【2019年第二弾リリース!】ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、9月27日にEPリリース決定!ファースト・シングル「ディス・イズ・ザ・プレイス」が公開

2019.08.05

2017年にリリースした最新アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?』がキャリア史上10作目の全英アルバム・チャート1位を獲得し、今年5月には約4年振りの単独ジャパン・ツアーで来日を果たした、ノエル・ギャラガー率いるノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズが、今年2作目となるEP『ディス・イズ・ザ・プレイス』を9月27日に配信&アナログ盤限定で発売することが決定。本日、EPからのリード・シングル「ディス・イズ・ザ・プレイス」が公開されました。

 

●「ディス・イズ・ザ・プレイス」再生・購入リンク:

https://lnk.to/ThisIsThePlace_NGHFBAW

 

ノエルが“マンチェスター・サウンド”であると説明する同曲は、グルーヴィーなベースラインが際立つ、アシッド・ハウス・ロック調のナンバー。9月にリリースされるEPには、同曲に加え、更なる新曲2曲と、リミックスが2曲、合計5曲が収録されます。

 

6月にリリースされた『ブラック・スター・ダンシングEP』では、ディスコやサイケデリック・ロック、フォークと、それぞれ全く異なるテイストの新曲3曲(+リミックス2曲)が収録されていましたが、新作EPの収録曲も、メロディーやサウンドは完全に異なるものの、いずれも高揚感溢れる女性コーラスがフィーチャーされており、サイケデリックな雰囲気が漂う楽曲に仕上がっているといいます。

 

5月の来日公演では、最新アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン』の楽曲を中心とする、ハイ・フライング・バーズの代表曲に加え、オアシス時代の大ヒット曲も多数含む、豪華なパフォーマンスを披露してくれたことも記憶に新しいノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ。8月8日からは、スマッシング・パンプキンズとの合同北米ツアーを開始し、11月にはU2のオーストラリア/ニュージーランド・ツアーへの帯同が決定しています。

 

25年以上のキャリアを持ちながら、未だ進化を止めることなく、常に新たな領域へとチャレンジし続けるノエル・ギャラガー。今年合計3枚のEPをリリースする予定であることを明らかにしている彼の、今後の動向から引き続き目が離せません。

 

 

|商品情報|

<シングル>

「This Is The Place | ディス・イズ・ザ・プレイス」

配信中(2019年8月5日)

 

再生・購入リンク:

https://lnk.to/ThisIsThePlace_NGHFBAW

 

<EP>

『This Is The Place EP | ディス・イズ・ザ・プレイス EP』

9月27日(金)配信&輸入アナログ盤限定リリース

 

収録内容

  1. This Is The Place | ディス・イズ・ザ・プレイス
  2. A Dream Is All I Need To Get By | ア・ドリーム・イズ・オール・アイ・ニード・トゥ・ゲット・バイ
  3. Evil Flower | イーヴィル・フラワー
  4. This Is The Place (Dense & Pika Remix) | ディス・イズ・ザ・プレイス (デンス&ピカ・リミックス)
  5. Evil Flower (The Reflex Revision) | イーヴィル・フラワー (ザ・リフレックス・リヴィジョン)

 

 

|モバイルファンサイト情報|

ノエル・ギャラガーモバイル本国直営・日本独占 公式スマートフォンサイト「ノエル・ギャラガーモバイル」

来日公演チケットの先行予約や、オリジナルコンテンツをご提供しています。

ここでしか見れない、会員限定動画などもお届けします。

お手持ちのスマートフォンおよび携帯電話からキャリア決済またはクレジットカード年額払いでのご入会手続きが可能です。

月額300円(+税)/ 年額3000円(+税)で、年額払いだと年間600円お得に!

詳細はこちらから→ http://noelgallagher-mobile.com/

 

 

|関連サイト|

●海外公式サイト http://www.noelgallagher.com/  

 


rss