映画『悪夢のエレベーター』主題歌に決定!!

2009.06.17

今秋公開となります映画『悪夢のエレベーター』の主題歌にタカチャの「AIO~愛をく
ださい~」が決定しました。

映画『悪夢のエレベーター』  主題歌:タカチャ「AIO~愛をください~」

★堀部圭亮第一回監督作品 出演:内野聖陽 佐津川愛美 モト冬樹 斎藤工
 www.akumu11.jp
主題歌:タカチャ「AIO~愛をください」
今秋、シネセゾン渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー

★【映画『悪夢のエレベーター』概要】
シチュエーションの面白みと、そこで繰り広げられる人間模様が人気を博し、全3部作
累計40万部突破の木下半太による人気小説「悪夢」シリーズ。中でも単独で26万部の
売り上げを誇る「悪夢のエレベーター」が、原作を凌駕する個性豊かなキャラクター
とドラマのインパクトをもって、ついにスクリーンに登場します。パワフルな原作に
挑んだのは「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(NTV)など、数々の人気バラ
エティ番組を手がけ、俳優としても活躍中の堀部圭亮。満を持しての長編監督デビュー
作。一体、誰が、何のために!?ウソと本音、虚構と真実が入り乱れて観客を騙し抜く
究極の“人間不信”エンタテインメント!
気が付くと俺(斉藤工)は緊急停止したエレベーターに閉じ込められてしまっていた。
乗り合わせていた3人は、刑務所帰りの男(内野聖陽)に他人の過去が見える超能力者
(モト冬樹)、そして自殺願望を持つゴスロリ少女(佐津川愛美)。どう見たってフツー
じゃない。しかも泣けど喚けど助けは来ない。臨月を迎えた妻の元に駆けつけたい一
心の俺は、とにかく焦っていた。万が一、このエレベーターの中で餓死でもしてしまっ
たら…。アレ?ちょっと待てよ!?何かおかしくないか??3人の顔を交互に見渡しながら、
俺はとある“大事なこと”に気が付いたのだが…。


★堀部監督より主題歌に寄せて
デモテープでタカチャさんの曲を聴いて「是非この方にお願いしたい」と思い、オファー
しました。
言葉、英単語、楽器の数を減らしてシンプルに、アコースティックに近いものにして
ほしい、そして、登場人物たちに共通する“待っている”と“孤独”というキーワードを
大事にしてください、とリクエストしました。そうしたら“愛”というキーワードが出
てきた。主題歌のおかげで、全然あたたかいお話じゃないのにあたたかい作品に仕上
がったと思います。主題歌が一番お客さんを騙していますね(笑)。
rss