ジェイ・Z率いるレーベル、ロック・ネイションが大プッシュする新人として、2013年鳴り物入りでシーンに登場した現在23歳の女性シンガー・ソングライター。コソボ出身、イギリスのロンドン育ちのリタは、6歳から歌を始め、イギリスで地道な音楽活動をしているところをジェイ・Zに見染められ、18歳でロック・ネイションとの契約を獲得。以前よりジェイ・Zやドレイクのミュージック・ビデオにカメオ出演したことでその存在が注目されていたが、2012年2月 “Hot Right Now feat. Rita Ora”が全英シングル・チャート1位を獲得したことを皮切りに、人気ラッパーのドレイクがソングライティングを担当したリタ・オラ名義のデビュー・シングル“R.I.P feat. Tinie Tempah”、そして続くシングル“How We Do (Party)”でも続けざまに全英1位を獲得。これにより、リタ・オラは2012年唯一となる3曲連続全英シングル1位の快挙を達成している。 ヒット・シングルの連発で爆発的なデビューを飾ったリタ・オラ待望の最新アルバム『ORA』は全英チャート見事1位を獲得、昨年の日本デビュー後には初の単独公演も大成功したことも記憶に新しい。

独特のファッション・センスと愛くるしいビジュアルが全世界のファッション業界からも注目を集め、ここ日本でも数々のファッション誌の表紙に登場。トレードマークの真っ赤なリップにブロンドヘアーがかっこよくて可愛いと特に同性からの支持が高く、ポップでグラマラスなNEWセレブ・アイコンとしても絶大な人気を誇っている。

2014年第一弾シングル「I Will Never Let You Down」を発売し、見事全英チャート1位を獲得。adidas Originalsより彼女のラインが発売されることも決定しており、今後の活動にますます目が離せない存在だ。