リードボーカル・ギターの松本秀人とコーラス・ギターの釜石隆広からなる岩手県紫波町出身のアコースティックデュオ。
中学生の頃知り合い、当時父親からギターを教わっていた松本が釜石にギターを教えたのが音楽をはじめたきっかけとなる。その頃、憧れていたアーティストは“ブルーハーツ”だった。
2003年「STGM」を結成。地元で音楽活動をはじめる。
2004年高校を中退し、実家に置手紙1つ残し“ヒッチハイク”で大阪へ。路上ライブを中心に活動。また毎日放送の音楽番組「MTM」にレギュラー出演をする。
2005年には大阪城公園前「城天」にて200人動員路上ライブを決行。
2007年2月、活動の拠点を東京へ移す。5月より地元FM岩手放送ラジオ番組「STGMのと金主義」のパーソナリティーを勤める。
2008年3月に初のアルバム「歩」をリリース。同月、盛岡club change WAVEにてワンマンライブを開催、4月にベストアルバム「プロローグ」をリリース。5月には江坂MUSEにてワンマンライブを行う。
2008年10月1日、映画「三本木農業高校、馬術部」(監督:佐々部清 主演:長渕文音)主題歌でメジャーデビューを果たす。