2006年、米NYコロンビア大学在学中に、エズラ・クーニグ(Vo/G)、ロスタム・バトマングリ(Kb/Vo)、クリス・バイオ(B)、クリストファー・トムソン(Dr)の4名で結成されたロック・バンド。そのユニークなサウンドと圧倒的ライヴ・パフォーマンスが早期から注目を集め、激しい争奪戦の末インディー・レーベル<XL Recordings>と契約。2008年にリリースされたデビュー・アルバム『ヴァンパイア・ウィークエンド』はデビュー作にして全米・全英チャートいずれもトップ20入りを果たした。その後セカンド・アルバム『コントラ』(2010)は全米チャート1位を獲得し、グラミー賞にもノミネート。三作目『モダン・ヴァンパイアズ・オブ・ザ・シティ』(2013)では2作連続となる全米チャート1位を記録し、インディー・ロック・バンド史上初の2作連続全米1位という快挙を達成。同作は第56回グラミー賞<最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム>賞を受賞した。2016年にはロスたム・バトマングリが脱退を発表。

エズラ(Vo/G)はソングライター/プロデューサーとして参加したビヨンセ「ホールド・アップ」(アルバム『レモネード』収録)で、第59回グラミー賞ノミネートを獲得、また2017年にはNetflix独占配信アニメーション『ネオ・ヨキオ』を製作するなど、活躍の場を益々拡大。

2018年には4年振りとなる来日を果たし、<フジ・ロックフェスティバル>のグリーン・ステージに登場。新作リリースへの期待が高まる中、2019年、レーベルをコロンビアへ移籍し、6年振り新作『ファーザー・オブ・ザ・ブライド』をリリースすることを発表した。