アイルランド/ダブリン出身。ダニエル・オドナヒュー(Key/Vo)、マーク・シーハン(G/Vo)、グレン・パワー(Dr/Vo)から成るスリーピース・バンド。本国を離れ、R&B界の伝説的存在であるダラス・オースティンやテディ・ライリーなどにその才能を認められたことによってプロデュース/ソングライティング・チームとしてアメリカでそのキャリアをスタートさせたダニーとマーク。そこにソロ・ミュージシャンとして活動していたグレンが加わり、拠点をロンドンに移してバンドとしての活動をスタートするやSony Music Entertainment UKと即契約に至り、2008年4月にシングル「We Cry」でUKデビュー。その印象的なピアノの旋律、美しいメロディとダイナミックなライヴ・サウンドはジャンルや国境を越えて世界中から注目を集め、同年夏にリリースされたセルフ・タイトルのデビューアルバム”The Script/ザ・スクリプト“は、UK及び地元アイルランドで初登場1位を獲得。U2、ポール・マッカートニー、テイク・ザットなど数々の大物アーティストのサポートを務め、その人気とスケールを拡大させていく。2013年8月までには63か所にも及ぶアリーナツアーと18のフェスティバルを果たす等、世界的なライヴ・アクトとしての評価もあげていく。その後’10年に発売された2ndアルバム” Science And Face/サイエンス・アンド・フェイス”が2作連続で全英チャート1位、’12年に発売された3rdアルバム”3/スリー“も全英チャート2位を記録、これまでに2000万枚の総レコードセールスをたたき出し、デビュー以来コンスタントにツアーを重ねているアメリカでも100万枚以上のアルバムセールスを記録するなど、世界的な躍進を続けている。特に前作”3”ではヴォーカルのダニーが本国UKの人気オーディション番組“The Voice/ザ・ヴォイス”の審査員を務めた事で一気に“著名人”となり、同シーズンに同じく審査員を務めていたウィル・アイ・アムをフィーチャリングしたシングル曲“ホール・オブ・フェイム”のセールスも全世界で500万枚を突破、YouTubeでも約1億5000万回を超える再生回数を記録する大ヒット曲となった。

 

“Hall Of Fame”

 

また、現エリザベス女王が英BBC人気ラジオ局”Radio 1”に出演した際、彼女に直々に招かれて演奏を果たす等、本国イギリスでは国民的人気を誇る。

 

昨年行われた“3”ワールド・ツアーでは11カ月もの間ヨーロッパ、北アメリカ、アジアとオーストラリアを回った彼らであるが、そこから間髪をいれずに制作されたのが本作“No Sound Without Silence/ノー・サウンド・ウィズアウト・サイレンス”。その殆どの曲の構想がツアー中に練られたということもあり、彼ら従来の美しいメロディはそのままに、更に躍動感にあふれ、正に彼らの真骨頂的サウンドに仕上がった作品で、本国では9月にリリースされ、3度目となる全英1位を記録している。本アルバムからの1stシングル“Superheroes/スーパーヒーローズ”は全英3位、既にYouTube総再生回数1300万回を超えるヒット曲にとなっている。

 

 “Superheroes”