「Thriller (Steve Aoki Midnight Hour Remix)」へ向けたスティーヴ・アオキ本人からのコメントを公開

2017.10.05

マイケル・ジャクソン最新アルバム『スクリーム』のリリース(輸入盤9月29日/国内盤は10月4日)を記念して、スティーヴ・アオキがオフィシャルRemixを担当した「Thriller (Steve Aoki Midnight Hour Remix)」が絶賛シングル配信中!Remixを手掛けたスティーヴが、自身のSNSで今回のプロジェクトにかけた想いを語

った熱いコメントの日本語訳を公開!

 



<日本語訳>

生まれて初めて行ったコンサートはMichael Jacksonだった。11歳だったよ。それ以降僕はMichaelが大好きになったんだ。MJが亡くなった後、Dancing Machineのリミックスという名誉あるオファーをもらうことが出来た。Motown RecordsのSylvia Rohnから電話をもらったことを良く覚えていて、最初はまさか彼女から電話が来るなんて想像もしてなくてビックリしたけど、リミックスをしてくれっていう依頼内容をただただ真剣に聞いていたよ。オリジナル音源のインストルゥメンタルとMJの声を使えるなんて光栄に思ったよ。MJの曲をリミックスするオファーをもらえるなんて思ってもみなかったんだ。今回彼らは僕にリミックスする楽曲を選ばせてくれて、MJファンなら分かると思うけど、彼の全ての楽曲から一曲を選ぶなんて至難の業なんだ。でもMJの楽曲の中でもっとも輝かしい曲に絞り込むとしたら、やっぱり一番ビジュアル的にもパッとミュージック・ビデオが鮮明に出てくるのは「Thriller」だし、狼男のMichaelだったり悪霊やゾンビ、あの印象的な効果音、狼の雄叫び、風、絶叫、ベース、シンセ、ギター、ドラム、ブラスと、どの要素をとってもそれぞれ光るものがあるよね。音楽史に残るとても、とても重要な瞬間であり、史上最も重要な楽曲だと思う。僕は化石を覆う埃を丁寧に振り払う考古学者のように、素材を取りだしたんだ。Michaelの生き生きとして、生々しいんだけど部屋に立たずむような亡霊のような声に震えたよ。サンプル音や楽器はそれぞれ独立しながらも、とても生き生きと聞こえた。このリミックスを手掛けたことは、僕の人生において最大のハイライトになった。それぞれの素材の本来の持ち味を生かしつつ、Aoki流のリミックスを通して新たな息吹をもたらすという、この二つのバランスを保つというのは非常にデリケートな作業だったけど、うまく表現出来たと思っている。この新しいリミックスを完成させることが出来てすごく誇りに思っているし、みんなも同じように感じてくれるとすごく嬉しい。彼のScreamプレイリストに加わることが出来てとても興奮しているよ。「Thriller」という僕の最も好きな楽曲のリミックスをさせてくれる機会を与えて下さって大変光栄に思っています。

 


 

<原文>

The first concert I ever went to was ‪#MichaelJackson. I was 11. Since then I’ve always adored and obsessed over him. I had the honor of remixing Dancing Machine after MJ passed. I remember getting the call from Sylvia Rohn from Motown Records and couldn’t believe I was speaking directly with her and respectfully listening to her ask me to do the remix. It was the greatest honor to work with the instrumntal stems and ‪MJ’s voice from the original sessions. I never thought I would get asked to remix another song by MJ. This time they let me choose and as any MJ fan would understand, the difficulty in picking one song from the entire catalogue was incredibly hard. But when you boil it down to the most epic of all of ‪MJ’s songs, #Thriller is the song that you can visualize the music video immediately, with the ghouls and zombies and MJ as a werewolf, the signature samples, the wolf howl, wind, screams, the instrumentation, each shining through the recording - the bass, the synth, guitar, drums and the brass. It is an epic epic moment in time for music, let alone being one of the most important songs in the history of music period. I opened up the stems like an archeologist carefully brushing away debris from fossils. It was bone chilling to hear ‪MJ’s voice, so alive and so present yet like a ghost in the room. The samples, the isolated instrumentation, all in its place but sounding so present. Working on this remix was absolutely one of the most memorable experiences in my life. The careful balance of maintaining the integrity of the stems and samples with the concept of remixing it and Aokifying it so I can bring it a new lease of life in my sets and in our culture was delicate but I got there. I am extremely proud of this new remix and I hope everyone can follow that same feeling I had making it. Excited to be a part of his Scream playlist. Thank you for giving me the opportunity and privilege to remix one of my favorite songs of all time...Thriller!


rss