6月7日、ロサンジェルス生まれ。
教会の音楽監督としてオルガンやピアノ、コーラス隊の指導などをする父親と、教会でソロ歌唱を担当する母親の間に生まれた。言葉を覚えるよりも唄を歌い始めた方が早かったのではないかと言われている。母親の真似をするように歌い始め、5歳の時に始めて教会でソロ歌唱を担当する。
※ちなみに歌ったのは「主を十字架に架けし時君はそこに居たのか(Were you There When They Crucified My Lord?)」で、イースターの日だった。

小学校、中学校を通して教会の聖歌隊と学校の合唱部に参加。その内にミシガン州ランシングの市内イベントなどに出演するようになる。大学入学を機に一時、歌から離れた時期があったものの、逆に歌が自分にとって大切なものだということを認識するきっかけとなった。

大学の講師でもあったジャズ・シンガー、サニー・ウィルキンソンの特別音楽クラスに普通科から1名しか入れない枠にオーディションを通過して参加。そこで約2年間ジャズと歌の基本を学ぶ。サニー・ウィルキンソンと同じく大学の講師でもあったベーシスト、ロドニー・ウィテカーやトロンボーン奏者ウィクリフ・ゴードンとも共演した。

好きなミュージシャンはクリフォード・ブラウン、オスカー・ピーターソン、レイ・ブラウン、歌手ではシャーリー・ホーン、ダイアン・リーヴス、カサンドラ・ウィルソンなど。