「ANNIE/アニー」オリジナル・サウンドトラック
2015.01.21
アルバム
¥2,400+税
SICP-4376

あの「トゥモロー」を始め、誰もが知る『アニー』名曲の数々を収録!

トニー賞7部門受賞本格ブロードウェイ・ミュージカルを豪華キャストで完全映画化した『ANNIE/アニー』オリジナル・サウンドトラック!SIA(シーア)が歌う新曲も収録で話題に!

購入・ダウンロード

>

DISC 1

  • 1. オーヴァーチュア / キャスト
  • 2. メイビー / クワベンジャネ・ウォレス、ゾーイ・マーガレット・コレッティ、他
  • 3. イッツ・ザ・ハード・ノック・ライフ / クワベンジャネ・ウォレス、ゾーイ・マーガレット・コレッティ、他
  • 4. トゥモロー / クワベンジャネ・ウォレス
  • 5. アイ・シンク・アイム・ゴナ・ライク・イット・ヒア (2014 Film Version) / クワベンジャネ・ウォレス、ローズ・バーン & ステファニー・カルツーバ
  • 6. ユーアー・ネヴァー・フーリー・ドレスド・ウィズアウト・ア・スマイル (2014 Film Version) / シーア
  • 7. ムーンクエイク・レイク / シーア & ベック
  • 8. リトル・ガールズ (2014 Film Version) / キャメロン・ディアス
  • 9. ザ・シティーズ・ユアーズ / ジェイミー・フォックス & クワベンジャネ・ウォレス
  • 10. オポチュニティ / クワベンジャネ・ウォレス
  • 11. イージー・ストリート (2014 Film Version) / キャメロン・ディアス & ボビー・キャナバーレ
  • 12. フー・アム・アイ? / ジェイミー・フォックス、キャメロン・ディアス & クワベンジャネ・ウォレス
  • 13. アイ・ドント・ニード・エニシング・バット・ユー (2014 Film Version) / ジェイミー・フォックス、クワベンジャネ・ウォレス & ローズ・バーン
  • 14. トゥモロー (リプリーズ) /キャスト
  • 15. オポチュニティ (シーア・バージョン) / シーア
  • 16. サムシング・ワズ・ミッシング / ジェイミー・フォックス
  • 17. カット・トゥ・ザ・チェース (インストゥルメンタル)
  • 18. 「TOMORROW ~しあわせの法則~」 / Flower(日本語吹替版テーマソング)

トニー賞7部門受賞の本格ブロードウェイ・ミュージカルを豪華キャストで完全映画化した『ANNIE/アニー』(2015年1月24日全国公開/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給)のオリジナル・サウンドトラックが登場。アカデミー賞最年少ノミネートの実績を持ち、今作で第72回ゴールデン・グローブ賞「女優賞 コメディ/ミュージカル部門」にノミネートされている女優クワベンジャネ・ウォレス(『ハッシュパピー バスタブ島の少女』)が主役アニーを演じジェイミー・フォックス、キャメロン・ディアスなどキャストも多彩な顔ぶれ。ウィル・スミスとジェイ・Zがプロデュースを手掛けた映画としても話題となっている。舞台はニューヨーク、マンハッタン。携帯電話会社のCEOでNY市長候補のスタックス(ジェイミー・フォックス)は選挙キャンペーン中、車にはねられそうになった少女を偶然助ける。その少女の名前はアニー。彼女は産まれて間もない頃、レストランに置き去りにされ、今は、横暴なハニガン(キャメロン・ディアス)が営む施設で暮らしている。10歳になるアニーは、毎週金曜日の夜、そのレストランの前で迎えにくるはずのない両親を待ち続けていた。スタックスはそんなアニーの境遇を選挙戦に利用しよう考え、彼女を引き取り、超高層ビルのペントハウスで一緒に暮らし始める。アニーも自分が有名になれば両親が名乗り出てくるかも知れないと考え、スタックスの選挙戦を利用し、協力するが、次第にふたりの心に絆がめばえていき・・・。
 オリジナル・サウンドトラックでは、主演クワベンジャネ・ウォレスが感動的に歌いあげる名曲「トゥモロー」を始め、「イッツ・ザ・ハード・ノック・ライフ」「メイビー」等、『アニー』の名曲の数々を収録。グラミー受賞アーティスト/アカデミー賞受賞俳優ジェイミー・フォックス、ミュージカル初出演キャメロン・ディアスらの歌唱も聞きどころだ。また今回、ビヨンセやリアーナなど数々のスーパー・スターへ楽曲を提供してきたポップス界最大のヒットメイカーであり、第57回グラミー賞で主要2部門を含む4部門にノミネートされ今年大きな注目を集めているシーアが、音楽プロデューサーのグレッグ・カースティンとタッグを組み<2014 Film Version>としていくつかの名曲を現代版アレンジで蘇らせているほか、この映画のために書き下ろした新曲も複数提供。そのうちの1曲である「オポチュニティ」は、心に思い描いてきた夢が、現実に近づいてゆく瞬間の新たな決意、そして胸の高鳴りを歌いあげた名曲で、明日への希望を歌う「トゥモロー」のまさに第2章とも言える内容の名曲。第72回ゴールデン・グローブ賞「主題歌賞」にもノミネートされており、サントラではアニーが歌う劇中曲と、シーアが歌う楽曲の2ヴァージョンを収録、「トゥモロー」と並びサントラのハイライトとなっている。そのほか、同じくシーアが歌う「ユーアー・ネヴァー・フーリー・ドレスド・ウィズアウト・ア・スマイル」や、シーアとべックのデュエット曲を収録していることでも話題を呼んでいる。
また国内盤には、Flowerが歌う「TOMORROW ~しあわせの法則~」(日本語吹替版テーマソング)やジェイミー・フォックスが歌う楽曲ほか、合計3曲のボーナス・トラックが収録される。


映画『ANNIE/アニー』公式サイトはこちら
映画『ANNIE/アニー』予告はこちら
「オポチュニティ」 ※第72回 ゴールデン・グローブ賞「主題歌賞」ノミネート! 
「ユーアー・ネヴァー・フーリー・ドレスド・ウィズアウト・ア・スマイル」 シーアの視聴はこちら
映画『ANNIE/アニー』音楽紹介ビデオ(アニー・モンタージュ)はこちら
「イッツ・ザ・ハード・ノック・ライフ」絵文字ビデオはこちら




購入・ダウンロード

×

CDを購入

ダウンロード

モバイルダウンロード