【ジョン・ウィリアムズ】
1932年、アメリカ・ニューヨーク州出身。ジュリアード音楽院(兵役後の1955年に進学)卒業後、ピアノ演奏者としてキャリアを  開始すると、1965年頃からTVドラマの音楽を手掛けるようになり頭角を現す。 映画音楽作曲家としては、アカデミー編曲賞を受賞した『屋根の上のバイオリン弾き(1971)』以降、70年代に入ってから急速に評価が高まり、特に『ジョーズ(1975)』、『スター・ウォーズ(1977)』、『スーパーマン(1978)』等のスコアが大ヒットとなった。『スター・ウォーズ』6部作以外には、特にスティーヴン・スピルバーグ督の作品の殆どに映画音楽を付けていることで有名(『E.T』、『未知との遭遇』、『インディ・ジョーンズ』シリーズ、『ジュラシック・パーク』シリーズなど)。近作には、『ハリー・ポッター』シリーズの他、『タンタンの冒険』や『戦火の馬』(共にスピルバーグ作品)など。アカデミー作曲賞も数々受賞し、名実ともにハリウッドを代表する映画音楽界の巨匠である。

【フィルモグラフィー】
1965年『宇宙家族ロビンソン』(TV)
1966年『タイムトンネル』(TV)
1966年『おしゃれ泥棒』※ジョニー・ウィリアムズ名義
1968年『巨人の惑星』
1970年『ジェーン・エア』
1971年『屋根の上のバイオリン弾き』(アカデミー編曲賞)
1971年『11人のカウボーイ』
1972年『ポセイドン・アドベンチャー』
1973年『ロング・グッドバイ』
1974年『タワーリング・インフェルノ』
1975年『大地震』
1975年『アイガー・サンクション』
1975年『ジョーズ』(アカデミー作曲賞・グラミー賞受賞)
1976年『ファミリー・プロット』
1976年『ミッドウェイ』
1977年『ブラック・サンデー』
1977年『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(アカデミー作曲賞・グラミー賞受賞)
1977年『未知との遭遇』(グラミー賞受賞)
1978年『スーパーマン』(グラミー賞受賞)
1979年『1941』
1980年『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』(グラミー賞受賞)
1981年『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(グラミー賞受賞)
1982年『E.T.』 (アカデミー作曲賞・グラミー賞受賞)
1983年『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』
1984年『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』
1984年『ザ・リバー』
1986年『スペースキャンプ』
1987年『イーストウィックの魔女たち』
1987年『太陽の帝国』
1988年『偶然の旅行者』
1989年『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』
1989年『7月4日に生まれて』
1989年『アイリスへの手紙』
1990年『ホーム・アローン』
1990年『推定無罪』
1991年『JFK』
1992年『Hook』
1992年『ホーム・アローン2』
1992年『遥かなる大地へ』
1993年『ジュラシック・パーク』
1993年『シンドラーのリスト』(アカデミー作曲賞・グラミー賞受賞)
1997年『アミスタッド』
1997年『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』
1997年『セブン・イヤーズ・イン・チベット』
1998年『プライベート・ライアン』(グラミー賞受賞)
1999年『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』
2001年『A.I.』
2001年『ハリー・ポッターと賢者の石』
2002年『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』
2002年『マイノリティ・リポート』
2002年『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
2002年『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
2004年『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
2004年『ターミナル』
2005年『宇宙戦争』
2005年『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
2005年『SAYURI』(ゴールデングローブ賞受賞)
2005年『ミュンヘン』
2005年『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(テーマ曲のみ)
2006年『スーパーマン リターンズ』(テーマ曲のみ)
2007年『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(テーマ曲のみ)
2008年『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』
2009年『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(テーマ曲のみ)
2010年『ハリー・ポッターと死の秘宝Part1』(テーマ曲のみ)
2011年『ハリー・ポッターと死の秘宝Part2』(テーマ曲のみ)
2011年『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』
2011年『戦火の馬』
2012年『リンカーン』