ついにベールを脱いだ井手コウジ(Bass&Programming)、DEL(Vo)、サガユウキ(Vo&Gt)の3人による話題のPOPSユニット「シジマサウンズ」。

“誰もが聴ける、時代世代を越えたPOPS”をコンセプトに2009年結成。
ドラマティックで心地よいメロディライン、日常の心象風景をストーリー仕立てにした歌詞、そしてDELとサガユウキの情感豊かな歌声が、聴く人の心の深部にそっと舞い降ります。

結成後は、定期的に自主企画ライブイベントを実施したり、様々なアーティストとコラボレーション行ったりし、活動の幅を広げていった。そんな中、インディーズ楽曲「一番好きなあなたへ」(ベートーヴェン 悲愴 第2楽章の主題部分がベース)が、『魔法のiらんど』で特集され、大きな反響を呼ぶ。2010年7月7日には、インディーズ1stアルバム「クラチック」をリリース。

そして2011年5月11日着うた、5月18日着うたフルの配信限定シングル「すみれ」でEPICレコードジャパンから待望のメジャーデビュー。独自のPOPSが各方面で高く評価され、Webサイトを中心に話題を呼んだ。
8月10日に2nd配信限定シングル「ラムネ」をリリース。ここでは「サ行」の滑舌の悪いことで有名なお笑い芸人、諸見里大介さんを起用したTVスポットがティーンに響き一気に広まった。
11月23日に3rd配信限定シングル「I Wish Your Merry X’mas」、12月7日に4th配信限定シングル「フユラバ」と、2ヵ月連続ウィンターソングをリリース。共に女性ヴォーカルAYANOが参加し、新たな一面を見せた楽曲となった。

そして2012年第一弾配信限定シングル「新生活」が3月7日にリリース決定。自身初のメッセージソングは、「夢に向かう人々」「夢への一歩を躊躇している人々」の背中をそっと押してあげれるような応援ソングである。
自身初のタイアップ「駿台予備学校2012年CMソング」にも決定した。
また、史上初!「占い師×アーティスト」コラボのMVが話題を呼んでいる。それも「運気が上がるMV」。楽曲だけでなく、映像と運気でも、頑張っている人たちを後押しするという前代未聞の作品となった。

大手歌詞検索サイトや音楽配信サイトで高く評価され続ける一方、アーティスト写真などは一切なく、表立ったメディアでの活動を控えている彼らの今後の活動から目が離せない!