仲間由紀恵、MCローズ、DJダウンからなる3人組。



Vocalはあの仲間由紀恵が担当。

トップ女優としての地位を確立した彼女が、

新たな表現の場を求め、歌姫として音楽界に舞い降りる。

透明感のある歌声と、天性のリズム感を武器にトップアーティストの仲間入りを目指す!



MC担当ローズ。

ああ見えて中学・高校と野球に打ち込んできた熱血漢。

プロを夢見ていたが、その思いは叶わず挫折・・・。

そんな彼を音楽が救った。

どんなに辛い時でも大好きな曲を聴くと勇気づけられた。

音楽って素晴らしい。そう感じた彼は聴く側から聴かせる側になりたいと思いMCを志す。

今彼はバットをマイクに持ち変え大舞台に飛び出していく。



DJ担当ダウン。

今流行のニートからの成り上がりを目指す。

数多く経験したバイトの一つ「居酒屋での皿洗い」の際、

皿を洗うことより皿を回すことの楽しさに目覚めDJの道へ。





そんな境遇が全く違う3人が2005年運命の出会いを果たす。

なぜかCDデビューの前に、CMデビューを果たしてしまうのだが…。

そのあたりは彼らのキャラクターだからこそできる離れ業。

CDデビューまでの道のりは決して平坦なものではなく、

途中、音楽性の不一致や、

意味のないダラミー(ダラダラミーティングの略)の連続などで何度も足止めを食らう。

一時はデビューを諦めるという噂も立ったのだが、

天の一声で大物作詞家、大物作曲家からの楽曲提供が決まり一気にデビューへ加速。

このままスターダムへの階段を駆け上ってしまうのか!?

2006年1月31日、恋のダウンロードで衝撃のメジャーデビュー!!