBCの人気深夜バラエティー「レイト・ナイト・ウィズ・ジミー・ファロン」に平日5日間、毎日出演するなどアメリカのお茶の間にも切れ間なく、その輝かしいカムバックをアピールしている。

「スーツ・アンド・タイ」でコラボレーションしているジェイ・Zとの7月17日のカナダ、トロントを皮切りにした北米12ヶ所を回るジョイント・スタジアム・ツアー「レジェンズ・オブ・ザ・サマー」や7月12日UKロンドンで開催されるワイアレス・フェスティバルのヘッドライナーとしての出演が発表されており、アルバムの発売を目前にしたジャスティン・ティンバーレイクへの注目はしばらく止みそうにない。


■iTunes先行試聴リンク
http://www.iTunes.com/JT

■USオフィシャルサイト
http://www.justintimberlake.com

■Sony MusicによるJustin Timberlakeオフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/justintimberlake

tofubeats CD
tofubeats、4/24に待望の3作同時リリース



神戸在住の新進気鋭の若手プロデューサーtofubeatsが4/24に待望のオリジナルアルバム「lost decade」(CD&配信/自主制作)をリリースする。同日にはこれまでの外仕事をまとめた「university of remix(CD/SMER)」、 それに入りきらなかった音源を収録した「college of remix(iTunes限定/onepeace)」もリリース予定で、
同日になんと3枚分の音源を一挙発売する事となっている。

この3枚は10代後半から今日まで、インターネットと現場を股に掛け、様々な層に自身の楽曲をアピールしてきたtofubeatsの第1期の集大成とも言えるだろう。

オリジナルアルバムにはiTunes Store総合チャート1位を獲得した「水星 feat.オノマトペ大臣」「夢の中まで feat.ERA」が待望のCD初収録、南波志帆、SKY-HI(AAA)、PUNPEE、G-RINA、仮谷せいら等、豪華ゲスト勢を迎えた楽曲などが収録される。J-POP、HIPHOPを軸に、インターネット経由の最先端CLUBミュージックを独自の感性で吸収した楽曲群が並ぶ、これまでの彼の活動の幅を改めて感じさせる1枚に仕上がっている。

Remix作品集「university of remix」には、これまでに手掛けた名作Remixワークスに加え、初のProduce作であるtengal6(現lyrical school)/ プチャヘンザ!、そしてなんと本作エクスクルーシヴ新録となる、電気グルーヴ/MUD EBIS (tofubeats DORO-EBIS mix)が収録される。その時々のtofubeatsが反応している音楽をJ-POPに落とし込むという、彼のリミキサーとしての柔軟でユーモラスな側面を存分に楽しめる、バラエティーに富んだ内容となっている。

iTunes限定盤である「college of remix」には上記の作品集に入りきらなかった、SNEEEZE/Desperation(tofubeats zero, seven and eight mix) , AJAPS/The Light feat. Wise(tofubeats remix),等が収録。

http://www.tofubeats.com/
http://www.itunes.com/tofubeats

supercell CD
supercell新曲、西尾維新原作アニメOP決定



人気テレビアニメ『マギ』のEDテーマソング「The Bravery」をリリースしたばかりのsupercellが、4月11日よりフジテレビ“ノイタミナ”他にて放送予定のTVアニメ『刀語』のオープニング・テーマを手掛けることがあきらかとなった。タイトルは「拍手喝采歌合」。

楽曲は、『刀語』の世界観が表現された和風ロックテイストで、ボーカルこゑだの力強い歌声が物語に新しい息吹を吹き込み、非常に印象的なものに仕上がっているとのこと。

■supercell ニューシングル「拍手喝采歌合」(はくしゅかっさいうたあわせ)
2013年6月12日発売
【初回生産限定盤A】CD+ Blu-ray / SRCL8280〜8281 / ¥1,890(tax in)
【初回生産限定盤B】CD+DVD / SRCL8282〜8293 / ¥1,680(tax in)
【通常盤】CD only / SRCL8284 / ¥1,223(tax in)


■TVアニメ『刀語』放送情報
2013年4月11日より毎週木曜24時45分から
フジテレビ「ノイタミナ」ほかにて12週連続1時間放送予定


■『刀語』公式サイト
http://www.katanagatari.com/


■supercellオフィシャルサイト
http://www.supercell.jp/

ピコ PLAN
ピコ、新曲が"ノイタミナ"エンディングに決定



3/14にZepp Diver Cityにて行われた「PATi★Night Episode 10」のステージ上で本人からニューシングルの詳細が語られた。6/5に発売となる7枚目のシングルのタイトルは「言ノ葉」。初夏にぴったりの「桜音」を彷彿とさせる和風のメロディとなっている。
そしてこの曲は西尾維新原作の大河アニメ「刀語」の新エンディング・テーマとなることも発表された。4月11日よりフジテレビ“ノイタミナ”他にて12週連続、毎週1時間放送される予定。

この日行われた「PATi★Night Episode 10」ではアンティック−珈琲店−、ViViDと共に迫力のステージを展開。最後は全出演者によるセッションも行われ、満員のZepp Diver Cityに詰めかけたファンも大満足のようだった。

ボカロコンセプトアルバム「ヒトコエ-442701340-」を2月20日に発売したばかりのピコ。また今週末にはタイ・バンコクで行われる「国際ドラマフェスティバル in TOKYO」による「J Series Festival」への出演も決まっている。このイベントは日本のドラマの集中的放送および、日本コンテンツのブームアップを図るイベントとなっており、菅野美穂、田口淳之介(KAT-TUN)、東京女子流と共に出演予定となっている。今後の国内・海外展開も追って明らかになるようなので、ぜひ注目したい。

■ピコ ニューシングル「言ノ葉」
2013年6月5日(水) 発売
初回生産限定盤 (CD+DVD) /KSCL2253〜2254 / ¥1,500(tax in)
通常盤(CD) / KSCL2254 / ¥1,200(tax in)
期間生産限定盤 (CD) / KSCL2255 / ¥1,200(tax in)

■ピコオフィシャルHP
http://www.piko-piko.jp/

■「刀語」公式サイト
http://www.katanagatari.com/

ティーナ・カリーナ LIVE
ティーナ・カリーナ、地元大阪で新曲を全国初披露



昨年9月デビューした大阪府出身の新人シンガーソングライター、ティーナ・カリーナ(27)。元・デパ地下販売員という異色の経歴と、関西弁で綴った悲恋歌「あんた」が地元大阪から一気に全国的な話題を集め、昨年末にはデビュー3カ月にも関わらず、第54回日本レコード大賞・新人賞に輝いた。

年明けもその勢いは止まらず、発売から半年経った現在もロングヒットを記録し、Youtubeの再生回数は310万回を突破、3月には1万人を動員するファッションイベント「神戸コレクション」(3/9(土)神戸ワールド記念ホール)に出演、読売テレビ開局55年記念3夜連続ドラマ「泣いたらアカンで通天閣」(3/25〜27 深夜0:28〜1:23オンエア/主演:木南晴夏・大杉蓮)の主題歌に「あんた」が大抜擢され、女優sるなど、その活躍の幅を広げている。

そんな2013年期待のシンガーソングライター、ティーナ・カリーナが、地元大阪で自身初となるバンド編成でのフルライブ『ティーナ・カリーナ フルプレミアムライブ〜KIZUNA〜』を開催。2000通を超える老若男女のファンからの応募の中から選ばれた200組400名の地元ファンを招待してのイベントとなる。ライブではロングヒット中の「あんた」を含む全11曲を披露。そして待望の新曲「あかん」(5月29日発売)を、「地元の大阪のファンにどうしても一番最初に聴いてほしくて」との思いで初披露、2013年の本格始動となる新曲「あかん」の発売を自らの口で報告し、会場のファン400人からは割れんばかりの拍手に包まれた。

この新曲「あかん」は、自身の実体験から生まれたといい、ロングヒット中の前作「あんた」に勝るとも劣らない、珠玉の関西弁ラブバラードに仕上がっており、持ち前の透明感と声量あふれる歌声でドラマティック且つ強烈なインパクトで、一途な女の恋心を歌いあげる。昨年2月まで働いていた自らの原点ともいうべき会場で、記念すべき自身初の地元フルライブに、新曲「あかん」という強烈な色を放つ花を添え、2013年ブレイク必至の呼び声高いシンガーソングライター、ティーナ・カリーナがついに本格始動をする。


■ティーナ・カリーナ オフィシャルホームページ
http://www.tiinakariina.net/

■「あんた」試聴はコチラ
http://youtu.be/3kiNgp8tv28

2013年03月12日
ハーツ CLIP
モデル・女優の菊池亜希子さん、「ハーツ」を絶賛



今夏、フジロック・フェスティバルへの出演も決定した、イギリス発の美しきエレクトロ・ポップ・デュオ「ハーツ」のニュー・アルバム発売へ向けて、モデル・女優として大人気の「菊池亜希子」さんからコメントが到着!菊池さんは2010年にTBSドラマFRIDAY BREAK「クローン ベイビー」へ出演したことをきっかけに、その主題歌&挿入歌を務めたハーツに出会い、その洗練された音世界に魅了されたという。

■TBSドラマFRIDAY BREAK「クローン・ベイビー」主題歌「ベター・ザン・ラヴ」 ミュージック・ビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=zQ1v1pMdIoQ

■最新ミュージック・ビデオ「ミラクル」
http://www.youtube.com/watch?v=HrAclaz5GvA


そして、明日3/13(水)発売となるニュー・アルバム『エグザイル 〜孤高〜』について、以下のように表現してくれた。

『目を瞑って、まっくらになってみる。
何も見えないはずなのに、まっくらの向こうに光が見える。
見たことのない物語が動き出す。
何だか、長い長い映画を一本見たような、
不思議で心地いい疲労感が広がる。
そんなアルバムでした。』
― 菊池亜希子


ハーツは、デビュー作『ハピネス』がヨーロッパ6カ国でトップ5入りを果たし、母国イギリスでは「2010年にイギリスで最も早く売れた作品」を記録、翌11年には英NMEアワード「最優秀新人バンド賞」や独エコー・アワード「最優秀インターナショナル新人賞」を受賞した新鋭アーティスト。またその端正なルックスや、「まるでアントン・コービンが関わっているかのよう」と評されるほど、細部まで計算された完璧なる映像美でも高い評価を受けており、その注目度の高さは、デビュー作ではカイリー・ミノーグが、ニュー・アルバム『エグザイル 〜孤高〜』ではエルトン・ジョンが、それぞれ「ハーツの大ファンだから」とゲスト参加していることも証明しているだろう。


そして菊池亜希子さんも、モデルや女優以外にもイラストやエッセーなど多方面で「マルチ・アーティスト」として活躍、また学生時代には「建築」を専攻していたという意外な側面も持っており、「芸術」への造詣が深いことでも知られている。そんな菊池亜希子さんをも魅了するハーツの最新作『エグザイル 〜孤高〜』は、音楽はもちろん様々なカルチャーを愛する人たちに聴いてほしい作品だ。


■リリース情報
ハーツ『エグザイル 〜孤高〜』
3/13発売 SICP-3732 スペシャル・プライス ¥2,300(税込)
※日本盤はボーナス・トラック3曲収録
http://www.sonymusic.co.jp/hurts


デヴィッド・ボウイ PLAN
D.ボウイ新作、国内外の有名人から祝福メッセージ到着




いよいよデヴィッド・ボウイの10年ぶりのニュー・アルバム『ザ・ネクスト・デイ』が3月13日に日本で発売される。彼が前触れもなく1月8日に新曲と共に復活してから現在までに起きた全ては、「今年の音楽界で最大の出来事」(NME 2013 Awardsでノミネート)、「ロック史上最大のカムバック」(インディペンデント紙)と語られるほど。そんな歴史的な発売日をいよいよ明日に控え(多くのCDショップでは本日3月12日からお買い求めいただける)、多くの有名人からの祝福メッセージhttp://davidbowie.jp/に寄せられている。中には「もはやライナーノーツ」と言わんばかりの、心のこもった長文メッセージの方も。

また、ツイッター上で @sonymusiclegacy をフォローしてハッシュタグ「#THENEXTDAY」と共に新作の感想をつぶやくと、デヴィッド・ボウイの特製ポスターが3名様にプレゼントされるキャンペーンが行われている(3月19日24時まで)。歴史的なこのリリースの記念に、参加されてみてはいかがだろうか。


■デヴィッド・ボウイ特設サイト
http://davidbowie.jp/
凛として時雨 PLAN CD
凛として時雨、新曲を"1回限定"緊急公開



実に2年半ぶりとなる待望のニューアルバム『i’mperfect』(読み:インパーフェクト)のリリースが4月10日に決定した凛として時雨。フジテレビ“ノイタミナ”アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」オープニング・テーマとして書き下ろされ、昨年11月に先行リリースされたシングル「abnormalize」、及びそのカップリング曲「make up syndrome」を含む全9曲収録という限られた情報しか発表されていなかったが、発売まであと1カ月を切り、ようやく続報が届いた。


今回新たに発表となったのは、アルバムジャケット写真と全収録曲のタイトル。さらに、アルバムの冒頭を飾る新曲「Beautiful Circus」は、今週3月14日(木)23:00〜 USTREAM及びYouTube Liveにて緊急初公開されることも発表された。アーカイブの予定はなく、一度きりの配信となるため、ファンにとっては絶対に聴き逃せない貴重なチャンスとなる。

■番組情報
【番組名】 凛として時雨 新曲「Beautiful Circus」緊急初公開
【配信日時】 2013年3月14日(木) 23:00〜 配信開始予定
【USTREAM視聴URL】  http://www.ustream.tv/channel/sigure20130314
【YouTube Live視聴URL】
http://www.youtube.com/sigureSMEJ (凛として時雨Official YouTube Channel)
【ハッシュタグ】 #sigure
【注意事項】
・今回の配信はアーカイブ化致しません。一回きりの配信となりますのでご注意ください。
・USTREAM/ YouTube Liveの視聴可能なPC/スマートフォンにてご覧いただけます。
・アクセスが集中した場合、映像が途切れる場合がございます。


■凛として時雨オフィシャルHP
http://sigure.jp
トミタ栞 PLAN
「saku saku」MCのトミタ栞、メジャーデビュー




テレビ神奈川の人気音楽情報バラエティー「saku saku」の最新DVD「saku saku Ver.9.0/オーバーオールが止まらない」の発売記念イベントが3 月8 日(土)タワーレコード渋谷店にておこなわれ、DVD 商品を購入した番組のファン(サクサカー)350 名が会場に詰めかけた。

そんな中、番組のメインMC を務めるトミタ栞(19 歳)から、ファンにむけて重大発表!!として、今年の夏(予定)に大手メジャーレコード会社・EPIC レコードジャパンからCD デビューする報告があり、イベント会場に詰めかけたサクサカー(番組視聴者、ファン)からは、早くもCD デビューに期待を寄せる熱い声援が飛び交った。

これまでにも同番組内で幾度となく、さまざまな土地にちなんだ番組オリジナル・ご当地ソングを披露してきたトミタ栞。起点となったのは、そんな彼女にとって、はじめての1人しゃべりによるインターネット番組(USTREAM)。2013 年における抱負10 カ条を発表していくなか、「CD デビューしたい!」との発言がネット上で話題となり前述のレコード会社の目を引く形となった。トミタ栞が所属する事務所の先輩には同番組2 代目MC の木村カエラが後に歌手デビュー。女性ソロアーティストとして確固たるポジションを築いているだけに、今後の彼女の動向から目が離せない。


■トミタ栞オフィシャルサイト
http://www.tomitashiori.com/

■トミタ栞すたっふツイッター
https://twitter.com/tomitastaff